トイレ詰まり お湯。 トイレつまりは重曹×クエン酸×お湯で解消!作業手順と効果を解説!|生活110番ニュース

トイレの詰まりをお湯を使って対処する方法 / トイレつまりの対処ドクター

トイレ詰まり お湯

トイレが詰まる原因は?お湯で解消できるケース トイレの詰まる一番の原因は、排水管の形状は下水の臭いをブロックするために、 配管の途中がS字に湾曲しているので、そもそも流れにくい形状となっています。 トイレの詰まりが発生する部分は、このS字になっている部分で この部分に便や、トイレットペーパが溶け残ってしまい、 これらが溶け切る前に新たに流すとそこに堆積され詰まりとなってしまうのです。 また、固形物を落としたときも同様に詰まりの原因となってしまうので、すぐに取り除くようにしましょう。 水に溶けやすい性質になっていますが大量に流すことにより、密度が高くなると溶けづらくなると言えます。 そして、外見上の違いはなくても材料が異なるティッシュペーパーも詰まりやすい代表格として知られています。 意外にもティッシュペーパーは 水に溶けにくい性質を持っているので注意が必要です。 水に流せると言われるものも量が多くなりすぎるとつまります。 先に流したものが、流れきるまでに次に流してしまうとつまりの原因となってしまうため、注意が必要です。 トイレットペーパー以上に溶け易いのものはほとんど見られないので、どれだけ水に流せるとは言えども極力そのまま流すのは差し控えたほうが安心できると思います。 その中でも猫砂を流す際はご注意ください。 猫砂は商品によっては、処理をしやすくするために水分を取り込み塊となるタイプがあります。 猫の砂の塊を、そのままトイレに流してしまうと、更に水を吸って膨張しつまりの原因となりますので注意が必要です。 猫砂を流すときには、細かく砕いて一度に流すのではなく数回に分けて少量ずつ流すようにしましょう。 最近のトイレは接水機能が元々注いているものも多いので、過度の接水には控えるようにしましょう。 お湯で詰まりが解消できるケースはどんな時? トイレットペーパや紙類、排泄物などのお湯でふやかす事ができるものに対して有効となります。 症状から詰まりの原因を絞り込む方法 ここでは、詰まっている状態の重度から原因を絞り込む方法に注いてご案内します。 重度1)水が徐々に引いていくケース トイレ内の水位が一度溜まっても、徐々に引いていく場合は水が流れているので症状としては軽度と考えられます。 この場合の主な原因は以下の原因が考えられます。 重度2)水が逆流する、ゴボッと音が出る。 先程のケースよりは症状は重くなっていますが、水が流れる気配があるため、まだ対応できる可能性があります。 この場合に詰まっているものは、以下のものが考えられます。 トイレの中の水をバケツなどで汲み取り、 ラバーカップで詰まりを取る方法をおすすめします。 重度3)水が全く流れず、溢れる。 完全に詰まってしまった状態と言えます。 トイレの水の引きが悪い状態で、更に使い続けることによって滞留物の上に更に異物が重なり、詰まりの症状が悪化している状態です。 考えられる詰まりの原因としては、 大量のトイレットペーパなどの固形物が完全に排水管を塞いでしまっていることが考えられます。 対応方法としては、早めにラバーカップで吸引をするか修理依頼をする方向となります。 お湯とバケツで詰まりを解消する方法 先程の症状から詰まりを絞り込む方法で、詰まりの原因がお湯で解消できるものであると絞り込めましたらお湯とバケツを準備しましょう。 ただしここで注意事項があります。 お湯の温度が高すぎると、トイレにかけた時に 急激な温度ショックによりひび割れが発生してしまうことがあるようです。 手順2)便器に溜まった水をバケツで取り除く。 手順3)バケツで水を流してみる。 排水口に高所からピンポイントで水を流してみてください。 高ければ、高いほど効果が得られます。 バケツで高所から排水口をピンポイントで狙って水を流します。 水圧で詰まりを奥へ押し流す効果に加えて、お湯によって詰まりをふやかす効果が加わりますので、よりつまり解消の効果が期待できます。 更に、 お湯にお酢や重曹を加えるとより一層効果が期待できます。 お湯を流した後は、ある程度の時間放置して詰まりをふやかすことが必要です。 一時間ほど放置したら、バケツを出水を流してみてスムーズに流れるようになっているか確認しましょう。 この方法で治らない場合は、詰まりの原因が他にあるかもしれませんのでラバーカップで詰まりを取るなどの対応が必要となります。

次の

お湯を使ったトイレつまりの直し方

トイレ詰まり お湯

「トイレの詰まりをお湯と重曹で解消できるって聞いたけど本当なの?」 「お湯と重曹だけでどんな詰まりも解消できるの?」 「お湯と重曹で詰まりが解消できる手順はどうすればいいの?」 トイレで詰まりが起きたとき、何も詰まりを解消するための道具がないときには、誰もが慌ててしまいますよね。 そんな時、重曹とお酢を使うことで詰まりが解消できるってご存知でしょうか? たしかに重曹は掃除にもよく使用されることもあり何かと重宝されていますが、事実お湯とお酢も合わせて使用することで、詰まりを解消する事が出来ます。 でも重曹で詰まりが解消できるのはすべての詰まりの場合ではなく、解消できる詰まりと解消できない詰まりがあるんです。 重曹だけで解消できる詰まりと出来ない詰まりの違いを解説した上で、解消できる場合の詰まりの解消する手順についてもご紹介します。 どうしても詰まりが解消できなかったときの、修理業者に依頼した場合の費用も紹介していますので、うまくいかなかったときの参考にして見て下さい。 それではどうぞご覧下さい。 どうして重曹とお湯で詰まりが解消できるの? 素朴な疑問として、どうして重曹でトイレの詰まりが解消できるのかと不思議に思われる人もいるかと思いますので、まずはどうして重曹でトイレの詰まりが解消できるのかについて解説します。 重曹はもともと弱アルカリ性の性質でお酢は弱酸性の性質を持っていて、この2つの成分を混ぜると二酸化炭素の泡が発生します。 トイレのつまりの原因となっているトイレットペーパー・排泄物・尿石などの汚れに対して、この二酸化炭素の泡の炭酸ガスは、分解して溶けやすくしてくれる作用があるんです。 そのために重曹とお湯にお酢を加えることで、トイレの詰まりが解消できる訳なんですね。 お湯と重曹で解消できる詰まりは? お湯と重曹で解消できる詰まりは、すべての詰まりを対象にしているわけではなく、一度にたくさん入ってしまったトイレットペーパーや排泄物などに限定されます。 基本的にトイレットペーパーの場合には水に溶ける性質を持っているために、詰まっている部分にお湯と重曹を使うことで、効果的に作用して詰まりを解消することができるんです。 また人の排泄物や水に流せるとされる生理用品のナプキンやペットシートなどについても、基本的には解消できる可能性は高くなります。 しかし最近のトイレは構造的に節水型の便器が普及してきているために、節水型は水圧が弱く異物が詰まりやすいとも言われています。 そう言った場合には、無理をせずに水回りの修理の専門業者に修理を依頼する方が良いでしょう。 お湯と重曹で解消できない詰まりは? お湯と重曹で解消できない詰まりとは、スマートフォンや携帯電話・時計やプレスレット・手帳・おもちゃ・掃除用具・消臭剤や芳香剤などのキャップなど、トイレにうっかり落としてしまう危険がある固形物。 これらの固形物は当然のことですが水に溶けるわけではないので、トイレに落としてしまった場合にはお湯と重曹で詰まりを解消することはできません。 また生理用品も最近のナプキンなどは吸水性に優れている構造のために、水を含むと膨張してしまいお湯と重曹で詰まりを解消するのは難しくなります。 その他にも紙製品と言っても、トイレットペーパーやペットシート、おむつなども本来水には溶けない製品なので、これらが原因となっての詰まりの場合には、お湯と重曹では対応ができなくなります。 このようにつまりの原因となっている物によって、お湯と重曹で解消できる詰まりと出来ない詰まりに分けられます。 自分の家のトイレの詰まりの場合、どちらになるのかを良く見極めてお湯と重曹で解消してみるか、専門の修理業者に依頼するかを決めるようにしましょう。 お湯と重曹で詰まりを解消する手順は? お湯と重曹で解消できる詰まりと解消できない詰まりがわかり、見極めができたところでお湯と重曹で詰まりを解消する手順について解説します。 もし沸かしすぎて沸騰した場合などは、冷水をそそいで温度を調節した上で使用するようにしましょう。 くみ出すときには灯油などをくみ上げるときに使用するポンプを使用すると便利で、無い場合にはコップを使用してできるだけ便器の中に水が残っていないようにしておきます。 重曹とお酢が混ざると二酸化炭素の泡が発生してくるので、この泡の力でつまりの原因を溶かそうとしています。 入れる順番を間違えてしまうと洗浄の効果が落ちてしまうので、投入の順番は重曹、お酢、お湯の順番を必ず守りましょう。 その泡が立ってきた状態のまま、およそ1時間程度そのままで放置しておきましょう。 もしラバーカップがあるのなら、仕上げとしてラバーカップ使用すれば、溶けた詰まりの部分がさらに分解されるので、流れが良くなります。 このような手順によってお湯と重曹で詰まりを解消することができるので、皆さんも是非実践してみてはいかがでしょうか。 お湯と重曹で詰まりが解消できなかったらどうすれば良いの? お湯と重曹で詰まりが解消できなかった場合や、そもそもにして詰まりの原因となった物が固形物の場合などの対処の方法はどうしたら良いのでしょうか? そんな時には、それ以上は無理をせずに詰まり・水漏れ・修理などに関する水まわりのトラブル全般に対応している、専門の修理業者に依頼しましょう。 専門の修理業者は詰まりのトラブルなどが発生した場合、窓口にコールセンターを準備している業者もあり、その窓口にトラブルの内容を伝えると、親切にどう対処するのが一番いいかのアドバイスをしてくれます。 窓口で対応してくれるスタッフも、現場経験の豊富な専門知識のあるスタッフが対応してくれるので、安心してトイレの詰まりのトラブルの相談もできて安心です。 急いでいる場合などは、トラブルに備えてエリア内の主要都市中心に巡回している作業員に、直ぐに連絡を取り、迅速に現場に駆けつけてくれます。 心配な修理代金も見積もりを提示してからの作業開始になるので安心で、支払いにはクレジットカード払いや、銀行振込、コンビニ振込などにも対応しています。 自分で解決が難しいと思ったときには、決してそれ以上は無理をせずに、まずはおすすめの修理専門業者のコールセンターに相談してみましょう。 詰まり解消の修理を業者に依頼した場合の費用は? やはり今までトイレの詰まりの修理など頼んだことがないと、どうしてもどのくらいの費用が掛かるかというような不安が先に立ってしまいますよね。 そんなた不安をお持ちのあなたのために、詰まり解消の修理を業者に依頼した場合の費用についてご紹介しましょう。 料金の内訳には、原因調査などにかかる費用としての基本料金が約4,000円、移動してくる距離によって請求されるのが出張料で、2,000~4,000円ほどの負担となります。 これらの料金に加えて、作業費が詰まりの程度によって軽度であれば5,000~8,000円、中度であれば10,000~15,000円、重度になると20,000~30,000円ほどの費用が掛かります。 費用についても不安であれば、あらかじめコールセンターなどに電話して、状態がどうなっているのかを伝えることでも、ある程度の料金を試算することも可能です。 ・基本料金+作業費用+出張料が7000円からと格安 ・電話相談、キャンセル料0円 ・年間48000件の実績 ・全国が対応エリア ・365日対応可能 水トラブル修理までの流れ 最短30分で駆けつけてくれます。 詳しくはこちらよりどうぞ。 トイレの詰まりにはご紹介してきたように、お湯と重曹だけでもトイレットペーパーなどの詰まりの場合には、詰まりのトラブルを解消する事ができます。 皆さんもトイレットペーパーなどが原因と分かっている場合などにはお湯と重曹を活用してみて、詰まりを解消してみてはいかがでしょうか。 でもやはりそれでも解消できないようなときには、水まわりを専門に修理する業者に相談してみましょう。

次の

トイレの詰まりはお湯で溶かすことで解決?やり方はどうするの?

トイレ詰まり お湯

自分で直す?業者に依頼する?どっちが安い? トイレのつまりを修理するには、自分で対処する場合と専門の水道業者にお願いする場合の2パターンがあります。 自分で対処する場合は、つまりを取り除く道具代だけで済みそうですが、業者に頼むと結構請求されそうなイメージ。 そこで、つまりを解消するための料金について詳しく調べてみることにしました。 お湯を流す トイレの詰まりを解消するのに一番、手軽にできるのが、このお湯を流すという方法です。 トイレットペーパーや排泄物など便器に流しても良いもののほとんどは、水よりもお湯の方が溶けやすくなっています。 ですので、軽微な詰まりの場合は、お湯を流すことで詰まっているものが溶けて詰まりが解消されることも。 この方法は、道具も使わず、ただお湯を流すだけなので、特別な費用はかかりません。 重曹とお酢を使う お湯を使った解消法をより効果的するのが、お湯と一緒に重曹とお酢を使う方法です。 お湯と重曹とお酢を一緒に便器に入れると中で二酸化炭素の泡が発生します。 この発生した泡の勢いで詰まっているものに刺激を与えて詰まりを取り除くという仕組みです。 重曹は、ドラッグストアなどで、500gのものが200円程度で売っています。 お酢は、1. ラバーカップを使う ラバーカップとは、スッポンなどと呼ばれることで有名な掃除道具の一種。 ラバーカップの先についているゴムの部分を便器の奥に押し当てて、ゆっくりと押していき、最後まで押し切ったら勢いよく手前へ引っ張ります。 何度かやってみるとひっかかっていたものが水圧で出てきて、詰まりを解消することが可能です。 ラバーカップは、安いものだとホームセンターなどに行くと100円前後で購入することができます。 とても安い掃除道具なので、気軽に試すことができておすすめです。 真空パイプクリーナーを使う 真空パイプクリーナーは、ポンプのついているラバーカップ。 ポンプを使うことで吸引力が高くなるので、ラバーカップよりも詰まりを解消する可能性がグッと上がります。 やり方は、ラバーカップの時とほとんど一緒。 水が張ってある便器の中にゴムの部分を押し当てます。 最後まで押し切ったら、ラバーカップのように力ずくで引っ張るのではなく、ポンプのレバーを引けばOK。 便器内の水が跳ね上がる可能性があるので、慣れるまではゆっくりと落ち着いて作業するようにしましょう。 ラバーカップよりも少し高めですが、吸引力がかなり強くなるので、こちらもおすすめです。 ワイヤーブラシを使う ワイヤーブラシとは、排水管の掃除などに使う道具です。 水周りの修理を行っている専門の業者の方が使っている道具ですが、私たちのような一般の人でも使うことができます。 細長い金属のバネの先がバラバラになっているのが特徴です。 選ぶポイントは、出来るだけ強度が強いものを選ぶこと。 高圧洗浄機を使う 高圧洗浄機は、外壁の汚れや車のボディなどを洗う時に使う水を噴射する道具ですが、この高圧洗浄機を使って詰まりを解消することができます。 使用したことのある人ならば分かると思いますが、かなり強力な勢いで水が発射される高圧洗浄機は、ほぼ確実に便器の中の水が跳ね返ってくるので、使用する前には対処が必要。 ごみ袋などで便器の上の部分を覆ってから、少しだけ穴を開けて使うのがおすすめです。 更に排水管を洗浄するための専用ホースも購入する必要があります。 また、作業自体が素人には困難なので、トイレの詰まりを解消するために、わざわざ高圧洗浄機を購入するというのは、あまりおすすめできません。 便器を一度取り外す 最後に紹介するのは便器を一度、取り外してから詰まりを解消する方法。 この方法は、専門業者が行う作業レベルになるので、よほどの自信がある方以外は、しない方がよいでしょう。 作業手順としては、まず止水栓を締めてから排水管を取り外します。 次にタンクの中にある水と便器の水を全て抜き取ったら、先にタンクを取り外して下さい。 最後に便器を取り外して詰まりの原因を突き止めます。 この場合にかかる費用は、便器などを固定しているナットを回すモンキーレンチなどの工具だけ。 どこの家庭にもあるものなので、特にお金はかかりません。 この場合の概算は自分で修理を施してみた結果プロでなければ無理と判断し、水道業者に依頼した場合の料金となります。 そのため自分で充分改善できるようなトイレつまりの範囲内であれば、およそ5,000円~10,000円で納まる場合もあります。 また便器を着脱するような作業が入ると、およそ45,000円~50,000円と割高になる傾向にあります。 総額費用内訳別に概算をまとめてみました。 出張費…無料~8,000円ほど• 作業費・技術費…無料~5,000円ほど <材料費>• フロートバブル…1,000円~3,000円ほど• ボールタップ…3,000円~10,000円ほど• 止水栓…2,000円~3,000円ほど• 密結ボルト…200円~800円ほど• 密結パッキン…300円~700円ほど• タンクレバー…1,500円~2,500円ほど など <作業費>• つまり除去…5,000円~30,000円ほど• 部品着脱…12,000円~15,000円ほど• 便器脱却…45,000円~50,000円ほど• 高圧洗浄使用(戸建)…15,000円~20,000円ほど• 高圧洗浄使用(集合住宅)…35,000円~45,000円ほど•

次の