平成 36 年 令 和。 過去の官報

令和・西暦・平成:早見表【雑記】

平成 36 年 令 和

明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年まで? 明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年までなのか、まとめてみました。 明治は何年明治は何年から何年まで続いた? 明治は1868年1月25日から1912年7月30日年まで続きました。 江戸時代が終わり、西洋化進みました。 明治時代からは 一世一元の制が取られており、一人の天皇につき、一つの元号が定められるようになりました。 大正は何年から何年まで続いた? 大正は、1912年7月30日から1926年12月25日まで続きました。 約15年間と短いながらも大正デモクラシーなど、現代の文化に大きく影響を与えています。 関連記事: 昭和は何年から何年まで続いた? 昭和は1926年12月25日から1989年1月7日まで続きました。 昭和は即日即位だったので、1926年12月25日まで大正で、1926年12月25日から昭和です。 1926年12月25日は大正でもあり、昭和でもあるのでちょっとややこしいですね。 平成は何年から何年まで続いた? 平成は、1989年1月8日から2019年4月30日まで続きました。 平成は翌日即位だったので、1989年1月7日までが昭和で、1989年1月8日から平成です。 翌日即位の方がわかりやすいですよね。 明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年までかのまとめ 明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年までか、以下にまとめました。 明治:約45年間• 大正:約15年間• 昭和:約64年間• 平成:約31年間• 令和:未定 こうやって見てみると、明治と昭和が長いですね。 昭和は64年間続きましたが、昭和64年は1月1日~8日までと短かったので、昭和は実質63年間でした。 明治・大正・昭和・平成の中では一番長く続き、第二次世界大戦や高度経済成長、バブル経済などがあり、激動の時代でした。 逆に、明治・大正・昭和・平成の中で一番短かったのは、大正です。 なぜ、大正は短かったのかというと、明治が長かったのに加えて、大正天皇は元々体が弱く病弱だったりで、14年と短い間しか続かなかったようです。 明治からは 一世一元の制が取られているので、長い時代が続くとそのあとは短くなりがちです。

次の

過去の官報

平成 36 年 令 和

運転免許証をお持ちの方は、 平成から令和に変わることで運転免許証の有効期限が幻の『 平成〇〇年まで有効』と書かれていますよね。 特別、何か手続きをしないといけない訳ではないのですが、私は『 平成35年まで有効』と書いてあります。 ってか、 それ、いつよっ! という方に 令和と 平成の早見表を作ってみました。 昭和、平成、令和の早見表 西暦 昭和 平成 令和 2019年 94年 31年 元年 2020年 95年 32年 2年 2021年 96年 33年 3年 2022年 97年 34年 4年 2023年 98年 35年 5年 2024年 99年 36年 6年 2025年 100年 37年 7年 2026年 101年 38年 8年 2027年 102年 39年 9年 2028年 103年 40年 10年 2029年 104年 41年 11年 2030年 105年 42年 12年 2031年 106年 43年 13年 2032年 107年 44年 14年 2033年 108年 45年 15年 2034年 109年 46年 16年 2035年 110年 47年 17年 2036年 111年 48年 18年 2037年 112年 49年 19年 2038年 113年 50年 20年 私の場合、 平成35年の運転免許証更新は 令和5年になります。 平成〇〇年から30を引くと令和〇〇年になります。 和暦とは元号のことですね。 ぱっと出てこず、 『あれ?平成なんねんだっけ??』 なんて恥ずかしい思いをしたこともありました。。。 >< 今のうちに令和の年がすぐ解るように考えてみます。 西暦に82を足すと令和の年がわかる 西暦に82を足した下2桁が令和の年です。 例えば、 西暦2050年に82を足すと2132となりますので下2桁、 32が令和の年です。 令和32年となります。 西暦から18を引くと令和の年がわかる 西暦に18を引いた下2桁が令和の年です。 例えば、 西暦2050年から18を引くと2032となりますので下2桁、 32が令和の年です。 令和32年となります。 『018』レイワと覚えると簡単ですね。 終わりに 運転免許証の場合、 1ヶ月ぐらい前から更新のハガキが届きますので、平成表記と令和がごっちゃになって更新忘れた!なんてことは無いですけどね。 ちなみに 西暦から 平成の年を調べる場合、.

次の

令和早見表|西暦変換は+018・平成換算は-30の計算方法が便利!令和元年はいつからいつまで?

平成 36 年 令 和

41 ID:GPSKok6b9 いまならレアチャンス!? 公的な書類といえば『運転免許証』がありますが、2019年の4月30日(火)をもって平成が終了するとなると、いつから運転免許証が新元号表記に切り替わるのでしょうか。 平成派?令和派? 免許証更新タイミングで表記かわる(画像5枚) 現在の情報では、早ければ5月5日(日)交付の運転免許証から新元号表記が開始される見通しです。 ゴールデンウィークの真っ最中じゃないのかな? と思われるかもしれませんが、今年は4月27日(土)から5月6日(月)までの長い10連休ということもあって、たとえば東京都の運転免許試験場では4月28日 日 、5月5日 日 に業務を行うことになっています。 ちなみに、都道府県ごとの運転免許試験場や、指定警察、免許更新センターによって業務日程が異なるようですので、ホームページやお手元に届いた更新通知のハガキで十分確認してください。 また、各都道府県によっては、元号が変わるという大きなシステムチェンジに伴って、表記の切り替えが5月5日より後になる可能性もありますので、こちらも注意が必要です。 運転免許証の更新期間は、ご自分の誕生日の前後1ヶ月です。 そのため、たとえば5月1日が誕生日の場合、平成と令和、どちらの元号も選ぶことができます。 つまり、4月26日(金)、もしくは4月28日(日)に更新をすれば平成になりますし、5月5日(日)、そして5月7日(火)以降でしたら『令和版運転免許証』を手に入れることができるのです。 もちろん、平成表記の運転免許証は令和時代でも有効ですのでご安心ください。 そういえば、筆者(遠藤イヅル)の免許証の有効期限も平成32年まででした。 「平成の免許証」を選ぶと『レアカード』『幻カード』が手に入る!? このように平成と令和を選択できるのは、限られた期間に誕生日を迎える人だけですが、去りゆく平成を惜しんで平成の運転免許証を選ぶのか、それとも新しい時代を感じさせる令和の免許証を選ぶのか、悩ましいところですね。 ところで、運転免許証は2019年の3月15日から、『2022年(平成34年4月12日まで有効)』のように、西暦と元号の併表になったのをご存知ですか。 2019年4月28日(日)更新までが平成表記なので、『平成と西暦を併用した免許証』は1ヶ月ほどしか発行されない『レアカード』ということになります。 また、今年の4月28日(日)までに更新するゴールド免許の人なら、『平成36年まで』表記の運転免許証を持つことができます。 平成36年は存在しないので、これは『幻カード』といえそうです。 それなら平成内に更新しようかしら!? という考え方もありますよね。 一方、今回の元号変更は、明治以降、悲しい気持ちで迎えない初めての「喜びの中の元号変更」ですので、その慶祝を「令和元年」の運転免許証に託すのも素晴らしいことかもしれません。 併記になる前に更新した人が一番わかりにくいな。 5ch.

次の