魔法 の i らんど。 KADOKAWA、「魔法のiらんど」を小説投稿に特化したサイトへリニューアル

KADOKAWA、「魔法のiらんど」を小説投稿に特化したサイトへリニューアル

魔法 の i らんど

《この記事は約 2 分で読めます》 株式会社KADOKAWAは4月1日、運営する「魔法のiらんど」を小説投稿に特化したサイトへリニューアルした。 ホームページサービス、ブログ、フィーチャーフォン向けサービスなどは同日に終了した。 「魔法のiらんど」は、誰でも簡単に携帯電話対応のホームページを無料で作成できるサービスとして、株式会社ティー・オー・エス(当時)が1999年12月にサービス開始。 2006年4月に法人名を株式会社魔法のiらんどへ変更。 2005年12月に美嘉が公開した「恋空」がヒット、2006年10月発売の単行本(スターツ出版)は200万部超のベストセラーになり、いわゆる「ケータイ小説」ブームを生み出した。 2010年3月に株式会社アスキー・メディアワークス(当時)の子会社となり()、2011年1月に吸収合併。 アスキー・メディアワークスは株式会社KADOKAWAのブランドカンパニーとして2013年10月に吸収合併され、「魔法のiらんど」はKADOKAWAの運営となった。 これまで、ホームページ作成サービス、ブログ、掲示板、読書ログ、アルバム、メルマガなどの機能を提供していたが、今回のリニューアルで小説投稿に特化したサービスへ生まれ変わった。 KADOKAWAによると、現在のユーザーは99%が女性で、リニューアル前の月間ユニークユーザー数は160万人、月間ページビューは3億。 参考リンク 魔法のiらんどのお知らせ When you login first time using a Social Login button, we collect your account public profile information shared by Social Login provider, based on your privacy settings. We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account.

次の

「魔法のiらんど」、ホームページやブログ機能をきょう終了 小説投稿に特化したサイトに刷新

魔法 の i らんど

「魔法のiらんど」ホームページ機能終了の告知/画像はサービス使用ページのスクリーンショット 1999年に無料ホームページ作成サービスとしてスタートした「魔法のiらんど」。 スマートフォンがない時代、いわゆるガラケー(フィーチャーフォン)向けのサービスとして隆盛。 携帯電話を使って手軽に自身のホームページを作成して友人らと交流でき、当時、 ガラケー世代と呼ばれた中高生を中心に人気を集めた。 中高生の間では、ホームページのアクセスカウンターで切りのいい番号「 キリ番」を踏んだユーザーが、ページ作成者に報告したり、掲示板に記念コメントを書き込んだりする文化が生まれた。 先日、サービス終了が発表された「 忍者カウンター」同様、個人サイトやブログ、ホームページ運営を下支えしてきたサービスでもある。 現在もユーザーの4割以上が17歳、月間ユニークユーザー数は250万人、ページビュー数は月間150億PVを記録しているという()。 『恋空』に『赤い糸』 ケータイ小説のヒットを生む マヂカルラブリーのホームページ。 上部に終了のお知らせが表示されている/画像はページのスクリーンショット リニューアル後、小説投稿サイトに特化する「魔法のiらんど」。 公式サイトでは「いまの時代にあった、使いやすくシンプル、そして女の子の気持ちに寄り添ったサービス」を目指すとしている。 一方で、終了するホームページ作成サービスは、思わぬところに影響を及ぼしたことで話題を呼んでいる。 魔法のiらんどが今日で最終日です! 13年くらい続けました 前のコンビを合わせると15年以上お世話になりました 魔法のiらんどのおかげで今があります。 それは嘘です。 そんなわけありません。 でも僕にとって大切な場所です 最後によかったら覗いていってください— マヂカルラブリー 野田クリスタル nodacry 野田クリスタルさんと村上さんによるお笑いコンビ・ マヂカルラブリーのホームページが「魔法のiらんど」でつくられているからだ。 「M-1グランプリ」や「キングオブコント」のファイナリストであり、野田クリスタルさんは2020年の「R-1ぐらんぷり」の優勝者。 野田クリスタルさんは自身のTwitterで、サービス終了に対して惜別の思いをつづっているが、終了までの残りわずかの間、思い出のページやブログをのぞいておこう。 なお、当初は4月1日(水)からのリニューアルを予定していたが、メンテナンス作業に遅延が発生し期間を延長。 小説投稿に特化したサイトとしての新たなスタート時期は確定次第アナウンスされる。

次の

はてな、KADOKAWAが運営する「魔法のiらんど」のリニューアルを支援

魔法 の i らんど

ドラマ3話分を上映するとともに、出演した桐谷美玲と賀来賢人、主題歌を歌っているシンガソングライターのリサハリムをゲストに招き、トークショーやスペシャルライブを行なった。 「teddy bear」(べあ姫著)は、2005年に魔法のiらんど内で公開され、女子中高生からの支持をうけているケータイ小説。 シリーズ合計58万部のセールスを記録するなどカリスマ的な人気を誇る。 鈴木晴菜役に桐谷美玲、塚本成也役に賀来賢人のキャスティングでドラマ化され、4月1日より携帯電話向けの無料動画サービス「魔法TV」にて1日1話(3分)ずつ、全30話が配信される。 当面はNTTドコモのQVGA以上のiモーション対応端末にて視聴可能で(903iX以降)、auやソフトバンクについては今後対応を予定しているという。 また、25日には原作「teddy bear」の文庫も発売される予定。 挨拶に登場した桐谷、賀来、谷井社長の3名 魔法のiらんどの谷井社長 「キスシーンは受身だったので、女の子になった気持ちで身をまかせました」と語る賀来賢人。 自身では人見知りで、受け身で引きこもりだというが、イベント中のトークは冴え渡っていた 「教会でのキスシーンは、とにかく長くて息が苦しくて、最後は爆笑になった」という桐谷美玲。 報道陣からはキスシーンに関する質問が相次いだ イベントでの7話、10話、25話の上映後、魔法のiらんど 代表取締役社長 谷井玲氏が挨拶に立ち、「魔法のiらんどには600万人のお客さまと、100万以上のケータイ小説がある。 私たち魔法のiらんどは、若い人たちに安心で安全なネットワークコミュニケーションという新しい文化の場を提供し、そこに若い人たちの感動を作ることを志としている。 若い人たちが作り出した『teddy bear』の原作を、制作のプロたちが、新しいケータイドラマとして作り上げたことに本当に感謝する。 新しく若い人たちが作っていくこの日本、そして、日本が作り出した新しいケータイ電話で、更なる感動が作られたら素晴らしい」と感慨深げに語った。 ヒロインを演じた桐谷美玲は、「これは、家庭にも、学校にも居場所のない主人公の晴菜が、成也と出会い、恋をしていくことによって、生きることや愛することの意味を知り、少しずつ成長するドラマ。 ドラマを通じて、ぜひ親との絆や、生きることの大切さを知って欲しい」とコメント。 難病を患う成也を熱演した賀来賢人は、「台本をもらって初めて作品を知ったが、非常に感動するお話。 その主役を演じるということで、プレッシャーはあったが、スタッフみんなでいいものを作ろうということで、やりがいがあった。 多くの方に見てもらえたらうれしい」とドラマをPRした。 イベントではスペシャルライブも行なわれ、リサハリムがJAY'EDとともに登場。 このドラマのために書き下ろしたという主題歌「切ないくらい、愛してた。 」を披露した。 ライブ後、リサハリムは「とても純粋なラブストーリーで、駆け引きのないシンプルな二人だったので、歌詞もシンプルに書きたいと思った。 自分の曲がドラマの中で思い出の曲として登場することはとても光栄。 歌われているシーンには鳥肌がたった」とうれしそうに語った。 リサハリム feat. JAY'EDのライブ ビデオでメッセージを寄せた横山監督 ライブの後はリサハリムも交えて、トークショーが和やかに行われた 原作者のべあ姫氏からは「作品は1年半前に書き終えたが、その後自分の環境は見る見るうちに変わっていき、戸惑ったことが何度もある。 しかし多くの出会いを得ることができた。 関わってくださった皆様にこの場を借りて感謝の気持ちを伝えたい」というメッセージが届いた。 また、イベントでは監督を勤めた横山一洋氏がビデオレターで登場。

次の