50 歳 呼び 方。 年齢の名称・異称・別名・別称。弱冠・不惑・三十路・還暦は何歳?

中高年の呼び方:田中淳子の”大人の学び”支援隊!:オルタナティブ・ブログ

50 歳 呼び 方

雇用が延長され、65歳まで、あるいは、近い将来70歳まで・・となりそうな勢いですが、40代以上をなんと呼ぶのか、というのがとある場所で話題になりました。 あるいは、 「シニア人材」「シニア世代」とは何歳からなのか、と。 ある企業では、「50歳から、シニア人材と呼び、セカンドキャリアについての研修などを始める」といった例を聴きました。 お、私はすでに「シニア人材」だ・・・とびっくり。 (だいたい、「年齢への感覚」というのは、自覚と他者評価が一致しないものですから) 40代は「ミドル」「ミドル層」と言ったりするのかな。 50代は、シニア、 60代は、どうなんでしょう? 「シルバー」と言われるととて高齢な感じがして抵抗があり、同じ"銀色"だったら、「プラチナ」と言われるほうがまだいいかな。 どんどん労働年齢の幅が広がると、シニアと呼ばれるようになってからも延々と働くことになるので、呼び方もそろそろ見直したほうがいいのかなと思ったり。 話ちがいますが、20代の方と話していたら、「50代のおじいちゃんたちは、何をしていてもかわいい、許す」という発言が飛び出て、「50代は、もう高齢者扱い」ということも分かりました。 「おじいちゃん」かぁ・・・(しくしく 私と同世代の、おじいちゃんと呼ばれている50代男性は、「まだまだ現役ばりばり」という意識が強いはず。 20代にこう呼ばれているのは、それなりに衝撃ですね。 (ちなみに、「50代女性」が周囲にいないので、「おじいちゃん」以外の呼び方はない、とのことでした) ====================== 「老眼鏡」と呼ぶのはやめて、「マチュグラ」と呼ぼう! 運動を展開して5年くらいになりますが、一向に浸透しません。 マチュアな世代がかけるグラス、という意味なのですが、もっと流行らないかな。 まちゅぐら。 そうそう、ついに先日、「遠近両用マチュグラ」を作りました。 視界の途中で見え方が変わるので、慣れるまでは妙な感じでした。 「遠近両用」なんて作ったら、いよいよ、おばあちゃんな感じ。 でも、まだ裸眼で手元がきちんと見えているの(近視です)で、これがもっと進行したら、もう手元も遠くも世界のすべてがぼんやりするんでしょうねぇ。 それはそれでいいのかもしれない。 見たくないものも見なくて済むし・・・(弱気•

次の

長寿のお祝い一覧。年齢と読み方、意味やお祝い色について

50 歳 呼び 方

10歳 幼 幼学 よう ようがく• 「人生まれて十年を幼といいて学ぶ」「人生十年曰幼、學」(「」)より。 10歳位の 子ども 辻髪 つじかみ• 遊谷子「和荘兵衛 四・大人国」(安永三年・1774年)「大男には七丈ばかりなるもあり。 九歳十歳ばかりの辻髪置たりる丸額の子供も二丈三丈より小きはなし。 」(明治十七年・1884年翻刻版)• 辻髪は、子どものつむじを中心として周囲の部分を円形に少し残し、他をそり落とした子供の髪型。 15歳 志学 しがく 男性• 「」より• 「 十有五 じゅうゆうご にして 学 がく に 志 こころざ す」• 「孔子は言います。 私は、十五の時に学問で身を立てようと決心しました。 」 笄年 けいねん 女性• 女性は、十五で 簪 ( かんざし )をつけて成人となったことから。 16歳 破瓜 はか 女性• 「瓜」という字を縦二つに割ると、「八」が二つになり、足すと「十六」になることから「女性十六歳」を指す。 「瓜」の字の「八」が二つは、掛けると「六十四」になることから、「破瓜」は「男性六十四歳」も指す。 20歳 二十路 ふたそじ• 20歳のこと。 二十歳 はたち• 20歳のこと。 弱冠 じゃっかん 男性• 「二十を弱といいて冠す」「二十曰弱、冠」(「」より)• 中国・周代の制度で、男性は二十歳で冠を付けて成人(元服)した。 年が若いことも指すが、「若冠二十歳」 や、「若干二十歳」などと、「若い」という字を使うのはは誤り。 【福沢諭吉 経世の学、また講究すべし】 そもそも義塾の生徒、その年長ずるというも、二十歳前後にして、二十五歳以上の者は稀なるべし。 概してこれを 弱冠 ( じゃっかん )の年齢といわざるをえず。 たとい 天稟 ( てんぴん )の才あるも、社会人事の経験に乏しきは、むろんにして、いわば無勘弁の少年と評するも不当に非ざるべし。 この少年をして政治・経済の書を読ましむるは危険に非ずや。 政治・経済、もとよりその学を非なりというに非ざれども、これを読みて世の安寧を助くると、これを妨ぐるとは、その人に存するのみ。 余輩の所見にては、弱冠の生徒にしてこれらの学につくは、なお早しといわざるをえず。 その危険は小児をして利刀を 弄 ( ろう )せしむるに異ならざるべし。 30歳 30代~ 50代前半 壮 壮年 そう そうねん• 「人生まれて三十年を壮という」「三十曰壯」(「」より)• 血気盛んで、人生で一番働き盛りのころ。 30歳くらいの年齢の、最も 壮 ( さか )んなころ。 30代から50代半ばを指し、主に40代から50代を指すことが多い。 広くは、成年に達してから老年になるまで。 30歳 三十路 みそじ• 30歳のこと。 壮室 年壮 そうしつ ねんそう 男性• 「三十を壮といいて室あり」「三十曰壯、有室」(「」より)• 「室」は、結婚をして妻がいることで、「有室」は家庭を築くこと。 而立 立年 じりつ りゅうねん 男性• 「」より• 「 三十 さんじゅう にして 立 た つ」• 「孔子は言います。 私は、三十の時に、学問などの基礎がきちっとして、独り立ちができるようになりました。 」 40歳 四十路 よそじ• 40歳のこと。 初老 しょろう 不惑 ふわく 男性• 「」より• 「 四十 しじゅう にして 惑 まど わず」• 「孔子は言います。 私は、四十の時に、狭い見方に捕らわれることなく、心の迷いがなくなりました。 」 強仕 きょうし 男性• 「四十を強といい、しこうして仕う」「四十曰強、而仕」(「」より)• 「仕う」は、「仕官する」の意。 智力、気力ともに充実している年齢。 48歳 桑年 そうねん• 桑という字の異体字の「桒」が、四つの十と八に分けられることから。 50歳のこと。 五十算 ごじっさん 中老 ちゅうろう 知命 天命 ちめい てんめい 男性• 「」より• 「 五十 ごじゅう にして 天命 てんめい を 知 し る」• 孔子は言います。 私は、五十の時に、天が自分自身に与えた使命を自覚しました。 」 艾年 艾服 がいねん がいふく• 「五十曰艾、服官政」「五十曰 レ艾、服 二官政 一」「五十を 艾 ( がい ) という、 官政 ( かんせいに ) 服 ( ふくす ) 」(「」より)• 「 艾 ( がい ) 」 は、よもぎのことで、髪がよもぎのように白くなる年齢という意。 また、朝政に参与する年齢であるという意。 「 艾 ( がい )」は、もぐさでもある。 杖家 じょうか• 家の中で杖を用いることが許されるとされた年齢。 (「礼記・王制篇」より) 60歳 六十路 むそじ• 60歳のこと。 耳順 じじゅん 男性• 「」より• 「 六十 ろくじゅう にして 耳順 みみしたが う」• 「孔子は言います。 私は、六十の時に、何を聞いても素直に受け入れることができるようになりました。 」 杖郷 じょうきょう• 郷土で杖を用いることが許されるとされた年齢。 「礼記・王制篇」より。 杖者 じょうしゃ• 杖をつく人。 本卦還り ほんけがえり• その人が生まれた年の干支と同じ干支の年がくることを指す。 丁年 ていねん• 丁が終わる年齢。 丁は、律令制で二十一歳から六十歳の男性。 女性にも使う。 下寿 かじゅ• 長寿の畏敬を三つに分け、六十歳を下寿、八十歳を中寿、百歳を上寿とする考え方。 耆 き• 「六十曰耆、指使」(「」より)• 「指使」は、「指図して人を使う」の意。 61歳 還暦 かんれき• 数え六十一歳(満六十歳)のこと。 数え六十一歳(満六十歳)に、その人が生まれた年の干支がまた戻って来て、長寿であることを神に感謝し祝う行事。 十干と十二支の組み合わせで六十一年目に元の干支に戻る。 華甲 華寿 華年 かこう かじゅ かねん• 「華」という字が、六つの「十」と、「一」とに分解できることから。 64歳 破瓜 はか 男性• 「瓜」という字を縦二つに割ると、「八」が二つになり、掛けると「六十四」になることから「男性六十四歳」を指す。 「瓜」の字の「八」が二つは、足すと「十六」になることから、「破瓜」は「女性十六歳」も指す。 70歳 七十路 ななそじ• 70歳のこと。 古希 古稀 こき• 「人生七十古来稀 (じんせいしちじゅう こらいまれなり)」(「曲江詩・杜甫」より) 従心 じゅうしん 男性• 「」より• 「 七十 しちじゅう にして 心 こころ の 欲 ほっ する 所 ところ に 従 したが えども、 矩 のり を 踰 こ えず」• 「孔子は言います。 私は、七十の時に、自分がしたいと思う言動をしても、人の道を踏み外すことがなくなりました。 」 踰矩 ゆく 杖国 じょうこく 男性• 国中どこでも杖を用いることが許されるとされた年齢。 (「礼記・王制篇」より) 七秩 しちちつ 七旬 しちじゅん 致仕 ちし• 「大夫七十、而致事」(「」より)• 七十歳になると退官を許したところから。 懸車 けんしゃ• 中国で定められた退官の年齢。 致仕の年。 退官した時に帝から贈られた車を、記念として高く懸けて子孫に伝えたという「漢書」薛広徳 せつこうとく 伝の故事。 耄 ぼう• 「七十曰老、而傳」(「」より)• 「伝」は、「教えを後人に伝える」の意。 77歳 喜寿 きじゅ• 「喜」の草書体の「㐂」が七十七に見える所から。 80歳 八十路 やそじ• 80歳のこと。 傘寿 さんじゅ• 「傘」の略字の「仐」が、八と十とに分解できることから。 杖朝 じょうちょう 男性• 朝廷でも杖を用いることが許されるとされた年齢。 (「礼記・王制篇」より) 中寿 ちゅうじゅ• 長寿の畏敬を三つに分け、六十歳を下寿、八十歳を中寿、百歳を上寿とする考え方。 八秩 はっちつ 81歳 半寿 はんじゅ• 「半」の字が、八、十、一と分解できることから。 盤寿 ばんじゅ• 漆寿 しつじゅ• 礼記より 80歳以上 (90歳) 耄 ぼう• 「八十、九十曰耄、七年曰悼、悼與耄雖有罪、不加刑焉」(「」より)• 「八十、九十を「 耄 ( もう )」といい、七歳未満を「 悼 ( とう )」という。 「耄」「悼」には、たとえ有罪でも刑罰を科してはならない。 88歳 米寿 べいじゅ• 八十八を一つの字にすると「米」になることから。 90歳 九十路 ここのそじ• 90歳のこと。 卒寿 そつじゅ• 「卒」を略した字の「卆」を分解すると、九と十に見えることから。 鳩寿 きゅうじゅ• 「鳩」の字に「九」の字が含まれ、音も「きゅう」であることから。 99歳 白寿 はくじゅ• 「百」の字から、一つ目の画を取ると「白」になることから。 100歳 百寿 ひゃくじゅ ももじゅ 紀寿 きじゅ• 上寿 じょうじゅ• 「上寿」は、長寿の畏敬を三つに分け、六十歳を下寿、八十歳を中寿、百歳を上寿とする考え方。 上寿を百二十歳、中寿を百歳とする考え方もあるとされる。 期 期頤 き きい• 「期」は百年の意。 「頤」は養うの意。 「百年を期と曰い、頤(やしな)わる」「百年曰期、頤」(「」より) 108歳 茶寿 ちゃじゅ• 「茶」の字は、冠部分が「十」が二つと、旁が「八十八」に分けられ、これを足すと「百八」になることから。 「皇」の字の「白」が、「白寿」の際の考え方からから、「百」から一を取った「九十九」で、「王」の字は、「十」と「二」からなり、これを足すと「百十一」になることから。 「川」の字が、数字の「111」と読めるため。 119歳 頑寿 がんじゅ• 「頑」の字を「二、八、百、一、八」に分解し、これを足してゆくと「119」となることから。 「昔」の字を分解すると、「廿 20 」と「 百」になることから。 大還暦 だいかんれき• 二回目の還暦を迎えたことになるため。 子 し 曰 いわ く、「 吾 われ 、 十有五 じゅうゆうご にして 学 がく に 志 こころざ す。 三十 さんじゅう にして 立 た つ。 四十 しじゅう にして 惑 まど わず。 五十 ごじゅう にして 天命 てんめい を 知 し る。 六十 ろくじゅう にして 耳順 みみしたが う。 七十 しちじゅう にして 心 こころ の 欲 ほっ する 所 ところ に 従 したが えども、 矩 のり を 踰 こ えず」と。 し いわく、「われ、じゅうゆうご にして がくに こころざす。 さんじゅう にして たつ。 しじゅう にして まどわず。 ごじゅう にして てんめいを しる。 ろくじゅう にして みみ したがう。 しちじゅう にして こころの ほっする ところに したがえども、のりを こえず」と。 73歳で没。 人 ( ひと ) 生 ( う )まれて 十年 ( じゅうねん )を 幼 ( よう )と 曰 ( い )う。 学 ( まな )ぶ。 二十 ( にじゅう )を 弱 ( じゃく )と 曰 ( い )う。 冠 ( かん )す。 三十 ( さんじゅう )を 壮 ( そう )と 曰 ( い )う。 室 ( しつ ) 有 ( あ )り。 四十 ( しじゅう )を 強 ( きょう )と 曰 ( い )う。 而 ( しこ )うして 仕 ( つか )う。 五十 ( ごじゅう )を 艾 ( がい )と 曰 ( い )う。 官政 ( かんせい )に 服 ( ふく )す。 六十 ( ろくじゅう )を 耆 ( き )と 曰 ( い )う。 指使 ( しし )す。 七十 ( しちじゅう )を 老 ( ろう )と 曰 ( い )う。 而 ( しこ )うして 伝 ( つた )う。 八十 ( はちじゅう ) 九十 ( きゅうじゅう )を 耄 ( ぼう )と 曰 ( い )う。 七年 ( しちねん )を 悼 ( とう )と 曰 ( い )う。 悼 ( とう )と 耄 ( ぼう )とは 罪 ( つみ ) 有 ( あ )りと 雖 ( いえど )も、 刑 ( けい )を 加 ( くわ )えず。 百年 ( ひゃくねん )を 期 ( き )と 曰 ( い )う。 頤 ( やしな )う。 生まれてから十年目を「幼」と言い、先生について学び始めるときである。 二十を「弱」と言い、元服して冠をかぶる歳である。 三十を「壯」といい、結婚をする歳である。 四十を「強」と言って、正式に仕える。 五十を「艾」といい、部下に指図するようになる。 六十を「耆」と言い、部下に任せられるようになる。 七十を「老」と言い、後任に引き継ぐ。 八十九十を「耄」といい、七歳を「悼」というが、悼までと耄からとは、過ちを犯しても、刑を加えられることはない。 百歳を「期」といい、周囲が大事に養う。 この時期(周代)は、現在の半年を1年とする暦を用いており、その年齢計算であるという説がある。 このページは、例のいくつかをあげ編集しています。 学習や研究などにお使いの際は、辞典・専門書などでご確認ください。 (このページを利用され、何らかの不利益や問題が生じても、当サイトは一切の責を負いかねます。 あらかじめご了承ください)• 本サイトは編集著作物です。 データの無断転載等を禁じます。

次の

60歳は還暦と言いますが、80歳は何といいますか?

50 歳 呼び 方

今後30年に及ぶ人生を充実した人生にするには、50代の今からセカンドライフを見据えたライフプランをたてたほうがいいでしょう。 ライフプランと言ってもどのようなことを考えればいいのか? 私なりに考えてみました。 Sponsored Link 1. 50歳からの生き方 50歳というと定年までは今の仕事をして制約がありますが、定年後の生き方はかなり自由度が広がるでしょう。 そのまま仕事を続ける選択もありますし、なにか起業にチャレンジする事もできます。 また、仕事ではなく旅行や家庭菜園、スポーツなどの趣味や大学やカルチャースクールで新しいことを学んだり、夢だった海外移住や田舎暮らしも実現できるかもわかりません。 それまでがんばってきたのだから好きなことをやってもバチは当たらないでしょう。 しかし、仕事ばかりやってきてやりたいことが見つからないという人も結構みえるのではありませんか? 実は私がそうなんです。 そういう人はどうすればいいのでしょう・・・。 私が考えるには、いいなと思ったことはやってみたり情報を集めたりする。 「いいな」という感覚を大切にすることだと思います。 お金 今から老後に向けて必要な資金はどれくらいなのか、そして、自分がやりたいことを実現するにはどれくらいの資金が必要なのかを現実に知ることは重要な事でしょう。 50代アラフィフから定年までの10年15年は必要な資金を蓄積する最後のチャンスだといえます。 定年してから仕事のない人は年金収入しか期待できないことになるという現実が迫っていることを意識しましょう。 収入はおおよそ半分になると考えておきましょう。 健康 趣味を楽しむにも、仕事をしてお金を稼ぐのも、何より健康があってのことです。 自分の健康はもとより、家族の健康も大切ですよね。 私も健康診断で血圧が高めだとわかりました。 突然、介護が必要な状態になるともわかりませんから、健康管理はしっかりやっておいたほうがいいですね。 人間関係 人間関係も大切でしょう。 仕事以外の付き合いなら、嫌だなと感じる人とは、できるだけ付き合わないようにしてもいいかもしれません。 残された人生で、嫌な経験はできるだけしたくありませんからね。 それから、定年退職を見据えて、仕事などの肩書を取り払ったら、一体自分はどんな人間なのかを見つめ直すことも大切でしょう。 仕事上の付き合いは、少々嫌な面があっても付き合ってもらえますが、退職したら利害関係がなくなりますから、人間性がものをいいます。 特に家族は率直な意見を言ってくれるはずですから、家族の意見には耳を貸す勇気も必要です。 「この人と付き合ってみたい」とか、「一緒にいると楽しい」とか、人から好かれる人間性があれば、付き合いも広がり楽しいものになるはずです。 現役のうちから、仕事以外の人間関係を作りながら、模索してみるのはいいことだと思います。 50代アラフィフからしっかり考えて残りの人生を充実したものにしたいですね。 50代はもう若くないのか? この先の人生、何も楽しみはないのか?そんなことをふと思っ ミッドライフ・クライシスとは? 「ミッドライフ・クライシス」という言葉を聞いたことはありますか? 生きがいとは何か? あなたは生きがいを持って生きていますか? 生きがいとは?と言われると答え アラフィフとはどういう意味? 年齢が50代前後の人を「アラフィフ」と呼んでいるのを聞いたことはあり 老後に大切なもの 私のように50代になると 老後が気になってくるもんです。 で、 一番気 男性が一番かっこいい年代はいつ頃?アンケート結果 先回、40代、50代アラフィフイケメン俳優ランキン おしゃれになるにはメンズファッション雑誌を読むだけじゃダメって?! 50代アラフィフというとファッ 久しぶりの「50代の恋愛事情、大人の恋愛体験談」です。 今回は「その9」になります。 こ 50代の人って、長年の生活習慣の蓄積で、お腹に脂肪がついているのは当たり前。 貫禄はつくでしょ 50代の悩み 50代というと、子供さんがある人は子供さんが20代くらいになって、子育ても一段落。 アーカイブ• カテゴリー•

次の