サブスク 音楽 と は。 ハイレゾサブスク、音質で選ぶなら「mora qualitas」!評論家も納得した理由とは (1/4)

音楽ストリーミングサービス(サブスク)の問題点とは?解決案も考えてみた │ サッキーのさっきの出来事

サブスク 音楽 と は

2019年12月、大きな山が動きました。 サブスクリプション型音楽ストリーミングサービスに多くの大物アーティストが参加する中、これまで沈黙を貫いてきた国民的アーティスト、サザンオールスターズが、一気にサブスク解禁したというニュースに驚いた方は多いでしょう。 バンドの楽曲はもちろん、ソロ楽曲まですべて解禁という大盤振る舞いで、ビッグニュースとして駆け巡りました。 タイトルの通り、私が勝手にランキングを付けたものですが、その時点でサブスク解禁していなかったアーティスト一覧は以下の通りです。 私が(勝手に)1位に挙げていたサザンも年の瀬に解禁、そしてまさかのジャニーズも解禁と、2019年はサブスク解禁の嵐が吹き荒れた一年となりました。 なお、今年解禁となったアーティスト一覧をもありますので、あわせてご覧ください。 ジャニーズも、嵐以外は動く気配がありません。 いずれにしても、一番大きいと思われた「サザン」という山が一斉全曲配信に動いたことで、音楽ストリーミングサービスへの興味・関心がさらに高まることは間違いありません。 サザンは中高年へのアピール度も強く、これまでと異なる層のユーザーが増えることが予想されます。 2020年は、残された大物アーティストも、配信開始を積極的に検討するのではないでしょうか。

次の

【数字で分析】CDとサブスク どちらが良い?

サブスク 音楽 と は

「製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式」 このように解説していますが、 「月額課金」や 「定額制」という言葉の方が、なじみが深いかもしれません。 身近なところで例を挙げると、 「Netflix(ネットフリックス)」「Hulu(フールー)」などの動画配信サービスや 「Apple Music」「LINE MUSIC」などの音楽配信サービスがサブスクリプションサービスにあたります。 また、 「dマガジン」「楽天マガジン」などの定額制読み放題サービスや、 「PlayStation NOW」のような月額課金で遊び放題になるサービス、 「オイシックス」などの食品の宅配サービスもしかり。 会員登録することで動画見放題、音楽聴き放題など、さまざまな会員特典が利用できる 「Amazonプライム」も例として挙がります。 多くのケースに共通したメリットを以下にまとめてみました。 1:好きなときに登録・解約可能! 気軽に始められる 比較的、安価で始められる上、いつでも解約可能なので、気軽に利用できるのが「サブスク」の強み。 お試し期間が設けられているサービスも多く、自分に合うサービスかどうかを見極めてから導入することも可能です。 毎月コンスタントに映画を見たり音楽を聴いたりする人には、お得でしょう。 3:まとまったお金がなくてもあこがれの生活が始められる あこがれの車や家具のある生活を始めたいと思っても、すべてを購入するには、かなりの出資が必要になります。 「サブスク」なら毎月の利用料だけでOK! なかには乗り換え/借り換え自在なサービスもあるので、ライフステージの変化にも対応。 4:ソフトウェアなら常に最新版が使える 「Adobe R Creative Cloud」や「Office365」に代表されるソフトウェアの「サブスク」サービスなら、アップグレード版を購入しなくても常に最新版のソフトを使えます。 5:手間いらずなので忙しい人にぴったり! 食料品や衣類、日用品の「サブスク」サービスを活用すれば、買い物に行く手間を省くことが可能です。 場合によっては、毎日の献立や洋服のコーディネートに迷う必要もなくなる!? 利用頻度の低いサービスがあれば、一思いに解約するのも手。 たいていのサービスは再登録も可能なので、必要になったときに再開すればいいでしょう。 月ごとの支払いならば、契約の見直しも簡単です。 年に1、2回は利用中のすべての「サブスク」サービスを洗い出し、コスパと使用頻度の両面から見直したいものです。 人気記事.

次の

Spotifyの音質を徹底分析!CD音源や別の5サービスと比較

サブスク 音楽 と は

サブスクリプションサービスとは? サブスクリプションサービスとは 「製品やサ ービスなどの一定期間の利用に対して 、代金を支払う方式 」 (三省堂 『大辞林 』より )です。 サブスクリプションサービスのことを略してサブスクと呼んでいます。 2019年の流行語大賞にもノミネートされましたね。 例えば、などがサブスクにあたるのですが、 月額980円などの利用料金を払うと、 音楽が聴き放題になるという感じです。 実際に音楽の人気はCDの売り上げによって決められることが多く、100万枚や200万枚CDが売れるなんてこともザラです。 現在はデジタル化が進み、音楽をネット上で購入しダウンロードやストリーミングで聴くという方法が主流になり、さらには一つ一つの曲を購入するわけではなく、月980円で音楽が聴き放題になるという時代になっています。 全ての曲が聴き放題なのか? 実はサブスクで聴き放題になる曲には制限があり、全ての曲が聴き放題になるわけではありません。 2020年現在ではかなり多くのアーティストがサブスク解禁していますが、レコード会社やアーティストの方針によってはまだ未解禁のアーティストも少なくないです。 それではサブスクを解禁している、解禁していないアーティストはどのようになっているのでしょうか? サブスク解禁済の人気アーティスト 2020年2月現在でサブスク解禁済みの人気アーティストの一例をご紹介します。 あいみょん• ASIAN KUNG-FU GENERATION• 井上陽水• 安室奈美恵• [ALEXANDROS]• 宇多田ヒカル• EXILE• AKB48• Aimer• 小田和正• GReeeeN• Official髭男dism• King Gnu• GLAY• 欅坂46• サカナクション• サザンオールスターズ• Suchmos サチモス• 椎名林檎• 菅田将暉• Superfly• スピッツ• sumika• SEKAI NO OWARI• DREAMS COME TRUE• 中島みゆき• Novelbright• 乃木坂46• back number• Perfume• 浜崎あゆみ• BUMP OF CHICKEN• Foorin• 福山雅治• 星野源• 松任谷由実• MAN WITH A MISSION• MISIA• Children• Mrs. GREEN APPLE• miwa• ヤバイTシャツ屋さん• LiSA• Little Glee Monster• WANIMA• ONE OK ROCK など サブスク未解禁の人気アーティスト 2020年2月時点でサブスク未解禁のアーティストの一例です。 こちらは、全曲解禁していないアーティストも含みます 例えば、RADWIMPSは前前前世などの曲は未解禁ですが、有心論などの一部の楽曲のみ解禁されています。 北島三郎• 久保田利伸• 倉木麻衣• 郷ひろみ• ZARD• ジャニーズ 嵐以外• CHAGE and ASKA• B'z• 山下達郎• 米津玄師• THE BLUE HEARTS• RADWIMPS など 好きなアーティストがサブスク解禁しているかを調べる方法 Spotifyを使って調べることができます。 Spotifyは無料で使えるサブスクなので、曲を調べることができますし、ある程度曲を聴くこともできます。 方法は にアクセスし、検索窓でアーティスト名を入れるだけです。 まとめ このように、今後の音楽の楽しみ方はサブスクが主流になってくるかと思いますので、まだサブスクを利用していない方はぜひ試しに利用してみてはいかがでしょうか? ちなみに、筆者が使っているサブスクは です!5月11日までは3ヶ月無料キャンペーン実施中なのでこの機会に是非お試しください!.

次の