唐澤弁護士。 唐澤貴洋 無能弁護士

なぜ唐澤貴洋弁護士は炎上した?原因や経緯は?何をした人なのか解説

唐澤弁護士

初回相談無料• 24時間受付可• 土日祝日対応可• 迅速対応• 他士業との連携 相続の事前対策と、相続発生後の遺産分割の両面から、親身にサポート致します。 電話やメールについては24時間受付対応• 「顧客満足度」を意識したリーガルサービス• 長野県の概要 長野県は本州の中央部に位置しており、人口約2,076,000人で 2017年10月現在 、 全国で16番目に人口の多い都道府県です。 北海道、岩手県、福島県に継いで4番目に大きい面積を誇り、また、新潟県、群馬県、埼玉県、山梨県、静岡県、愛知県、岐阜県、富山県と、8つもの県と接しています。 飛騨・木曽・赤石の日本アルプスに囲まれた長野県の土地と気候は、果物の栽培に適しており、 特にりんごが美味しく、信州りんごと呼ばれ、長野を代表する果物の一つとなっています。 また、安楽寺の八角三重塔、善光寺、松本城天守など、国宝に指定されている建築物も多く、大勢の観光客が訪れる地です。 長寿の県としても有名ですね。 長野県の裁判所 このような長野県には、長野地方・家庭裁判所、長野地方・家庭裁判所上田支部、長野地方・家庭裁判所佐久支部、長野地方・家庭裁判所松本支部、長野地方・家庭裁判所諏訪支部、長野地方・家庭裁判所飯田支部、長野地方・家庭裁判所伊那支部などの裁判所があります。 長野県の課税割合 長野県の平成27年の 課税割合は6. 99%を下回っているため、人口の多さの割にも、相続争いは発生しにくい方の都道府県であると言えるかもしれません。 しかし、前年の平成26年の課税割合は3. このような状況から、相続争いの件数は少ないながらも確実に増加していることが伺えます。 残念ながら争いに発展してしまった場合、上記の裁判所に遺産相続調停の申し立てをすることになります。 地価と富裕層 地価の高い長野市、軽井沢町、松本市 次に、長野県の地価と富裕層の状況を見てみましょう。 長野県の地価の高い地域は、長野市、そして軽井沢町です。 軽井沢町は避暑地として有名であり、別荘を所有している富裕層が多く、地価が高くなっています。 長野市は、長野県の県庁所在地であり、県庁周辺や、景観の良い善光寺や城山公園があるエリアの住宅地は、富裕層に人気が高いです。 軽井沢町や長野市以外では、 松本市の地価が高めとなっています。 松本城周辺に自宅を構えているという富裕層も少なくないですし、自然豊かで教育にも力を入れている松本市は、裕福な家庭に人気の住宅地です。 このように、地価の高い軽井沢町に別荘を所有していたり、長野市や松本市の中心部に一軒家を所有している方は、相続税が発生する可能性が高いと考えられます。 それ以外の市町村では、目立って地価の高い地域はない それ以外の市町村では、目立って地価の高い地域はないため、あまり心配する必要はないかと思いますが、少額の遺産であったとしても、争いは起こってしまうものです。 富裕層だけでなく、どのような家庭でも注意するに越したことはないでしょう。 長野県の弁護士事情 それでは、長野県の弁護士事情はどのようになっているのでしょうか。 長野県弁護士会とその在住会がある市 長野県には 長野県弁護士会があり、その会員数は244名となっています。 2017年4月1日現在 また、松本市、上田市、佐久市、諏訪市、伊那市、飯田市に在住会があります。 人口が最も多い長野市や、上記の在住会がある市に居住している場合、弁護士探しに苦労することはそこまでないかと思いますし、相続問題が得意な弁護士も探しやすいのではないでしょうか。 それ以外の市町村 しかし、 それ以外の市町村にお住まいの場合は、自宅近くに弁護士が全くいないということも有り得ます。 そのような場合は、無理に「自宅の近く」という条件に拘らず、近隣の市町村まで出てきて探した方が良いかもしれません。 もし、自宅近くに弁護士がいるという場合でも、その弁護士の得意分野が相続問題であるとは限らないので、その際はやはり長野市まで対象エリアを広げて探した方が効率的です。 軽井沢に自宅や別荘を所有していたり、長野市や松本市の地価の高いエリアに一軒家を所有しているなど、相続問題が心配な場合には、一度相続問題に強い弁護士を探して相談してみることをお勧めします。

次の

唐澤貴洋 無能弁護士

唐澤弁護士

仮想通貨取引所大手「コインチェック 」から、約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正アクセスにより流出したことをめぐり、顧客だった40代男性が、同社に数万円の損害賠償を求めた訴訟で2月14日、被告のコインチェック社が東京地裁で、請求を認諾した。 これにより、被害男性の損害約2000円(遅延損害金含める)が全額、補償されることになる。 同社に対する損害賠償請求訴訟は複数件、起こされているが、男性の代理人によれば、裁判所において損害が認められた初の事例とみられる。 2018年1月に「NEM」の流出が発覚し、男性は翌2月に提訴。 流出時、男性は150NEM(約1万5000円相当)を保有していた。 その後、同社は全顧客に対して1NEMあたり88. 549円の補償することを明らかにしたため、裁判ではその差額となる約2000円を求めた。 男性側は、サイバー攻撃に対するセキュリティー対策を怠った結果、NEMが流出し、損害を被ったと主張していた。 代理人をつとめた唐澤貴洋弁護士は「訴状の中で具体的にどのような経緯で、『秘密鍵』が盗まれたか追及する中で、突如、コインチェック社が認諾し、戸惑っている。 裁判上、追及していたセキュリティ対策やNEM流出の経緯について、第三者委員会を設置の上で調査し、企業として公表し、しかるべき社会的責任を果たして欲しい」と話した。

次の

長野県の相続問題に強い弁護士

唐澤弁護士

唐澤洋祐法律事務所の唐澤洋祐です。 交通事故の被害者にとって、ケガによる痛みはもちろん、やむをえない休職や事故後の面倒な手続きが大きな不安や悩みとなります。 弁護士は、そんな依頼者に気持ちに寄り添いながら、問題解決を導く法律の専門家です。 当事務所に依頼いただければ、依頼者の思いを大切に、問題解決をめざして積極的に行動し活動します。 交通事故の被害者にとって、ケガによる痛みはもちろん、やむをえない休職や事故後の面倒な手続きが大きな不安や悩みとなります。 弁護士は、そんな依頼者に気持ちに寄り添いながら、問題解決を導く法律の専門家です。 とくに相手方保険会社との示談交渉を弁護士に委任することで、ご自身で交渉するストレスが軽減されるだけでなく、ほとんどの場合で損害賠償額が増額するというメリットも得られます。 また、重度の後遺症が残ってしまった場合には、適正な後遺障害の等級認定にも弁護士が尽力します。 当事務所に依頼いただければ、依頼者の思いを大切に、問題解決をめざして積極的に行動し活動します。 たとえば、後遺障害の認定や適正な等級を得るためには、必要に応じて担当医師に客観的な所見を記入してもらうようお願いしています。 過失割合で争う場合などには積極的に事故現場に出向き状況を検証、提出できる証拠を収集します。 解決にいたるまでの見通しと適切なアドバイスを提供します。 私のモットーは、相談者一人ひとりのお話しを丁寧に聴き、問題解決のための最適なプランをご提案することです。 解決にいたるまでの過程と見通しを示し、先々への不安を少しでも和らげるアドバイスをするよう努めています。 事故後の手続や交渉などで不安を感じたら、ぜひ早めにご相談ください。 保険会社から提示される損害賠償額は、本来の額より低いケースがほとんどです。 保険会社と交渉し適正な賠償額への増額を目指します。 損害賠償金の算定には、3つの基準「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準」があり、判例にもとづいた「裁判基準」が最も高額です。 交通事故の示談交渉において、相手方保険会社は自社の支払額を低く抑えるために「自賠責基準」や「任意保険基準」を適用し、「裁判基準」での賠償額よりも、かなり低い金額で抑えてくるケースがほとんどです。 弁護士に示談交渉を任せることによって、裁判基準で算定した適正な損害賠償額の獲得をめざすことが可能です。 とくに死亡事故や重い後遺障害が残ってしまったケースでは、賠償額が数百万円、数千万円という増額が認められることもあります。 保険会社から提示された示談額を鵜呑みにし、安易に署名することは避けて、まずは弁護士に相談されることをおすすめします。 交通事故における過去の裁判例の資料を生かします。 当事務所では、交通事故における過去の裁判例の資料を豊富に所持しています。 依頼者からの相談内容に応じて、過去の判例や事例から本件と似通った事案を取り上げて説明。 具体的な例を示すことで、今後の見通しへの安心感につなげています。 納得のいかない過失割合や評価損の修正に尽力します。 さまざまな証拠を獲得して修正させることも可能です。 提示された過失割合に納得できない場合は、ぜひ当事務所に相談してください。 事故態様(過失割合)で保険会社と揉めた場合には、弁護士が実況見分調書や防犯カメラの記録を取り寄せるなどの調査を実施します。 相手(運転手)は「青信号で交差点に入ったが、交差点の中で赤信号に変わった」と主張。 一方、依頼者(歩行者)は「自動二輪車は赤信号で交差点に入ってきた」と主張し対立していたのです。 そこで、当事務所が実況見分調書を取り寄せ調査したところ、「自動二輪車が赤信号で進入してきた」という目撃者の証言を確認できました。 結果、依頼者に非がないことが証明でき、過失割合10対0で決着することができました。 当事務所で扱った事案は、国産の軽自動車を買って、半年も経っていない時期に遭った物損事故。 「保険会社に軽自動車の評価損は出ないと主張されたが、評価損を認めてもらいたい」という依頼でした。 そこで当事務所が、過去の裁判例(軽自動車を購入後半年程度の時期で事故、修理費の約2割を評価損として認められていた)を示し、示談交渉において評価損を認めさせることができました。 リラックスしてお話しいただける法律事務所です。 営業時間は9時から17時ですが、予約いただければ平日夜間や土日祝日の面談も可能です。 当事務所の代表弁護士・唐澤洋祐は、地元上伊那の出身です。 大好きな上伊那の地で弁護士として活躍したいと思い、独立し事務所を設立しました。 地域密着の活動を大切にして、地元の皆様のトラブル解決のお役に立てるよう努めています。 当事務所はJR「伊那市」駅から徒歩4分、バスターミナルからも徒歩3分という便利な場所に立地しています。 営業時間は9時から18時、ご予約いただければ平日夜間や土日祝日の相談にも対応しています。 相談室は完全個室ですので、ゆったりとした気持ちで本音をお話しいただけると思います。 ケガや重い後遺症のために来所いただけない方には、出張相談も行っています。 どうぞお気軽にご連絡ください。 弁護士費用は、交渉や裁判などでの獲得金額を前提にした成功報酬型を採用していますのでご安心ください。 弁護士費用特約とは 加入している損害保険に「弁護士費用特約」(自動車弁護士費用等補償特約、弁護士費用補償特約など)が付いていませんか? この特約を使えば、保険会社が弁護士費用を支払ってくれます。 一般的に補償上限額は300万円のため、ほとんどの事案で自己負担なしで弁護士に依頼できることになります。 ご自身が加入していなくても、ご家族が加入している特約が使えるケースもあります。 いま一度、ご自身と家族が加入する損害保険の内容をチェックしてみましょう。 アクセス 関連する記事• 弁護士による一貫した対応が最良の問題解決を導きます。 当事務所は交通事故の問題解決に積極的に取り組んでおり、とくに被害者の方の利益回復に尽力しています[…]• 依頼者の悩みを明確にし、解決に向けて道筋を示します。 たおく法律事務所所属弁護士の田奧明生です。 私が大切にしているのは、思いがけず交通事故に遭ってしま[…]• 一人で悩まずに、まずは弁護士にご相談ください。 交通事故の被害に遭いますと、さまざまな疑問に直面し悩みが尽きません。 疑問点はインターネットで調べるこ[…]• 保険会社の対応は弁護士に任せて、治療に専念してください。 はじめまして。 静岡市の弁護士、亀子と申します。 はじめての事故では、弁護士へ相談すること自体[…].

次の