さくら サーバー ログイン。 WordPress:『500 Internal Server Error』の原因と復旧と対策(さくらサーバー)

Outlook 2019 または Office365を利用する

さくら サーバー ログイン

屋号や名前の一部などを半角英数にして初期ドメイン名にしておくと良いかと思います。 会員認証画面に進みます。 「新規会員登録へ進む 無料 」ボタンをクリックします。 メールアドレスを入力します。 個人情報の取り扱いを確認後、「同意します」にチェックを入れて、「会員登録のご案内メールを送信」ボタンをクリックします。 入力したメールアドレスに対して「メールアドレスの確認」メールが届きます。 認証コードをコピーして、リンクをクリックします。 さくらインターネットの会員登録画面が開きますので、認証コードを入力して「次へ進む」ボタンをクリックします。 会員情報の確認画面が表示されます。 会員情報を入力して「確認画面へ進む」をクリックします。 内容を確認して「会員登録する」ボタンをクリックします。 お支払い選択画面が開きます。 ここではクレジットカードを選択して、「カードの新規登録」ボタンをクリックします。 下記の画面が表示されますので、「会員メニューへ」ボタンをクリックすると、会員メニューのクレジットカード登録ページが別タブにて開きます。 会員メニューメージで、「カードの追加・編集」ボタンをクリックします。 「新しいカードを登録」ボタンをクリックします。 クレジットカード情報を入力して、「入力内容を確認する」ボタンをクリックします。 内容を確認して「登録」ボタンをクリックします。 「前画面に戻る」ボタンをクリックします。 会員メニューに戻ります。 前の画面 お支払い選択の画面 をクリックして、再度支払い方法のページに戻ります。 再読み込みをクリックします。 しばらく待ちます。 登録したクレジットカード情報が読みこまれます。 再度クレジットカードのセキュリティコードを入力して、「お申し込み内容の確認へ」ボタンをクリックします。 内容を確認して「同意する」にチェックを入れた後で「この内容で申し込む」ボタンをクリックします。 申し込みが完了しました。 数分後に、「会員登録完了のお知らせ」が届きます。 会員IDをメモして、会員サイトURLをクリックします。 会員パネルとレンタルサーバーコントロールパネル さくらインターネットでは、契約系の設定を管理する 会員パネルと、レンタルサーバーの設定を管理する サーバーコントロールパネルの大きく2つのログイン画面・管理画面があります。 メールアカウントの作成・ドメイン設定の追加などレンタルサーバに関する設定を行うための管理システム。 会員パネルのログイン情報とサーバーコントロールパネルのログイン情報は異なるので混同しないよう注意しましょう。 会員完了のお知らせとともに、時間差で「[さくらのレンタルサーバー]仮登録完了のお知らせ」のメールが届きます。 サーバーパネルへのログイン情報 パスワード やFTP情報などが記載されており、こちらも大事なメールですので保存しておきましょう。 ここではまず会員メニューにログインしていきます。 で、会員IDとパスワードを入力して「ログイン 認証 」ボタンをクリックします。 会員メニュートップを選択し、「サーバー、SSL等サービスの確認」を選択します。 契約したさくらのレンタルサーバースタンダードに大して「本登録」をクリックします。 登録画面が表示されるので、登録ボタンを押してください。 つぎに、会員パネルにてサーバー設定をクリックします。 「新コントロールパネルへログインする」ボタンをクリックします。 【ステップ2】独自ドメインを契約する 下記のサーバーコントロールパネルホームを開いてください。 取得したいドメイン名を入力して「検索」ボタンをクリックします。 取得したいドメイン名に対して「申し込む」をクリックします。 既に誰かが取得しているドメインは取得することはできません 登録者情報を入力して「お支払い情報の入力」ボタンをクリックします。 お支払い情報の入力画面が表示されます。 STEP1の手順で登録したクレジットカードのセキュリティコードを入力して「お申し込み内容の確認」ボタンをクリックします。 内容を確認して、「同意する」「確認しました」にそれぞれチェックを入れて「この内容で申し込む」ボタンをクリックします。 手続き中の画面が表示されます。 しばらくお待ちください。 お申し込み完了されました。 「会員メニュー」ボタンをクリックします。 以上で独自ドメインの取得は完了です。 次に、サーバーコントロールパネルで独自ドメインの設定とWordPressのインストール作業をしていきます。 【ステップ3】独自ドメインとサーバーの連携をする 【ステップ3-1】独自ドメインを設定する 次に取得した独自ドメインをレンタルサーバーで使う設定をしていきます。 「ドメイン新規追加」ボタンをクリックします。 取得したドメインが設定されていることを確認して、「追加」ボタンをクリックします。 【ステップ3-2】SSLを設定する つぎに、取得したドメインに対して無料のSSLを設定していきます。 取得したドメインに対して「SSL」をクリックします 「登録設定を始める」ボタンをクリックします。 Let's Encrypt 無料SSL に対して「利用する」ボタンをクリックします。 利用ポリシーを確認後、「同意する」にチェックを入れ「無料SSLを設定する」ボタンをクリックします。 発行手続き中ですと表示されます。 1時間程度待ちます。 補足 データベースに入れる情報について 「データベース作成」ボタンを押下するとデータベースの作成画面が表示されます。 データベース新規作成で情報を入力して、「作成する」ボタンをクリックします。 データベース バージョン:上記例では5. 7ですが、時期によって異なるので基本的に初期設定のままでOKです。 データベース名: 半角英数で入力します。 なんでも構いませんが、ここでは「ドメイン名db」で記載しました。 データベースパスワード: データベースのパスワードを設定します。 なんでも構いませんが、複雑で類推されにくいパスワードを設定してください。 データベース文字コード:初期設定 UTF8 utf8mb4 のままでOKです。 WordPressの内部の仕組みになりますが、WordPressは、 MySQLと言われるデータベースを利用しています。 ブログ情報 投稿データやユーザーデータなど を格納する箱のようなもので、普段直接触ることはありませんが、インストール時にはこの箱を事前に設定する必要があるため、ここでデータベースの作成をしています。 インストールが終わります。 つづけて設置先URLをクリックします。 WordPressのインストール情報を入力して「WordPressをインストール」ボタンをクリックします。 サイトのタイトル:サイトのタイトル 例. ホームページの作り方・WordPressの使い方ブログ を入力• ユーザー名:半角英数文字で任意の名前を入力します• パスワード:複雑なパスワードにしましょう (ユーザー名とパスワードはWordPressにログインする際に利用しますので忘れないようにしましょう。 メールアドレス:任意の自分のメールアドレスを入力します(WordPressのパスワード忘れ時などに利用します 「ログインする」ボタンをクリックします。 ワードプレスのログイン画面が表示されますので、先ほどワードプレス簡単インストールで入力したユーザーIDとパスワードを入力してログインします。 下記のような管理者画面が表示されます。 ここで、ワードプレスの操作を行なっていきます。

次の

【さくらレンタルサーバー】WordPress独自ドメインインストール手順

さくら サーバー ログイン

前提条件・設定例 前提条件• 利用には提供元のに同意する必要があります。 SMTP over SSL や POP over SSL などのメール機能についてはご利用になれません。 発行された証明書及び秘密鍵はお客様にて厳重に管理してください。 紛失、期限切れ等のトラブルについては一切の責を負いかねます。 さくらインターネットが所有するドメイン( sakura. jp や tank. jpなど )では、SSLをご利用できません。 独自ドメインを取得しご利用ください。 証明書申請に使用できるドメイン名の文字数は 最大64文字です。 ドメイン設定を「マルチドメインとして使用する(推奨)」に設定している場合、 自動的に「www. ドメイン名」に対しても申請いたしますので、「www. 」付きで64文字以内におさめる 必要があります。 対象となるドメインの Aレコードの値がさくらのレンタルサーバに向いている必要があります。 本サービスのSSL機能は、以下のソフトウェアで構成しています。 Apache2. SSLご利用の注意点については、以下ページにてご確認ください。

次の

さくらインターネット|サーバーホスティングサービス

さくら サーバー ログイン

ドメインの設定 最初に、取得したドメインをさくらインターネットのレンタルサーバで使えるように設定します。 こちらはドメインを取得したサイトで行いますので、こちらのページで説明します。 表示された画面から ドメイン新規追加をクリックします。 1.ドメイン新規追加 ドメインは他社で取得していると思うので、一番下の 追加ボタンをクリックします。 さくらインターネットでもドメインの取得はできますが、諸々、考慮しても、かなり高いです。 2.ドメインを登録 次の画面、 追加ボタンの左側の枠内に、取得したドメインを入力して、 追加ボタンをクリックします。 3.ドメインの設定 ドメインの追加が成功すると次の画面になります。 ドメインを使えるようにするには設定が必要です。 右側の 設定ボタンをクリックします。 設定ボタンをクリックすると次の画面が表示されます。 ココに必要な情報を入力していきますが、特に理由がない限り、 Web公開フォルダ以外は例と同様の設定を推奨します。 入力が終わったら保存するボタンをクリックします。 Web公開フォルダとはWordPressをインストールするフォルダです。 スグ後で使いますので、 覚えやすい名前を入力してください。 名前は半角のアルファベットで入力します。 4.ドメインの設定完了 保存するボタンをクリックして、次の画面に変わったら ドメインの設定は完了です。 さくらインターネットのレンタルサーバのコントロールパネルでSSLを設定します。 SSLの設定 SSLとは? SSLとは、 あなたのPCやスマートフォンと、Webサーバの通信を暗号化する技術のことです。 SSLが設定されていないと、Webサーバとの通信は、第三者がカンタンに見ることができます。 ウェブを見るだけなら大した情報は流れませんので神経質になることはありません。 しかし、クレジットカードのカード番号を入力する際、SSLに対応していないと、カード番号はインターネット上にそのまま流れてしまいます。 もし、あなたのサイトがSSLに非対応なら、ITリテラシーを疑われることは間違いないでしょう。 したがって、 ビジネスでインターネットを使うならSSLの設定は必須です。 設定したいドメインの SSLボタンをクリックします。 2.SSL証明書登録 登録設定を始めるをクリックします。 利用するボタンをクリックします。 次の画面に変わったら設定は終了です。 次はドメインの設定でSSLを有効にします。 SSLを設定したいドメインの 設定ボタンをクリックします。 6.SNI SSLを利用するをチェックする SSLの利用の項目で、 SNI SSLを利用するをクリックして、チェックマークを付けます。 保存するボタンをクリックして、最初の画面に戻ったらSSLの設定は完了です。 以上でドメインの設定は完了です。 WordPressのクイックインストール WordPressをインストールするには、2つ手順があります。 一つはWordPressのサイトでファイルをダウンロードして、ダウンロードしたファイルをFTPアプリでサーバに転送し、自分で設定する方法です。 こちらは難しいです。 なぜなら、知っておかなければならない情報が多すぎるからです。 説明するのも面倒だし。 もう一つの方法は、レンタルサーバが用意しているインストール機能を使う方法です。 さくらインターネットのレンタルサーバではクイックインストールという機能がそれです。 ココでは、WordPressをさくらインターネットのレンタルサーバでクイックインストールする方法で説明します。 1.クイックインストールを開き、WordPressの新規追加ボタンをクリック WordPressをさくらインターネットのレンタルサーバでクイックインストールするには、さくらインターネットのレンタルサーバのコントロールパネルでクイックインストールを開きます。 WordPressの隣にある、 新規追加ボタンをクリックします。 2.WordPressの新規追加に必要な情報を設定する 新規追加ボタンをクリックすると、次の画面に変わります。 ここで入力が必要なのは4カ所です。 インストールURL ドメイン選択をクリックすると、ドメインが一覧で表示されます。 あなたが設定したドメインをクリックします。 ドメイン選択と言う文字の代わりに、あなたが選んだドメイン名が表示されたら設定完了です。 利用データベース データベース選択をクリックすると、データベースが一覧で表示されます。 あなたが設定したデータベースをクリックします。 データベース選択という文字の代わりにあなたが選んだデータベース名が表示されたら設定完了です。 データベースパスワード データベースを作ったときに設定した データベース接続用パスワードを入力します。 同意 同意するをマウスでクリックして、チェックマークを付けます。 入力が終わったら、 作成するボタンをクリックします。 3.WordPressのクイックインストール完了 作成するボタンをクリックして,、次の画面が表示されたらWordPressのインストールは完了です。 WordPressの初期設定 クイックインストールではまだWordPressのインストールは完了していません。 いくつかの簡単な初期設定と、さくらインターネットのレンタルサーバでWordPressを運用するとき、特有の設定があります。 ここまでできたら、後はネット上に数ある、WordPressの設定ガイドが使えるでしょう。 1.インストール済みパッケージ一覧を開き、WordPressにアクセスする さくらインターネットのレンタルサーバのコントロールパネルから、 インストール済みパッケージ一覧を開き、インストールしたWordPressを開きます。 インストールしたWordPressを開くには、 設置先の項目にあるURLをクリックします。 2.WordPressの初期設定 上の画面の 設置先のURLをクリックすると、WordPressの初期設定画面が表示されます。 入力するのは4つです。 サイトのタイトル 店の名前が基本。 さらに地域名と取扱商品を入れると検索エンジンに上位表示されやすくなります。 ユーザー名 ログインに使うので覚えやすい名前を付けましょう。 パスワード 辞書にない言葉を使ってパスワードを作ってください。 WordPressは世界でもっとも普及しているサイト作成アプリです。 つまり、それだけ悪意を持った連中に狙われやすいとも言えるわけです。 十分注意しましょう。 メールアドレス 入力が終わったら、 WordPressをインストールボタンをクリックします。 次の画面が表示されたらWordPressのインストールは完了です。 ログインボタンをクリックして、WordPressを起動しましょう。 3.WordPressにログイン ログインボタンをクリックすると、次の画面に変わります。 ユーザー名と パスワードを入力して、 ログインボタンをクリックすると、WordPress管理画面に変わります。 4.WordPress管理画面 通常、ココからはWordPressの使い方について書かれたサイトを見てもらえばいいのですが、さくらインターネットのレンタルサーバの場合はその前に設定が必要です。 WordPress側でSSLの設定を行う必要があります。 5.インストール済みプラグインを開き、 SAKURA RS WP SSLプラグインを有効化する インストール済みプラグインを開いて、 SAKURA RS WP SSLプラグインを有効化します。 SAKURA RS WP SSLプラグインの、 有効化をクリックします。 画面が変わり、 プラグインを有効化しましたと表示されたらオッケーです。 6.SAKURA RS WP SSLプラグインの設定画面を開く 設定メニューから SAKURA RS WP SSLプラグインの設定画面を開きます。 最初に赤枠内のURLに悪性できるかどうかチェックします。 アクセスできたら、 共有SSLを利用している、もしくはSSL証明書をレンタルサーバコントロールパネルから設定したと 実際にSSLを利用してサイトと管理画面へアクセスできるをチェックして、 SSL化を実行するをクリックします。 ログイン画面が表示されたらWordPress側のSSLの設定は完了です。 WordPressのインストール完了 以上で、さくらインターネットのレンタルサーバにWordPressのインストールが完了しました。 後は、WordPressの解説サイトでサイトを構築してください。 私の名前は小宮秀一。 小売店向けに集客と売上アップを教えています。 20年間、秋葉原の中堅の家電量販店とパソコン専門店でパソコン販売に携わってきました。 23才で個人売上年間1億円を達成。 27才で売場主任となり、その後、7つの売場責任者と2つの店舗の店長を務めました。 最初に店長を務めたときは、年商25億円の店をゼロから立ち上げました。 ただし、一度潰しかけたのは内緒。 2度目に店長を務めたときは、「半年以内に30%売上を上げろ!できなければクビ!」というパワハラな命令を3ヶ月で達成しました。 ただし、長続きしなかったのは内緒。 20年間で延べ10万人のお客様と接したことが唯一の財産です。 2008年から店長養成講座というサイトを運営し、• 過去30日の人気記事.

次の