あじさい 挿し木。 【あじさいの育て方】鉢植えあじさいの挿し木・植え替え時期と方法

アジサイの挿し木の仕方と増やし方!失敗しない時期とコツは!

あじさい 挿し木

万華鏡とはどんな紫陽花? 日本的でとても優美な万華鏡という紫陽花。 母が気に入って、私も贈ったことのある紫陽花です。 万華鏡は、島根県アジサイ研究会が作ったオリジナル品種。 ジャパンフラワーセレクション2012-2013の、日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2012の鉢物部門で最優秀賞を受賞した紫陽花です。 まるで万華鏡のような美しい花模様と、やさしい花色のグラデーションがとっても素敵ですよね。 色は、ブルーとピンクの2色あります。 生産管理に手間がかかるらしく流通量も少なめです。 万華鏡ブルーのネットでの相場は5000円前後、ピンクは+1000円です。 我が家の万華鏡はホームセンターで2500円くらいで購入したものです(ピンクは3500円)。 八重咲きの花びらには、適度なすき間があるので重くなりすぎず軽やか。 涼し気で、優美さとともに可愛い雰囲気もあります。 贈りもの以外に自分で育ててみても、本当に魅了される紫陽花ですよ。 紫陽花・万華鏡の育て方 春、4月から5月ごろに出まわる鉢植えの紫陽花。 購入後から花が終わるまでは、このまま楽しみます。 花後は、来年も花を咲かせるために剪定したり、植え替え、冬越しなどのお世話をします。 置き場所 開花中は、直射日光の当たらない場所で管理します。 日光には朝か夕方すこし当たればOKです。 室内に置く場合は、エアコンの風が当たらないようにしましょう。 秋と春先は外に出して日に当ててあげます。 室内から出す場合は、徐々に慣らしていきましょう。 冬のあいだは軒下へ移動(寒冷地は室内に)。 日光には朝か夕方すこし当たればOKです。 紫陽花は冬にしっかり低温に当てることが必要ですが、霜には当たらないように管理します。 水やり 紫陽花は水が大好きなので、水切れには注意します。 土が乾いたら、鉢皿に水がたまるまでたっぷりと。 冬以外は、水を切らさらないように管理。 ただし、冬のあいだも乾きすぎには注意します。 夏に、もし水切れして萎びてしまったら、鉢ごとバケツに入れて1時間くらい浸けておきます。 肥料 鉢植えの万華鏡の肥料のやり方です。 開花期は、液肥を月に1回施します。 花後の剪定以降は、緩効性肥料を月に1回、または液肥を月2、3回施します。 冬のあいだは、肥料はあげなくてOKです。 支柱立て 大きな花序をつける万華鏡は、花茎がすこし細め。 重みで茎が倒れないように、支柱を立ててあげます。 植え替え 鉢植えの紫陽花は、1~2年に1回を目安に、ひと回り大きな鉢に植え替えます。 鉢底から根っこが出ていたら、植え替えの合図。 植え替えの適期は、9月中旬~10月ごろです。 紫陽花・万華鏡の剪定の方法は? 紫陽花は、来年も花を咲かせるために、今年咲いた枝を切り落とす剪定作業をおこないます。 万華鏡の剪定は、一般的な紫陽花と同じ。 花が終わったら早めに剪定をおこないます。 おそくても7月には剪定しておきましょう。 剪定する場所は、株元から葉を4枚残した脇芽の上。 葉の付け根から新しい枝が伸び、また来年も花を咲かせてくれますよ。 紫陽花・万華鏡は挿し木にできる? とても美しく、希少な紫陽花の万華鏡。 増やしてもっと楽しみたいですよね。 万華鏡も、ほかの紫陽花と同じように挿し穂を作って挿し木にすることができます。 挿し木の適期は、6月ごろです。 ただし、 万華鏡は品種登録され種苗法により保護されているので、増殖には注意が必要です。 万華鏡を挿し木で増やし、メルカリなどで販売しているのを見たことがありますが、もしも育成者権者の許諾を得ず生産・販売・譲渡をした場合は、種苗法により罰せられます。 島根県アジサイ研究会のサイトに記載された注意事項を引用させていただきました。 島根県オリジナルアジサイは、品種登録され種苗法により保護されています。 育成者の許諾を得ない方が島根県オリジナルアジサイを増殖し(苗、穂木を含む)他人へ譲渡することは、有償無償にかかわらず禁止されています。 登録品種の育成者権侵害は、種苗法第67条の規定により10年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金又は10年以下の懲役と1,000万円以下の罰金の併科に処される場合があります。

次の

アジサイの挿し木ガイド!失敗しないコツや具体的なノウハウ教えます!

あじさい 挿し木

アジサイとはどんな花? アジサイは、5〜7月にかけてピンクや青色の花を咲かせ、雨にぬれても元気なことから、梅雨の代名詞ともいわれています。 アジサイの花のように見える部分は、花びらではなく葉が変形した萼 ガク と呼ばれるものです。 萼は別名「装飾花」と呼ばれ、色づいているので外見上は花びらのように見えます。 萼は種を作りませんが、中央に隠れている5枚の花びらと、10本の雄しべがくっつくことで種を実らせます。 アジサイの育て方!咲かせたい花の色によって土作り方法は違う? アジサイの品種を選べば、花の色もコントロールできます。 人工的に花の色をコントロールするのは難しく、土壌の酸度で花の色が変わる品種「城ヶ崎」でチャレンジしてみましょう。 青色のアジサイの土作り(酸性土壌) アジサイを青色にしたいなら、土を酸性にします。 自分で作るときは、赤玉土(小粒)5:腐葉土3:ピートモス2ほどの割合で混ぜた土がおすすめです。 ピンク色のアジサイの土作り(アルカリ性土壌) ピンク色の花を咲かせたいときは、土をアルカリ性にしましょう。 自分で作るなら、赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土に、一握りくらいの苦土石灰を混ぜて2週間ほど寝かせます。 日本の雨は酸性で、土壌は酸性にかたむきやすくなっています。 雨によってアルカリ性が薄まるので、同じ量の苦土石灰というアルカリ性を強めるための肥料を春先加えてください。 アジサイの育て方!苗植え、鉢植えの時期と方法は? 苗植えに適した時期 アジサイの苗を植える適期は、3~4月か9月頃です。 苗は1年中購入できるので、春か秋頃になったら準備しておきます。 鉢植えと地植えのどちらでも育てられますが、好みの花色があるときは、土の管理が簡単な鉢植えがおすすめですよ。 鉢植えの方法• 苗ポットよりも一回りから二回り大きな鉢を用意する。 ポットから苗を取り出して、手で軽く根をほぐす。 苗を植える。 周りに土を入れて、株を安定させる。 たっぷりと水やりをする。 アジサイのお手入れ!水やりの仕方と肥料の与え方は? 水のやり方 アジサイは乾燥を嫌います。 鉢植えは、土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るほどたっぷり水やりをしましょう。 夏は朝と夜の2回、土を観察してください。 ただ、カシワバアジサイなど過湿を嫌う品種は、土の表面がしっかり乾いてから水やりをします。 肥料のやり方 アジサイは適量の肥料を与えることで、たくさん花を咲かせます。 肥料成分がゆっくり効いて長続きする緩 効性の肥料がおすすめです。 3~4月の苗を植えるタイミングと花が咲いた後の7~8月、冬の12月中旬~2月上旬に1回ずつ、肥料の三大要素が 適正に含まれた 油粕と骨粉などの有機質肥料 を与えます。 アジサイの栽培で注意する病気や害虫は? アジサイは、病気にかかりにくい植物です。 ただ、過湿や雑菌が多いと病気かかることがあります。 定期的に剪定して風通しをよくしておくことが予防につながります。 病気にかかった部分があれば、すぐに切り取って処分し、切り取った部分に殺菌剤をまきましょう。 黒点病(黒星病) 黒点病は、葉に淡褐色や黒色の斑点が出て葉が落ちる病気です。 病原菌が好む高温多湿な環境を避け、窒素が多い土にならないよう注意します。 ダコニール1000などの総合殺菌剤を定期的に土へ散布するのが予防に効果的です。 炭そ病 炭そ病は、葉に斑点ができ、穴が開いたり枯れたりする病気です。 病原菌は高温多湿を好み、雨風によって伝染していきます。 GFベンレート水和剤などで予防・治療することができます。 感染した葉は速やかに取り、殺菌剤を散布します。 うどんこ病 うどんこ病は、葉や花が粉をまぶしたように白くなる病気です。 光合成ができなくなり、葉から栄養分が吸収されてしまうので、生育不良で花が咲かなくなります。 見つけてすぐにサプロール乳剤やカリグリーンなどを散布すると有効ですよ。 感染した葉は速やかに取り、殺菌剤を散布します。 カミキリムシ カミキリムシは、幼虫が幹の中を食い荒らし、葉や株を枯らしてしまう病害虫です。 幼虫は株元に木くずを落とす特徴があるので、見つけたら捕殺しましょう。 穴があいた茎は地際から切り取って処分します。 ハダニ ハダニは、葉裏にについて汁を吸う害虫です。 感染すると、葉は変色して樹勢が弱くなります。 水を撒く時、水圧を高くして葉裏にかけ、吹き飛ばすようにすると効果があります。 アジサイに植え替えは必要?鉢栽培の植え替え方やタイミングは? 今年購入したアジサイの鉢植えは、花が咲き終わった5~6月に一回り大きな鉢に植え替えます。 従来の株の植え替えは12〜3月が良いでしょう。 根の生長が早く、根詰まりを起こしやすいアジサイの性質上、1~2年に1回は植え替えが必要です。

次の

カシワバアジサイの育て方|植え替え時期は?剪定や挿し木の方法は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

あじさい 挿し木

アジサイ 紫陽花 の増やし方!挿し木と剪定はセット? アジサイを増やすには剪定で切り取った枝を使って挿し木にするのがおすすめです。 そのため、剪定と挿し木を一緒に行えば、効率的にアジサイの栽培が楽しめますよ。 アジサイ 紫陽花 に剪定が必要な理由は? アジサイに剪定が必要な理由は、育てるスペースがない、植木鉢よりも大きくなった、など人間側の都合が悪くなるためです。 もともと、アジサイは剪定をしなくても問題はありません。 ただし、観賞用としてアジサイを育てている以上、飾っている場所の雰囲気や樹形を意識する必要が出てきます。 アジサイを剪定するときには、切り取る時期と方法に注意して、好みの樹形に整えてくださいね。 アジサイ 紫陽花 の増やし方!挿し木のコツは剪定した枝を使うこと アジサイは、挿し木で簡単に数が増やせる植物です。 挿し木でどんどん数を増やしていきたい方は、剪定で切り取った枝を利用するのがおすすめです。 剪定後の枝を再利用できるだけではなく、花芽がついた枝ならば、翌年花を咲かせてくれるかもしれません。 土に植える• 6~7月頃、剪定した枝を10~15cmほどに切り揃える。 葉っぱは2枚ほど残して、他の葉は全て切り落とす。 切り口をナイフやカッターで斜めに切って、枝全体も7〜8cmにする。 水を入れた容器に1〜2時間ほど切り口を浸す。 赤玉土(小粒)を入れた容器に指や割り箸で穴を空ける。 枝が2~3cmほど埋まるように挿す。 土が乾燥しないよう水やりをして日陰で管理する。 1〜2ヶ月後、十分に根が生えたら一回り大きな鉢や地面に植え替える。 この際、挿し枝を植え付けるタイミングで発根剤を切り口につけると発根しやすくなりますよ。 水挿し アジサイの剪定した枝を水挿しで管理するときは「土に植える」の4番目までは同じ作業をします。 その後、毎日水を入れ替えていれば根が生えはじめます。 十分に発根したら、遅くても9月までには土を入れた鉢か庭に植え替えてください。 アジサイ 紫陽花 のベストな剪定時期と方法は? 6~9月中旬、花が咲き終わってからがアジサイの剪定の適期です。 花が枯れ、花色が色あせてきた頃、花のすぐ下を切り落としましょう。 剪定のポイントは「新芽」が出てくるところを残しておくことです。 10月頃になると次の年に咲かせる花の芽が枝にできはじめるので剪定は控えてください。 翌年の花数が減ってしまいます。 基本剪定 アジサイには、その年に伸びた新しい枝に翌年花芽をつけない性質があります。 そのため、上から1節目は花を咲かせる可能性が低いので、花のすぐ下に生えている1節目の下を花ごと切り取りましょう。 葉っぱや茎は翌年花を咲かせるために必要なので、そのまま残しておきます。 少し花数や枝を減らしたいときは、「内向きの枝」「下向きの枝」「伸びすぎている枝」「細い枝」を選んで、付け根から切り取ってもかまいません。 風通しがよくなって病害虫の被害が減らせますよ。 全体的に小さく(短く)したい 長年アジサイを育てていると、鉢や庭のスペース以上に生長することがあります。 そんなときは基本剪定でボリュームを減らしつつ、さらに1〜2節分を短く切り落としてください。 注意しておきたいのは枝の色が緑色の所で切り落とすという事です。 茶色の古い枝から切り落としてしまうと翌年は花が咲かないので気を付けてみて下さい。 ゼロから育て直したい(強剪定/切り戻し) アジサイが大きく育ちすぎて、基本剪定などで樹形が整えられないときは、株元近くまで枝を剪定する「強剪定」や、太い枝を途中から切って短くする「切り戻し」と呼ばれる作業をしましょう。 ただ、強剪定をすると次の年は花が咲かないことが多いので、枝や芽を生長させる1年になることを承知のうえで取り組んでくださいね。 葉っぱが枯れ落ちた冬の時期が適期です。 以前に強剪定をしたなら、3年は間をあけてください。 一番下の節目だけを残して、全ての茎を切り取りましょう。 全体の枝が株元から約10~15cmの高さにそろうイメージです。

次の