ご 配慮 くださ り ありがとう ござい ます。 ご配慮いただきありがとうございますは正しい敬語?意味・使い方も

急なお願い後のお礼メール|ビジネスで使える2フレーズ&活用例文

ご 配慮 くださ り ありがとう ござい ます

「ご配慮ありがとうございます」と言う言葉はとても便利な言葉です。 あなたは日常の中で「ご配慮ありがとうございます」という言葉を使っていますか。 もし、使っていないなら社会人として使い方を覚えることをおすすめします。 「ご配慮ありがとうございます」は仕事上でも私的な場面でも使いまわしがきく便利な用語です。 感謝を伝えると同時に丁寧に相手を上に立て敬っている気持ちも表現することができます。 そもそも配慮ってなに? 「ご配慮ありがとうございます」の「配慮」とは、「心くばり」や「気を使うこと」を表します。 また「ご」は、敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語など)に使われる接続語です。 相手が気を使ってくれたことに関して、先方を関係性の上に置き感謝の気持ちを伝える言葉が「ご配慮ありがとうございます」です。 ビジネスシーンでは積極的に使おう! ビジネス面では特に「ご配慮ありがとうございます」は使いやすい言葉です。 先方に融通をきかせてもらったとき、「ありがとうございます」と伝えるよりも「ご配慮ありがとうございます」と伝えたほうがスマートです。 常識的に敬語が使えるあなたのことを「できる人」だと評価してもらうことができるでしょう。 メールで感謝を表すときにも メールでは特に言葉遣いが重要です。 気心の知れた間柄ならともかく、そうではないのであれば会話文よりも丁寧であらたまった言葉を選んだほうが無難です。 メールはあとに残るものですし、他人に見せることもできます。 ご配慮ありがとうございます、とさりげなくお礼を伝えることであなたの印象がアップすることでしょう。 敬語は苦手? 若い世代であれば敬語が苦手な方も多いでしょう。 そんな方であっても「ありがとうございます」の言葉の代わりに「ご配慮ありがとうございます」とお礼を言うのは、わりあいと簡単です。 目上の相手には「ありがとうございます」の代わりに、「ご配慮ありがとうございます」を使ってみましょう。 気恥ずかしさを乗り越えよう 最初はなんだかこそばゆいような恥ずかしい気持ちになりますが、すぐに慣れてしまいます。 言い慣れていないとなかなか「ご配慮ありがとうございます」は、とっさに出てきません。 練習の代わりに意識して「ご配慮ありがとうございます」を使うことにチャレンジしてみてください。 相手別「ご配慮ありがとうございます」の使い方 「ご配慮ありがとうございます」が使ってはいけない相手は存在するでしょうか。 正解は部下や後輩など、目下の存在です。 ご配慮ありがとうございます、は敬語になりますので自分より上の立場の方に使う言葉です。 部下や後輩に使うことで違和感を感じさせてしまいます。 目下の存在に感謝の言葉を伝えるときには、「ありがとう」や「ありがとうございます」のほうが自然です。 上司に使う場合 「ご配慮ありがとうございます」がもっとも使われやすい相手は職場の上司でしょう。 上司が何か便宜をはかってくれたとき、「ご配慮ありがとうございます」の言葉を伝えましょう。 上司がしてくれる優しい心遣いを当然のことと思わないようにしましょう。 「ご指導ありがとうございます」も使い分ける 先生に使う場合の注意点 では、目上の存在である先生に対してはどうでしょうか。 「ご配慮ありがとうございます」は、特別な気遣いに対して感謝の気持ちをあわらしています。 この「特別な気遣い」とうのは、第三者によくない誤解をさせて贔屓していると思われてしまう場合があります。 先生の気遣いを感じたのであれば、先生が一人だけの時に「ご配慮ありがとうございます」と伝えるほうが良いでしょう。 また第三者がいる場面で使う時には、注意が必要です。 「私が人見知りする性格だということを、先生からあらかじめ他の生徒さんに伝えておいてくださったおかげで、他の生徒さんたちに親切にしていただきました。 ご配慮ありがとうございます。 」など、どんな配慮をしていただいたのかをオープンにすることで要らぬ詮索や誤解を避けることができます。 「ご配慮ありがとうございます」の類語 「ご配慮ありがとうございます」の例文をいくつかご紹介しましょう。 ・家庭の事情で時短勤務を許可された場合に「ご配慮ありがとうございます」 ・性同一性障害の人用のトイレを設置してもらった場合に「ご配慮ありがとうございます」 ・いじめにあった子供のクラス替えをしてもらった場合に「ご配慮ありがとうございます」 ・疲れた母親に誰かが椅子をすすめてくれたときに「ご配慮ありがとうございます」 ・仕事が多くて手一杯な時、納期を伸ばしてくれたクライアントに「ご配慮ありがとうございます」 「ご配慮ありがとうございます」は、人の暖かな気持ちに触れた時に自然にでてくる言葉です。 配慮してもらいたいときの上手な伝え方ってある? 上手な伝え方があるとするなら、それは相手を責めるのではなく愛をこめて伝えることです。 そして、相手にとって負担にならない小さなことから伝えましょう。 職場のエアコンの設定温度が寒すぎると感じているときに、黙って設定温度を上げてしまうのではなく、どうしても寒いので少しだけ温度をあげてもらえないかとお願いしましょう。 5度あげてもらうのよりは3度のほうが、3度よりも1度といわれるほうがハードルが低いので相手のことを尊重しつつ、自分の主張もしていきましょう。 たとえ1度だけでもエアコンの設定温度を譲ってもらったときに「ご配慮ありがとうございます」を使いましょう。 最悪なのは「こんなに寒いんじゃ女性はみんな体に悪いと思ってますよ!」と喧嘩腰に伝えることです。 伝えるときには愛をこめて優しくお願いしましょう。 そしてささやかなことであっても感謝の言葉を伝えましょう。 配慮という気遣いに感謝を表すことも配慮 あなたがしてくれた暖かな気遣いに気がついています、感謝しています、ということを伝える言葉が「ご配慮ありがとうございます」です。 世の中は持ちつ持たれつです。 誰かに何かをしてもらったら、それがささやかで気がつきにくいことならなおさら、感謝を表明しましょう。 感謝されることで人は嬉しくなり、もっと人に親切にしたくなる生き物です。 ご配慮ありがとうございますという言葉の中には、目には見えない人の気持ちに感謝するという日本の美しい文化が含まれています。 どんどん「ご配慮ありがとうございます」を使っていきましょう。 言った人も言われた人もすがすがしい気分になることでしょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

急なお願い後のお礼メール|ビジネスで使える2フレーズ&活用例文

ご 配慮 くださ り ありがとう ござい ます

ご配慮いただきありがとうございますの意味とは? ご配慮いただきありがとうございますの意味は気遣ってくれてありがとう ご配慮いただきありがとうございますの意味は、気遣ってくれてありがとうという意味です。 ご配慮という言葉には「人・物などのことを考えた言動をとること」という意味合いがあります。 そのため配慮を言い換える際には、思いやり・気遣い・心配り・親切心などと言い換えることができます。 ご配慮いただきありがとうございますは他人から何かの優しさをもらった時や、自分の事情などを勘案して思いやりのある対応をしてもらった時にお礼の言葉として伝える際の言い回しです。 ビジネスシーンではこのように相手に対してしっかりとお礼を伝えることはとても重要であると言われています。 なぜなら、こういった礼儀をわきまえた行動をとっている人に対して周囲の人はしっかりとした人間であると感じやすく良い印象を与えやすいからです。 周囲の人から良い印象を抱かれていると、仕事を任されやすかったり困った時に手助けをしてくれたりと、仕事だけに限らず、非常に良い人間関係が築けると言われています。 ご配慮いただきありがとうございますは謙譲語が使われた正しい敬語表現 ご配慮いただきありがとうございますは謙譲語に分類される敬語表現です。 ご配慮いただきありがとうございますという言い方は、してもらうの謙譲語である「いただく」を用いた敬語表現です。 またご配慮の「ご」も敬語の中の分類される謙譲語表現になります。 ご配慮いただきありがとうございますは間違った敬語表現と思っている人が少なくないと言われています。 ご配慮いただきありがとうございますを間違った敬語表現だと考えている人は、ご配慮という言葉が尊敬語であり、相手の行動に対して敬意を表した表現であるととらえていることが理由と言われています。 このようなことからご配慮という相手の言動に対して敬意を表す尊敬語に、配慮をしてもらうという意味の謙譲語「いただく」を組み合わせることは敬語表現として間違っていると考えられることがあると言われています。 しかしご配慮いただきありがとうございますの「ご配慮」は謙譲語であることから正しい敬語と言えます。 ご配慮いただき・くださりの違いは? ご配慮いただき・くださりの違いは誰の視点で述べられたか ご配慮いただき・くださりの違いは誰の視点で述べられたかという点にあります。 ご配慮いただきという表現には「ご配慮してもらって」という意味合いがあります。 もう一方のご配慮くださりという表現には「ご配慮してくれて」といった意味合いがあります。 これらのことから意味は同じなのですが、配慮をいただく人は自分であり、配慮をする人が相手であるという言動の主体者に違いがあります。 ご配慮いただきという表現はご配慮をしてもらった自分の視点で述べられた表現です。 その反対に、もう一方のご配慮くださりという表現は配慮をした相手の視点で述べられた表現です。 これらのことからご配慮いただき・くださりの違う所は誰の視点で述べられたかであると言えます。 しかしご配慮いただきもご配慮くださりも、言葉に込められた意味合いは同じです。 そのため状況などに応じてご配慮いただき・くださりを使い分けることが重要であると言われています。 ご配慮いただき・くださりの違いは敬語表現の違いに現れる ご配慮いただき・くださりの違いは敬語表現の違いに現れます。 ご配慮いただきとご配慮くださりの違いは誰の視点で述べられたかという違いですので、敬語の表現方法に違いが現れます。 ご配慮いただきという表現は「いただく」という謙譲語表現を用いていることからも分かる通り、自分の行為をへりくだった表現で言い表した使い方です。 もう一方のご配慮くださりという表現は、相手の視点で述べられた表現ですので、「くださる」という尊敬語が使われています。 尊敬語は相手に敬意を示すために相手の言動を高めるための表現です。 このようなことからご配慮いただき・ご配慮くださりの違いは敬語の表現に現れると言えます。 ちなみに以下のサイトでは尊敬語・謙譲語・丁寧語の違いや、よく使う敬語の使い分け変換表が掲載されていたので参考になさってください。 寛大なご配慮をいただきありがとうございますという表現には、とっても優しいな思いをかけていただいてありがとうございますといった意味合いが込められています。 寛大なという言葉には、大きな心をもっている様子や相手のことを思いやる気持ちが強いといった意味合いがあります。 そういった意味合いから寛大なという言葉を使う場合には、小さなことで相手を非難しないことといった意味合いで使われることもあります。 このように小さなことに固執せず、大きな心をもった対応をしてくれる人は周囲の人から良い印象を抱かれる傾向があると言われています。 寛大なという言葉にはこのような意味合いがあることから、寛大なご配慮をいただきありがとうございますという表現は、ミスなどを許してくれた際のお礼として使われることもあります。 ビジネスにおいては、1つの仕事が数か月にも及ぶことは珍しくありません。 このように大きな仕事に携わる場合など、関係者と長い付き合いをすることは珍しくありません。 このように長期に渡る仕事に一旦区切りがついた時などに様々なご配慮をいただきありがとうございますという使い方がされます。 こういった際に使われる様々なご配慮をいただきありがとうございますという言い回りには「この度はたくさんの思いやりのある言動をしていただいてありがとうございました」とい意味が含まれます。 他にも様々なご配慮をいただきありがとうございますという使い方は、仕事を辞める時などにも使うことができます。 仕事で色々とお世話になった人に挨拶をする際に「右も左もわからなかった私に様々なご配慮をいただきありがとうございます」という使い方もできますので、状況に応じて使い分けられる表現と言われています。 この度はご配慮いただきありがとうございましたという使い方は、相手の気遣いや親切な対応に対して使われるフレーズです。 「この度は」という表現は「今回は」「この件では」という意味合いを丁寧な言い方にした表現です。 ちなみにビジネスシーンでは「この度」というように漢字表記を用いる方が、相手に対してきっちりとした印象を与えられると言われています。 「このたび」というように平仮名表記にするとフランクな印象を与えがちであると言われているので、正式な文書などには「この度」というように漢字で書くことが無難であると言われています。 この表現は相手に配慮をしてもらうようにお願いをする際に使われます。 例えば「この建物は全館禁煙ですのでご配慮のほどお願い申し上げます」というような使い方です。 このようにご配慮のほどお願い申し上げますという表現は、相手に対して配慮を促すと同時に、禁止事項などを案内する際に使われます。 ビジネス用語なので「ご配慮のほど」と柔らかい表現にしていますが、言っている内容は禁止されている事項の案内であることもありますので注意が必要です。 ちなみにご配慮のほどの「ほど」には深い意味合いはなく、言い回しを柔らかくして相手に不快感を与えないような心配りがされた表現であると言われています。 他にも礼儀をわきまえた敬語の1つであり重宝されると言われている謹んでお請けいたしますという表現については以下の記事で紹介しているので合わせてご覧ください。 厚情という言葉には、厚い情け・思いやり・親切心・優しい心などといった意味合いがあります。 厚情という言葉の意味については詳細が記載されていた以下のサイトもご覧ください。 「格別のご厚情」という言葉遣いは正式な文書や礼儀を重んずる場面で使われるケースが多いことから後ろに続くお礼の意味を表現する文章も「賜り」や「心よりお礼を申し上げます」といった言葉遣いが使われることが多いと言われています。 高配という言葉には、気遣い・親切心・優しい心などといった意味合いがあります。 高配という言葉の意味については以下のサイトに詳しく紹介されていたので参考になさってください。 「格別のご高配」という言葉遣いは案内文などのしっかりとした文章として使われるケースが多いことから後ろに続くお礼の意味を表現する文章も「賜り」や「厚くお礼を申し上げます」といった言葉遣いが使われることが多いと言われています。 他にも良いことが達成された時のことを話す「暁には」という表現もきっちりとした場面で使うことができますので、詳しくお伝えしている以下の記事を参考になさってください。 また比較的上の世代の人に好まれる場末という表現の意味や読み方に関する記事もお役立てください。 ご配慮いただきありがとうございますの意味や使い方を把握しましょう ご配慮いただきありがとうございますという表現はビジネスシーンで使われることが多く、類語などを合わせて押さえておくと重宝します。 表現力が豊かな社会人であると思われるよう、少しずつ語彙力を増やしていきましょう。 最後にビジネスシーンの中でも魅力を感じる人が多いと言われるIT業界についての記事を紹介します。 IT業界は時代の最先端を走り、仕事の成果を感じやすいことで人気があると言われています。 またIT業界は未経験者や転職者にとって働きやすい業界であるとも言われており、人材が不足気味とのことからIT業界で働きたいという人は珍しくありません。 以下の記事ではそんなIT業界の魅力や志望動機の書き方についてお伝えしています。 また一流企業の定義や人気に関する記事も合わせてご覧ください。

次の

ご配慮いただきありがとうございますは正しい敬語?意味・使い方も

ご 配慮 くださ り ありがとう ござい ます

このような場面で、お礼の気持ちを伝える言葉が「お気遣いありがとうございます」です。 単に「ありがとうございます」と言うよりも、「お気遣いありがとうございます」と言った方が、気遣ってくれたことへの感謝の意が伝わりやすくなります。 「お気遣い」の「お」は尊敬を表す接頭語なので、「お気遣いありがとうございます」は 目上の相手に対して使うことができます。 例文 ・いつもお気遣いをいただき、誠にありがとうございます。 ・たくさんの励ましのお言葉をくださり、お気遣いに感謝いたします。 ・「先日は大変お世話になりました。 心ばかりのものではありますが、ご笑納いただけると幸いです」「お気遣いありがとうございます」 ・「お風邪を召されたとお聞きしました。 まだまだ寒い日が続くので、くれぐれもお大事になさってください」「お気遣いありがとうございます」 ・「どうかお大事に、一日も早く回復なさってください」「はい。 お気遣いいただきありがとうございます」 ・仕事と家庭の両立について心配してくださる部長のお気遣いには、大変感謝いたします。 ・この度は、商品の納入価格につきましてお気遣いいただき感謝申し上げます。 「お気遣い」と「お心遣い」の違い 「お気遣い」に似た言葉に「お心遣い」という言葉があります。 「心遣い」の意味は ・人のために思っていろいろ気をつかうこと ・祝儀、心付け になります。 「お心遣い」は、 「相手のことを思いやり、相手の立場になって考えた言葉や行為」を表します。 「お心遣い」は、感謝の気持ちを伝える場面で、使用することが多いです。 「お心遣い」は金品をもらった際のお礼のフレーズとしてもよく使われ、例えば、祝儀・香典・寸志・結婚祝い・餞別など「お金」をもらったときに、「お金を頂き、ありがとうございます」を「お心遣い、ありがとうございます」と言い換えることができます。 「お心遣い」と「お気遣い」は似ていますが、違いとしては、 「お気遣い」がマニュアル通りに教わったものだったり、最低限のマナーという傾向があるのに対して、「お心遣い」は相手の気持ちや助けになることを考えた結果の積極的に行う行為のことを指します。 ・相手が自分に配慮や心配をしてくれたときに使う言葉。 ・相手が自分に思いやりのある行為をしてくれたときに使う言葉。 「お気遣いありがとうございます」の類語 ご高配ありがとうございます 「高配」は「他人への心配りや配慮」という意味です。 敬語表現にするには、「高配」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご高配」とします。 「ご高配」は 「目上の人の心配りや配慮のこと」を意味しています。 「ご高配」は主にビジネス文書や手紙などの挨拶文として用いることが多く、「ご高配賜りありがとうございます」といった形でよく使われます。 「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」は挨拶の定型文として覚えておくと良いでしょう。 「ご高配」は「他人への心配り」を表しているので、自分のことに対しては使うことができません。 自分が相手へ心配りをしていることを伝えたい場合は、「最善を尽くす」や「鋭意努力する」と言い換えることができます。 例文 ・ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援ご高配に心より感謝申し上げます。 ・拝啓 時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 ・これもひとえに、御社のご高配の賜物と大変感謝しております。 ご厚情ありがとうございます 「厚情」は、「厚いなさけ」「心からの深い思いやりの気持ち」を意味しています。 敬語表現にするには、「厚情」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご厚情」とします。 つまり「ご厚情」は、 「目上の人が深い思いやりや厚いなさけ」を意味する言葉になります。 「ご厚情」は、 「大事にしてもらう」「親切にしてもらう」「なさけをかけてもらう」というニュアンスが含まれていて、相手を尊敬する気持ちと深く感謝する気持ちを合わさった表現です。 主に「賜る」「預かる」「いただく」などと一緒に使用します。 「ご厚情」は、式典や歓送迎会など改まった場面で使うことが多い言葉で、他にも年賀状や暑中お見舞いなど書き言葉としても使います。 例文 ・日頃より一方ならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。 ・今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます。 ご配慮ありがとうございます 「配慮」は「他人に対して心をくばること」という意味です。 敬語表現にするには、「配慮」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご配慮」とします。 「ご配慮」は 「相手の心遣いに対して感謝の気持ち」を表しています。 「配慮」という言葉を分解すると、 「配」は「くばる」「割り当てる」で、 「慮」は「あれこれと思いめぐらせる」「思い」といった意味になります。 「ご配慮」は相手の心遣いの感謝だけではなく、自分が気を配る場合にも使うことができます。 特に自分に対して使うとき、「気をつけます」ではなんとなく軽い感じがしてしまうので「配慮します」と言い換えると良いでしょう。 例文 ・先日は突然お伺いしたにも関わらず、いろいろご配慮をいただきありがとうございました。 ・いつもながらの温かいご配慮に、心より感謝申し上げます。 ・日頃より格別のご配慮とご支援を賜りまして、ありがとうございます。

次の