千 と 千尋 温泉。 まさに千と千尋の神隠しの世界!渋温泉金具屋がおすすめ!

湯婆婆の宿に泊まりたい!『千と千尋の神隠し』の舞台となった場所|All About(オールアバウト)

千 と 千尋 温泉

四万温泉「積善館」 群馬県中之条町 は、千と千尋の神隠しの舞台とも噂され、よく似た場所が3つもあります。 本館は日本最古の温泉宿建築で、値段も安い湯治宿。 山荘は登録文化財の宿で、佳松亭は高級宿。 料金や目的に応じた宿泊棟を選べます。 四万温泉積善館は多数ある温泉浴場が有名ですが、宿泊者限定の館内歴史ツアーも断然おすすめ。 高齢の亭主自ら行う為、不定期開催ですが、実施されていたら是非参加しましょう! 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp) 写真:藤田 聡 四万温泉「積善館」は、スタジオジブリのアニメ映画「千と千尋の神隠し」のモデルの一つだと、口コミやブログでも噂される宿。 実際のジブリ映画は、多数の場所のイメージを融合した創作なので、ジブリ公式サイトでモデルだと公表されている場所は非常に限られます。 なので公表されていない場所でも、似ていると噂になるのです。 積善館には3つの宿泊棟があります。 写真一番手前の緑の屋根が本館、その屋根の上の林間に山荘があり、さらに上のベージュ色の建物が佳松亭です。 右手に見えるビルの旅館は「四万たむら」で、積善館と四万たむらの2軒が、四万温泉新湯(あらゆ)地区を代表する宿です。 積善館へのアクセスは「千と千尋の神隠し」の主題歌を聞きながら! 「千と千尋の神隠し」のモデルの一つと噂される四万温泉積善館には、決定的に似ている場所が少なくとも3ヶ所あります。 その為、四万温泉に通じるアクセス国道では、「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」がメロディーラインとして流れる程。 メロディーラインとは、路面に溝が多数掘ってあり、一定の速度で走ると自動車の走行音が音楽になるもので、群馬県には11箇所の観光地にあります。 写真:藤田 聡 積善館の館内歴史ツアーは、亭主さんのアドリブで行われるので、内容は多岐に渡ります。 とはいえ、本館が日本最古の温泉宿建築なので、その話題や、その後の改築箇所などの説明もあるでしょう。 もちろん、不明な事があれば質問もOK。 聞きたい事は何でも聞いてみましょう! 四万温泉積善館だけじゃない!「千と千尋の神隠し」以外のジブリゆかりの宿 「千と千尋の神隠し」の舞台と噂される3つの場所を中心に、四万温泉積善館の魅力を紹介しました。 他にもスタジオジブリのアニメ映画「風立ちぬ」のモデルと噂されるホテルが、四万温泉へ向かう途中で立ち寄れる軽井沢にあります。 別記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。 (記事最後の「関連MEMO」内に別記事へのリンクあり) また四万温泉積善館に隣接する「四万たむら」や、姉妹館の四万グランドホテルも、源泉かけ流しで断然おすすめの宿です!.

次の

ここが千と千尋の油屋!?モデルとされる5つの温泉旅館とは

千 と 千尋 温泉

「道後温泉」は愛媛県松山市にある、日本三古湯の一つに数えられる歴史の古い温泉地。 昔から極めて有名な温泉で、源氏物語にもその名が登場する程です。 ジブリ公式ホームページ内「いつものジブリ日誌」によれば、『湯屋「油屋」のモデルはどこか、という質問を映画の公開直後からたくさんいただきました。 この件について、宮崎監督に直接質問したことがありますが、監督の答えは、「色々な温泉が入っていて特定のモデルはないけれど、道後温泉は確かに入っている」とのことでした。 これは、「スタジオジブリ絵コンテ全集13 千と千尋の神隠し」(徳間書店刊)をお持ちの方なら「カット番号733」(333ページ)を見ていただければわかると思いますが、河の神様が出て行く大戸に「導後」という文字がはっきりと書かれています。 そう、これは松山にある「道後温泉本館」を示唆しているのではないかと思われます。 』とあります。 出典: 武蔵小金井に位置する「江戸東京たてもの園」は、約7ヘクタールの敷地に江戸時代から昭和初期までの復元建造物が30棟ほど立ち並んでいます。 ジブリ公式ホームページ内「いつものジブリ日誌」によると、『映画の設定である「商店街の一角にそびえ立つ銭湯」について、大いにインスピレーションを与えたのは、「江戸東京たてもの園」の「子宝湯」(こだからゆ)です。 ただし、子宝湯の建物自体は「油屋」のように巨大なものではなく、建物のイメージは幾分異なります。 』 江戸東京たてもの園では建物内を見学することも可能です。 園内をじっくり見学しようと思えば1日がかりになりそう。 とくに建築に興味がある人や歴史好きの人にはたまらないスポットです。 出典:.

次の

千と千尋の舞台『積善館』群馬県・四万温泉の秘境バスの旅”バスサンド”【帰れマンデー見っけ隊!!】(3月25日)

千 と 千尋 温泉

「道後温泉」は愛媛県松山市にある、日本三古湯の一つに数えられる歴史の古い温泉地。 昔から極めて有名な温泉で、源氏物語にもその名が登場する程です。 ジブリ公式ホームページ内「いつものジブリ日誌」によれば、『湯屋「油屋」のモデルはどこか、という質問を映画の公開直後からたくさんいただきました。 この件について、宮崎監督に直接質問したことがありますが、監督の答えは、「色々な温泉が入っていて特定のモデルはないけれど、道後温泉は確かに入っている」とのことでした。 これは、「スタジオジブリ絵コンテ全集13 千と千尋の神隠し」(徳間書店刊)をお持ちの方なら「カット番号733」(333ページ)を見ていただければわかると思いますが、河の神様が出て行く大戸に「導後」という文字がはっきりと書かれています。 そう、これは松山にある「道後温泉本館」を示唆しているのではないかと思われます。 』とあります。 出典: 武蔵小金井に位置する「江戸東京たてもの園」は、約7ヘクタールの敷地に江戸時代から昭和初期までの復元建造物が30棟ほど立ち並んでいます。 ジブリ公式ホームページ内「いつものジブリ日誌」によると、『映画の設定である「商店街の一角にそびえ立つ銭湯」について、大いにインスピレーションを与えたのは、「江戸東京たてもの園」の「子宝湯」(こだからゆ)です。 ただし、子宝湯の建物自体は「油屋」のように巨大なものではなく、建物のイメージは幾分異なります。 』 江戸東京たてもの園では建物内を見学することも可能です。 園内をじっくり見学しようと思えば1日がかりになりそう。 とくに建築に興味がある人や歴史好きの人にはたまらないスポットです。 出典:.

次の