ガザニア の 育て 方。 ガザニアの特徴、育て方、剪定時期、病気、害虫|神奈川の外構・庭工事はデザインアース エクステリア&ガーデン

ガザニア|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

ガザニア の 育て 方

ガザニアの特徴 南アフリカ原産で、強い日差しとやや乾燥した環境に適しています。 勲章菊という別名のとおり、花色が鮮やか。 晴れた日中に開花し、夜は閉じる性質があります。 ガザニアの種まき 底面吸水させる 3~4月、または9~10月が適期。 赤玉土の小粒に腐葉土またはピートモスを混ぜた用土にばらまきします。 底面から吸水させ、乾燥しないよう濡れた新聞紙などをかぶせます。 ガザニアの植えつけ 本葉が3~4枚開いたら 本葉が3~4枚開いたら、種まきと同じ用土に緩効性化成肥料を施したものを培養土とし、3号鉢に1株をめやすに植えつけます。 寒さに弱いので、冬は日あたりのよい軒下などで管理します。 寒冷地では室内で越冬させます。 庭植えの場合は株間を25センチほどあけ、堆肥や緩効性肥料を施します。 ガザニアの株分け 種まきより容易に増やす 適期は9月下旬ごろ。 1株あたり2~3芽を付けて、赤玉土の小粒、腐葉土またはピートモスを混ぜた用土に植えつけます。 ガザニアの水やり 夏の水やりは朝か夕方に 土の表面が乾いてから水やりをします。 夏は昼間に水やりをすると葉が蒸れるので、朝か夕方に行います。 ガザニアの肥料 速効性の化成肥料を施す 春と秋に、月に1回はど速効性化成肥料をひとつまみ施します。 ガザニアの花後の管理 花がら摘みはこまめに こまめに花がらを摘んでおくと花付きがよくなります。 アブラムシが発生した場合 病気には強いのですが、アブラムシが発生しやすいので、オルトラン粒剤などを散布します。

次の

ガザニアの育て方|種まきや苗植えの時期は?株分けや挿し芽の方法は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

ガザニア の 育て 方

栽培環境・日当たり・置き場 日当たりと風通しのよいところで育てます。 日当たりが悪いと花が開かないので、気をつけましょう。 高温乾燥には強いですが、過湿には弱いので、水はけの悪い土壌では軽石、パーライトや腐葉土などの有機物を多めに入れて土壌改良したり、レイズドベッドに植えつけたりします。 冬に凍結するようなところでは、腐葉土や堆肥などで株元をマルチングするか、盛り土をしておきます。 寒冷地では、掘り上げて鉢に植え替え、室内の明るい窓辺で育てます。 水やり 庭植えであれば不要です。 鉢植えの場合は、鉢土がよく乾いたら、たっぷりと水やりします。 多湿にならないようにします。 肥料 植えつけ時に緩効性化成肥料を元肥として土壌に加えます。 追肥は春と秋の生育旺盛な時期に、緩効性化成肥料または液体肥料を定期的に施します。 病気と害虫 病気:葉腐病、うどんこ病 葉腐病は、株元に近い葉に暗褐色の斑点が出て、次第に全体に広がります。 よく観察すると病原菌のカビの菌糸が見えます。 うどんこ病は、初夏と秋に、葉にうどん粉(小麦粉)をまぶしたような白いカビが生え、ひどくなると株全体がカビで覆われ、枯れます。 早期発見に心がけ、被害を受けた葉は早めに取り除きます。 日当たりと風通しをよくして予防しましょう。 害虫:スリップス(アザミウマ)、ハマキムシ スリップスが発生すると、花弁や葉が萎縮したり、部分的に色が抜ける症状が見られます。 ハマキムシは、葉が内側に巻き込み、中でイモムシが食害しているので、見つけしだい捕殺しましょう。 用土(鉢植え) 水はけと通気性に富み、適度な保水性のある土が適しています。 例えば、赤玉土小粒5、腐葉土3、パーライトまたは日向土小粒2などの配合とします。 植えつけ、 植え替え 3月下旬から5月上旬に植えつけます。 この時期にできなかった場合は、9月下旬から11月上旬も植えつけ可能です。 過湿を嫌うので、株元の芽が土に埋まらないように植えつけます。 株間は約20cmが目安です。 ふやし方 3月下旬から5月上旬、または9月下旬に株分けまたはさし芽でふやします。 株分けは、5芽くらいをつけて分割します。 さし芽は、茎の先端を5~7cmほどに切って、水はけのよい用土にさすと発根します。 また、タネも市販されており、秋にまいて育てます。 主な作業 花がら摘み:花が終わると、花首からうなだれるので、花茎のつけ根から切り取ります。 特徴 ガザニアは、勲章のように鮮やかな花を春から秋まで咲かせます。 日光が当たると花が開き、夕方から夜や曇りの日は閉じる性質をもっています。 鮮やかな色で光沢のある花弁は太陽に当たってキラキラと輝き、美しいものです。 ガザニアは高温乾燥に...

次の

【ガザニアの育て方】冬越し、株分けの増やし方、種まき、苗植えは?

ガザニア の 育て 方

開花時期は晩春から秋、花は直径約10cmになり舌状花と筒状花のあわさるキク科特有の花を咲かせます。 花は赤色や橙色、黄色や桃色、白色等があります。 高さは約15cm~30cmまで成長し、葉は線形または披針形をしており一般的に基部から出ています。 ガザニア リゲンス種 はリネアリス種と比べると横に株が広がりにくく、花茎が高く伸びまた花も大きいためプランター植えにするとよく映えます。 花色は暖色系が多く赤色や黄色、橙色等の花は春から秋にかけ長期間にわたり庭や花壇を明るくしてくれるでしょう。 一方でガザニアは暗くなると花を閉じる習性があり、日光のよく当たる場所でないと上手く花が咲かない事があります。 また寒さや霜に弱く氷点下を下回る環境では枯れるため、冬越しさせる場合は管理に注意する必要があるでしょう。 ガズーシリーズ ガザニア リゲンス種 の育て方 花壇の土づくり ガザニア ガズー は太陽の良く当たる場所でよく成長し、日当たりの悪い場所では成長が悪くなり花が上手く咲かない事があります。 土は排水性や通気性のいい砂壌土を好みます。 またPHは6. 0~7. 0前後の 土壌を好むため必要に応じて調整しましょう。 植付けの前に土壌診断を行い、必要に応じて改良用土をいれて土壌を改善します。 改善後は腐葉土を3割、規定の量の元肥を入れて混ぜ合わせた後に植付けを行いましょう。 鉢土づくり ガザニア ガズー は通気性と保水性のバランス良い培養土を好みます。 水やりの仕方 ガザニア ガズー は耐乾性が強く多くの水は必要としません。 逆に水を与え過ぎると根腐れを起こしてしまうため 水やりは必ず土が乾燥してから与える様にしましょう。 肥料の与え方 ガザニア ガズー は多くの肥料を必要としません。 苗を植付けする時は規定量の元肥を土壌に施して下さい。 生育期間中は緩効性の肥料を少なめに与えて上げましょう。 また1年に1度、腐葉土を約2cm~3cmマルチングする事で肥料の必要量を減らし土の健康を保つ事が出来ます。 剪定のやり方 ガザニア ガズー が春に新しく成長を始めたら新芽を摘んで摘芯する事ができます。 摘芯する事で分枝が促進されて花数が増えます。 開花期間中は 枯れた花を花穂の下から切り取りましょう。 花がら摘みをする事で次の花の開花を促し開花期間が延長されます。 冬越ししたガザニアの枯れた茎や古い茎は、新しい成長を促すために、成長がはじまる春に取りのぞきましょう。 夏越しする方法 ガザニア ガズー は暑さや乾燥に耐性があります。 枯れた花をカットしたり水やりを行い株が弱らないように管理しましょう。 ただし水をやり過ぎると高温多湿になり根腐れや病気を引き起こすため注意して下さい。 冬越しする方法 Hardiness:9b~11a ガザニア ガズー は氷点下を下回り霜に当たると枯れてしまう植物です。 hardiness zoneが9以下の地域では、霜が降りる前に株元に腐葉土を盛ったり、温室や室内に移動させたり、不織布やビニールで植物の周囲を囲ってあげましょう。 秋頃から草木灰等のカリ肥料を与え株を丈夫にしたり、種を付けないように花がらを摘み株の体力を下げないのも冬越しを成功させる秘訣です。 挿し木や株分けで増やす ガザニア ガズー は株分けや挿し木によって増やす事ができます。 株分け ガザニア ガズー を株分けする時期は春もしくは秋が最も最適です。 株分けを行う前日夜に水をしっかり与えておくと株分け後の活着が良くなります。 スコップを使い株を掘りあげたら十分な根と葉茎を付けた束を2個から3個に分けるように手もしくはハサミを使い切り分けます。 株分け後は直ぐに植付けて水をしっかり与えてください。 播種で増やす ガザニア リゲンス種 の種蒔の方法 播種時期:3月~4月 9~10月 発芽適温:約20度 発芽日数:約7日 光条件:好光性 ガザニア リゲンス種 は好光性種子です。 発芽するためには光が必要になります。 種は通気性保水性のいい無菌の培地に撒き、指で軽く押して土と種を密着させましょう。 土は覆土せずそのままで、優しく 水やりを行い乾燥しない様に管理しましょう。 植物の病気 ガザニア リゲンス種 の病気.

次の