マンチカン 飼い方。 マンチカンの飼い方とかかりやすい病気や性格

飼い主さん必見!マンチカンの特徴や飼い方について

マンチカン 飼い方

短足が可愛い猫!マンチカンをペットに 短足で歩く姿が可愛らしいマンチカン。 公認されているものだけで50種類はいると言われている の中でも、国内トップクラスの人気を誇ります。 今回はマンチカン誕生の歴史から、毛色や性格、飼う際に知っておきたい注意事項などを幅広くまとめました。 マンチカンの歴史 マンチカンの起源は諸説あり、イギリス(1944年)やソビエト連邦(1956年)において突然変異体として見つかった記録が残っています。 品種の直接的な原型は、1983年にアメリカ・ルイジアナ州でトレーラーの下に住んでいた、突然変異の短足猫とされています。 発見された短足猫は保護され「ブラックベリー」と名付けられ、珍しい体型をしているということから様々な研究の対象とされました。 結果的に短足は足に障害があったわけではなく、遺伝子の突然変異によって形が変わったものだということがわかりました。 それ以外の点に関しては"健康"と診断されたため、人間の手によって異なる品種との交配が進められ、血統猫にするための動きがなされていったのです。 ブラックベリーは通常の足の長さの短足猫と交配させられ、その子供の中には新たに短足猫が誕生します。 この頃、短足であるマンチカンを巡り多くの論争が引き起こりました。 内容は"珍しい形をしたマンチカンをどんどん繁殖させようとする人たち"と"マンチカンは遺伝的な異常を持つ猫だから繁殖させてはならないという人たち"の意見の衝突です。 そんな論争が巻き起こりながらも、遺伝学上は"健康"と認められていたマンチカンは、1995年にTICAより新種として認められ、徐々に飼育数が増えていくことになります。 TICA(The International Cat Association)とは、アメリカを本拠地とする世界最大の血統登録機関およびキャットショー公認機関です。 ちなみに、マンチカンの名前の由来は「オズの魔法使い」に登場する「munchkin(マンチキン)」(英語で小さい人・子供を意味する)に由来しています。 マンチカンの特徴 マンチカンといえば、上ばった大きな目と丸みのある耳がとっても愛らしいですが、最大の特徴はなんといっても である のように短い足です。 ぎゅっとつまったような極端に短い足で、特に前足が短いことが特徴的です。 しかし、マンチカンといえばすべて短足というわけではありません。 実は短足のマンチカンは全体の30%ほどで、残りは他の猫と比較した際に少し足が短い程度のものです。 マンチカンと同じように、体に変形のある猫の種類で有名なのが です。 全体の30%ほどの確率で耳が折れています。 少し話が脱線しましたが、マンチカンの短足には3種あり、足の長い順に スタンダード 、 スーパーショート 、 ラグハガー となっています。 足の長さが若干違うからといって、見た目以外に特徴の変化はありません。 また、通常の足の長さをしている他の猫の種類と比較しても、マンチカンは足が短いからといって運動能力が劣るわけではありません。 足が短いからこそ飛ぶ距離には制限がかかる場合もありますが、普通にジャンプや木登りもできるのです。 体型は筋肉質で引き締まったセミフォーリンに類されます。 セミフォーリンはやや小さめの細み体系ながらもずっしりと重みのある体が特徴で、顔は逆三角形です。 マンチカン以外に代表される品種としては、 、 、 、 などがあげられます。 マンチカンの性格 小人と言われるほど短い手足を持つマンチカンの性格は、とても人懐っこく社交的な性格の子が多いです。 明るく元気な甘えん坊で、茶目っ気のある仕草に癒されると注目を集めています。 社交的な性格であるということから、新しく出会った人に対しても優しく接してくれますし、先住猫がいたとしても喧嘩することなく生活することができます。 また、好奇心旺盛なので、家の中をあちこちと場所を探索しながら元気に動き回る姿が見られます。 で遊ぶことはもちろん、遊んでもらうことも大好きなので、心ゆくまでコミュニケーションを堪能することができます。 高いところに登ることも好きなので、 を用意して部屋の中でも高さを担保してあげることも大切です。 大人のマンチカンの性格は、聞き分けもよく賢い傾向があるため、「お留守番を上手にできる猫」と言われることもしばしば。 ただし、猫だけのお留守番は長くても一泊にしてあげてください。 留守番をさせる際も、たっぷりの 、水を数か所に置く、お風呂の水は抜いておく、夏は微弱の冷房、冬は暖房をかけるなど環境を整えて出かけるようにしましょう。 マンチカンは甘えん坊なので、お留守番のあとはたくさん甘えさせてあげてくださいね。 その他には臆病な性格も持ち合わせています。 飼い主に大きな声で怒られたりした場合、恐怖を感じてなつくことがあまりなくなってしまいます。 マンチカンとの信頼関係を築くためにも、怒るときは優しく感情的にならないようにしてあげることが大切です。 マンチカンの毛色 マンチカンは歴史上、さまざまな猫種と交配されてきたためにバリエーションが多く、毛色や長さ、頭や耳の形までと実に種類も豊富なところが魅力でもあります。 ここでは色柄系のマンチカンのいくつかを紹介します。 レッド系 クリーム系 キャリコ シルバー カメオ ブラック ホワイト ブルー マンチカンの値段 マンチカンの価格は血統書付きであるかどうか、生後からどれだけ経っているのかなどで相場が大きく変わり、その相場は4~45万円ほどです。 価格が高いマンチカンの条件は下記の通りです。 親猫がキャットショーのチャンピオンの血統書付きである• 人気の毛色である、クリーム色やレッド&ホワイト 成猫や中足・長足のマンチカンの場合は価格が安くなる傾向があります。 最近では、スコティッシュフォールドと交配させて生まれた耳の折れているマンチカンや、 と交配させて生まれた巻き耳のマンチカンなどが販売されているケースがあります。 そのような品種はTICAでは公認されていませんので、もしペットショップやブリーダーでいかにも血統猫かのように販売されていたら注意が必要です。 TICAはマンチカンを同種同士、または雑種との交配しか認めていません。 理由はマンチカンを他の純血種と交配させてしまうと、遺伝病の遺伝子を他の品種にまで与えてしまう恐れがあるためです。 そのことから、マンチカンを他の血統猫と交配させているペットショップやブリーダーは、あまり正常とは言えませんし、これからの猫ちゃんのことを真剣に考えているとは言い切れません。 大切な命を預かる場合は、その提供元のことをしっかりと事前に調べた上で検討するようにしましょう。 マンチカンの大きさ マンチカンは一般的な猫よりもかなり小さい種類の猫で、一般的には下記の通りです。 雄(オス) 3. 0kg~4. 5kg• 雌(メス) 2. 3kg~3. 6kg ただし、マンチカンは太りやすいので、こまめな運動を取らせたり、えさの量に気をつけてあげる必要があります。 マンチカンの寿命 マンチカンの平均寿命は11歳~13歳で、一般的な猫の平均寿命が15歳前後とされているため、短めの と言えます。 ただし、平均寿命を超え20歳まで生きたマンチカンも存在するようなので、普段からしっかりと体調管理等をしてあげることで、長く一緒に暮らすこともできるでしょう。 マンチカンの遊び 好奇心旺盛なマンチカンは、どんなおもちゃにも興味を示して遊んでくれます。 その一方で昼寝が多いという性質もあり、大人のマンチカンで1日15~16時間、赤ちゃんや年をとった時は20時間程寝るのだそう。 寝ていることが多いのは怠けているわけではないので、無理に起こしたりせずにそっとしておいてあげましょう。 マンチカンのしつけ マンチカンは賢いので、 をすればトイレなどもよく覚えてくれます。 ただ、基本的には臆病で用心深いので、怒鳴り続けるしつけは「敵」とみなされてしまいよくありません。 もそれをしないようにするのではなく、爪とぎおもちゃやダンボールを用意してあげるのが良いでしょう。 マンチカンの毛のお手入れ 短毛でも長毛でも、マンチカンは一年中抜け毛をしており、特に夏前に大量の抜け毛がおきます。 放っておくと家中が抜け毛だらけになってしまうので、ブラッシングやコーミングをしてあげるのが望ましいです。 短毛なら1日1回のブラッシング、長毛なら朝晩一回ずつのブラッシングとコーミングが理想です。 お風呂は体に負担がかかるため、基本的に入れる必要がありません。 どうしても必要な場合でも、半年に1回程度で十分でしょう。 マンチカンの病気 マンチカンは少し太り易い体質をしています。 ある程度運動できる環境を整えたり、日ごろから食事の管理をしっかりと行うようにしましょう。 また、脚が短い分、「脊椎間ヘルニア」になる可能性が他の種類の猫に比べて高いです。 脊椎間ヘルニアとは、背骨の間にあるクッションの役目を脊椎間がつぶれ、変形してしまった状態を表します。 足をひきずっておかしな歩き方をしていたり、急に運動をしなくなったときは、脊椎感や背骨に異常が起きているのかもしれません。 さらに、長毛のマンチカンの場合は「毛球症」にも気を付ける必要があります。 毛球症とは、毛づくろいのときに飲み込んだ体毛が消化器官内に溜まってしまう状態をいい、食欲不振や毛玉を吐くことができない、便秘などの症状が現れます。 この毛球症はブラッシングで防ぐことができるので、こまめにブラッシングをしてあげる必要があります。 マンチカンの基本データ 名称:マンチカン 英表記:Munchkin 原産国:アメリカ 誕生年: 1995年 公認団体:TICA 原種: 野良猫 特徴: 短足、くるみ形の目、丸みを帯びた耳 体型:セミフォーリン 性格:好奇心旺盛、人懐っこい、甘えん坊、賢い、臆病 毛種:短毛種、長毛種 毛色:レッド系、クリーム系、キャリコ、シルバー、カメオ、ブラック、トーティー、ダイリュートキャリコ、ホワイト、ブルー、ブラウンマッカレルタビー 値段: 4~45万円程度 大きさ:2. 3~4. 5kg 寿命:11~13歳 ブラッシングの頻度:1日1~2回程度 かかりやすい病気:肥満、脊椎間ヘルニア、毛球症 マンチカンは愛らしさもさることながら、好奇心たっぷりで活発な様子から元気をくれる猫ちゃんです。 新たな家族の一員として、是非マンチカンを検討してみてはいかがでしょうか。

次の

マンチカンの性格や特徴、詳しい飼い方と寿命や値段について調査

マンチカン 飼い方

マンチカンは友好的で穏やかな性格をしていますが、一方で臆病な面も持ち合わせています。 ですからあまり無理にしつけをして恐怖心を与えてしまう事は、マイナスになり兼ねません。 人間と暮らす以上ある程度のしつけは必要ですが、飼い主が直接手を下すのではなく 「天罰方式」で飼い主がやっていると気づかれないようにしつけると良いでしょう。 例えば、やってはいけない事をした時にどこからかスプレーの水が飛んで来たり、突然布がかぶせられ目の前が真っ暗になったりする、などです。 他にも大きな音を出す方法もありますが、マンチカンの性格を考えるとあまりに驚かせてしまう方法は避けた方が良いでしょう。 ソフトに驚かせる方法を考えて行いましょう。 飼い主がやっている事が分かってしまうと、信頼関係が崩れてしまう事があります。 こっそりと行うようにしましょう。 また、マンチカンは賢いので覚えさせれば芸を覚える事もありますが、あまり無理をして教え込まないようにしましょう。 性格的に犬っぽい所はあるにしても、やはり猫には違いないのですから、犬のように芸を覚える事を期待するのは良くありません。 シャンプーも無理のない範囲で行う方が良いでしょう。 子猫の頃から慣らしていると、入るようになる子もいるようです。 中にはお風呂の気持ち良さを覚え、自らお湯につかる子もいるようです。 更には猫かきで泳ぐ位、水が好きになるマンチカンもいます。 本当に猫なのでしょうか?とは言え、稀な例だと思いますので、いずれにしても無理強いは良くありません。 マンチカンは他の猫と変わらずジャンプ力もあるのですが、やはり足の短さからひとっ飛びで高い所に飛び乗るのが苦手な傾向にあります。 その代わり、段差をうまく使って上り下りします。 ですからキャットタワーを設置するのでも、マンチカンが移動しやすい高さの段差のある物を選ぶと良いでしょう。 せっかく設置したにも関わらず、全く遊べないのではマンチカンにとってもストレスでしょうし、飼い主にとってもムダな買い物となってしまいます。 また好奇心が旺盛な性格ですから、いたずらも多いです。 いたずらされて困るものは片付けておきましょう。 誤飲してしまっても大変です。 マンチカンの安全を守る為にも整理整頓しておくと良いでしょう。 私は現在猫を4匹飼っていますが、以前『マンチカン』のことを知ってから飼いたいと思っています。 あの短い足、そしておとなになってもあどけなさの残る表情がたまらなく好きです。 マンチカンの性格が人懐っこくて穏やかであるということですので尚更、惹かれます。 我が家の場合、先住猫がいますのでその子たちにも新しく迎えた子にもかかるストレスを最小限に抑えるように考えなければなりません。 従ってマンチカンが穏やかな性格というのは嬉しい要素です。 抱っこをしたりまったりとしたいのであればオスを選び去勢の手術をすればマーキングもせず快適にそして健康に暮らせそうですね。 元々、猫は好奇心旺盛なので現在飼っている猫たちと同様に考えてあげようと思います。 ただダックスフンドなど短い足の犬でも言われるようにマンチカンも短足特有のかかりやすいとされる病気であるヘルニアに気をつけてできるだけ足に負担をかけないようにしないといけないですね。 あの短い足、まん丸なお目目とむっちりとした体に惹かれてマンチカンの虜になってしまう人も少なくはないでしょう。 私もその中の一人です^^;しかし、マンチカンが好き!というのも、お恥ずかしいことに外見のみの見た目判断でした。 しかしこちらの記事を読ませていただき、友好的で穏やか、そして甘え上手で人懐っこい性格ということで、可愛いのは見た目だけではなく中身もそうなのか、と感じました。 猫は人に懐かないイメージを強く持たれている中、人懐っこいというのは猫としてのポイントは高めです。 マンチカンは臆病!とありますが、そもそも猫自体臆病な子が多いので、飼育する上でそこは特に大きな問題にはならなそうですね^^初心者にも向いている猫種ということですので、マンチカンが人気の秘訣が分かった気がします。 マンチカンの性格はあまり知らなかったのですが、穏やかで懐っこく好奇心旺盛で臆病との事。 成猫になっても子猫のような性格の猫ちゃんなんですね〜。 お留守番が得意なのはありがたいですね。 マンチカンでも足が短いこもいれば、長めの子もいるようで、足が短いマンチカンは病気が多い事でも有名だそうです。 迎える際には、こんな病気になりやすいよーなど調べておくのが良いんじゃないでしょうか。 性格は一人暮らしでも共働きでも飼いやすく、オス猫の方が飼いやすそうですね。 マンチカンは柄のバリエーションが多く、レッド系、クリーム系、シルバー、キャリコ、カメオ、ブラック、トーティー、ダイリュートキャリコ、ホワイト、ブルー、ブラウンマッカレルタビーと数十種類の柄があり、毛色や耳の長さ頭の形など様々だそうです。 とーっても可愛いマンチカン、なりやすい病気にを知り性格を知り迎えると、最高のパートナーになるでしょうね。 クリーム系のマンチカンが私は好みでした。

次の

マンチカンの飼い方とかかりやすい病気や性格

マンチカン 飼い方

マンチカンとは 歴史 マンチカンは、1983年にトレーラーの下にいた「ブラックベリー」と呼ばれる猫から始まりました。 ブラックベリーには子供がおりその子供の半分が短足でした。 そのうちの一匹であるオスの「トゥールーズ」となずけられた猫をもとに育種が始まったのです。 当初の交配相手は短足猫以外の猫たちが使われ、近親交配による将来の遺伝子疾患のリスクを減らすため、異種交配が行われました。 それから足の短い猫は「オズの魔法使い」に登場する名前から、マンチカンという名前を付けられたとされています。 ちなみに名前の由来になったものはそこに登場する小人国およびその住人の名で、英語の「マンチキン」に由来されているとされています。 意味は「小さな、むしゃむしゃ食べる者」という意味があります。 マンチカンの特徴 特徴 マンチカンの特徴といえば、「 短い脚」ですよね。 犬で言うとダックスよコーギーといったタイプです。 この短い脚が人気の原因ともいえるでしょう。 しかし、 生まれてくるマンチカンの子猫がみんな短足なわけではないんです! なんと、短い脚のマンチカンは 約全体の30%だとされています。 なので、それ以外のマンチカンの子猫は普通の猫同様で長足や中足といったものが多くなっています。 顔は三角タイプで、体型は筋肉質なセミフォーリンタイプとなっています。 基本情報 原産国 アメリカ 性格 穏やかでおとなしい、マイペース 体重 3~4kg 毛の長さ 短毛・長毛 毛の色 ホワイト・ブラウンなど多色 目の色 ブラック・ゴールドなど多色 運動量 普通 性格 マンチカンの性格は、 穏やかでマイペースなののが特徴です。 また、 とても社交的で人懐っこい性格でもあります。 なので、初めての相手や先住猫がいたとしてもうまく接することができるでしょう。 好奇心旺盛な一面も持っているのでおもちゃなっかで遊んであげると飛びついてきて遊んでくれます。 体重 TICA(猫の血統登録機関)によれば、 大体3~4kgぐらいだとされており、一般的な猫より小さいかそれと同じくらいだとされています。 被毛 マンチカンは 毛の長さや色、柄は様々存在します。 なぜなら、品種改良時に異種交配を中心にやってきたためだとされています。 マンチカンの色だけでも、単色(ソリッド)・しま模様(クラシックタビー・マッカレルタビー)・ブチ模様(2色、3色)と様々な種類が存在しています。 長さも長毛種と短毛種があります。 しかし、 毛の長さや色柄が異なっても性格に大きな違いは出ません。 かかりやすい病気 肥満 マンチカンは、足が短いため足への負担が大きくなってしまいます。 なので、日々の食事生活と運動をしっかりして上げる必要があります。 椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の隙間ににある椎間板が変形して飛び出したり、背骨近くの神経に当たることで脊髄を圧迫してしまう病気です。 ほおっておくとすると歩行困難になってしまうので、 足を引きずったり運動をしなくなったといった症状がでた場合は一刻も早く病院に連れていくようにしてください。 外耳炎 外耳炎とは、細菌や真菌、外傷、寄生虫、アレルギーなどが原因で発症してしてしまう病気です。 これはかゆみや痛みを気にしてかき壊して炎症になり、黒褐色の耳垢が溜まってしまうことからなります。 なので、 耳の中に黒い耳垢が普段から多く見える場合は一刻も早く病院に行ってください 毛球症 もうきゅうしょう) マンチカンの長毛種に多く見られる病気です。 これは、毛づくろいでなめとった毛が腸や胃なんかの消化器官で塊になってしまう病気です。 「吐き気」「下痢」「嘔吐」「食欲がない」といった症状が出た場合は一刻も早く病院に連れて行ってください。 最悪開閉手術になってしまう恐れがあります。 マンチカンの価格 価格 マンチカンの主な価格は、 15~40万円とされています。 しかし、マンチカンの 値段は足の短さや毛並み、色、柄なんかで大きく変動します。 ラグハガーに近づくほどに値段が上がってきます。 どこで買えばいいの? 主な購入場所としては、 ペットショップやブリーダーがいいでしょう。 ペットショップは、 身近で実際にみてきめることができます。 しかし、多種多様なため、 マンチカン だけとなると数は少ないです。 ブリーダーは、 マンチカンだけを扱っているので様々なマンチカンを見ることができます。 また、足の短い個体や毛並みが整った猫がたくさんいます。 しかし、 ネットや現地に行かないといけないので少し大変です。 マンチカンの飼い方 しつけ マンチカンは、 とても賢い方なのでトイレやゴハンは小さい時にしっかりしつけておけばすぐにでも覚えてくれます。 なので、 初めて飼う初心者にはとてもお勧めです。 ブラッシング マンチカンは、 一年中抜け毛が多く夏が一番のピークです。 なので、毎日のブラッシングは欠かせません。 でないと家中が毛だらけになってしまう恐れがあります。 特に長毛種は、 最低でも1回はしてあげるといいでしょう。 理想はお昼に一回、夜に一回ができれば家中が毛だらけになることはないでしょう。 遊び マンチカンは、 とても好奇心旺盛でよく走り回ったりもします。 なので、飼うにあたって それなりのスペースが必要になってきます。 また、肥満になると短い脚のマンチカンには負担が多くなってしまうでよくおもちゃで遊んであげましょう。 キャットタワーがあると遊んであげれないときの運動補助になってくれるので用意しておくといいですね。 ただ、一般の猫に比べると跳躍力が 低いためタワーをひくめにせっちしてあげると不便なく使えると思います。 まとめ 今回はマンチカンの特徴を解説してきました。 マンチカンのがどのようにして生まれたか、マンチカンがどのような猫なのかが知っていただけたら幸いです。 また、マンチカンを飼うにあたって気を付けなければいけない点も様々あります。 なので、これからマンチカンを飼おうと思っている人は良く検討してみてください。 それでは今回はこの辺で。

次の