目 の 周り 青 あざ 早く 治す。 青あざの治し方!いち早く「青あざ」を消すために効果的な方法

【医師監修】目のまわりの青あざはどうやってケアすればいい?病院へ行くべき?

目 の 周り 青 あざ 早く 治す

青あざが出来やすい方は、ここで青あざの対策を覚えておきましょう。 まずメラニン色素などの沈着による皮膚の内部、深層の色素沈着による青あざの場合は、基本的にレーザーによる治療が基本です。 レーザー治療はメラニン色素細胞にのみ反応するレーザー光線によって細胞を除去していく治療法です。 次に、打撲などによって一時的に青あざや青タンが発症している場合は、皮膚のリンパ組織の流れを向上させる温熱療法を実践するのが基本です。 自分でできる簡単な青あざの治し方としては、暖かいタオルを患部にあてて血流を促進させてあげる方法です。 熱すぎるタオルの場合は皮膚に負担がかかる為、ここでは36度~37度前後の体温に近いぬるま湯に浸したタオルを絞り患部に軽くのせてあげるようにして行います。 タオルの温度は直ぐに下がる為、交換が面倒ではありますが、少しでも早く治す場合は、この繰り返しが効果的です。 また女性の場合は美白ブームなどの影響もあり、皮膚の内面から栄養調整を行いながら整えていくなども根本的な改善を目的として大きな注目を集めつつあるようです。 内出血ができるほどぶつけてしまった場合は、まず冷やした方が良いと思われがちですが、冷やした方が良いのは応急処置の段階です。 ある程度時間が経過している場合は、逆に血流を促進しリンパの流れを向上させてあげる方が結果的に早く治すことができます。 温熱療法の開始段階では皮膚の内出血や変色も、組織の回復に伴って徐々に通常色に戻りはじめます。

次の

【青アザを早く治したいときは?】意外な原因と対処方法をご紹介

目 の 周り 青 あざ 早く 治す

青あざとは、 皮膚の深くにある血管が傷つくことによって漏れ出した血液(内出血)が変色している状態のことです。 「黄緑っぽい色のアザができてしまった!」という方も慌てる必要はありません。 青あざは時間がたつと青色から黄緑色、黄色へと徐々に色が薄くなっていくのです。 内出血による青あざは正式には「紫斑(しはん)」といいます。 その中でもあざの直径が1mm前後は「出血点」、3~5cm以上は「出血斑」とそれぞれ名前がついています。 青あざが治るまでどのくらいかかるの? 顔や足にできた青あざは目立ちますし、メイクや服装も決まらないので厄介。 出来ることなら見た目の悪い青あざは一刻もはやく早く治したいところですよね。 一度できてしまった青あざは治るまでにどのくらいの時間がかかるのでしょうか? 是非おすすめしたいのが PRICE処置という応急処置方法。 怪我直後に大切な5つの処置の頭文字をとって名付けられています。 【 Protect 保護)】 怪我直後は、まず怪我人と患部の保護が大事です。 さらなる怪我の心配がない安全な場所に移動して、応急処置の行える環境をつくりましょう。 【 Rest (安静)】 安心して応急処置の行える場所に移動したら、怪我をした患部を動かなさいように安静にしましょう。 怪我直後に患部を動かすと内出血や腫れがひどくなります。 内出血が多くなると治るまでに時間のかかる大きな青あざになってしまいます。 【 Ice 冷却)】 安静にしたあとはビニール袋にいれた氷やアイスパッドをつかって患部をアイシングしてください。 怪我直後に患部を冷やすと、代謝の低下で患部の炎症を抑えることができます。 さらに血管を収縮させて腫れや痛み、青あざの元になる内出血を緩和する効果もあるのです。 アイシングは1回15分を目安に行い、その後は1時間ほど氷をはずして休憩させるのが1セットです。 何セット繰り返すかは症状によりますが、痛みがでている間は続けてください。 ただし就寝中にアイシングを行うのは凍傷の危険性があるのでやめましょう。 【 Compression(圧迫)】 テーピングや包帯などで患部を圧迫しながら固定することで、患部の内出血や腫れを防ぐことができます。 冷却と同様になるべく怪我直後に行うことがポイントです。 【 Elevation (挙上)】 拳上(きょじょう)とは患部を高く上にあげることです。 目安としては心臓より高く挙げるようにしましょう。 挙上することで患部の腫れを緩和させたり、防いだりするのが狙いです。 PRICE処置は、打撲・打ち身だけではなく、脱臼や骨折の疑いのある場面でも使えるので、とっさの時に思い出して実践してください。 打撲・打ち身が原因なら整骨院で施術を受けよう 「転んだり体をぶつけてしまったりしまったけど応急処できない!」 「応急処置できなかったんだけど、青あざが長引くのはいやだ・・・。 」 そんなときは体の専門家を頼るといいでしょう。 打撲・打ち身など青あざの原因に心あたりがある場合は整骨院を頼ってみてください。 整骨院は打撲・打ち身に関して国から専門性が認められていて、安心して施術を受けることができます。 打撲・打ち身には各種保険も適用されるので、費用面でも負担がかなり少なく済むのはいいですよね。 青あざをできるだけ安く綺麗に治したい方にはおすすめです。 外傷の心当たりがない場合は一度病院で検査を どこもぶつけた経験がないのに青あざが体のいろんな部位に頻繁にできるという方は、病院から処方されている薬や血液の病気という可能性があります。 あまりにも頻繁に心あたりのない青あざができてしまうという方は病院で医師による検査をうけるようにしましょう。 青あざができやすくなる6つの原因 青あざの原因のほとんどは打撲・打ち身といった外傷によるものですが、性別や食生活、病気によって青あざを作りやすい体質になってしまっていることも。 「心当たりがないのになぜか青あざがたくさん出来てしまう」という方は原因をチェックしてみてください。 打撲・打ち身などの外傷 青あざの原因でもっとも多いのが打撲・打ち身といった外傷によるものです。 どこかに体をぶつけた• 転んでしまった• スポーツで体が接触した このような経験で青あざを作ったことが一度はありますよね。 私たちの皮膚は外部からの鈍的なダメージにとても強い構造になっています。 そのため 衝撃が加わっても皮膚自体は切れずに、皮膚の下にある血管にダメージが加わって内出血(皮下出血)が起こるんです。 女性は青あざができやすい 女性は特に青あざができやすいって知っていましたか? 女性は男性に比べて皮膚が薄くて筋肉量や血管を保護するコラーゲンも少ないので、 体質的に青あざができやすいんです。 また女性ホルモン(エストロゲン)には血管を広げたり、血管の壁が作られるのを妨げる働きもあるので、打撲・打ち身などの外からの刺激があったときに内出血が起こりやすいんですね。 加齢による体の衰え 年をとるごとに青あざができやすくなったと感じている方、それは気のせいではありません。 加齢と共に皮膚は薄くなり、血管自体の弾力もなくなって傷つきやすくなるのです。 さらに血管を保護する働きのある脂肪やコラーゲンも徐々にへっていくので、「ちょっと体をぶつけたただけなのにすぐ内出血してる・・・」という場面が増えてきます。 栄養素の不足・偏り ここまでは私たちのほどんどに共通する青あざの原因を紹介しましたが、ここからは少し特殊な原因を紹介していきます。 実は 普段の食生活や摂取するサプリメントも青あざができやすさに影響を及ぼすのです。 ・ビタミンC・ビタミンKの不足 ビタミンCとビタミンKには血液を固める効果があり、これらが不足すると血管が傷ついたときに血液が滲み出しやすくなって青あざができやすくなります。 ・特定のサプリメントの過剰摂取 魚の油やビタミンEなどのサプリメントに偏った食生活も青あざができやすい体質になってしまう原因です。 もちろん服用量を守って適切に摂取するのは問題ありませんが、下で例にあげるようなサプリメントに頼りすぎた食生活は見直していきましょう。 魚油系(オメガ3系脂肪酸)• ビタミンE• ノコギリヤシ• ニンニク• ショウガ• イチョウ• ナツシロギク• チョウセンニンジン 薬剤の影響 不整脈や鬱(うつ)などの特定の病気に処方される薬の効果によって内出血をおこしやすく、青あざができやすくなります。 ・抗凝血薬(アスピリン、イププロフェンなど) 抗凝血薬は 「血が固まるのを防ぐ」薬で、不整脈や血栓治療のために処方されます。 ・抗うつ薬(フルオキセチン、セルトラリン、シタロプラム、ププロピオンなど) 鬱や気分障害のために処方される抗うつ薬。 その中でもSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という種類の薬には 血液を固めるために非常に大切な働きをする「血小板」の機能を低下させる効果があります。 どちらの薬も血液が固まりにくくなるという作用があり、「覚えのない内出血」の原因となります。 青あざの予防法 青あざを防ぐには、もちろん転んだりぶつけたりしないように普段から注意するというのが大事。 そうはいってもついつい転んでしまう愛すべきおドジさんのために、 食事から青あざになりにくい体質を作る方法を紹介します! 青あざを防ぐ栄養素はズバリ「 ビタミンC」と「 ビタミンK」! それぞれの効果と、これらを多く含む食材も合わせて説明していきますね。 ビタミンC 私たちに馴染み深いビタミンCですが、実は血管や血液に対しても重要な働きをしています。 血管の壁を強くし、外からの刺激があったときに血液を漏れにくくする• メラニン色素の生成を抑える これらの効果によって青あざが出来にくく、目立ちにくい体質になるというわけです。 ビタミンCを多く含む食材• レモン• キウイ• じゃがいも• パプリカ• ブロッコリー ビタミンK ビタミンKはあまり聞き馴染みのない栄養素ですが、「血液を凝固させる」という大事な働きがあります。 この栄養素が不足すると内出血した際に血液が漏れ出しやすく、大きな青あざになりやすいのです。 ビタミンKを多く含む食材• ほうれん草• しそ(紫蘇)• パセリ• モロヘイヤ 血液の抗凝固剤(血液が固まりにくいようにする薬)を病院で処方されている方は、摂取が制限されている場合があるので医師と相談してください。 打撲・打ち身のお悩みはぷらす鍼灸整骨院にお任せください 私たちぷらす鍼灸整骨院でも打撲・打ち身の専門家が施術を行わせていただいております。

次の

内出血を早く治す方法!うっかりできてしまった内出血・アザをきれいに治したい!

目 の 周り 青 あざ 早く 治す

もくじ• 内出血とは 内出血を早く治す方法を解説する前に、「そもそも内出血ってなに!?」について簡単に説明させてください。 内出血とはなにかを知っておくことで、「内出血を早く引かせる方法」も圧倒的に理解しやすくなりますよ。 内出血(皮下出血ともいいます)とは、毛細血管が傷つき、 皮膚の下で出血することです。 まぶたの裏側(結膜)にはたくさんの毛細血管が存在しているため、麻酔の注射や糸をかけるときに傷つけてしまい、内出血をおこすことがあります。 内出血はふつう、1~2日でひろがらなくなります。 また、出血した量が少ないほど、短い期間で治ります。 (参考:時事メディカル) 内出血の出血量が多くないときは、自然に治っていくので、病院で治療をうける必要はありません。 逆にいうと「この薬を飲めば早く治る」という特効薬がないので、できるだけ早く引いてほしい!と思っても、自然に治るのを待つしかない・・・ということでもあります。 埋没法の内出血を早く治す方法 冷やす 埋没法の手術から2日~3日間は、 冷やすことで内出血を抑えることができます。 (参考:新潟医師会事務局、時事メディカル) そもそも内出血とは、まぶたに麻酔の注射をしたり糸をとおすことで 皮下組織(皮ふの下にある組織)に傷がつき、出血することをいいます。 人間の体や組織に傷ができると、早く治そうとして、傷ができた部分にたくさんの血液が集まります(人間の自然治癒能力ってすごい!)。 まぶたにたくさんの血液が集まるということは、内出血しているところの血流がよくなる、ということ。 毛細血管が傷ついていて血が出ている状態のときに、もっと血流がよくなってしまったら、内出血も早く引きづらくなります。 内出血を早くおさえるためには、まぶたを冷やして血管をちぢめ、血流をおさえてあげることが大切です。 保冷剤をタオルでまいてまぶたにあてる・はなすを繰り返す、まぶたの上と下に冷えピタをはる、などをして、しっかり冷やしてください。 頭を心臓より高くして寝る 頭を心臓より高くして寝ると、内出血が治りやすくなります。 人間の体には重力(ものを地球へ引きつけようとする力)が働いているので、心臓より下(低い位置)へは、血液が届きやすい 逆に、心臓より高い位置へは、重力に逆らわなければいけないので、心臓より低い位置よりも、血液が届きにくくなります。 まぶたを心臓より高い位置にすることで、血液を届きにくくでき、内出血を悪化させにくくすることができます。 ちなみに頭を心臓より高くして寝ることは、「内出血」じゃなく「腫れ」もおさえることができます! 入浴はひかえる 内出血を早く引かせたい!目立たせたくない!とうときは、 入浴はひかえることを強くおすすめします。 お風呂に入ると血行がよくなり、内出血がひきにくくなります。 例として、私が埋没抜糸をしたときの写真をあげますね(埋没手術時のものじゃなくてごめんなさい)。 この写真は、抜糸をした次の日のもの。 まぶたの内出血はそこまでひどくありません。 その日の夜、どうしてもお風呂に入りたくなって湯船につかったところ、、、 明らかに内出血がひどくなってしまいました。 (涙) お風呂に入ると内出血がひどくなる(引きにくくなる)ということが、伝わったかと思います。 埋没手術後にお風呂に入りたくなっても、内出血を気にするのであれば、シャワーだけにすることを強くおすすめします・・・! 安静にする 内出血を一秒でも早く治したいのであれば、できるだけ 安静にすることも大切です。 運動をしたり活発に動きまわったりすると、 まぶたの血行がよくなり内出血がひきにくくなるからです。 「安静にするって具体的にどういうことなの?」「一日中寝ていなきゃだめなの?」と疑問に思うかもしれませんね。 セルフドクターネットというサイトによると、安静にするとは、 精神的にもゆったり落ち着いて過ごすこととのこと。 また、必ずしも寝なければいけないわけではなく、 ソファに座って本を読んだり音楽を聴いても問題ないとのこと。 ただ、あくまで「内出血を早く治したいならお家でゆっくりしたほうがいいよ」というだけなので、運動しちゃだめ!歩いちゃだめ!ということではありません。 温めると早く引く? 「埋没法の手術をうけてから3~4日後(慢性期)からは温めると内出血が早くひく」と聞いたことがあるかもしれませんが、 根拠がみつかりませんでした。 ただ、慢性期に入ってからは、 温めることで血行がよくなり腫れが引きやすくなることが分かっています。 埋没法の腫れについてはや、をご覧くださいね。 埋没法の内出血は薬で早くひく? ヒルドイド ヒルドイドは、説明書を読むかぎりでは 内出血を早くひかせる効果はないことが分かりました。 そもそもヒルドイドとは、おもに血行を促進したり、皮膚の保湿をする効果があるお薬のこと。 「血行を促進することで、内出血が治りやすくなる」という根拠はどこにもないので、ヒルドイドには内出血を早くひかせる効果はないことが分かります。 ヒルドイドの効果・効能を引用しておきますね。 漢字が多くて読みにくいですが・・・。 皮脂欠乏症、進行性指掌角皮症、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患 注射後の硬結並びに疼痛 、血栓性静脈炎 痔核を含む 、外傷 打撲、捻挫、挫傷 後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸 乳児期 (ヒルドイドクリーム・軟膏・ローションの説明書) アオキュア アオキュアは、 打ち身やねんざによる内出血の改善に効果がありますが、 目やめの周囲に使ってはいけないことが分かりました。 アオキュアは、埋没後に気になる「腫れ」と「内出血」を改善してくれるとのことで、埋没手術をしたすべての人にありがたいお薬みたい! と思いきや、目や目のまわり(まぶたなど)に使うと、 症状が悪化したり、副作用がおこりやすくなることがあります。 (参考:アオキュア説明書) たとえアオキュアが内出血を早くおさえる効果があっても、副作用がおきてしまっては、元も子もありませんよね。 あなたのまぶたにトラブルがおきてはいけないので、絶対に使わないことをおすすめします。 ヘパリンZクリーム ヘパリンZクリームは、説明書を読むかぎり 内出血を改善する効果はないことが分かりました。 ヘパリンZクリームの効果・効能は、以下のとおりです。 打ち身・捻挫後のはれ・筋肉痛・関節痛,傷・火傷のあとの皮膚のしこり・つっぱり(顔面を除く),しもやけ(ただれを除く) (ヘパリンZクリーム説明書) また、そもそもヘパリンZクリームは、 目のまわりに使ってはいけないとのこと。 ヘパリンクリームは腫れも内出血も早くひかせてくれるからいいよ!なんてツイートを見かけたことがありますが、まぶたに塗るとトラブルをおこすかもしれないので、使用はおすすめしません。 埋没法の内出血の色の変化 内出血のできはじめは青色か紫色で、消えかかると緑色、茶色、黄色にかわっていきます。 埋没法で内出血する原因 埋没法手術でできる内出血は、 まぶたの裏(結膜)の血管を傷つけて出血をおこすことが原因です。 埋没法の手術では、まぶたに麻酔液を入れるために注射の針をさしたり、二重まぶたにするために糸をとおしたりします。 針をさす、糸を通すなどの作業をしているときに、まぶたの裏(血管)にある毛細血管を傷つけてしまい、出血することがあります。 毛細血管が傷つくことで、出血がおき、まぶたの上から紫や青っぽいあざのようなものがみえるようになります。 「内出血がおきるかおきないか」は手術をするお医者さんの技術によってかわるので、コントロールしにくいのがつらいところ。 そもそも「技術と経験があるお医者さんを見極める」ことが大切だなと個人的に感じています。 埋没法の内出血を早く治すにも限界がある 私もまぶたに内出血をおこして「会社に行きたくない」「友だちに見られたくない」と悩んだことがありました。 できるだけ早く内出血がひいてほしかったですし、内出血を消すためになにをしたらいい!?とたくさん調べまわりました。 まぶたを冷やしたり安静にすることで少しは早く消すことはできても、 自然に治っていくのを待つしかないということが分かりました。 内出血は、人間がもっている治癒力をつかって、時間が経つごとに自然と治っていくものです。 治癒力は、ずっと安静にしたりサプリを飲んだりしても、急激に高くなることはありません。 最終的には、やっぱり「治っていくのを自然に待つしかない」ということを覚えておいてもらえたらと思います。 「どうしても内出血をおこしたくない!」という場合は、内出血をおこさないような、高い技術力とたくさんの手術経験がある医者さんを選ぶことが大切だと感じています。 私も絶対に内出血がおきてほしくなかったので、先生選びにはとても時間をかけましたし、たくさんの情報を集めました。 結果、目に見える内出血はほとんどおきませんでした。 おかげで埋没手術をした次の日から、外に出られることができました。

次の