開業 ハウスクリーニング。 ハウスクリーニング・家事代行×山梨県の独立開業情報一覧|独立・開業・フランチャイズ募集の【アントレ】

【ハウスクリーニング独立開業】資金、資格、届出、技術習得を紹介。

開業 ハウスクリーニング

コンビニ• 買取・リサイクルショップ・古着屋• 雑貨・アパレル・デザイン• 中古車・自動車・自転車• その他・各種小売• サービス• ハウスクリーニング• 学習塾・個別指導塾・家庭教師• 幼児教育・保育園• 各種スクール• 買取販売(ブランド・貴金属)• 介護・デイサービス・訪問看護• 修理(リペア)・クリーニング• 理美容・整体・リラクゼーション• IT・通信・情報・携帯電話• フィットネス・ジム・スポーツ• コインランドリー• 不動産• その他・各種サービス• 海外FC サービス• ファーストフード・ハンバーガー• 居酒屋・バー• ラーメン• うどん・そば• カレー• お弁当• カフェ・喫茶店・レストラン• たこ焼き・お好み焼き• キッチンカー・移動販売• パン・スイーツ• その他・各種飲食• 海外FC 飲食• 北海道• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県• 北信越• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県 「体力が落ちて掃除が難しい」「仕事が忙しくて掃除する時間がない」など、生活における日々の悩みを解決するハウスクリーニングサービス。 高齢化や女性の社会進出や共働き世帯の増加など社会の変化に伴い、ますます需要は増加中です! 経済産業省の調査によると2012年の市場規模は約900億円だったのに対し、 将来的には6,000億円の規模にまで拡大すると言われています。 ハウスクリーニングは特別な許認可が不要で個人でも開業しやすい業界ですが、高度な掃除のスキルや宣伝方法、人脈がなければ安定した収入が見込めないのが難点。 フランチャイズなら 本部の知名度や信頼度を活かせるので、開業後はスムーズに経営を軌道に乗せることが可能! 充実した研修制度で、未経験者でも技術や営業スキルをしっかり身につけることができます。 また、 店舗不要で場所も自由に選べるので、低資金・1人での開業可能。 年商1,000万円も目指せる夢のあるビジネスです。 「手に職をつけたい」「やりがいのある仕事がしたい」という方はぜひ、ハウスクリーニングのフランチャイズを検討してみてください!.

次の

ハウスクリーニング開業のための極意を徹底研究!

開業 ハウスクリーニング

こんにちは、アキタです。 AIの発達。 45歳定年。 少子高齢化。 オリンピック後の景気低迷。 今は会社に勤めていても2年後、どうなっているかわからない。 あらゆる状況が日本の未来を明るく照らしてはくれない状況です。 もしリストラにあって会社から離れることになってしまったら・・・。 45歳では再就職も難しい。 あってもブラック企業かも・・・。 そんな時、手に職持っていれば潰しが効きます。 その職の一つにハウスクリーニングをはじめとした清掃業があります。 ハウスクリーニング独立開業。 資金、資格、届出、技術習得を紹介。 AIが発達しつつある昨今、人間の仕事はAIに奪われるといわれますね。 ではハウスクリーニングという仕事は果たしてAIに奪われてしまうのか。 答えはNOです。 お掃除というのは単純で簡単と思われます。 一つ一つの作業はそうでしょう。 しかし現場は毎日違います。 更に単純作業も集合体となると必ず判断しなければならない場面があります。 キッチンの換気扇一つとってもメーカーごとに構造が違いますし、当然汚れの状態も違います。 ステンレスやアルミ、塗装面であったりなど素材も違います。 そのためプログラムを組んで機械に作業させることは難しいのです。 もちろん床や窓ガラスのみであればすでに自動清掃ロボットが存在します。 ですので床清掃や窓清掃に特化していれば、いずれ仕事はなくなるかもしれませんが ハウスクリーニングをAI化するのは難しいでしょう。 また、体力仕事ではあるものの重い物を運んだりなどは基本的にないので、ある程度年齢を重ねてもその気になれば仕事できます。 更に ハウスクリーニング業界の市場規模は右肩上がり。 以上のことから将来性は十分と言えるでしょう。 開業が簡単 とは言え開業するというのは普通は大変なもの。 もし失敗したらどうしようと必ず考えますし、店舗などでは撤退するにもお金がかかります。 しかしハウスクリーニングはかなり資金を抑えて開業することが可能です。 しかも撤退も簡単。 その理由は下記の通り。 資本金が少なくて済む。 届出や許可が必要ない。 資格が必要ない。 技術習得が比較的簡単。 一つ一つ見ていきましょう。 資本金が少なくて済む ハウスクリーニングを開業する上で高い買い物と言えば車くらいでしょう。 とは言え車もローンを組めば月々払いで購入できますよね。 掃除機も最初は自宅にある物で大丈夫です。 ちなみに業務用が欲しい場合は下記のリンクを参考にしていただければと思います。 もちろん床用ポリッシャーやカーペットリンサー、業務用の高圧洗浄機などを購入するとなるとそれなりにお金もかかります。 床用ポリッシャーとカーペットリンサーについての詳細は下記リンクから行けます。 しかし アパートの退去後の空室清掃や在宅中のハウスクリーニングなどであれば、上記の機械はほとんど必要ないです。 ですので、業務内容にもよりますが最初から用意する必要はないかなと。 各種清掃道具ですが下記の物があれば、ある程度は対応可能です。 種類 資材 道具 目地ブラシ、洗車ブラシ、耐水ペーパー(#1000)、スポンジ、ナイロンタワシ、ステンレスタワシ、ダイヤパッド、スクレーパー(大・小)、刷毛、窓用シャンパー、スクイジー、タオル、脚立、台車、モップ、掃除機 洗剤 中性洗剤、酸性洗剤、アルカリ性洗剤、シール剥がし、塩素系漂白剤、クレンザー その他 ワックス、剥離剤 上記が最低限必要なものとなりますが、洗剤は何リットルのものを買うかで料金が変わりますが、全部合わせても10万円もしません。 車を新車でローンで買うと仮定しても頭金で10万、資材購入で10万、合計20万円で開業できてしまうのです。 しかもこちらから出張してサービスを提供する仕事ですので、人を雇い入れない限り、事務所は自宅兼で大丈夫です。 届出・許可 飲食店にしても何にしても監督官庁に届出は必要ですね。 同じ清掃業でも不用品回収などの業務をする会社はそれも自治体への届出が必要です。 しかし ハウスクリーニングは特に届出の義務はありません。 もちろん税務署に開業届と青色申告承認申請書を提出する必要はありますが、それは税制的なものです。 白色申告でも大丈夫ですが、本業としてハウスクリーニングをやるのであれば、洗剤を買ったり消耗品を補充したりなど、それなりに諸経費は毎月かかるので青色申告にしておいた方が良いです。 税務署に提出する2枚の書類も難しいことはありません。 税務署に行って窓口で聞けば、その場で記入して提出することができます。 資格 弁護士や税理士などの士業の方は当然、国家資格が必要です。 飲食店を開業するのも食品衛生責任者や防火管理者が必要です。 しかし ハウスクリーニングは資格を持っていなくても開業可能です。 一応、技能士資格や民間団体の資格は存在するのですが、開業に必須ではないため、取る必要はありません。 技術習得が簡単 経験や慣れは必要になりますが、基本的には単純作業ですので職人さん的な技術というのは必要ありません。 そのため、一通り基本的なことを覚えてしまえばいつでも独立できます。 技術習得する方法は以下の通りです。 フランチャイズ契約をして指導してもらう。 スクールに通う。 清掃会社に就職して覚える• 工務店などに電話して清掃業者として使ってもらう。 最初のフランチャイズ契約はダスキンさんやお掃除本舗さんなどの大手以外にもいろいろあります。 しかし 数百万もの資金が最初にかかるため、資本金を安く済ませたい方にはおすすめできません。 スクールに行くのも一つの手ですが、研修期間も4日間のみと短く数十万ほど費用がかかるケースが多いです。 清掃会社に就職するケースは一番良いように見えますが、役割を分担して作業することになるので、仕事の全体像が見えにくく、 習得に時間がかかると思います。 最後の工務店やリフォーム会社、中規模の清掃会社などに連絡して業者として使ってもらうというのが個人的にはおすすめと思います。 即戦力でなければ使ってくれないだろと思うかもしれませんが、意外とそうでもありません。 特にマンション・アパートのお部屋の内装工事後のお掃除では人手が足りていないため、初心者でも使ってくれる場合が多くあります。 「清掃業の経験がないのですが、働きながら覚えたいので使っていただけませんか?」とハッキリ伝えれば良いと思います。 数社連絡すればある程度使ってくれるところが見つかると思います。 数回現場をこなせばある程度は作業方法が身に付いてくるでしょう。 まとめ 以上、ハウスクリーニングの独立開業のしやすさを紹介してきました。 まとめると下記の通りとなります。 資本金は他業種と比べて少額でOK。 特別な開業届は必要ない(税務署への申告書を除く)。 資格が必要ない。 技術習得が容易い(慣れは必要)。 もし万が一あなたがリストラにあってしまったら、ハウスクリーニング業を開業することを考えてみてはいかがでしょうか? 参考になれば幸いです。

次の

ハウスクリーニングの起業で成功する人は?

開業 ハウスクリーニング

ハウスクリーニングで開業・独立するには? ハウスクリーニングを開業するにあたり、特別な 資格や許可は必要としません。 必要に応じて税務署への 開業届を提出しますが、誰でも新規参入は可能であり自由に開業をすることができます。 ですが許可や届出が不要な反面、 参入障壁も低く競合会社が多いのもハウスクリーニング業の特徴です。 低資本で始められるビジネスという事もあり、清掃業者だけでなく、一般の主婦でさえ副業的にハウスクリーニング業をこなしている人もいます。 またハウスクリーニング自体の需要が変動しやすい事から、 賃貸管理やビル管理業者が兼業としてハウスクリーニング業を行っているケースもあります。 今後は本格的な 高齢化が見込まれる事から、ハウスクリーニングの需要が一定数見込まれるものの、個人でハウスクリーニングとして起業していく為には、綿密な事業プランが必要と言えます。 ハウスクリーニングの開業資金はいくら? ハウスクリーニングの開業資金はいくらくらい必要なのでしょうか。 よくフランチャイズの開業資金として300~400万円といった広告を見かける事もありますが、個人で開業をした場合には開業資金をかなり抑える事も可能です。 車両や事務所費を除けば、清掃道具・洗剤だけであれば 10~20万円もあれば開業は可能です。 もちろん車両を購入するのであれば中古でも数十万円かかりますし、事務所を借りるのであれば保証金など賃料の10か月分程度は見込んでおく必要がありますが、ハウスクリーニングの開業に必ずしもそれらが 必須という訳ではありません。 ホームセンターやインターネットでも洗剤は購入することが出来ますし、一部の用品を除きクリーニング業者でなければ購入できないという事もないでしょう。 ハウスクリーニングの独立・開業で大切なことは、 用途に応じた洗剤の使い方・用具の使い方といった専門知識をしっかりと持つことです。 高額な洗剤を購入するよりも、選ぶ洗剤とその使い方を熟知している事が先決となります。 ハウスクリーニング業の利益はほぼ 技術料です。 プロとしてその技術を売っていく訳ですから、まずはクリーニングの専門知識を学ぶようにしましょう。 ハウスクリーニング開業の資格は? 先ほども少し取りあげたように、ハウスクリーニング開業にあたり特別な資格は必要ありません。 ですがハウスクリーニング系の資格を取得しておく事により、そこから 知識を得られる事もありますし、顧客獲得時に 信用に繋がることもあるかもしれません。 ハウスクリーニング系では 以下のような資格が挙げられます。 ハウスクリーニング技能士• ハウスクリーニングアドバイザー• クリーニングインストラクター• 掃除検定• ハウスクリーニング士 最初から洗剤や掃除用具の使い方を熟知していれば良いですが、全くの未経験から知識や技術を学ぶことが難しいという人もいるかと思います。 そのような人であれば資格取得から入るというのも一つの方法です。 また資格を取得しておく事で 転職時に有利になったり、 人に指導できる機会もあるかもしれません。 ですが繰り返しになりますがハウスクリーニング開業には 資格は必須ではありません。 資格を取得しなくても入社できる会社はたくさんありますし、ネット等でも基本的な情報であれば入手できます。 ハウスクリーニングの独立開業において、自分にとって資格取得が必要かどうかじっくりと検討するようにしましょう。 ハウスクリーニングで開業届けは必要? ハウスクリーニングで開業をする場合、 開業届けは必要になるのでしょうか。 どのような業種においても、開業時に開業届を提出する人は多くいます。 開業届を提出するという事は、税務署に 「個人事業の開廃業届出書」を提出するという事です。 開業届を提出することにより、 青色申告ができるようになったり、 屋号の銀行口座が持てる等のメリットが生まれます。 ですがこの開業届を未提出であっても、 罰則が定められている訳ではありません。 実際に提出しない人も中にはいます。 自分で開業届を提出したい方は、開業をしてから一か月以内には提出をするようにしましょう。 ハウスクリーニング開業に必要な道具は? ハウスクリーニング開業に 必要な道具にはどのようなものがあるでしょうか。 一例を挙げてみます。 掃除用具 電気掃除機・作業用エプロン・モップ・はたき・ほうき・ちり取り・たわし・雑巾・歯ブラシ・金属ブラシ・スポンジ・パッド・スクレイパー・バケツ・延長コード・コードリール・カミソリ刃・ドライバー・スクイジー・ゴム手袋・ハンドスプレー・クッキングペーパー・サンドペーパー・その他 洗剤 中性洗剤・弱アルカリ性洗剤・アルカリ性洗剤・漂白剤・クレンザー・溶剤・ペーパー類・金属磨き材・その他 上記は一例ですが、必ずしも 全てを揃える必要はありません。 ホームセンター等で揃えられる道具も多いですし、それこそちょっとした消耗品類であれば100円均一で購入できるものもあります。 ハウスクリーニングの独立開業で必要なコストは、主にこれらの道具・洗剤や車両維持費・ガソリン代が中心となります。 そのためこれらのかかる経費以外はほぼ利益となり、ハウスクリーニングがいかに 利益率の高いビジネスかが分かります。 ですがこれらの道具や洗剤は高額であれば良いという訳ではなく、その 用途に合わせた使い方が肝心です。 未経験者であれば信頼のおける会社に入社する等、一定期間 修行をしてから開業を検討するのが良いでしょう。 スポンサーリンク ハウスクリーニング開業時の年収は? ハウスクリーニングで独立・開業をした際、その年収はいくらくらいになるのでしょうか。 一概には言えませんが、開業時の年収は 200万円にも届かない人が殆どかと思います。 200万円と聞くと少なすぎると感じる人もいるかもしれませんが、現実として 開業時からハウスクリーニング業で大きな売上を築くことは中々困難です。 顧客を開拓していき軌道に乗っていったとしても、個人のハウスクリーニング業であればその 平均年収は300~400万円といった所でしょう。 年収として何とか食べていけるレベルの人も多く、サラリーマンの平均年収にも届かない開業者がかなりの数存在します。 またこの年収を維持するだけでも朝から晩まで働き、休みもほとんど取れないといった状態がしばらく続くかもしれません。 年収が安定しないうちはサイドビジネスとして他の仕事と並行する等、 生計を維持していく工夫も必要になります。 ハウスクリーニング起業で失敗する理由 ハウスクリーニングで起業をして大きな収入を築きたいと考える方は多くいるかと思います。 ですが残念ながら、その 多くの人が起業に失敗をし撤退していきます。 ハウスクリーニングの起業に失敗する理由として、まずその 参入障壁の低さが挙げられます。 「低資本で始められる」「資格・許可不要」「ランニングコストが多くかからない」等、誰でも簡単に取り組めそうなイメージから、 無計画に安易にハウスクリーニングで起業をする人は多いものです。 ですが現実としては、開業する事は簡単なものの、実際に売上を築くことが難しいことに起業してから始めて気付きます。 またハウスクリーニングと言うと、一般家庭に訪問してクリーニングを行い料金をもらうといった仕事をイメージする人が多いかと思います。 ですが実際には個人単位で ハウスクリーニング業だけで生計を立てる人は少なく、大手業者や関連業者が その複合業務の1つとしてハウスクリーニング業を行っているに過ぎません。 そのためもし個人でハウスクリーニング業を始めるとなると、必然的に 競合相手が大手会社になり、資本力のない個人は簡単に競争に負けてしまいます。 またハウスクリーニングと言うと大きな需要が見込めそうなイメージもありますが、個人家庭において その需要は僅かです。 例えば自分の家のキッチンが汚れているとして、一万円以上の費用がかかるハウスクリーニング業者にすぐに依頼をしようと考える人がどれくらいいるでしょうか。 恐らく多くの家庭では 自分で掃除してみようと考えたり、 ホームセンター等で見合った製品を購入して掃除しようと考える筈です。 それだけハウスクリーニング業はニッチであり、特に個人開業で仕事を拾っていく事は難しい事です。 ハウスクリーニング開業時は、軌道に乗るまでしばらくは厳しい売上数字が続くと考えていた方が良いのかもしれません。 ハウスクリーニングの集客 ハウスクリーニングを個人で開業するとしても当然に継続的な売上げが必要です。 個人でやるには経費などを差し引くと月収ベースで40~50万欲しい所ですが関東でもこれくらいの売上げを維持している一人親方は少ないもの。 1人開業で 月20~30万円の売上げがあれば成功の類と言えるでしょう。 大手の客単価が15000円前後とすると、個人でやる場合の単価が8000円としても月に25~40人の受注が必要。 1日1件と考えれば簡単そうにも見えますが、実際にはそこまで 受注に結び付かないのが現状かと思います。 開業当初は需要を掘り起こす意味でも、まずはハウスクリーニングサービスの快適さを 顧客に知ってもらう事も大切です。 どの家庭でも共通しているのは「クリーニング業者を呼ぶほどではない」という感覚からハウスクリーニング未体験の顧客が多いものです。 そのため最初は 無料や割引料金の提示・部分清掃などお試しのサービスを打ち出し、クリーニングサービス体験してもらう事が必須と言えるでしょう。 またハウスクリーニングに依頼する顧客は以前にも他業者で依頼していた経験がある人が多いので、自分に依頼してきたという事は前の業者に何か 不満が募ったケースもあります。 その不満を聞き出し、 それを満たす仕事をしてあげることは次回の仕事の受注にも繋がります。 特にお年寄りはクリーニング以外の仕事を頼んでくる事も多く、この仕事は御用聞きの一面もありハウスクリーニング業は顧客の信頼を得る事が大切です。 顧客との信頼関係が構築できれば、掃除以外の仕事を任される事もあるでしょう。 またハウスクリーニングのターゲットは単身世帯よりは、 高齢・ファミリー世帯です。 若年層はハウスクリーニングに依頼するという発想自体が頭にありません。 ファミリー世帯では共働きの人もいれば高齢の人・小さいお子さんがいる人・主婦でも掃除が嫌いな人・ハウスダスト等で清掃が難しい人・素人の清掃ではどうにもならない状態になってしまった場合等、色々なケースが想定されます。 またハウスクリーニング業の リピート率というのは他業種と比較しても高いと言われています。 掃除は定期的に必要であり、一度そのハウスクリーニングの仕事や料金設定に満足した顧客はリピートする確率が高いです。 高齢者や主婦顧客であれば、その 口コミから受注を見込みやすいといったメリットもあります。 大手と差別化をするには? 大手サービスを見るとエアコンクリーニングやフロアクリーニング・キッチンクリーニングなどサービスが区分けされ提供されている事も多いかと思います。 しかしその殆どが技術料と人件費として成り立っており 資材コストはその内の僅かでしかありません。 大抵のハウスクリーニング業者の資材コストは売上げの10%以下。 価格競争に巻き込まれる恐れはあるものの、まだまだ低価格での提供余地はあると思いますし、大手が提示している金額よりも 割安に作業を行う事が出来る筈です。 また個人開業でハウスクリーニングを考えるのであれば 専門分野を作る事が考えられます。 例えばキッチンのクリーニング専門や風呂場専門・床面のクリーニングなどその専門性に特化して仕事を請け負うこともあります。 浴室1つを取ってもカビ汚れは素人では除去できないケースも多かったり、風呂釜のパイプは水垢や髪の毛が密着している事も多いものです。 依頼者の中には作業が困難という人の他にも時間がない・作業が面倒等の理由でクリーニングを依頼したい人もいるでしょう。 特に油汚れが取りにくいキッチンや分解が必要なエアコンなど、 素人が掃除する事が難しい専門分野に的を絞りPRしていく事が効果的です。 また一般家庭のクリーニングだけではなく オフィスのクリーニングも検討できます。 ご存じの通り現在のオフィスでは様々なOA機器を設置しておりそのクリーニング方法も様々。 機器や家具の種類により洗浄方法も異なる為、それに応じた 洗浄技術やノウハウが必要になり、OA機器やブラインド・ローパーや天井など部位に応じた洗浄が求められます。 またオフィスは主に土日祝にクリーニングを依頼する傾向がある為、ハウスクリーニング開業を副業的に考えている人でも検討できます。 ハウスクリーニングと不動産業者 ご存じの方も多い通り、ハウスクリーニング業者が多くの顧客を掴めるパートナーとして 不動産業者があります。 不動産業者は 管理物件をかなり抱えていますし、入居者が退去すると 原状回復工事が必要になります。 主にはクロスの張り替えや清掃がメインになってきますので、ここに食い込めれば収入は安定します。 賃貸市場は1~3月が繁忙期・また清掃業は 年末の11~12月が繁忙期になりますので、秋口から冬の終わりにかけて集中して営業をかけていく事になります。 しかし当然に不動産業者には既に 提携先業者がある事が普通ですので、既存の提携先よりも大きな差別化や低価格サービスを打ち出した内容で営業をかけなければなりません。 価格帯を他社より安くしたりクロス単価を引き下げる・引っ越しの一部を請け負う・アパマンだけではなくテナント清掃等も請け負う等、色々とアイデアを考える必要があります。 また不動産屋に限って言えば不動産屋は3種類あり、 FC系・大手・地場の不動産屋などがあります。 ですが大手やFCほどハウスクリーニングの依頼の単価が安く、管理物件を抱えず仲介専門の場合が多い事や、自社でハウスクリーニングのシステムが既に確立されている事も多いです。 ですから地場の不動産業者と懇意になって仕事をもらい幾つも掛け持ちする形が一番稼ぎ易いようにも思います。 個人が不動産業者とパイプを持つ事は中々難しいですが、繋がりが持てればハウスクリーニング業として 収入は安定しやすくなります。 ハウスクリーニングの開業・独立まとめ ハウスクリーニング開業について書いてみました。 ハウスクリーニング業界というのは他業種と比較するとまだまだ独立者が少ないように感じます。 もちろん簡単に稼げる業界ではなく、やはり競合が多過ぎるという点・ノウハウが周知されていない事・肉体労働であるという事が、独立希望者がイマイチ増えない理由の1つにもあると思います。 個人がこれから参入していくのはハードルも高いですが、やり方次第ではまだまだ需要は掘り起こせるかと思います。 興味がある方はまずどこかの会社に入社をし技術・ノウハウを吸収する事から検討してみるのも良いのではないでしょうか。 それでは今日はこの辺で。

次の