タイ 入国 再開。 【タイ】2020年7月1日午前時点のタイ入国は出来るのか?

タイは7月1日から外国人受け入れ再開へ。8月には観光旅行客も再開か?

タイ 入国 再開

新型コロナウイルスの感染拡大防止のための水際対策について、政府はタイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国と緩和に向けた交渉に入る方針を固めた。 条件面で折りあえば、相互にビジネス関係者などを受け入れる。 早ければ夏前にも、国際的な人の往来が一部再開される可能性が出てきた。 複数の政府関係者が明らかにした。 政府は「第2波」を警戒して水際対策緩和に慎重な姿勢を守りつつ、国家安全保障局(NSS)を中心に検討した結果、4カ国は感染状況が日本と同程度に収束していると判断。 第1弾の対象国とすることが固まった。 政府は2月から水際対策を順次強化し、入国拒否の対象は計111カ国・地域に及ぶ。 外国人の入国を原則拒否するとともに、帰国する日本人にもPCR検査を受けてもらい、結果が陰性でも自宅などで2週間待機するよう求めている。 近く交渉に入る4カ国も現在、入国拒否の対象だ。 政府が入国を認めるケースとして想定するのは、自国で受けたPCR検査で陰性が証明されているなど、一定の条件をクリアしたビジネス関係者ら。 入国時のPCR検査でも陰性なら、ホテルなどの滞在先に加え、取引先の企業や工場など限定された拠点での活動を認める方向で検討している。 移動には公共交通機関を使わないよう求める。 政府は日本人のビジネス関係者….

次の

タイは7月1日から外国人受け入れ再開へ。8月には観光旅行客も再開か?

タイ 入国 再開

【2020年7月情報】日本からタイ・バンコクへはいつから行けるようになるのか?入国制限&規制はとても気になる情報です。 2020年新型コロナウイルスの影響により、タイはもちろん、世界各国で出入国の制限をおこなう対策が行われています。 いつからビジネス出張が可能なのか、旅行に行くことができるのか、現地にいる家族にいつ会えるのか、疑問や不安を感じているかたもいらっしゃると思います。 今回は、そんな疑問や不安を少しでも解消できるように、タイへの入国規制・緩和情報をまとめました。 必ず下記のサイトもあわせてご確認いただき、補助として参考にしてください。 タイへの入国が許可されている方• タイ国籍を保持する方• 首相により規制が免除された、もしくは非常事態状況の解決の責任者により、許可もしくは招待された方(条件や期間が別途定められる場合があります)• 外交使節団、領事団、国際機関、もしくはタイ国内で活動する外国政府や政府機関の代表。 または、その他の国際機関に所属する個人で、タイ外務省が必要性に応じて許可を与えた者とその配偶者・両親・子息。 必要な商品の運送業者(用務の終了後は速やかな出国が求められます)。 王国への出入国の期日が明確に定まった乗務員・運航従事者。 タイ国籍を保持しない、タイ国籍を有する者の配偶者・両親もしくは子息の方。 タイ国籍を保持しない、有効な王国の居住証明書、もしくは王国に居住する許可を得ている方。 タイ国籍を保持しない、有効な労働許可を保持している、または法令によって王国での労働が許可されている方とその配偶者や子息。 タイ当局から認定されているタイ国内の教育機関に通学する、タイ国籍を保持しない生徒および学生。 またこれらの両親もしくは保護者(私立学校に関する法律に基づく非公式学校、もしくは同様な形態の私立の教育機関は除きます)。 タイ国籍を保持しない、タイ国内で医療を受ける必要のある方とその付き添いの方。 ただし、新型コロナウイルスの治療は該当しません。 タイ入国に関する注意事項• タイ入国に当たっては、航空機・船舶・車両、その他いかなる乗り物を利用した、もしくは、空路・水路・陸路のいずれかによる入境が認められます。 タイ入国の際は、感染症予防のための措置や、入国者数の制限の実施、スクリーニングの実施など、政府から定められた指示に従う必要があります。 実際にタイに入国するためには、タイ王国大使館または総領事館に入国可能であることを示す証明書(certificate of entry, COE)を求めたり、タイ人帰還便に搭乗するための手続きが求められる場合があります。 詳細については、にお問い合わせください。 タイは日本が定める「日本への入国制限対象地域」に入っています。 そのため、タイに行って日本に帰ってきた場合、空港の検疫所で「PCR検査」と自宅またはホテルで「14日間の自己隔離」が必要となります。 上記のリストは、2020年7月3日に適用されたばかりの最新情報です。 今後変更される可能性もありますので、等で、情報の更新がないか、こまめに確認されることをおすすめします。 日本からタイ入国後の自己隔離措置についての情報 タイ入国後、ほぼ全ての渡航者には14日間の自己隔離が義務付けられています。 渡航者が保有するビザやタイ入国の目的によって、隔離を実施する場所や新型コロナウイルス検査の受け方が異なります。 以下に抜粋した情報を記載しましたが、さらに詳しい情報は、在タイ日本国大使館が作成のでご確認下さい。 タイ入国後、空港での検査や自己隔離について タイ国籍を保持する方• 空港にて検査及び検温を行います• 出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出します• 隔離中の症状について経過観察を行うため、政府が課した追跡システムもしくはアプリケーションを使用します• 14日間以上の間、政府が設定した施設において隔離を行います• 隔離開始から3~5日目・ 11~13日目の2回、新型コロナウイルスの検査を実施します 首相により規制が免除された方・非常事態状況の解決の責任者により招待された方• 空港にて検査及び検温を行います• 出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出します• 隔離中の症状について経過観察を行うため、政府が課した追跡システムもしくはアプリケーションを使用します• 14日間以上の間、政府が設定した施設において隔離を行います• 出入国審査場または宿泊先において新型コロナウイルスの検査を行います 外交使節団・領事団など、タイ国内で活動する外国政府やその家族• 空港にて検査及び検温を行います• 出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出します• 隔離中の症状について経過観察を行うため、政府が課した追跡システムもしくはアプリケーションを使用します• 出入国審査場にて新型コロナウイルスの検査を行います• 住居にて 14 日間以上の期間自己隔離を行う 必要な商品の運送業者• 空港にて検査及び検温を行います• 出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出します• 運送が終了した時点で速やかな出国が求められます 王国への出入国の期日が明確に定まった乗務員・運行従事者• 空港にて検査及び検温を行います• 出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出します• 隔離中の症状について経過観察を行うため、政府が課した追跡システムもしくはアプリケーションを使用します• タイに滞在中は、政府が指定した施設で各地を行います。 タイ国籍を保持しない、タイ国籍を有する方の配偶者・両親・子息• 空港にて検査及び検温を行います• 出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出します• 隔離中の症状について経過観察を行うため、政府が課した追跡システムもしくはアプリケーションを使用します• 14日間以上の間、政府が設定した施設において隔離を行います• 隔離開始から3~5日目・ 11~13日目の2回、新型コロナウイルスの検査を実施します タイ国籍を保持しない、有効な居住証明書・王国に居住する許可を得ている方• 空港にて検査及び検温を行います• 出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出します• 隔離中の症状について経過観察を行うため、政府が課した追跡システムもしくはアプリケーションを使用します• 14日間以上の間、政府が設定した施設において隔離を行います• 隔離開始から3~5日目・ 11~13日目の2回、新型コロナウイルスの検査を実施します タイ国籍を保持しない、有効な労働許可を保持・労働が認められている方とその配偶者・子息• 空港にて検査及び検温を行います• 出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出します• 隔離中の症状について経過観察を行うため、政府が課した追跡システムもしくはアプリケーションを使用します• 14日間以上の間、政府が設定した施設において隔離を行います• 隔離開始から3~5日目・ 11~13日目の2回、新型コロナウイルスの検査を実施します タイ国籍を保持しない、生徒および学生・その両親や保護者• 空港にて検査及び検温を行います• 出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出します• 隔離中の症状について経過観察を行うため、政府が課した追跡システムもしくはアプリケーションを使用します• 14日間以上の間、政府が設定した施設において隔離を行います• 必要に応じて新型コロナウイルスの検査を実施します タイ国籍を保持しない、タイ国内で医療を受ける必要のある方とその付添の方• 空港にて検査及び検温を行います• 出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出します• 隔離中の症状について経過観察を行うため、政府が課した追跡システムもしくはアプリケーションを使用します• 到着時・隔離開始から5~7日目・ 13~14日目の3回、新型コロナウイルスの検査を実施します• 14日間以上の間、政府が設定した施設において隔離を行います(医療機関での治療が14日に満たない場合でも14日の隔離が必要) タイ国籍を保持しない、外国との特別な合意により入国が許可された方• 空港にて検査及び検温を行います• 出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出します• 隔離中の症状について経過観察を行うため、政府が課した追跡システムもしくはアプリケーションを使用します 長期滞在の場合• 14日間以上の間、政府が設定した施設において隔離を行います• 長期滞在の場合、隔離開始から3~5日目・ 11~13日目の2回、新型コロナウイルスの検査を実施します 短期滞在の場合• 出入国審査場において新型ロナウイルスの検査を行い、検査の結果が出るまで宿泊先で待機します タイでの乗り継ぎ(トランジット)制限 2020年7月5日現在、タイ・バンコクでの乗り継ぎ(トランジット)は禁止されています。 7月1日以降、タイ国内への侵入が認められいる航空機は以下に限られ、これに乗り継ぎを目的とした旅客機の着陸は含まれていません。 政府及び軍用の航空機• 緊急着陸を行う航空機• 乗客の降機を伴わない,給油目的の着陸を行う航空機• 人道支援目的,医療目的もしくはCOVID-19感染者を支援するための物品輸送を行う航空機• 本国送還のため飛行が許可されている航空機• 貨物輸送• 現在のタイ・バンコクの様子 2020年7月5日現在の、タイ・バンコクの様子をまとめました 最近発表された新型コロナウイルス関連ニュース• 2020年3月26日に発令された「非常事態宣言」は、7月31日まで延期することが決定しました。 上記の「現在の日本からタイへの入国制限・規制状況(外国人・日本人)」でご紹介したように、外国人籍の方のタイ入国に関する制限が緩和されました。 いくつかの行動規制が緩和されました。 6月30日より新しく緩和された行動規制• 教育省、高等教育・科学・研究・イノベーション省、もしくは関係機関による定めに従い、学校、教育機関、大学の施設使用を認められるようになりました。 百貨店、デパート、コミュニティモール、商品展示場、会議場、イベント会場は、上限を22時として営業が認められるようになりました。 コンビニエンスストア、スーパーマーケットの営業が認められるようになりました。 レクリエーション施設および類似のサービスを提供する施設、パブ、バー、カラオケについては、上限を24時として認められるようになりました。 食堂、フードセンター、ホテル、レストランで、24時以降の食事と一般的な飲料の提供が認められるようになりました(アルコール飲料の提供は24時まで)。 ゲームセンター、およびインターネット屋については、営業時間を制限しつつ再開が認められるようになりました。 個室付浴場、喫茶室については、法令が定める営業時間での営業再開が認められます。 それ以外の活動については、6月15日から適用されている処置に基づいての営業が認められています。 2020年6月15日から許可されている活動とその制限• 昼間・夜間の外出- レストランや食堂、ホテルでの飲食や飲酒(法律で認められている場合)• 会議、宴会、式典、公園、コンサートなどの活動• 保育所や高齢者施設、介護施設など、幼児・高齢者向けの福祉施設でのデイケアサービス• 運動や健康のためのレクリエーション• 教育向けの施設の運営• 健康増進施設内でのスパやマッサージ• テレビや映画の撮影(出演者は150人、観客は50人まで)• 公園やスポーツ競技場での活動• 児童公園や遊技場の営業(肌が多く触れる可能性のある遊具はのぞく)• デパートやショッピングセンター、併設されたゲーム施設の営業• 競技場の営業• 県境を超えた公共交通機関での移動 7月5日時点でまだ禁止されている活動• をご覧ください。 日本からタイ・バンコクへの入国制限・緩和情報まとめ 日本からタイへの入国制限情報、自己隔離情報、現在のタイ・バンコクの状況についてまとめました。 2020年7月5日現在、日本を含む外国籍保持者のタイ入国は、制限が大幅に緩和されています。 タイ国籍保持者の家族、就労ビザや学生ビザを所持している方やその家族など、以前より多くの方がタイへ入国できるようになりました。 とはいえ、タイ入国にあたっては必要書類の作成や、入国許可の申請など、事前に必要な手続きがあるので注意が必要です。 タイやバンコクに関する最新のニュースをチェックする他、以下のウェブサイトをこまめに確認されることもおすすめします。

次の

タイ・バンコクへの入国制限、緩和情報まとめ【2020年7月情報】

タイ 入国 再開

[バンコク 29日 ロイター] - タイは7月1日からパブやバーの営業再開を許可し、一部外国人渡航者の入国を認める。 同国では、5週間、新型コロナウイルスの市中感染者がでていない。 同国政府の新型コロナ感染症状況管理センターのタウィーシン報道官は会見で、パブ、バー、カラオケの営業について、テーブルとテーブルを2メートル離すなどの感染防止指針の順守を条件に、7月1日から深夜0時までの営業が可能になると発表した。 「アルコールが入ると規律が緩みかねないので、客が入店する前に綿密なモニタリングが行われる」と述べた。 就労許可や在留許可を持っていたり、家族がタイに在留する外国人の入国を認める。 ただし、14日間の隔離措置が求められる。 美容整形など一部の医療目的の外国人も入国を認める。 日本、韓国、シンガポール、中国、香港からのビジネス目的の渡航者については、新型コロナに感染していないという証明書を提示し、到着時に検査を受ければ、14日間の隔離は必要なくなる。 タイ航空当局は、4月から国際線の乗り入れを禁止している。 タウィーシン報道官は、こうした運航停止措置を変更する予定はなく、旅行者は、本国帰還便やチャーター便などを利用することになると説明した。

次の