メルペイ コンビニ 払い。 【メルペイ】コード払いが使える店舗まとめ【コンビニ・スーパー・ドラッグストアなど】

【メルペイ】リアル店舗でQR/バーコード支払いする方法

メルペイ コンビニ 払い

還元率• 通常のポイント還元なし 開催中キャンペーン 現状なし 特長• メルカリで得た売上金をiD、もしくはコード払いにて決済に利用可能• 随時お得なクーポンがメルペイで使える• お店で支払った代金を翌月にまとめて後払いできる「メルペイスマート払い」も利用可能 支払い方法• メルペイ残高で支払い• メルカリポイント メルカリの売上金 で支払い 「iD支払い」が使える代表的なお店• 二段階認証による不正防止の対策が可能• 万が一不正利用の被害に遭っても被害額を補償してもらえる こんな人におすすめ!• メルカリでたくさん売上金が発生している方• 支払いを翌月に繰り越す「スマート払い」をしていきたい方• iPhoneを使っていて「iD払い」と「コード払い」の両方を活用していきたい方 メルペイと言えば、フリマアプリでお馴染みの「メルカリ」内でリリースされたスマホ決済サービス。 メルペイのコード決済を利用すれば、メルカリ内の売上金も決済に使えるようになり、 銀行口座からお金をチャージすれば現金不要でスマホから決済できます。 メルペイはコード決済以外にも「iD決済」が可能 出典: メルペイはコード決済以外にも、Apple Payやおサイフケータイと連携してiDの対応店舗で決済可能な「iD決済」を選択できます。 iDで支払いできるお店は、主要な大手コンビニエンスストアやファーストフード店などと様々であり、高い利便性を兼ね備えています。 Apple Payに未対応であるiPhone6s以前の機種を持つ方は、 Apple Payを使ったメルペイのiD決済が不可能だったので… メルペイを使いたいけど、自分のスマホ端末がApple Payやおサイフケータイに対応していないから使えない…。 といった悩みを持つユーザーも多かったでしょう。 しかし、「コード決済」はApple Payやおサイフケータイに未対応の機種でも利用可能なので、 誰でもメルペイで決済ができます。 また、スマホ決済の導入を検討していた店舗側も、メルペイのコード決済なら 「iD決済より導入のハードルが低い」といったメリットがあります。 メルペイを継続的に使っていくなら銀行口座を登録しよう! なお、 今後メルペイにお金をチャージして使っていくなら、銀行口座へ登録しておくのがおすすめです! 銀行口座を登録すれば、自動的に本人確認が完了します。 メルペイを使うには残高へチャージしておく必要がありますが、メルペイではクレジットカードの登録ができないので、 メルカリでの売上が無い人は銀行口座でチャージするしかありません。 そこで! メルペイにベストな銀行口座となるのが。 の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金なら いつでも何回でも手数料無料となります! はメルペイ以外にもPayPayやLINE Pay、Google Payなどのスマホ決済サービスに対応しているので、 まさにスマホ決済に相性バツグンのネット銀行だと言えるでしょう。 メルペイに銀行口座を登録してキャンペーンをお得に活用したい方は、是非に登録してみてください! メルペイのコード決済はお得なポイント還元がある? メルペイのコード決済って、何かお得なポイント還元があるの…? 2020年6月現在、 メルペイのコード決済による常時のポイント還元はありません。 これはiD決済も同じで、基本的にメルペイはPayPayやLINE Payのような常時のポイント還元は定められていません。 メルペイでは随時お得なクーポンが発行されている なお、メルペイでは独自のポイント還元率こそ定められていませんが、 その代わりに随時お得なクーポンが配信されています。 メルペイのコード決済が使えるその他の対応店舗を一覧表で紹介 では、メルペイのコード決済に対応しているその他の主な店舗を、以下より一覧表で紹介していきます。 カラオケBIGECHO• カラオケBanBan• JapanTaxi• ライフ• サミットストア• アート引越センター• 東海キヨスク なお、今後もメルペイのコード決済に対応する店舗は拡大される予定なので、随時追記していきます。 メルペイのコード決済の使い方 メルペイのコード決済の使い方を見ていきましょう。 メルペイのコード決済を利用するための支払い方法には、• ポイントを購入して支払う• 銀行口座からチャージして支払う の2通りがあります。 メルカリの売上金をポイント購入して使う メルペイのコード決済はメルカリで得た売上を使って店舗で決済できますが、売上を決済に利用する場合は 売上金をポイントに交換する必要があります。 なので、売上を使ってコード決済をしたい方は、コード決済の画面にある「ポイント購入」をタップしてポイントを購入してください。 銀行口座を登録して現金をチャージすることも可能 なお、メルペイでは銀行口座を登録して直接お金をチャージして支払いすることも可能です。 銀行口座の登録方法ですが、メルペイの画面にて以下の赤枠内にある「お支払い用銀行口座の登録」を選択し、次の画面で「銀行口座を登録する」をタップします。 次に自身の登録したい金融機関を選択し、同意した後はフォーマットに沿って必要事項を記入して下さい。 その後は各金融機関のサイトにて本人確認等の手続きを行えば登録完了です。 なお、メルペイに対応している銀行口座は以下のリンク先で紹介しているので、是非参考にしてみてください! メルペイのコード支払いで決済する方法 メルペイのコード決済の方法には、「QRコードを表示して店員さんに読み取ってもらう方法」と「QRコードを自分で読み取る方法」の2種類があります。 QRコードを表示して店員さんに読み取ってもらう方法 まずは、メルカリのアプリを開き、下のメニューにある「メルペイ」をタップして「コード決済」を選択してください。 そして、以下のように設定したパスワードを入力し Touch IDなども設定可能です 、QRコードを表示させましょう。 支払い時に「メルペイで」と伝え、この画面をお店の人に読み取ってもらって決済を完了させてください。 また、支払いにメルペイ残高を利用する際、残高の他にポイントを保有していれば、 そのポイントが優先的に支払いに利用されます。 よって、ポイントを利用しないようにする設定や、ポイントを一部のみ利用するような設定はできません。 注意しておきましょう。 QRコードを自分で読み取る方法 2019年6月27日より、店舗に設置されたQRコードを自分で読み取りするタイプの決済方法がメルペイでも開始されました。 出典: その方法ですが、メニューにある「メルペイ」をタップして「コード決済」を選択し、設定したパスワードを入力した後「QRコード読み取り」を選択してください。 すると、QRコードをカメラで読み取りできるようになるので、お店のコードを読み取理、支払い金額を入力して決済を完了させてください。 メルペイコード決済の利用上限は? 「メルペイのコード決済の利用上限ってどのくらいなの…? 」 メルペイのコード決済における利用上限額は、原則以下の通りとなっています。

次の

メルペイスマート払いって何?初期設定や支払いの方法、手数料などのルールを解説

メルペイ コンビニ 払い

メルペイスマート払い(あと払い)とは 通常メルペイの支払いは事前に銀行口座や売上金をチャージして、チャージした分から支払いを行います。 メルペイスマート払い あと払い はチャージをしなくても、購入した金額をまとめて翌月に支払えるので残高がない場合でもいつでも利用できる支払い方法です。 事前にチャージをしなくても利用できるので、チャージが面倒なときや銀行口座にお金がないときなどに便利です。 ただし、メルペイスマート払い あと払い で支払う際、メルペイ残高以外の支払い方法を選択する場合は、手数料が300円発生するので注意してください。 メルペイスマート払いの手数料・支払い方法 メルペイスマート払い あと払い は、 支払い方法によって手数料が異なります。 ただし メルペイ残高での支払いは手数料無料ですが、メルペイ残高以外の支払い方法を選ぶと手数料が300円発生するので注意してください。 支払いにはメルペイポイントも利用可能ですが、自分で購入したポイントは利用できず、キャンペーンなどで取得したポイントのみが利用可能です。 メルカリの売上金もメルペイ残高にチャージすることで利用ができますが、銀行口座登録もしくは本人確認をしておくと自動的に残高にチャージされます。 では、それぞれの各支払い方法 決済方法 について詳しく紹介していきます。 参照: メルペイ残高 まず、 メルカリの売上金やポイント、銀行口座からチャージをしたメルペイ残高で精算をする方法を紹介します。 メルカリ残高での支払いは他の支払い方法とは異なり、 手数料無料で精算できる方法です。 メルペイ残高にチャージをするためには、銀行口座の登録が必要ですが、銀行口座の登録はアプリ内から簡単にでき多くの銀行に対応しているので安心してください。 メルペイ残高であと払いの精算をする場合は、自動引き落としの設定が可能です。 自動引き落としの設定を行うと、11日、16日、26日のいずれか好きな日を設定して自動で精算ができます。 自動引き落としの設定をしていない場合は、自分で精算手続きをする必要があるため、 手続きが面倒な人や忘れがちな人はメルペイ残高の自動引き落とし設定がおすすめです。 コンビニ・ATM つづいて、コンビニ・ATMを利用して現金で精算する方法を紹介します。 コンビニ・ATMでの支払いの場合は、手数料が300円発生します。 売上金で購入したポイントは支払いに利用できませんが、友達招待やキャンペーンなどでもらえるポイントは利用できます。 コンビニ・ATMで支払うためには、「お客様番号」を発行する必要がありますが、一度発行をしてしまうと他の支払い方法に変更ができないため注意が必要です。 「お客様番号」を発行方法は下記の通りです。 メルペイ画面下部から「使った履歴」を選択する• 「メルペイスマート払い>支払い方法」を選択する• 「お客様番号を発行する」を選択する• 利用できるコンビニは下記の通りです。 ローソン• ファミリーマート• ミニストップ• デイリーヤマザキ• セイコーマート ATMでの支払い方法はPay-easyのシステムを利用するため、ATMだけでなくパソコンや携帯電話でも支払いが可能です。 ATMで支払う場合は「税金・料金払込み」の画面から支払いができます。 銀行口座振替 最後に、銀行口座振替を利用して精算をする方法を紹介します。 銀行口座振替はメルペイスマート払い用振替口座を登録し、登録した口座から翌月27日に自動的に引き落としがされる支払い方法です。 銀行口座振替で支払いをする場合は、手数料が300円かかり、ポイントの利用はできないので注意してください。 銀行口座口座振替の手順は下記の通りです。 メルカリアプリを開く• 下記のメニューから「メルペイ」を選択する• 画面下部にある「メルペイ設定」を選択する• 「あと払い利用上限金額」を選択する• 上限金額を選択する 上限金額は使用頻度などによって増えたり減ったりする場合があるので、よく利用する場合は定期的にチェックすることをおすすめします。 18歳未満の人は使えない メルペイスマート払い(あと払い)は、18歳未満の人は利用できません。 ただし、18歳未満の人でも通常のメルペイ残高での決済は可能です。 18歳未満の人は、メルペイスマート払いでまとめて支払うのではなく、通常のメルペイ残高から支払いをしましょう。 なお未成年の人がメルペイを利用する場合は、保護者の同意が必要です。 残高チャージをする場合は、本人名義の銀行口座の登録が必要なので注意しましょう。 メルペイスマート払いの設定方法 メルペイスマート払いを実店舗で使うためには下記の初期設定が必要です。 メルカリアプリを開く• 下部のメニューから「メルペイ」を選択する• 画面下部にある「使い方>メルペイスマート払い」を選択する• 「設定をはじめる」を選択する• 画面の指示に従い、設定を完了する メルカリの取引でメルペイスマート払いをする場合は、上記の設定は必要なく、本人情報の登録のみ必要です。 実店舗で支払う場合も、上限金額を超えた支払いはできないため、利用金額には注意してください。 メルペイスマート払いを使って支払う方法 スマート払いを使える店は、メルペイを使える店であれば基本的に利用可能です。 ただし一部のオンラインショップでは、あと払いで手数料が発生する場合があるので注意してください。 メルカリアプリを開き、下部のメニューからメルペイを開く• もしくは「メルペイ>メルペイ設定>お店での支払い方法を変更する」より「メルペイスマート払い」を選択すると変更が可能です。 オンラインショップで利用する場合も同様に支払い方法をメルペイスマート払いに変更して手続きをすれば、支払いができます。 メルペイスマート払いの利用時はメルペイスマート払い残枠を超えての支払いはできないため、金額には注意してください。 メルカリで支払う メルカリでメルペイスマート払いを利用して支払う方法は下記の通りです。 商品を購入して購入手続きへ進む• 購入手続き画面の「支払い方法」を選択する• 支払い方法の一覧から「メルペイスマート払い」を選択する• 購入手続きを完了させる メルカリでメルペイスマート払いを利用する方法は、支払い方法の選択画面でメルペイスマート払いを選択するだけです。 同時にポイントの利用も可能なので、使いたい人は忘れずに設定をしてください。 まとめ 本記事では便利なメルペイスマート払い あと払い を使いこなすために、メルペイスマート払い あと払い のやり方や手数料、上限金額などまとめて紹介しました。 メルペイスマート払いは人によって上限金額が異なりますが、いちいちチャージをする必要なく翌月にまとめて支払えるので便利です。 最後に本記事のおさらいをしてメルペイスマート払い あと払い について理解を深めましょう。

次の

「メルペイスマート払い(旧:あと払い)」の設定方法&使い方、後からの支払い方法

メルペイ コンビニ 払い

還元率• 通常のポイント還元なし 開催中キャンペーン 現状なし 特長• メルカリで得た売上金をiD、もしくはコード払いにて決済に利用可能• 随時お得なクーポンがメルペイで使える• お店で支払った代金を翌月にまとめて後払いできる「メルペイスマート払い」も利用可能 支払い方法• メルペイ残高で支払い• メルカリポイント メルカリの売上金 で支払い 「iD支払い」が使える代表的なお店• 二段階認証による不正防止の対策が可能• 万が一不正利用の被害に遭っても被害額を補償してもらえる こんな人におすすめ!• メルカリでたくさん売上金が発生している方• 支払いを翌月に繰り越す「スマート払い」をしていきたい方• iPhoneを使っていて「iD払い」と「コード払い」の両方を活用していきたい方 メルペイと言えば、フリマアプリでお馴染みの「メルカリ」内でリリースされたスマホ決済サービス。 メルペイのコード決済を利用すれば、メルカリ内の売上金も決済に使えるようになり、 銀行口座からお金をチャージすれば現金不要でスマホから決済できます。 メルペイはコード決済以外にも「iD決済」が可能 出典: メルペイはコード決済以外にも、Apple Payやおサイフケータイと連携してiDの対応店舗で決済可能な「iD決済」を選択できます。 iDで支払いできるお店は、主要な大手コンビニエンスストアやファーストフード店などと様々であり、高い利便性を兼ね備えています。 Apple Payに未対応であるiPhone6s以前の機種を持つ方は、 Apple Payを使ったメルペイのiD決済が不可能だったので… メルペイを使いたいけど、自分のスマホ端末がApple Payやおサイフケータイに対応していないから使えない…。 といった悩みを持つユーザーも多かったでしょう。 しかし、「コード決済」はApple Payやおサイフケータイに未対応の機種でも利用可能なので、 誰でもメルペイで決済ができます。 また、スマホ決済の導入を検討していた店舗側も、メルペイのコード決済なら 「iD決済より導入のハードルが低い」といったメリットがあります。 メルペイを継続的に使っていくなら銀行口座を登録しよう! なお、 今後メルペイにお金をチャージして使っていくなら、銀行口座へ登録しておくのがおすすめです! 銀行口座を登録すれば、自動的に本人確認が完了します。 メルペイを使うには残高へチャージしておく必要がありますが、メルペイではクレジットカードの登録ができないので、 メルカリでの売上が無い人は銀行口座でチャージするしかありません。 そこで! メルペイにベストな銀行口座となるのが。 の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金なら いつでも何回でも手数料無料となります! はメルペイ以外にもPayPayやLINE Pay、Google Payなどのスマホ決済サービスに対応しているので、 まさにスマホ決済に相性バツグンのネット銀行だと言えるでしょう。 メルペイに銀行口座を登録してキャンペーンをお得に活用したい方は、是非に登録してみてください! メルペイのコード決済はお得なポイント還元がある? メルペイのコード決済って、何かお得なポイント還元があるの…? 2020年6月現在、 メルペイのコード決済による常時のポイント還元はありません。 これはiD決済も同じで、基本的にメルペイはPayPayやLINE Payのような常時のポイント還元は定められていません。 メルペイのコード決済が使えるその他の対応店舗を一覧表で紹介 では、メルペイのコード決済に対応しているその他の主な店舗を、以下より一覧表で紹介していきます。 カラオケBIGECHO• カラオケBanBan• JapanTaxi• ライフ• サミットストア• アート引越センター• 東海キヨスク なお、今後もメルペイのコード決済に対応する店舗は拡大される予定なので、随時追記していきます。 メルペイのコード決済の使い方 メルペイのコード決済の使い方を見ていきましょう。 メルペイのコード決済を利用するための支払い方法には、• ポイントを購入して支払う• 銀行口座からチャージして支払う の2通りがあります。 メルカリの売上金をポイント購入して使う メルペイのコード決済はメルカリで得た売上を使って店舗で決済できますが、売上を決済に利用する場合は 売上金をポイントに交換する必要があります。 なので、売上を使ってコード決済をしたい方は、コード決済の画面にある「ポイント購入」をタップしてポイントを購入してください。 銀行口座を登録して現金をチャージすることも可能 なお、メルペイでは銀行口座を登録して直接お金をチャージして支払いすることも可能です。 銀行口座の登録方法ですが、メルペイの画面にて以下の赤枠内にある「お支払い用銀行口座の登録」を選択し、次の画面で「銀行口座を登録する」をタップします。 次に自身の登録したい金融機関を選択し、同意した後はフォーマットに沿って必要事項を記入して下さい。 その後は各金融機関のサイトにて本人確認等の手続きを行えば登録完了です。 なお、メルペイに対応している銀行口座は以下のリンク先で紹介しているので、是非参考にしてみてください! メルペイのコード支払いで決済する方法 メルペイのコード決済の方法には、「QRコードを表示して店員さんに読み取ってもらう方法」と「QRコードを自分で読み取る方法」の2種類があります。 QRコードを表示して店員さんに読み取ってもらう方法 まずは、メルカリのアプリを開き、下のメニューにある「メルペイ」をタップして「コード決済」を選択してください。 そして、以下のように設定したパスワードを入力し Touch IDなども設定可能です 、QRコードを表示させましょう。 支払い時に「メルペイで」と伝え、この画面をお店の人に読み取ってもらって決済を完了させてください。 また、支払いにメルペイ残高を利用する際、残高の他にポイントを保有していれば、 そのポイントが優先的に支払いに利用されます。 よって、ポイントを利用しないようにする設定や、ポイントを一部のみ利用するような設定はできません。 注意しておきましょう。 QRコードを自分で読み取る方法 2019年6月27日より、店舗に設置されたQRコードを自分で読み取りするタイプの決済方法がメルペイでも開始されました。 出典: その方法ですが、メニューにある「メルペイ」をタップして「コード決済」を選択し、設定したパスワードを入力した後「QRコード読み取り」を選択してください。 すると、QRコードをカメラで読み取りできるようになるので、お店のコードを読み取理、支払い金額を入力して決済を完了させてください。 メルペイコード決済の利用上限は? 「メルペイのコード決済の利用上限ってどのくらいなの…? 」 メルペイのコード決済における利用上限額は、原則以下の通りとなっています。

次の