ジャパン カップ チア リーディング。 Puppys紹介

ジャパンカップチアリーディング選手権大会2日目

ジャパン カップ チア リーディング

メンバー紹介 名前 町矢 清隆 肩書 顧問 メッセージ 「元気・勇気・笑顔」をモットーにGOLDEN BEARSの一員としてチアをやってみませんか。 仲間、そして自分と真剣に向き合う3年間を過ごして下さい。 練習の中で育まれる自信と部員同士の信頼関係は一生の宝になるはずです。 GOLDENBEARSで新しい自分を発見して下さい。 名前 相原 菖 肩書 部長 学年 3年 コース クラブ選抜コース 入部の きっかけ 小学生の頃からチアリーディングをやっています。 たくさんの大会でGOLDEN BEARSの演技を見ることがあり、どんな時にも諦めないGOLDEN BEARSのキレイで完璧な演技に感動し入部を決めました。 メッセージ 日本一をつかむために部員全員で強い気持ちをもって練習しています。 私たちと一緒に日本一をめざしましょう!! 部員構成 2019年6月時点 3年生(平成29年度入学) 20名 2年生(平成30年度入学) 25名 1年生(平成31年度入学) 29名 合計 74名 今年1年の活動に対して地元自治体様より各種表彰をしていただきました。 2019年度も地元豊中・箕面を中心に多くのイベント・行事に呼んでいただき、演技の機会をいただけたことに感謝しています。 全国大会では、夏のJapan Cupの準優勝に悔し涙を流し、それをバネに冬の高校選手権では優勝することができ、メンバー全員が大きく成長できた1年だったと思います。 新しいチームでも、多くの方に元気・勇気・笑顔を届けることができるように、頑張りたいと思います。 これからもチアリーダー部ゴールデンベアーズへのご支援よろしくお願いします。 箕面市Japan Cup表敬訪問 箕面市ささゆり褒賞 豊中かがやき大賞贈呈式 2020年2月19日 13:22 1月25日 土 ~ 26日 日 にかけて、群馬県高崎アリーナにて開催された「第30回 全日本高等学校選手権大会」において3年ぶりに優勝することができました! 25日に行われたDivision2では、箕面自由学園Aが優勝、箕面自由学園Bが準優勝と、練習の成果を存分に発揮し素晴らしい結果を残してくれました。 その勢いに乗って、26日に行われたDivision1でも見事に優勝を果たすことができました。 いつも応援してくださる皆様にあらためて感謝するとともに、これからもゴールデンベアーズらしい演技にますます磨きをかけて、たくさんの人に元気・勇気・笑顔を届けることができるように頑張ります!! Division1 優勝チーム Divisin2 優勝チーム Division2 準優勝チーム 2020年1月26日 21:30 日本や世界規模の大会や競技などで、顕著な活躍をし、豊中市の皆さんに夢と明るい希望と感動を与えた個人または団体に対して、その功績を称え表彰される『豊中かがやき大賞』。 この大賞を、全日本マーチングコンテストで金賞をおさめた吹奏楽部が年末に、また年始にはチアリーダー部3年生の 服部愛菜さんが、「 第10回チアリーディング世界選手権大会」に高校生としては一人日本代表として選出、出場し、シニア女子部門で優勝に輝いたことで表彰されました。 吹奏楽部、チアリーダー部ともに地元豊中市の皆様からは多大なるご支援、ご声援をいただいており、これからも地元の皆様に元気になってもらえる演奏、演技が届けられるように努力していきたいと思います。 ありがとうございました。 豊中市のブログより 2020年1月 9日 10:54 東京2020オリンピック聖火リレーを盛り上げる「コカ・コーラ」ブランド代表の聖火ランナーが昨年末発表され、その一人として、本校2年生 チアリーダー部の 柏倉萌々子さんが選ばれました! 走行日は4月14日(火)大阪府を担当する予定です。 詳しい情報がわかりましたら後日ご報告させていただきます。 今回の選出は、チアリーダー部メンバーの競技へ打ち込む情熱、そのエネルギーとパフォーマンスが多くの人々に感動を与えていることが、若者の代表としてふさわしいと評価していただいたものです。 柏倉さんには、チアリーダー部の代表として、本校の代表として、日本から世界へ 元気・勇気・笑顔を届けていただき、オリンピックを盛り上げて欲しいと思います。 コカコーラ社の 2020年1月 7日 08:59 5月5日深夜1時から関西テレビにて放送予定の「ギュッとミュージック」でチアリーダー部が取材をされました。 ぜひご覧ください! 以下、番組紹介文です。 お笑いコンビ・和牛とTHE RAMPAGEの岩谷翔吾&浦川翔平がMCをつとめる新音楽番組『ギュッとミュージック』(カンテレ)が、5月5日にスタート。 その第1回のゲストが、菅田将暉とOfficial髭男dismに決まった。 カンテレの新音楽番組『ギュッとミュージック』初回ゲストの菅田将暉画像一覧 同番組は、水田扮する音楽好きのフィクサー「ベンジャミン・ミズタ」が、執事の川西賢志郎と、岩谷・浦川とともにひと味違った切り口で音楽情報を紹介。 今回は、シンガーソングライターの井上苑子もアシスタントとして参加する。 初回ゲストの菅田は、現在放送中のドラマ『パーフェクトワールド』の主題歌『まちがいさがし』に込められたメッセージや、この曲を作詞・作曲・プロデュースした米津玄師との出会い、そしてアーティスト活動にかける想いを語る。 さらに浦川が菅田の地元である大阪府箕面市を訪れてレポート。 VTRを見た菅田は、「これを夜、家で見ていたら泣いていたかも・・・」と感極まる。 同番組は5月5日・深夜1時から放送される(関西ローカル)。 2019年5月 4日 16:22 本学園の中高チアリーダー部は、先週末(5月12日・13日)に群馬県の高崎アリーナで開催された「第12回アジア・インターナショナル・オープン」および「第5回アジアンジュニア」に参加して、好成績をおさめることができました。 以下、戦績をご報告いたします。 高等学校 Aチーム・・・3位(Division1部門にて) (1位 梅花女子大学、2位 帝京大学) Bチーム・・・3位(Division2部門にて) (こちらも大学生チームも出場するなかでです) スモールグループス部門 ・・・4位(3位とは0.5pt差) 中学生 Aチーム・・・2位(1位は厚木オールスターズ) Bチーム・・・6位(海外チームもいるなかでです) 全チーム大健闘の結果となりました。 決勝では満足のいく演技はできませんでしたが、今後の課題として乗り越えていきます。 次回大会は、中高ともに関西大会です。 この大会はJapan Cupへの予選を兼ねています。 関西大会は、6月2日(土) 大阪市立中央体育館(朝潮橋駅が最寄)にて開催されます。 壮行会は、前日の芸術祭での演技を大会演技で行うこととさせていただきます。 今後とも頑張ってまいりますので、応援のほど何とぞよろしくお願いいたします。 2018年5月15日 16:06 射撃部 11月18日、19日より近畿大会が始まります。 上位2名が全国大会へ出場 男子バスケットボール部 大阪私学大会 決勝リーグ1回戦 箕面自由学園 88-55 羽衣学園 2回戦 vs阪南大学附属高等学校(常勝学園にて15:00より) ラクロス部 準決勝、3位決定戦ともに敗退 チアリーディング部 11日12日群馬県高崎アリーナにて第9回チアリーディング世界選手権大会が開催されました。 本校より、3年12組の日隈さんが選抜メンバーに選ばれ、 優勝しました。 また、本校チアリーディング部コーチの北之坊がコーチを務める女子(オールフィーメル)チームも優勝しました。 中学2年生・3年生を対象でゴールデンベアーズといっしょに タンブリング、ダンス、スタンツ、モーション、ジャンプなどを体験していただきます。 詳細は以下のちらしをダウンロードしてご確認ください。 8月31日(水)が申し込み締め切りとなっています。 個人の方は、チラシの申込欄に必要事項をご記入のうえFAXをしてください。 チームで申し込まれる方は、以下の専用申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入のうえFAXをお願いします。 皆さんのご参加お待ちしております! 2016年8月19日 17:05 7月18日(月・祝)海の日に、大阪市立中央体育館で「さわやかサマーコンサート」を開催され、チアリーディング部が参加してきました。 「4つの日本一が集結する」とうたわれたこのイベントでは、Osaka Shion Wind Orchestra(日本一長い歴史を持つ交響吹奏楽団)・フェアレディーズ(バトントワリング全日本選手権優勝など日本一の選手が出演)・大阪府立淀川工科高等学校吹奏楽部(全国吹奏楽コンクール金賞獲得回数は日本一)、そして 箕面自由学園高等学校チアリーダー部(JAPAN CUPで9年連続優勝!高校日本一のチアリーダー部)が4つの団体が出演しました。 この日のゴールデンベアーズは、日本一の名に恥じない演技を行うとともに、チアリーディングの基本や技をレクチャーする時間もあり、多くの観客の皆さんと楽しい時間を過ごす事ができました。 最後には淀川工科高等学校の皆さんとのジョイントでなつかしい「ヤングマン」にあわせて演技し、会場全体で盛り上がる事ができました。 2016年7月19日 11:22 12月19日(土)、20日(日)に東京代々木第一体育館で全国高等学校選手権大会が行われ、箕面自由学園のチアリーダー部は、Division 2部門に2チーム(34チーム参加)、Division 1部門に1チーム(70チーム参加)、グループスタンツ部門に2チーム参加しました。 まず19日に行われた、Division 2部門のエントリーナンバー1番でCチームが先陣を切りました。 惜しいミスがありながらも最後までやりきり流れをつかみました。 近年高校生のレベルが上がってきているため、他校の勢いもすごく緊迫した状況で、いよいよBチームの出番となりました。 1 ,2年生を中心としたチームで、始めての大舞台という選手が多い中、パーフェクト1歩手前という演技で高得点を出し、Division 2部門で見事優勝することができました。 その夜、チーム全体で20日の準決勝に出場するAチームが最高の力を発揮するために何が必要かというミーティングを行い、心と体の準備をしました。 いよいよ、Division 1準決勝当日。 まずは、準決勝を勝ち残り、その後の決勝と、一日2回の演技に照準を合わせるため、早朝からの練習を行いました。 その後会場に入り、リハーサルを行いましたが、いまいち不安が残る内容。 生徒の表情からも焦りが感じられました。 しかし、心を静めて今までの練習を振り返り、もう一度やるべきことの確認を行い、いざ準決勝本番となりました。 マット上を様々な方向から飛び交うタンブリングで演技が始まり、順調にスタートしたかと思われた瞬間、トスのタイミングを間違えてしまうというミスから歯車が狂い始め、ピラミッドでも落下をしてしまうという不本意な演技となってしまい、結果231. 5点で二位と、一位の梅花高校に23. 5点差(決勝はこの半分の12点差で勝負)という、とても厳しい状況での決勝進出となりました。 決勝まで残された時間は3時間・・・夏のジャパンカップでは1点差を追いかける状況でしたが、今回は12点。 野田コーチをはじめ、全てのコーチはこの状況でも冷静に今何をすべきかを生徒たちに考えさせ、頭と心の整理を促します。 やるべきことはただ一つ、会場の全ての人を惹きつける、完璧なそして魂を込めた演技をするしかありません。 そのために、残された時間で何ができるのか・・・生徒たちは必死で考え、確認作業に取り組みました。 本番直前、生徒の表情が不安から覚悟に変わり、静寂に包まれた会場に気合いの声が響き、いざ青マットへ。 「お願いします!」の合図で2分30秒の演技が始まりました。 3年生は、この3年間の思いをかけ、下級生は3年生の思いと、ベアーズ魂を背負い、一つ一つの技を成功させていきました。 準決勝でミスをした箇所も完璧に決め、ラストひねりを加えてピラミッドを完成させた瞬間、会場が歓喜の声に包まれました。 しかし、チアリーディングは表現スポーツですので、審査員による得点が発表されるまで結果はわかりません。 得点が発表されるまでの異様な静けさと、心臓の鼓動。 そして、発表された点数が256点。 準決勝と合わせて372. 5点、梅花高校は371. 5点ということで、なんと12点差を逆転し、1点差での優勝を手にすることができました。 喜びの涙で崩れる、選手とコーチたち。 その後の表彰式では、会場に箕面自由学園の校旗が掲げられ、学園歌斉唱が行われました。 ジャパンカップでの戦い以上に厳しい大会となりましたが、今回もまた、選手たちの無限の可能性と、覚悟を決めた人間の計り知れぬ強さ、そしてどのような状況でもあきらめないゴールデンベアーズのプライドを感じることができました。 本当に多くの方に応援していただき、このような結果を残すことができたと感じております。 これからも、愛され続けるチームであるために走り続けます。 ありがとうございました。 顧問 關川 直人 2015年12月22日 18:30 8月28日から30日にかけて、東京代々木第一体育館でJAPAN CUP 2015チアリーディング日本選手権大会が行われました。 この全国大会のDiv. 2高校部門に2チーム、Div. 1高校部門に1チーム出場しました。 まず、28日金曜日にDiv. 2高校部門が行われ、Aチームにバトンをつなげるために、BチームCチームの演技が行われました。 不安と緊張のなか、見事に完璧な演技を行い、Bチームは大学の強豪校と競い見事3位という結果を残すことができました。 Cチームは、202点という高得点を出し、Cチーム史上初の200点越えを達成することができました。 そして29日土曜日、いよいよ準決勝が始まりました。 この瞬間に全てをかけてきたAチーム、大歓声のなかで演技が始まりました。 しかし、前半部分でミスをしてしまい、完璧な演技ができず準決勝の結果は2位となりました。 この日の得点の半分が決勝に持ち越されるため、トップとの差は1点で決勝に臨まなければいけません。 しかも、一旦外れた歯車がなかなか合わず、その後の練習もうまくいきませんでした。 決勝の朝、「もうやるしかない!」と吹っ切れた選手達は、今まで何百回と繰り返してきた練習と枯れるほど流した汗と涙、そして心の底から信頼できる仲間を信じ、会場へと向かいました。 リハーサルではまだ、調整ができず大きなミスが出てしまいましたが、本番が始まる瞬間までに、自分たちがしなければいけないことに全神経を集中させました。 そして、いよいよ本番直前、中高全スタッフ、そして会場の仲間達、保護者の皆さまに見守られながら、いざ青マットへ。 会場が割れんばかりの大歓声の中、全員で大きく深呼吸。 一転して、会場は静まり返りました。 曲がなると同時に、軽やかなタンブリングが決まり、前日にミスをした、パートナースタンツも見事成功!その後の大技も成功し、最後まで集中を切らすことなく、完璧な演技をすることができました。 前日の得点を大きく上回り、見事逆転優勝を果たし5連覇を達成することができました。 優勝が決まった瞬間、泣き崩れる選手とコーチ達。 強い信頼と絆で繋がっていたからこそ乗り越えることができ、この瞬間を迎えることができました。 この結果を残すことができたのも、多くの方々の応援と支えがあったからこそと感じています。 心より感謝申し上げます。 これからも、日々昨日の自分を越えられるよう、練習に励んでいきたいと思います。 ありがとうございました。 なお、本大会はBSで放送されます。 中学校・高等学校・大学・社会人部門の決勝戦の模様が、NHK BS1で9月13日 日 午前8:00~9:50 放送されます。 みなさん、箕面自由のチアの日本一の演技を是非ご覧下さい。 チアリーダー部 顧問 關川 直人 2015年9月 3日 17:50.

次の

チアリーディング部の強い千葉県私立・公立東京私立の高等学校を教えてく...

ジャパン カップ チア リーディング

千葉県ではやはり千葉明徳になります。 直近の全国大会で2010年8月ジャパンカップ4位 2010年2月全国高校選手権でも上位入賞しています。 残念ながら公立高校でご紹介できる強豪チームが浮かばないのが現状です。 東京なら目白研心高等学校です。 新宿区に学校があるようです。 チアリーディングでは知らない方がいないほどの強豪校です。 私立で中学・高校ともにPOLARISというチーム名で活躍しています。 2010年8月ジャパンカップ中学・高校ともに3位 2010年2月の全国高等学校選手権でも中学部門・高校部門3位、昨年のジャパンカップ2009でも中学部門、高校部門と全国3位と首都圏の高校では実力NO1と言えます。 毎回大会をみているとこの学校が首都圏他チームより頭ひとつ抜けている印象が強いです。 もともと目白学園という学校が最近共学化に伴い目白研心と校名変更されたようです。 ただし部員数もかなり多いようですしレギュラーとして活躍するには大変だと言えます。 偏差値は業者によって多少前後があるようですが特進59 選抜56とありました。 チアリーディングをがんばりたいならこの学校をお勧めいたします。 その次は東京高校でしょう。 偏差値57で全国大会の決勝(ベスト8)常連です。 その他にも横浜女学院・恵泉女学院などが伝統も実績もあるのですが高校よりの入学募集がないような感じです。 あと日本大学第一高等学校などは最近、伸びてきています。 中高一貫校なので高校から入れるかはわからないです。 御参考になればうれしく思います。

次の

ジャパンカップチアリーディング選手権大会2日目

ジャパン カップ チア リーディング

応援・応援指揮をするチームのチアリーダー達が行うアクション・応援形態であるチアリーディングから生れた。 近年はコンクールも盛んに行われている。 各種大会における競技では、アクロバティックに組み体操をする競技が含まれるものをチアリーディングと呼び、やと区別される。 各国各団体では、ダンススポーツとしての括り、チアダンスを含めたチアとしての括り、チアリーディングとしての競技の括りなどで協会やチームが運営されている。 世界のチアリーディング [ ] いくつかのが存在する。 最大勢力は IOC である(インターナショナルチアユニオン、ICU)。 日本での最大勢力の国際競技連盟 IFC。 他にアメリカに本部を置くチアリーディング団体United Spirit Association USA がある。 IFCは IOC である WDSF に加盟しており、チアリーディング競技がオリンピック組織に複数加盟する状態になっていた。 2015年4月にICUとWDSFが加盟するスポーツアコード(のちの)の理事会はチアリーディングの国際競技連盟はICUとしWDSF系列のIFCではないと決定。 IFCはWDSFから2019年1月に退会した。 日本のチアリーディング [ ] 日本では学校のクラブ活動、地域や営利団体のクラブチームで盛んに行われており、複数の協会で地域別の大会や全国大会が開催されている。 大会を開催するは、日本での最大勢力である公益社団法人 FJCA 、一般社団法人 USAジャパン 、世界での最大勢力ICUの系列である一般社団法人 チアジャパン があり、それぞれ独自の大会ルールを規定しており、各種の国際大会への参加もそれぞれ独自に行っている。 日本チアリーディング協会 [ ] 1987年設立。 国際チアリーディング連盟に加盟。 に準加盟。 に加盟。 (2019年2月現在) JAPAN CUP日本選手権やJOCジュニアオリンピックカップ大会などを開催している。 United Spirit Associationの日本支部United Spirit Association Japan (略称: USAジャパン、USA-Japan)という団体名で、チアリーディング、ソングリーディング、ダンス、ヒップホップなどを推進。 USAジャパンはこの団体の下で活動を続ける。 この団体の大会は、国内のチアリーディング・ダンス等の部門があり地方予選を行い、予選通過をしたチームが日本大会に駒を進める。 この大会で基準点を超えたチームはアメリカのディズニーワールドで開催される世界選手権大会に推薦される。 国際チア連合の日本の。 2019年5月まで日本チアダンス協会と本部を同居していた。 通称 チアジャパン。 チアリーディングの用語 [ ] スタンツ [ ] 人が人の上に乗ったり空中に飛んだりする組体操のようなアクロバティックな技。 1人または複数のベースが、競技フロアより高い位置にトップを支える。 タンブリング [ ] 競技フロアから始まり、競技フロアで終了する体操技でバク宙などのアクロバット技。 ラインダンス [ ] 一直線に並んで肩を組み、脚を伸ばして上下に振る。 チアリーディングの大会では禁止されている。 co-ed(コエド) [ ] 男女混合のチアリーディングチーム 事故 [ ] アクロバティックな技による事故も発生しており、危険防止の観点での適切な指導と監督が必要とされる。 チアリーディングにおける危険性 en チアリーディングを題材にした作品 [ ] テレビドラマ• (、)• (、)• (、) 小説• () 漫画• () ミュージカル• (、2008年 - ) ライトノベル• () ゲーム• () 雑誌 [ ]• レッツチア()休刊 脚注 [ ] [].

次の