ファイル名は有効ではありません。 ショートファイル名としては正しくありません

Windows 10「NTFSロングパスポリシーを有効にする」オプションがありません

ファイル名は有効ではありません

ファイル名または番号が正しくありません エラー 52 Bad file name or number Error 52• この記事の内容 指定されたファイルにアクセスしようとしたときにエラーが発生しました。 An error occurred trying to access the specified file. このエラーの原因と解決策は次のとおりです。 This error has the following causes and solutions:• ステートメントが、次のようなまたはファイル名を持つファイルを参照しています。 A statement refers to a file with a or file name that is:• Open ステートメントで指定されていないか、または Open ステートメントで指定されたがその後に閉じられた。 Not specified in the Open statement or was specified in an Open statement, but has since been closed. Open ステートメントでファイル名を指定してください。 Specify the file name in an Open statement. を指定せずに Close ステートメントを呼び出した場合は、開かれていたすべてのファイルを誤って閉じてしまったために、すべてのファイル番号が無効化された可能性があります。 Note that if you invoked the Close statement without, you may have inadvertently closed all currently open files, invalidating all file numbers. ファイル番号の範囲 1 ~ 511 外である。 Out of the range of file numbers 1 - 511. コードがファイル番号をアルゴリズムによって生成している場合は、番号が有効であることを確認してください。 If your code is generating file numbers algorithmically, make sure the numbers are valid. 無効な名前または番号が使用されている。 There is an invalid name or number. LETTER. DOC My Memo. Txt BUDGET. 92 12345678. 901 Second Try. Rpt ファイル名は、オペレーティング システムの規則と、Basic のファイルの名前付け規則に従っている必要があります。 File names must conform to operating system conventions as well as Basic file-naming conventions. Microsoft Windows では、ファイルおよびディレクトリに次の名前付け規則を使用します。 In Microsoft Windows, use the following conventions for naming files and directories:• ファイルおよびディレクトリの名前は、名前と省略可能な拡張子という 2 つの部分で構成されます。 The name of a file or directory can have two parts: a name and an optional extension. 2 つの部分は、myfile. new のようにピリオドで区切ります。 The two parts are separated by a period, for example, myfile. new. 名前には最大 255 文字を使用できます。 The name can contain up to 255 characters. 名前は文字または数字で始める必要があります。 The name must start with either a letter or number. 名前にはスペースを含めることができます。 The name can contain spaces. CON、AUX、COM1、COM2、COM3、COM4、LPT1、LPT2、LPT3、PRN、および NUL という名前は予約されているため、ファイルおよびディレクトリには使用できません。 The following names are reserved and can't be used for files or directories: CON, AUX, COM1, COM2, COM3, COM4, LPT1, LPT2, LPT3, PRN, and NUL. たとえば、 Open ステートメントでファイルに PRN という名前を付けようとすると、 Open ステートメントで指定されたファイル番号に渡される Print ステートメントおよび Write ステートメントの出力先は単純に既定のプリンターとなります。 For example, if you try to name a file PRN in an Open statement, the default printer will simply become the destination for Print and Write statements directed to the file number specified in the Open statement. Macintosh では、ファイル名にコロン : 以外の任意の文字を含めることができ、スペースも使用できます。 On the Macintosh, a file name can include any character except the colon : , and can contain spaces. Null 文字 Chr 0 はファイル名に使用できません。 Null characters Chr 0 aren't allowed in any file names. 詳細については、該当する項目を選択し、F1 キー Windows の場合 または HELP Macintosh の場合 を押してください。 For additional information, select the item in question and press F1 in Windows or HELP on the Macintosh. サポートとフィードバック Support and feedback Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、を参照してください。 Please see for guidance about the ways you can receive support and provide feedback. 関連記事.

次の

ファイル 名 は 有効 では ありません

ファイル名は有効ではありません

Creative Cloud ファイル同期機能を使用してファイルの同期を行うとき、「ファイルを同期できません」エラーが表示される以下の表に記載されている解決策を実行し、エラーを解決するとともに今後も競合が起きないようにしてください。 まず、お使いのコンピューターがインターネットに接続されていること、および Creative Cloud アカウントにログインしていることを確認します。 ファイル間の同期に関する問題を引き起こす可能性のあるファイル名の許容内容は、オペレーティングシステムによって異なるので注意してください。 Creative Cloud デスクトップアプリケーションは多くの非互換性を解決できますが、解決できない場合は問題が発生することがあります。 問題が発生すると、その問題に関する通知が表示されます。 残りのファイルは同期が続行されます。 解決策 番号 エラーメッセージ 解決策 1 ファイルがロックされているため、 を同期できません。 開いているアプリケーションで、このファイルを閉じ、書き込みアクセス権限を持っていることを確認してください。 「」をご覧ください。 2 ファイル名が無効であるため、 を同期できません。 「」をご覧ください。 3 でウイルスが検出されました。 このファイルはアップロードされません。 4 ファイル は大きすぎるため、アップロードされません。 「」をご覧ください。 5 Creative Cloud アカウント内のアセット数およびコレクション数が多すぎます。 アーカイブフォルダーを空にして、必要でなくなったその他のアセットを削除してください。 6 フォルダー 内のファイル数が多すぎます。 このフォルダー内のファイル数を減らすまで、同期のパフォーマンスが低下することがあります。 7 の所有者がストレージクォータを超過したため、 を同期できません。 の所有者にお問い合わせください 8 ご使用のシステム時間が正しく設定されていないため、ファイルを同期できません。 ファイルの同期を継続するには、デバイスの時間を正確に設定します。 システム時間を正確に設定し、再試行してください。 9 フォルダー内の一部のファイルが開いているため、 を同期できません。 このフォルダー内の開いているファイルをすべて閉じてください。 「」をご覧ください。 10 ファイルパスが長過ぎるため、 を同期できません。 パスが短くなるように、このファイルの名前を変更するか、フォルダーを変更します。 「」を参照してください。 11 を同期できません。 保存先フォルダーへの書き込み権限がありません。 問題が解決しない場合は、フォルダーのアクセス権限を確認してください。 アクセス権をチェックして再試行します。 12 ご使用のアカウントの暗号化キーが無効になっているため、コンテンツを使用できなくなりました。 担当の IT 管理者にお問い合わせください。 担当の IT 管理者にお問い合わせください。 13 は表示専用のコラボレーションにあるため同期できません。 表示専用のコラボレーションにあるファイルの修正、名前変更、作成はできません。 このファイルを同期するには、ご使用の Creative Cloud Files フォルダー内の読み書き場所に移動します。 詳しくは、を参照してください。 14 ファイルを同期できません。 ご使用のハードドライブがいっぱいです。 ディスク容量が不足しています。 スペースを解放してください。 同期は自動的に再開します。 15 ストレージ容量不足です。 Creative Cloud ストレージクォータを使い果たしてしまいました。 引き続きファイルの同期を行うには、次のいずれかの操作を行います。 16 サーバーエラーのため、 を同期できません。 しばらくしてから再試行します。 17 ファイルアクセス権のため、 を同期できません。 アクセス権をチェックして再試行します。 ピリオド(. )またはスペースで終わるファイルとフォルダーは、オペレーティングシステム間で正しく同期しません。 ファイル名の末尾にスペースまたはピリオドのあるファイルは、Mac からクラウドに同期することはできますが、Windows には正しく同期しません。 同期時には、あるファイルが同期に失敗した場合でも残りのファイルはすべて同期を続行します。 ただし、エラーメッセージは、コンフリクトするファイルが修正または削除されるまで表示されます。 Windows でファイルまたはディレクトリが存在しないというエラーが発生した場合は、Creative Cloud Web アプリケーションでファイルを確認します。 続いて、名前を変更して問題のある文字を削除します。 複数のデバイスで同じファイルを同時に変更または同期する場合、アップロードを終了するデバイスが「優先的に同期」されます。 Creative Cloud デスクトップアプリケーションでは、変更は自動的にはマージされません。 つまり、最初のアップデート後に行われた変更(「優先的に同期」されたアップロード)が、ファイルの「コンフリクトするコピー」で同期されます。 新しいファイルの名前は古いファイルの名前と同じですが、「conflicted copy」の文字列が追加されます。 また、ファイル名には、コンフリクトが発生したデバイス/コンピューターの名前と日付も含まれます。 このように、すべての変更が保持されるため、ユーザーの作業内容は上書きされません。

次の

ショートファイル名としては正しくありません

ファイル名は有効ではありません

Excel2010、実行時エラー9インデックスが有効範囲にありませんの原因 Excel2010は、手頃な価格で高機能な表計算ソフトです。 またVBAによるプログラムを行うと、特に繰り返し作業では多大な威力を発揮します。 しかし、VBAはパソコンの設定が変わると正しく動作しない場合が有ります。 発生したパソコンは、下記のソフトを使用していました。 OS : Windows7(64bit) 表計算ソフト : Excel2010(32bit) 以下、Excel2010、実行時エラー9インデックスが有効範囲にありませんの原因と対策を記載して行き ます。 (項目1) ・Excel2010でマクロを実行した時に、「実行時エラー9インデックスが有効範囲にありません」と なり、マクロの実行時エラーが発生しました。 (項目2) ・インターネットで、「実行時エラー9インデックスが有効範囲にありません」を調べると、 が見つかりました。 ・「登録されている拡張子は表示しない」のチェックが外れてるとエラーが出るとの情報が有りました。 (項目3) ・フォルダーオプションで、「登録されている拡張子は表示しない」を確認して見ると、チェックが外れて いました。 (項目4) ・そこで、下記の様に「登録されている拡張子は表示しない」にチェックを入れると、マクロが正常に作動 しました。 (項目5) ・ 「実行時エラー9インデックスが有効範囲にありません」の原因は、「登録されている拡張子は表示しない」 のチェックが外れている事でした。 ・「登録されている拡張子は表示しない」にチェックを入れるとマクロは正常に作動しますが、これではパソ コンの設定に依存するマクロになってしまいます。 ・パソコンの設定に依存するマクロは、汎用性が無く、大変不便なマクロになってしまいます。 ・そこで以下は、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックの有無に関わらず正常にマクロが作動する 方法を検討して行きます。 (項目6) ・「実行時エラー9インデックスが有効範囲にありません」は、指定したファイル名が存在しない場合に発生 します。 xls", vbNormal で取得した場合、「登録されている拡張子は表示しない」 のチェックの有無によって、下記の現象が発生する場合が有ります。 xls data. xls TargetName data data エクスプローラ data data. xls (項目7) ・上記の現象への対策は、マクロを下記の様に変更します。 (下線の箇所) ・これによって、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックの有無に関わらず正常にマクロが作動する 様になります。 Activate チェック有 チェック無 OpenName data. xls data. xls TargetName data. xls data. xls エクスプローラ data data. xls (項目8) ・以上で、Excel2010、実行時エラー9インデックスが有効範囲にありませんの原因と対策は終了 です。

次の