いないいないばぁ youtube。 アンパンマン ★ ふえる ★ まがる ★ いないいないばぁアニメーション【赤ちゃんが泣き止むアニメーション】

いないいないばぁあにめ

いないいないばぁ youtube

ロジックツリーとは? 「ロジックツリー」は、ある1つの課題や問題があるときに、どのような道筋でその事象を解決するのが適切なのか?を導き出すフレームワークです。 英語で 「Rogic Trees」「Issue Trees」と言われるように、 「問題をツリー状に分解し、論理的に原因や解決法を探すこと」を目的として使います。 問題をロジックツリーにすることで、1つの問題が次の階層で2つに。 そして、次の階層で4つに・・・網羅的に考えることができます。 ロジックツリー ロジックツリーは基本的に 5階層以上まで掘り下げると、より良い分析が可能になると言われています。 ロジックツリーを作成するメリット ロジックツリーを作成するには、それぞれが下調べをして、より多くの項目を洗い出していく必要があり、場合によっては時間のかかる作業になります。 しかし、その作業をするだけのメリットが、ロジックツリーを作成する中にあります。 それは、 「問題の全体を把握でき、1つの問題に対して多くの視点から解決策を探ることができること」です。 ロジックツリーを作成することによって、問題の全体が把握でき、より 多くの解決策を全体で共有することができます。 全体共有が可能になると、 それぞれの意見や話し合いのズレも最小限で済みますし、もしある案を実行し、それが失敗に終わっても、 次の改善策をすぐに決めることが容易になります。 ロジックツリーを使った問題解決法 ここでは、ロジックツリーを使った問題解決の具体例を挙げていきます。 例えば、「車を購入したい」という課題がありました。 車の種類は「普通車」「大型車」「軽自動車」と分けることができます。 さらに、普通車なら「ミニバン」「セダン」「ワゴン」など…「大型車」なら「 4WD」「キャンピングカー」などと分けていくことができます。 さらに「セダン」でも「ガソリン車」と「ハイブリッド車」を分けたりすることができます。 自動車購入のロジックツリー このようにロジックツリーにすることで、 車の種類を網羅的に把握することができ、さらにここから 「自分自身の趣向・主観」を入れることで、 優先順位を決めるときや決断の際に、多くの方法・手段から最適なものを選択することができるようになります。 Why、How、What 先ほど例に出したロジックツリーのように、各ロジックツリーは必ず1つの問題・課題に対してツリーを作成します。 (Whyツリーなら、必ず「なぜ?」のみで追求する) Why(原因追求ツリー) 原因追求型のロジックツリーは、発生した問題の「原因」を掘り下げます。 問題の原因は必ずしも1つだとは限りません。 そこで、ロジックツリーを作成し、問題の原因となる要素を網羅的に洗い出し、特に影響が強く、本質的な原因を突き詰めていきます。 例えば、 「ダイエットをしても体重が落ちない」という問題がありました。 体重が減少しない原因として、「食事方法が悪い」「運動不足」「ダイエット方法が間違っている」を挙げていきます。 さらに、各要素に対して、「食べる時間が悪い」「食べてるものが悪い」「運動時間が少ない」など掘り下げた要素を洗い出してきます。 このように原因を追求することで、 本質的な原因を特定し、それに対する解決策を考えていくことができるようになるのです。 ダイエットのロジックツリー How(問題解決ツリー) 問題解決型のロジックツリーは、発生した問題が解決した状態をもとに、どのようなアプローチ策が最善かを網羅的に洗い出します。 例えば、「このブログへの集客を増やしたい」という問題がありました。 ブログの集客に結びつきそうな要素としては、「記事数を増やす」「広告をかける」「SNSで発信する」などがあるとします。 「記事数を増やす」に対しては、さらに「マーケティングの記事を増やす」「サプライズの記事を増やす」「まとめの記事を増やす」など、カテゴリごとに分けて増やす部分をさらに掘り下げることができます。 ブログ集客のロジックツリー このように、 問題を解決するための要素を洗い出し、優先順位をつけることで、最善策を考えることが可能になります。 なお、問題解決型のロジックツリーを作成する際は、 数値が明確だと、その数値自体が目標となり、その後のアクションに繋がりやすくなります。 What(要素分解ツリー) 要素分解型のロジックツリーは、図2で説明した「自動車購入のロジックツリー」のように、あるモノやサービスについて、より深く掘り下げていきます。 自動車購入の例以外だと、「新しいお菓子を作りたいので、どのようなお菓子が一番良いか?」という課題なども、この要素分解ツリーからお菓子の種類を網羅的に把握することができます。 もっとシンプルだと、「ゲームの種類」を掘り下げると、「TVゲーム」「ネットゲーム」「ボードゲーム」「カードゲーム」などと掘り下げていくこともできます。 これも要素分解型のロジックツリーです。 ロジックツリーを書く際の注意点 ロジックツリーは左から右へピラミッド型に作られる ロジックツリーは必ず左から右へというわけではありませんが、 左(抽象的要素)から右(具体的要素)へピラミット型で書くことで、誰でもわかりやすくロジックツリーを理解することができます。 また、1つの要素に対して2つだけでなく、3つや4つの策が出てくる場合もあるので、書き出す際はなるべく高さをとって書き出しましょう。 ロジックツリーの各階層はMECE(ミーシー)の必要がある MECEについては『【3分でわかる】ロジカルシンキングの基礎「MECE」』にて詳しく説明していますが、 Mutually:相互に Exclusive:重複せず and Collectively:全体として Exhaustive:漏れがない このような単語の頭文字をとったものになります。。 簡単に説明すると、各階層において 「要素がダブることなく、要素に漏れがない状態」にすることが重要です。 例えば、ある問題に対して「都道府県」をロジックツリーで展開することになりました。 その際、1つの都道府県でも抜けていたり、ある2県(北海道と沖縄はあまり関係ないから一緒にしちゃうなど)だけ一緒にしてしまうと、MECEになっていません。 その要素が必要あるか否かは、各要素を網羅的に洗い出した後に判断するモノであり、ロジックツリーを作成する段階では、できるだけ抜けなく要素を洗い出していきましょう。 おすすめツール ここで、PCを使ったロジックツリー作成に役立つツールを2つ紹介したいと思います。 XMind XmindはWindowsやMacなどで使える 「マインドマッピングツール」です。 感覚的に操作することが可能で、手軽に項目を増やせるなど、使い勝手がとてもよい便利なツールになります。 すべての機能を利用するには9,800円以上の有料版を購入することになりますが、マインドマップを作成するだけであれば、無料版でも十分に使用することが可能です。 XMind() cacoo Caccoはマインドマップやロジックツリー、さらにはWEB制作で必要なワイヤーフレームなどを簡単に作成できるWEBサービスです。 こちらもXMind同様に、感覚的な操作が可能なため、簡単に項目を増やしたり、カスタマイズすることが可能です。 こちらも無料版では機能の制限がありますが、利用できるテンプレートはバリエーションがあり、様々な用途で使用することができます。 もちろん、ロジックツリー作成にも最適です。 ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか。 Cacoo() まとめ ロジックツリーを作りにも、これだけの要素やコツがあることをご存知でしたでしょうか? 「Why、How、What」や 「MECE」を理解するだけでも、かなり完成度の高いロジックツリーを作成することが可能になります。 ロジックツリーは、 ビジネスにおける問題解決にも役立ちますし、プライベートの問題やアイデア出しにも有効的です。 ぜひ、様々な課題に対してロジックツリーを作成して、問題解決やアイデア出しの精度を高めてみてはいかがでしょうか。 さらに実践的、効果的な マーケティングを学びたい方は、 コチラの物語をお読みください。 (出版4社の話を断った幻の物語です) 無料ですので、 お金をかけることなく、 不変(普遍)のマーケティングスキルを 身に付けることができます。 下記のボタンをクリックして、 気軽に読み進めてください。

次の

YouTubeが見れないときの対処法/スマホ・PC・TV [インターネットサービス] All About

いないいないばぁ youtube

より転載:食っていけるYouTuberなんて、ひと握りだけ...。 だれでも動画が投稿できるのみならず、どんどんとプロフェッショナルな人気チャンネルも充実してきている YouTube。 もはやこの横文字を知らない人なんていないといってもいいくらい、すっかりインターネット上のメジャーサービスとして 市民権を得ていますよね。 肝心のGoogleは、YouTubeについての公式なデータをあまり提供していません。 しかしながら、このほど Bernstein ResearchのアナリストのCarlos Kirjner氏は、1000万件のYouTube動画などの分析を進め、初の詳細な実態予測を公表。 2016年第1四半期(1~3月期)の時点で、YouTubeには 18億3000万から21億5000万の動画がアップされているとのデータを発表しました。 仮にYouTubeに約20億もの動画が公開されているとしましょう。 その全動画の再生には 118億分ないしは 1億9700万時間がかかると見積もられていますよ! なんだか数字がデカすぎて想像しづらいですけど、これは286人のアメリカ人が生まれてから平均寿命で死ぬまで一睡もせずにYouTube動画を見続けて、ようやく見こなせる量に値するんだとか。 YouTubeにアップされている 動画を見尽くすだなんて、絶対にだれにもできないということですよね~。 Kirjner氏はこの発表データにより「これほど動画コレクションが充実し、全世界に多大のユーザーを抱えるYouTubeの ブランド価値は計り知れない」と指摘。 もっと今後は多くの企業が、YouTubeでの 広告戦略に重きを置いてくるであろうとの見通しです。 Facebookが動画視聴ユーザーを増やしてきてはいるものの、YouTubeのライブラリにはクオリティもラインナップもはるかにおよばず、現時点で YouTubeからユーザーが急速に離れていく展開は考えにくいとの見解を明らかにしています。 とはいえ、今回の発表データのなかには、YouTubeの 視聴の偏りについて、やや気になる指摘もあります。 それは、動画の数こそ膨大であるものの、実際の再生回数の93%は、YouTube上の 1%の動画に集中。 また、同じく実際の視聴時間の94%は、やはりYouTube上の 1%の動画に偏っているというデータです。 つまり、 YouTubeにアップされている99%の動画は、ほとんど再生されることも視聴されることもなく終わってしまっているということ! 皆に見てもらえる人気動画の公開なんて、かなり狭き門であることも現実のようですね。

次の

いないいないばぁ: おかあさんといっしょファミリーコンサート ぽていじま わくわくマラソン!

いないいないばぁ youtube

もはや使ったことがない人は存在しない。 そう言っても過言ではない動画サイトの王様、 YouTube。 作業中に音楽を聴いたり、好きなアーティストのビデオを見たり、旅行中に撮った映像を残したり、世界中のおもしろ動画を探したり。 あらゆる場面で何かと使われ、そして現代の私たちの生活に急速に溶け込んだ、画期的なサービスです。 YouTubeのすごいところは、なんといっても 「動画が無料で見放題なところ」。 ですが、単に無料なサービスをボランティア精神豊富な誰かがマネジメントしているわけではありません。 ちゃんとビジネスとして 「お金を生む」 マーケット として、賢い仕組みが組まれています。 そのYouTubeのビジネスモデルとは一体何なのか?これから解明していきます。 収益の主軸でもある「広告収入」 YouTubeの主な収益ポイントは 「広告収入」です。 動画を見ようと再生ボタンをクリックすると、数秒CMが自動的に流れますよね?うざったいなと感じたこともあると思いますが、あのCMこそが収益源です。 広告主はお金を払いCMを流すことで視聴者への広告効果が得られ、結果、集客や商品の売上アップにつなげている、という仕組みです。 2014年にはなんと、 毎分 300 時間に匹敵するコンテンツがアップロードされたんだとか。 その3600コンテンツ全てで広告が再生されたとすると、かなりの宣伝回数・宣伝効果が期待できます。 「より多くの人に知ってもらいたい。 」 「世界中にCMを届けたい。 」 そう願う広告主の希望を簡単に叶えてくれるのが、YouTube広告です。 TVCMを流すには最低でも数百万円は必要になりますが、YouTube広告を流すことは、数十円からでもできますから、 企業じゃなく、1個人でも動画広告をだせる時代になったわけです。 広告とは別の収入源 とは言うものの、広告収入には限りがありますし、莫大な動画を管理するコストを補うには他の収入源が必要不可欠。 そこでYouTube視聴者に 有料サービスを提供すること で、さらなる収入拡大を図っています。 広告収入のために組み込まれたCMが自動で流れてうっとうしい…。 という視聴者向けの有料サービスが 「You Tube Music Key(現YouTubeMusic)」。 これは月額9. 99ドルを払えば、広告を表示することなくコンテンツを視聴できるというもの。 1ヶ月1000円ちょっと払うだけで、動画や音楽を再生するたびに感じていた広告へのイライラを解消できるなら安いものです。 その1年後には、 「YouTube Red」がスタート。 広告が一切表示されないのに加え、 ・ダウンロードしてオフライン視聴が可能 ・バックグラウンド音楽として再生可能 ・YouTube Music 旧You Tube Music Key が無料 ・Google Play Musicが無料 というメリットがあります。 今後、特別番組が視聴できるサービスも、YouTube Redにプラスする予定とのことです。 これからどんな有料サービスが出てくるのか要注目です。 そして、ここからが重要なポイントになります。 YouTubeの必須パートナー「ユーチューバー」の存在 YouTube上に自分で製作したオリジナル動画を公開する、通称 「ユーチューバー」。 このユーチューバーはYouTube にとって大きな存在です。 「YouTubeパートナープログラム」 というものを利用して動画を公開すると、動画に広告が掲載されるようになり、それがユーチューバーの利益になるという仕組みです。 一回再生される度に0. 05円の利益。 とても少額ではありますが、もし400万人に一度視聴されただけでも 4,000,000 x 0. 塵も積もれば山となります。 この仕組みを利用して副収入を得ている人も多くいますし、動画が多く投稿されればされるほど、YouTube側もサイトが潤い、嬉しいわけです。 YouTubeのユーザーを増やす=収益増=ユーチューバーを増やす 広告収入や有料サービスを増やすには、実際に収益を生んでくれる人、つまりユーザーの獲得が必須です。 素敵な音楽や面白い動画をあげるだけではユーザーは増えません。 物を作れば勝手に売れる、なんてことが有り得ないのと同じで、アクションなしに効果を得ることは不可能です。 では、YouTubeはどうやってユーザーを増やしてきたのか? ここでキーとなるのが、ユーチューバーの存在。 面白い動画が増えれば、視聴者は増えます。 そのためには、 動画を増やしてくれるユーチューバーを増やすこと。 そこで、まずは閲覧数の多いユーチューバー数名と、「YouTubeパートナープログラム」を開始。 最初は商業コンテンツをもつユーチューバーのみを対象に広告を提供していきました。 さらに、TVCMでユーチューバーの存在を有名にしていきます。 ユーチューバーは基本一般の人で、芸能人ではありません。 つまり、ユーザーにとっては身近な存在です。 その身近な存在がTVCMにでることで、 「自分もそうなりたい」 「頑張れば自分でも有名になれるのかもしれない」 と一種の「成功像」が見えるようになり、面白い動画を真似て投稿するようになる。 例えば、ヒューマンビートボックスの HIKAKIN(ヒカキン)は、2006年から動画を掲載し始めて、今ではユーチューバーとしての年収が、なんと 1 億円以上。 カリスマ的存在になっています。 初めは男性のユーチューバーばかりでしたが、最近では木下ゆうか、バイリンガールのように、女性ユーチューバーたちも活躍するようになり、更に注目を集めています。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、誰もが知る、YouTubeのビジネスモデルについて、分析してみました。 今まで音楽や動画を楽しんでいた一視聴者としての視点から、ビジネスとしての仕組み、つまりビジネスモデルを分析すると、新たな収入源へのヒントが見えてきます。 あなたのビジネスや生活に役立てられるヒントがあれば、ぜひ参考にしてみてください。 ビジネスモデルをもっと見たい! 企業のビジネスモデルを知ることで、経営やマネージメントに仕組みをそのまま役立てることができます! ぜひ、様々な企業のビジネスモデルを理解し、ビジネスをよりよいものにしてみてはいかがでしょうか。

次の