エクセル ウィンドウ 枠 の 固定 できない。 【Excel・エクセル】先頭行を固定する!先頭2行や列もできちゃう

エクセルのワークシートで必要な範囲のみ固定して表示する方法

エクセル ウィンドウ 枠 の 固定 できない

対象:Excel 2010/2013/2016 Excelで行や列が大きな表を見る際、右側や下側にスクロールすると、見出しになっている行や列が画面から消えてしまい、見ているセルが何を示しているものなのか分からなくなることがある。 このような場合は、「 ウィンドウ枠の固定」という操作を行えば、スクロールさせても見出しの行や列が動かなくなる。 その方法を紹介する。 なおここでは、Excel 2016の画面で紹介するが、Excel 2010/2013/2016のいずれも手順は一緒だ。 先頭行や先頭列を固定する 見出しがある行や列を、表の先頭にして、[表示]タブの[ウィンドウ]項目にある[ウィンドウ枠の固定]をクリックすると、プルダウンリストが表示されるので、[先頭行の固定]または[先頭列の固定]を選択すればよい。 注意が必要なのは、ワークシートの先頭行(表の1行目)や先頭列(A列)が固定されるわけでなく、 画面上に表示されているセル範囲の先頭行や先頭列が固定されることだ。 表をスクロールして、途中のセルを選択した状態で[先頭行の固定]または[先頭列の固定]を選択すると、その表示された状態で、見えている部分の先頭行や列が固定される。 そのため、シートの途中に表がある場合は、見出し行や見出し列が先頭になるようにスクロールしてから、[先頭行の固定]または[先頭列の固定]を選択すればよい。 そのため、行と列の両方の見出しを固定したい場合や、複数の行や列を見出しとして固定したいような場合には使えない。 例えば、上の画面で示したような住所が複数列に分かれて入力されているようなケースでは、都道府県名、市区用村名、大字・町名の3つを固定しておかないと、どこのデータなのか判別しにくい。 このような場合、固定したい行や列(または両方)の1つ内側のセルを選択してから、[表示]タブの[ウィンドウ]項目にある[ウィンドウ枠の固定]プルダウンリストから[ウィンドウ枠の固定]を選択すればよい。 そのセルの左上を起点に上側の行と左側の列が固定され、選択したセル側のみがスクロール可能になる。

次の

エクセルでウィンドウ枠、行や列を同時に固定する方法!

エクセル ウィンドウ 枠 の 固定 できない

解決策は? 先に解決策を説明してしまいますが、以下の順にクリックして下さい。 [表示] タブ• [ウィンドウ枠の固定]• [ウィンドウ枠の固定の解除] もしもスクロール出来ない原因が「ウィンドウ枠の固定」にある場合、これだけであっという間に解決します。 ただし、• [ウィンドウ枠の固定の解除] が無い• [ウィンドウ枠の固定の解除] をクリックしても解消されない 場合は、へと進んでください。 スポンサーリンク なぜ「ウィンドウ枠の固定」でスクロールしない現象が起きるのか 「ウィンドウ枠の固定」は、先頭行・先頭列などに設定されることが多く、 「スクロールしてもその部分だけは表示させておく」機能です。 たとえば以下は、1行目を固定表示としているため、2行目以降がスクロールされています。 上記は一般的な使い方です。 上では分かりやすく「小さな範囲」にしましたが、 誤って「画面を覆うほど大きな範囲」で固定枠を設定してしまった場合、その上でどれだけスクロールしようとしても、スクロールが出来ないわけです。 もちろん、画面外ではスクロールされているのですが、それにも気づけません。 ただし、エクセルの右下には「ズームバー」が搭載されていますので、この倍率を変更してより大きな範囲を表示すれば、(実際は)スクロールされている部分が見つかると思います。 逆にスクロールロックがOFFになっている場合は、矢印キーを押すと、 選択しているセルが変わっていくのです。 違いはお分かり頂けましたでしょうか? つまり、 普段から「スクロールロック」をONにしている方からすると、これがOFFになっていると『画面スクロールしない!』という悩みになってしまうわけです。 ちなみに「ON」になっている場合は、Excel画面の左下に以下の様に「SCROLLLOCK」と表示されています。 スクロールロックの操作については、以下のページで分かりやすくまとめています。 人気の関連ページ! >> スポンサーリンク まとめ! Excelで『スクロールできない!』という場合に考え得る2つの原因と、その解決法を解説しました。 最後に簡単にまとめておきます。 一番の原因としては、大きな範囲で「ウィンドウ枠の固定」が設定されている可能性がある• その場合は、「ウィンドウ枠の固定の解除」でカンタンに解除できる• 二つ目の原因としては、「スクロールロック」がOFFになっている場合に、十字キーでスクロールできなくなる事象がある• その場合は「Scroll Lock」を解除するだけで簡単に解決できる 以上、参考になりましたら幸いです! スポンサーリンク.

次の

エクセルのウィンドウ枠の固定で複数の行や列をロックして表示する

エクセル ウィンドウ 枠 の 固定 できない

1列目(A列)を固定する方法 1列目を固定する方法です。 [表示]タブの[ウィンドウ枠]の固定をクリック。 一番下の、 [先頭列の固定]をクリックしましょう。 表を右に移動しても、A列がしっかり固定されます。 好きな場所を固定する方法 エクセルでデータ入力をしていると困ることがあります。 下の図は1列目の「No. 」を固定して、追加のデータを打とうとしているのですが、項目が消えてしまっています。 このような場合は 行と列、両方固定したいですね。 ウィンドウ枠の固定は、 好きな場所を指定して固定することもできます。 操作方法は、 [表示]タブの[ウィンドウ枠]の固定をクリック。 一番上の、 [ウィンドウ枠の固定]をクリックするだけです。 しかし、この機能を使用する場合、 どのセルをクリックして固定すればよいのでしょうか。 答えは、下の図の場所になります。 では、例をみてみましょう。 下の表で、 1番上の青い項目と、B列の「名前」までは常に固定したかったとします。 その場合、選択しておくセルは下の場所になります。 拡大すると、こんな感じ。 「固定したい行と列が交差した右下を選択」 と覚えるのが良いでしょう。 この場所をクリックしてウィンドウ枠を固定すると、下の図のようになります。 表を右と下に少しスクロールさせた後の状態です。 「B」列の次が「F」列、「1」行の次が「11」行になっています。 名前と項目両方をチェックしながらデータ確認ができますね。 では、ちょっと問題。 下の図の場所を選択してウィンドウ枠を固定した場合、画面スクロールで動くのはどの部分でしょうか? 頭の中で想像してみてください。 ・・・ 下は、設定後の画面です。 固定したセルの上下に線が引かれていますね。 分かり易く色分けすると下の画像。 明るい場所が固定された場所。 暗い場所が移動する場所です。 想像は合っていましたか? 固定の解除 ウィンドウ枠を固定した後の解除方法です。 [表示]タブの[ウィンドウ枠]の固定をクリック。 1番上の 「ウィンドウ枠固定の解除」をクリックすれば解除されます。 この場所、ウィンドウ枠を固定していない場合は、 [ウィンドウ枠の固定]ボタンになっていた場所です。 この機能を使用しているか使用していないかで、ボタンの名称が変化するわけですね。 つまり、 この場所を見れば、「そのワークシートでウィンドウ枠の固定を使っているか使っていないかすぐ分かる」ということになりますよ。 まとめ ちょっとしたデータチェックや、データ入力の際も、ウィンドウ枠の固定をするだけで効率がアップします。 積極的に使用したい機能ですね。 ウィンドウ枠の固定は、ほとんどの場合先頭行や先頭列ではなく、好きな場所を固定する場面が多いと思います。

次の