しそ と 大葉 の 違い。 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

大葉(オオバ)と青紫蘇(アオジソ)の違い

しそ と 大葉 の 違い

「大葉」をもっと詳しく 大葉は、青紫蘇の葉の部分を指します。 ですが、 青紫蘇の葉の部分が「大葉」と呼ばれるのは食用の香味野菜として販売されるときのみで、植物としての青紫蘇の葉を指すときには大葉と呼びません。 それから、同じ食用でも、加工食品など、葉の食感や香りをそのまま楽しむような場合でないときは大葉とは呼びません。 例えばドレッシングやソース、ジュースのように加工していたらそれは大葉ではなく、青紫蘇と呼ばれています。 また、葉が緑色の紫蘇には、縮れているチリメンアオジソや、表面が緑色で裏面が赤いカタメンジソなどもあります。 しかし「大葉」と呼ぶのは縮れもなく、両面緑色の青紫蘇のみです。 現在、青紫蘇を大葉と呼ぶかどうかは、地域によっても偏りがあります。 「紫蘇」と呼ぶ地域と「大葉」と呼ぶ地域と、2つの呼び方が混在している地域があります。 大まかに分けると、中部か近畿地方にかけてと東日本の日本海側では大葉、そのほかでは紫蘇と呼ぶ地域が多いようです。 なぜ呼び方が2つあるのか 紫蘇は葉だけでなく、実、芽、穂といった様々な部分が食用とされています。 ですので、分かりやすくするために青紫蘇の葉の部分を束ねたものを「大葉」という名前で販売するようになったことがきっかけです。 つまり、 大葉とは商品名で、昭和36年に静岡のつま物生産組合が名付けたといわれています。 その後流通量が増えると、「大葉」という名前は世の中に浸透し、青紫蘇のことを大葉と呼ぶようになりました。

次の

「しそ」と「大葉」の違いは?

しそ と 大葉 の 違い

紫蘇(しそ)と大葉の違いとは? 刺身に添える、冷ややっこに添える、などトッピングとして人気が高い紫蘇(しそ)。 また、ジュースにしたり天ぷらにしたりと、紫蘇を使ったレシピは豊富にあります。 ここで気になるのが、紫蘇とよく似た見た目の大葉。 スーパーなどで、紫蘇のようなものが大葉という名前で売られており、不思議に感じた人も多いと思います。 紫蘇と大葉は、見た目も味もそっくりですが、何か違いがあるのでしょうか。 そこで、紫蘇と大葉の意味や違いについて解説してみたいと思います。 「紫蘇」は植物の名前 学術的に紫蘇とは、シソ科シソ属の植物全般のことを意味します。 紫蘇の原産地は、ヒマラヤ山脈付近やミャンマー、中国の中南部エリアです。 日本には中国から伝わり、平安時代ごろから本格的に食べられるようになりました。 紫蘇は非常に品種が多く、紫蘇全体は「広義の紫蘇」、食用の紫蘇は「狭義の紫蘇」として区別され、「狭義の紫蘇」に該当するのは赤紫蘇と青紫蘇の2種類のみです。 赤紫蘇は、アントシアン系の色素を含んでいることから、葉が紫色をしています。 紫の色素を活かして、生姜や梅干しの着色に使われることもあります。 一方、青紫蘇は、赤紫蘇とは違い、主にテンプラの薬味や刺身のつまなど、香味野菜として利用されています。 「大葉」は青紫蘇の商品名 青紫蘇の葉を香味野菜として売るときに使われる名前が大葉です。 青紫蘇と大葉は、同じものを意味しますが、商品として販売するときに限り、青紫蘇から大葉へと呼び名が変わります。 簡潔に言えば、青紫蘇とは植物の名前。 一方、大葉とは食材の名前です。 つまり植物と見なすか商品と見なすかで、呼び名に違いが出てくるのです。 それでは、どうして青紫蘇の呼び名が変わったのでしょうか。 紫蘇は、普段私達が目にする機会の多い葉の部分だけでなく、実や芽の部分も分けて売られています。 しかし、それら全部を紫蘇に括ってしまうと、それぞれの特徴が明確に伝わりません。 そこで、青紫蘇を大葉という商品名で売るようになりました。 そのため大葉という名前は日本で広く浸透し、現在は、植物名か商品名かを気にすることなく、青紫蘇=大葉と呼ばれるようになったと言われています。

次の

しその栄養と効果・効能って?大葉との違いは?

しそ と 大葉 の 違い

祖母の家に行くと、 甘いお味噌を大葉で巻いて揚げた紫蘇巻きや、 とてもきれいな赤紫色の甘酸っぱくて爽やかな紫蘇ジュースを、 よく作ってくれました。 庭でとれた大葉や赤紫蘇を使って、 梅干しをつけたり、料理をしたり、 ジュースを作ったり、 食べ方や保存方法もとてもバリエーションがありました。 しかし、 そもそも「大葉」と「しそ」は、どこが違うのでしょうか。 また、青紫蘇と赤紫蘇の違いとは何でしょうか。 大葉や青紫蘇は、そうめんや冷ややっこなどの料理でも、 薬味として彩りを添えてくれます。 さっぱりとした爽やかな風味がたまりませんよね。 そこで、いつでもおいしく食べられるように、 冷蔵や冷凍保存の方法もご紹介したいと思います。 もくじ• 「大葉」と「しそ」の違いってあるの? 実は、大葉と青紫蘇は同じものです。 呼び名こそ違っていますが、 大葉とは、青紫蘇の「葉」のことを指していて、 この二つに違いはありません。 どうして呼び名が違うのかというと、 昔、青紫蘇を販売するときに、 しその芽と葉の区別が必要になり、 葉に「大人になった大きな葉」という意味で、 「大葉」という商品名をつけたことがきっかけです。 現在もその呼び方が続いているために、 呼び方が2通りできてしまいました。 青紫蘇と赤紫蘇の違いとは? では、青紫蘇と赤紫蘇は、どう違うのでしょうか。 見ての通り、青紫蘇とは、 全体が緑色になっているものです。 とても香りが良いので、刻んで薬味として使われたり、 天ぷらや刺身のつまなどでも食べられます。 一方、赤紫蘇とは、 全体が赤紫色になっているものです。 赤紫蘇は、 青紫蘇とは違い生のままで使われることはあまりありません。 青紫蘇よりもアクが強く、 えぐみがあり、生のままで食べても美味しくありません。 主に梅干しや紅ショウガ、柴漬けなどの着色に使用されます。 また、 実は青紫蘇と赤紫蘇は、旬の時期も違います。 青紫蘇は、 温室栽培が行われているので一年中出荷されています。 そのために、 いつでも新鮮なものが手に入ります。 しかし、赤紫蘇は初夏が旬です。 赤紫蘇の収穫自体は夏の間は行えますが、 生だと日もちしません。 赤紫蘇の需要は梅干しを漬ける時期に限られてしまいます。 そのために、青紫蘇が通年市場に出回るのに対して、 購入できるのが6月~7月となってしまいます。 栄養面では、赤紫蘇には、 シソニンとうポリフェノールが含まれています。 シソニンは、青紫蘇には入っていない成分です。 これは強い抗酸化作用を持っています。 体の中の活性酸素を取り除き、 細胞が老化するのを防いでくれます。 これは、美肌効果も期待できます。 ビタミンB群やビタミンE、ビタミンKなども、 他の野菜に比べて多く含まれています。 さらにミネラル成分も多く含まれており、 カルシウムや鉄分、カリウム、マグネシウム、 亜鉛などの栄養を簡単に摂ることができます。 赤紫蘇は薬効成分が多く、 青紫蘇は栄養含有量が多いと言われています。 しその保存方法は? しそは、水分が多く乾燥にとても弱いため、 常温保存には向いていません。 常温保存だとすぐに水分が失われて傷んでしまいます。 しかし上手に保存することで、 長期でしそを楽しむことができます。 しそは、冷蔵保存も冷凍保存もすることができます。 「冷蔵保存」するときは・・・ 乾燥させないように包むことがポイントです。 新鮮さを保つために、 濡らしたキッチンペーパーなどにくるんで冷蔵庫に入れます。 こうすることで、1~2週間保存することができます。 また、瓶などの筒状の入れ物に、 しそを縦にして、茎の部分だけに水がつくように入れ、 ラップやふたをして冷蔵庫に入れます。 このときに、葉の部分が水についてしまうと、 傷んでしまうので注意してください。 水は3日に一度くらい交換します。 こうすることで、 2週間程度は冷蔵庫で保存することもできます。 しそは冷凍庫でも保管できますが、 そのまま入れると葉が黒くなってしまいます。 冷凍庫に入れる前に、少しコツを知っていると、 きれいな色を保ったまま保存することができます。 「冷凍保存」するときは・・・ しそを切って保存する場合は、 しそをお好みの大きさに切ります。 ざく切りやみじん切りなどに使いやすくカットしてから、 密封袋やフリーザーバックなどに入れて冷凍庫に保存します。 しそを切らずに、そのままの状態で保存する場合は、 水分をよく拭き取ってから、 3~5枚程度の小分けにします。 それをキッチンペーパーで包みます。 さらにこれをラップで包んでから冷凍庫で保管します。 しそは冷凍することで、 3カ月くらい保存することができます。 あとがき これから夏に向けて、 新鮮な大葉が手に入る時は多めに購入しても安心ですね。 薬味としてはもちろん、 調理方法も様々で、体にも嬉しい作用のある食材です。 脇役でもメインでも、 私たちの食卓を爽やかに彩ってくれるすぐれものです。 67,215件のビュー• 31,757件のビュー• 20,953件のビュー• 15,320件のビュー• 13,349件のビュー• 9,718件のビュー• 8,859件のビュー• 8,815件のビュー• 8,047件のビュー• 7,874件のビュー• 6,942件のビュー• 6,751件のビュー• 6,460件のビュー• 6,366件のビュー• 5,887件のビュー カテゴリー• 最近の投稿• メタ情報• お問い合わせ•

次の