ぶり の 照り 焼き 作り方。 「ブリの照り焼き」を5分ちょっとで照りっ照りに焼いてみた【魚屋三代目】

ぶりの照り焼き!ふっくらレシピ!絶品に作るコツとは?

ぶり の 照り 焼き 作り方

鶏の照り焼きのレシピ/作り方 フライパンを中火で熱し、フライパンが熱くなれば 塩をせず、油をひかず、そのまま鶏肉を皮目から焼き始めます。 大きすぎると鶏肉にたれがしっかり絡まず、焦げ付きやすくなります。 火加減は中火のまま、 3〜4分かけてじっくりと皮目を焼き、こんがりと焼けたら裏返します。 焼くときのポイントは、皮目に凹凸があるので 焼く途中にヘラなどで、時おり強く押さえながら焼き、皮目全体にきれいな焼き色がつけること。 さらに、焼く途中に脂が出てくるので、 キッチンペーパーで脂を吸い取りながら焼くとカリッとなり、後から加えるタレものりやすくなってくれます。 裏返したら身側を焼きます。 鶏肉の厚みにもよりますが、裏返してから2〜3分ほど焼いて 鶏肉に完全に火が通る手前(8割ほどの火通り)にする気持ちで焼くとよいです(タレを加えて煮詰める工程でも火が通るので)。 火加減は中火のまま、調味料を煮詰めていきます。 はじめのころは調味料がフライパンの中で沸騰して、細かい泡が出てくるような状態です。 徐々にとろみがついてきて、泡が大きくなってきます。 このあたりから、スプーンを使って タレを皮に何度もかけて、ということを繰り返します。 しっかり煮詰まってきて、明らかにタレが少なくなってきたら火を弱めます。 タレをかける手を早めて、 皮の上にタレがとどまるくらいになるまで、しっかり味をのせ、たれが少なくなれば火を止めて鶏肉を取り出します。。 フライパンから取り出しても、写真のように皮目にタレがしっかりのっている状態がベストです。 取り出して食べやすい大きさに切っていただきます。 鶏肉の身が厚いときや、冷蔵庫から出したての冷たいものを焼く時などは、時間通りにやっても火通りが十分でない可能性も。 その場合は、裏返してから火を弱めたタイミングで 蓋をして蒸し焼きにし、芯まで火を通しやすくするとよいです。 ブリの照り焼きなどはブリに脂が多いため下漬けが必要ですが、鶏はしっかり後工程で煮詰めれば下漬けなしでも、十分に美味しく仕上がると思います。

次の

ぶりの照り焼きのレシピ/作り方:白ごはん.com

ぶり の 照り 焼き 作り方

ブリがおいしい季節。 この時期は「寒ブリ」と呼ばれ、身に脂がのって最高! 刺身やしゃぶしゃぶもおいしいのですが、なんといっても「照り焼き」、これがウマい! というわけで、今回はその照り焼きを紹介しようと思うのですが、 「時短でおいしく焼く方法はないの?」なんて、お店でもお客さまに時々聞かれることがあるんです。 答えは「あり」です! 時短といえば、ブリの切り身に小麦粉や片栗粉をまぶしてフライパンで焼く方法もあるのですが、それよりもさらに手軽なやつでいきましょう。 小麦粉などを使わずとも、後片付けが簡単なフライパンで、照りっ照りで香ばしく仕上がるブリ照りレシピを紹介しますね。 調味料も、家にあるもので大丈夫です! 魚屋三代目の「ブリの照り焼き」 【材料】2人前• ブリの切り身 2切れ• 油 少々• 水 大さじ2• 付け合せに菜の花 お好みで(塩を加えたお湯でサッとゆでて冷水で冷やしました) (A)• しょうゆ、みりん、酒 各大さじ2• 砂糖 大さじ1 作り方 1. 最初に行うのが、ブリの切り身に塩を振ること。 切り身全体に軽く塩(分量外)を振り、 10分置いておきます。 すると、切り身の表面から水分が浮いてくるのでキッチンペーパーなどでおさえて吸い取りましょう。 これは浸透圧の働きによって、身の内部からクセや臭いなどが水分と一緒に外へ出るためです。 次に照り焼きのタレを作ります。 (A)をよく混ぜ合わせてください。 フライパンに油を熱してなじませ、余分な油はキッチンペーパーなどで拭き取ります。 そこにブリの切り身を加え、 中強火くらいで表面に焼き色をつけて取り出しましょう。 火は一度、止めておきます。 ブリを取り出したフライパンに、合わせておいた(A)のタレを加えます。 フライパンを回しタレを伸ばすと余熱でグツグツと煮立つので、そこに切り身を戻します。 ふたをして中弱火~弱火で2分、焦げつかないよう、タレの様子を見ながら火の調節をしましょう。 フライパンのふたを開け切り身を返したら、 大さじ2の水を足し、 ふたをしてさらに2分蒸し焼きにしたら、 完成! 器に盛り付けタレはお好みでかけ、あれば付け合わせの野菜を添えます。 ふんわり、照り照りの秘密は…… 小麦粉などをまぶさなくても、しっかりとタレが絡んだ、照りっ照りの「ブリの照り焼き」! 切り身に焼き色をつけ、ふたをして蒸し焼きにする工程が入るので、身がふわりと仕上がります。 蒸し焼きにすることでタレの蒸発を緩やかにし、切り身に付いたタレが蒸されることで照りが強く、味もしっかり付きます。 さらに、タレが焦げる一歩手前で水を加えるので、切り身に香ばしさも加わります。 照り焼きは香ばしさも大事ですからね! とにかく注意をしてほしいのは、最後のふたをして蒸し焼きにする時です。 焦げる一歩手前と書いた通り、火加減、水加減に注意しないと本当に焦げます……。 とはいえほんの2分ほどなので、フライパンの前に立ってしっかり見てさえおけば大丈夫。 ふっくら照り照りのブリ照りが待ってますよ!.

次の

ふっくらやわらかになる!ブリの照り焼き レシピ・作り方 by みいやんやねん。|楽天レシピ

ぶり の 照り 焼き 作り方

ぶりのレシピといえば 『 照り焼き 』ですね。 でも、簡単にみえても中々、難しいですね。 固くなってしまったり、味が薄かったりと・; ̄ロ ̄)!! ぶりの照り焼きを、お店の味のように作るのは、 やっぱり、私には無理なのかな? とあきらめていましたが、そんな私でも作れたのです!! それがこのレシピ。 4年連続ミシュラン一つ星獲得の 『 鈴なり 』の店主 村田明彦さんのレシピなんです。 フライパンで簡単につくれて、 ふっくら美味しくできました! おいしく作るためには、大切な ポイントがあったのです! では、『 ふっくら!ぶりの照り焼き 』レシピのご紹介です。 美味しくふっくらと作るための極ウマポイント• 生臭さをとるための基本テクニック• 旨み凝固の効果• 片面だけ焼いて火の入り過ぎを防ぐ いっぷくの 『出張極ウマ料理人』は、 料理のお悩みのある主婦のお宅にお伺いして そのお宅のキッチンを使って、プロの料理を 教えてくれるというコーナー。 その料理法をみてみると、 ぶりをフライパンにいれると、調味液もいっしょにいれて 焼いています。 村田さんによれば、この方法では、 ぶりの焼き加減がわかりにくいのだそうです。 ぶりの切り身に塩を振って10分ほど置きます。 出典:いっぷく 塩の上手な振り方は、塩を手にあてながらパラパラと ふると、満遍なく振れるそうです。 10分くらいたつと水分がでるので、キッチンパーパーでふき取ります。 生臭さ をとるための基本テクニック。 出てきた水分は、生臭みです。 キッチンペーパーでふき取ることで、生臭さが消えます。 バットに適量の小麦粉をいれて、ぶりにまぶします。 粉がつきすぎると、良くないので手でよくはたき 出来るだけ、 薄くまぶすのがポイント! 小麦粉をつけるのも、極ウマポイント。 パサツキの防止・照りがでる・旨み成分の凝固 などの効果があるんです。 フライパンにオリーブオイルを熱し、しっかりあたためます。 ぶりの盛り付ける面を下にして、フライパンで焼いていきます。 焼き加減は、このように周りが白っぽくなったら もう6割くらい火が入っているので、返しちゃっていいです。 裏面にかえして、10秒くらい焼きます。 裏返しての焼き時間は、たったの10秒で大丈夫なんです。 10秒ほど焼いたら、一度取り出しておきます。 片面だけ焼いて、火の入りすぎを防ぐ。 調味料を合わせます。 オイスターソースがあれば加えます。 お店では、 たまり醤油を加えるのだそうです。 そうすることで、美味しそうな色になります。 よく混ぜあわせたら、先ほどのフライパンにいれます。 調味料を入れたフライパンは、強火で沸騰させます。 ここに、先ほど取り出したぶりをいれます。 ぶりは、しっかり焼き目をつけた面を下にして焼きます。 そして、 30秒ほど焼いて裏返します。 弱火にして、タレにとろみがでるまで、 1分ほど煮詰めます。 このとき、スプーンでぶりにタレをかけながら 焼きます。 タレが煮詰まったら、出来上がりです! ふっくらとした、 ぶりの照り焼きになりました。 ポイントをまとめてみますね。 ぶりに軽く塩を振って、出てきた水分をふき取ります。 この処理で、生臭みが消えます。 ぶりに小麦粉を薄くまぶします。 パサつきの防止・照りがでる・旨み成分が凝縮するなどの 効果があります。 とっても美味しくなります。 ぶりは、片面だけ焼いて、火の入りすぎを防ぎます。 タレをからめるときにも火が入るので、大丈夫です。 スポンサーリンク.

次の