シャミ 子 声優。 【まちカドまぞく】シャミ子(吉田優子)は奮闘するポンコツまぞく【まちカドまぞく】

【画像】まちカドまぞくのシャミ子ちゃん可愛すぎ

シャミ 子 声優

少女の名はコッコロ。 Cygamesが手掛けるスマホ向けドラマチックアニメRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』()に登場する女の子だ。 年齢は11歳、身長は140cm、あどけない見た目の美少女だが、こう見えて一部のユーザーから 「ママ」と呼ばれて親しま(甘えら)れている。 コッコロママ。 11歳。 わかる。 非常によくわかる。 年下に対して用いられるケースも多い。 主さまの腕に抱きついて寝る、お兄ちゃんやパパと呼びそうになる、主さまの交流関係に嫉妬する、頭をよくなでられるなど、ママと子の関係性には見えない場面。 しかし、2019年の年末に事件は起きた。 ゲーム内のストーリーの次回予告にて、 「はい、主さま、ママですよ」と、 コッコロ自身が自分のことをママと認めた のだ。 このママですよ事件は、ユーザー間において大きな話題を呼び、「ついにはコッコロママ公式化か!?」と叫ぶユーザーもいたとかいないとか。 さらに、4月から放送されているアニメにおいても、ユウキ(主さま)をお世話する描写などから視聴者にママ属性を感じさせている。 コッコロへの印象や演技する際の意識がどう変化していったのか。 コッコロの中の人である伊藤美来さんの視点を通して、コッコロとママという要素を紐解いていく。 伊藤美来さん(コッコロ役)。 ものすごく変なテーマですみません! 伊藤: いえ、おもしろい切り口だと思います(笑)。 伊藤さん自身、 『プリコネR』の一部のユーザーから、コッコロが「ママ」と呼ばれていることはご存知だったのでしょうか。 伊藤: はい。 『プリコネR』のイベントに出演させていただいた際に、お渡し会的なものがあって、そのときにユーザーさんから教えてもらって知っていました。 コッコロが「ママ」と呼ばれていることを知ったときの感想ってどうだったんでしょう。 伊藤: 確かにガイド役なので、お世話するママ感みたいなのはあるかなと思うのですが、見た目がママっぽいわけでもないですし年齢も11歳です。 そんなコッコロのことを ママと呼んで親しんでいただけることは不思議な感じがしました。 サレンやミサトなら、見た目的にもキャラ的にもママっていうのはわかるのですが、そこでコッコロなんだって! サレン(左)とミサト(右)。 ということは 、少なくとも配信当初のころ 、 伊藤さんのなかでは コッコロとママ要素は結びついてなかったということですよね。 伊藤: はい。 まったく結びついてなかったです。 その熱量は伊藤さんのところにまで届いているのでしょうか。 伊藤: 直接的にではないですが、Twitterでコッコロのイラストが投稿されたり、新衣装が登場した際のコメント欄で盛り上がってくれているのを見かけることはあります。 ゲーム内で実際に「ママですよ」って言った後も、変わらず盛り上がっていただけていてうれしい気持ちです。 コッコロの第一印象について教えていただけないでしょうか。 伊藤: コッコロと初めて出会ったのはオーディションのときでした。 キャラ設定の資料を見させてもらって、こんな小さな女の子がガイド役を務める作品なんだと印象的だったのを覚えています。 伊藤: 要素としては、 淡々と、優しく、つぶやくようにボソボソ喋る、というのを意識しました。 伊藤: コッコロは、あまり演じたことのないキャラクターだったので、自分のなかでも趣向を変えて出した声質でした。 そのため、最初のころはコッコロの声にチューニングするのが難しくて……常にその声を出せるように練習した記憶があります。 コッコロですと、「主さま」というセリフをよく言うので、「主さま」「主さま」と何度か口に出して、声質を整えていきます。 大変ですけど、その工夫がオーディション合格につながったということですもんね。 収録時に スタッフの方から演技に対してどのような希望や要望があったか 教えてください。 伊藤: 「とにかく主さまのことをすごく考えている子」というのはすごくおっしゃっていただきました。 最初のころの収録になると、もう3年以上前なんですが、とくに印象に残っていますね。 ですので、主さまへ向けてのセリフとそれ以外のセリフでは、違いが出るように意識していたと思います。 伊藤: たくさんありますけど、とくに印象に残っているのは、1部第10章のコッコロが倒されてしまって主さまが心配してくれているシーンです。 アニメーションが差し込まれているんですけど、ふたりともすごくかわいくて。 と言いますのも、確かにコッコロちゃんのママっぽいセリフやシーンは作中でも見かけるんです。 真っ暗な視点、そんななか聞こえてくるコッコロの声、目を開けると目の前にはコッコロが。 鳥のヒナは最初に見た存在を親であると意識に刷り込まれる話があります。 主さま=ユーザーにとって、『プリコネR』で最初に目にする存在こそコッコロ、つまりこの時点でコッコロは主さまの親としてインプリンティングされていたとしても不思議ではありません。 でもよく見ていくと、寝るときはコッコロが主さまの腕にしがみついて寝るスタイルだったり、コッコロ自身主さまを「お兄ちゃん」「パパ」と呼びそうになると言っていたり、ママっぽくない描写がちらほらあります。 さて、ママを語るうえで赤ちゃんサイドの描写も見ていかないといけません。 ここでいう赤ちゃんはもちろん主さまです。 というわけで 主さまを見ていくと、ことあるごとにコッコロの頭を撫でようとしています。 これは確実にママというより、幼い女の子が精一杯背伸びしてがんばっているところをほめるベクトルで捉えているように感じます。 ママと見ているなら服の裾をひっぱって「バブーバブー」くらい言いそうなものです。 そんななか、そんななかですよ! このコッコロに抱きついて頭を撫でられるシーン、コッコロはママとしての自覚が芽生え、主さまは甘えるべきママという存在を見つけた。 そんなママ化への分岐点だと思うんです! ……完全に暴走してしまい恐縮なんですが。 伊藤: い、いえ(笑)。 でも確かに、私がしっかりと主さまをお導きしますというスタンスは変わらないんですけど、いっしょに旅をしているなかで、仲間たちや主さまとの距離が縮まっているのは感じます。 主さまが、あまりにも赤ちゃん化してしまうので、主さまにお仕えするに加えて、主さまを助けたい、主さまを守らなきゃという想いが強くなっている気がします。 ママの自覚。 伊藤: ストーリー的にも、ママにならざるを得ない状況になっているので、コッコロも気合いが入っているんじゃないかと。 これでもしシナリオ担当の方が「まったく狙ってないです」って言われても、自分は信じられないです (笑)。 伊藤: そうですね(笑)。 台本でこのセリフを見たとき、正直どう思われました? 伊藤: 公認しちゃっていいんだ。 ホントに!? ってビックリしました。 1部ラストの次回予告で1回、2部に入ってのストーリー内で1回、それぞれでコッコロは「ママですよ」と口にしている。 この「ママですよ」の シーンではどのようなことを意識して演じられたのでしょうか。 伊藤: これまでは、あくまでガイド役だから主さまの面倒を見ているんですよっていうスタンスだったんですが、自分で「ママですよ」って言っているってことは、もうママになっていいんだ! って思いました。 ですので、このセリフ以降の 2部ではより母性や包容力みたいなのを足してお芝居をしています。 このあたりのコッコロの変化について、スタッフやシナリオ担当の方から演技の方向性のお話はあったんですか? 伊藤: いえ。 このシーンは私の演技プランで演じさせていただきました。 このシーンに限らずなんですが、最近ですと、コッコロを演じてきた期間が長くなってきたこともあり、お芝居をお任せいただけることが多くなっているんです。 「コッコロだったらこの場面でどういうセリフを言うと思う?」と聞いてもらえたり、台本でコッコロの言わなそうな語尾があったら音響監督さんに確認して語尾を変えてもらったり、というのがよくあります。 伊藤さん自身、長年コッコロと付き合ってきて、コッコロならこう言う、コッコロならこう考えるっていうのを、より明確にイメージできるようになってきたわけですね。 つまり今、ママの自覚に芽生えたコッコロを演じている伊藤さんもママ化しているという説も? 伊藤: いえもう全然ママ化できてないですね(笑)。 コッコロくらいしっかり者になれたらどんなにいいだろう、と思いながら収録しています。 アニメのコッコロ、ゲーム(序盤)に比べて表情が柔らかくて、2部に近い印象があります。 伊藤: アニメのコッコロはすごく変わったと思いました。 表情はもちろん、感情も豊かな感じで、 お芝居もよりフレンドリーさを意識して演じました。 ニコニコ生放送では「ママ」コメントの嵐が。 伊藤: そうですね。 掛け合いのなかで、主さま(を演じる阿部敦さん)がコッコロに合わせてくれるときもあって、本当にいい関係性で収録ができたと思います。 主さまが一生懸命戦っても魔物に負けて捕まっちゃってコッコロが助けに行くところは「主さまかわいい、コッコロ大変ね」って思いましたし、アニメで描かれるふたりがとてもかわいいので、ふたりが並んでいるだけでも癒されます。 あと、コッコロスタンプが出てきたシーンはすごくうれしかったです。 コッコロがもじもじしながら渡すんですけど、それを笑顔で受け止めてくれる主さまとの掛け合いがすごく楽しかったです。 魔物に連れていかれそうになる主さま。 かわいい。 もじもじするコッコロ。 かわいい。 伊藤: ゲームでの声の収録を始めたばかりのころは、主さまのことを赤ちゃんっぽいとは思っていなくて、この主さまダメダメだなくらいの感じだったんです。 そんな主さまをコッコロがしっかりお導きしようという気持ちだったんですが、ストーリーが進むごとにいろいろな女の子(プリンセス)たちと交流があることが明らかになって、あ、すごいモテるんだなって思うようになっていって。 伊藤: 私も同じ気持ちでした(笑)。 でも今は、主さまはみんなの主さまで、物語の主人公ではあるんですけど、ヒーローというよりいちばんのプリンセスだなって。 まわりのプリンセスたちが主さまを守るヒーローで、 主さまがメインヒロインのような立ち位置になっていると感じました。 伊藤: アニメの主さま、かわいくてしょうがないです。 伊藤: ゲームリリース時から遊んでくださっている主さまも、最近アニメきっかけで知ってくださった主さまも、いろいろな主さまがいらっしゃると思いますが、コッコロはいつも主さまのことを考えて行動している、しっかり者でかわいらしく、ときには守ってあげたくなるような魅力的な女の子です。 これからもゲームや歌、アニメなど、いろいろな方向で応援していただければうれしいなと思っています。 こ れからもお世話します。 よろしくお願いします。 お世話が必要な新キャラの登場、主さまの赤ちゃん化、そして「ママですよ」発言……確かにコッコロの心がママに傾いてもおかしくない。 「ママですよ」というセリフを発したことで、「もうママになっていいんだ!」と、演技へのスタンスが変化したことも大きい要因だろう。 それに伴って……と言い切るのは語弊があるかもしれないが、伊藤さん自身 「2部ではより母性や包容力みたいなのを足してお芝居をしています」と明かすように、ストーリー2部に入ってから、コッコロのママっぷりはすごいことになっている。 そんなママの自覚が芽生えたコッコロが……いや、コッコロママが、今後どのようなママっぷりを発揮してくれるのか。 そしてどんなお世話をしてくれるのか、期待したいところだ。 第1巻インナーイラスト。 孤高の光 Lonely dark 作詞:許 瑛子 作曲:間瀬公司 編曲:中畑丈治 2. Sweet Bitter Sweet Days 作詞:大森祥子 作曲・編曲:川田瑠夏 3. 孤高の光 Lonely dark(off vocal ver. ) 4. Sweet Bitter Sweet Days(off vocal ver.

次の

【朗報】 あそびあそばせの主役声優、全員成功してしまうwwwwwwww

シャミ 子 声優

2017年の 『 月がきれい 』で初のヒロイン役を獲得し、同年のアニメ『 魔法陣グルグル 』の ククリ 役で一躍有名となりました。 現在では冠ラジオである「小原好美のココロおきなく」のパーソナリティも務めている人気声優です。 『 魔法陣グルグル 』の ククリ 役や、『 からかい上手の高木さん 』の 日比野ミナ 役ではどこか幼さの残るかわいい声を聞かせてくれました。 最近では 多彩な声のバリエーション でキャラクターを演じているのが魅力のひとつになってきています。 『 はねバド 』の 藤沢エレナ 役ではこれまでのかわいい少女のイメージとは打って変わり、 姉御肌でかなり大人っぽい演技 でファンを驚かせました。 小原好美のデビューは『月がきれい』の水野茜 , please guys, make a figure of Akane Mizuno 水野 茜 — SODAサン kakurenb0 小原好美が 初めてメインのキャラクターを演じた 『 月がきれい 』は、思春期特有のピュア恋愛を描いた甘酸っぱいストーリー。 小原好美演じる 水野茜 は、主人公である安曇小太郎の恋人であり、 物語のヒロイン です。 陸上部に所属 している水野茜は、元気で 活発的な体育会系の女の子かと思いきや、まじめでつい空気を読みすぎてしまう一面も。 いつも べにっぽ と呼ばれる芋のゆるキャラを持ち歩いており、緊張をほぐすために必死にもみもみする姿がかわいいです。 『まちカドまぞく』は、ほのぼのとした学園生活を描きながら、 怒涛のギャグ展開を繰り広げるコメディー作品 で、シュールな笑いにファンが急増中の人気作です。 シャミ子といえば魔族 ですが、元々は普通の女の子として暮らしていました。 しかしある日突然、夢でお告げを聞くと 魔族として転身 して目覚めてしまったのです。 羊のようなくるんとした 角 に悪魔の 尻尾 が生えて、最高の萌えポイントとなりました。 シャミ子の最大の魅力は、やはり ポンコツ であるということでしょう。 倒すべき魔法少女との力の差が歴然としすぎていて、逆に仲良くなってしまいます。 そして空回りして失敗し、逃走する際の「 これで勝ったと思うなよ 」の捨て台詞が印象的です。 惑星サマーン出身の羽衣ララは 敬語という文化を持っていない ため、誰に対してもため口で接します。 しかし驚いた時に出る「 オヨ~ 」や、「 ルン 」の語尾によって敬語ができない失礼な印象ではなく、 唯一無二のクセが強い喋り方になっているのが面白いです。 キュアミルキーとしては、頭に生えた異星人らしい 二本の触覚から電撃を流して 戦います。 宇宙がテーマのプリキュア なので、しし座ドレスやかに座ドレスなど星座をモチーフにした衣装で戦うのも魅力です。 野村香純は 誰に対しても敬語 で話をしますが、仲の良い友人に対してはくだけた口調で話す一面も。 テンション高く突っ込んだり 、おバカな一面を晒して 大ボケをかましたり します。 そんな野村香純には BL好きという大声で言えない趣味 があり、男子と話すことが苦手な香純は、脳内で勝手にBLに変換して自分の趣向に花を咲かせていたのです。 また 自作のBL を書いており、そのひどい出来が 一周回って面白い と評価されていました。 1994年のアニメ化で爆発的にヒットした 人気作で、 小原好美は2017年のリメイク版で 主人公かつヒロインの ククリを演じて注目を集めました。 ククリといえば ミグミグ族最後の生き残 りとして 闇魔法の最高峰のグルグル が使える唯一の女の子です。 世間を知らずに育ってきたため純真でウブですが、勇者様が好きすぎるあまり 暴走することも。 ククリの最大の魅力であり、作品全体の面白さの一員となっているのは 魔法に関してククリがあまりにポンコツ だということでしょう。 強いパワーを秘めたククリですが、魔法陣を間違い 変な生き物を呼び出してしまう ことが多く、ドジでかわいい姿に思わず頬が緩んでしまいます。 とある離島を舞台に、主人公が 様々な女の子と交流 して恋愛に発展させていくという内容で、いわゆる 感動的なラストを迎える 泣きゲーです。 小原好美 は、祖父以外の人間とは心を閉ざしてしまった 鳴瀬しろは という難しい役に挑戦しています。 しろはは主人公と恋仲となる女の子のひとりで 予知能力 があり、そのせいで疫病神として村から嫌われていました。 孤立した存在 ではありますが、 しろは は同年代の人たちの性格や好みなどを把握している健気な一面もあり、 メインヒロインである 彼女のルートを選んだ人も多かったのでは? 実は女優志望だった小原好美 本日も『小原好美のココロおきなく』をお聴きいただきありがとうございました! ライブやお渡し会などイベントの感想メールをたくさん読みましたが、どれもみなさんからの愛に溢れていて終始嬉しそうな小原さんでした。 実際に小原好美は 総合学園ヒューマンアカデミーの俳優科に在籍 しており、女優としての道 を着実に歩んでいました。 その後は事務所に所属 し、 女優として テレビや映画への出演 も果たす中で、小原好美は女優という仕事との向き合い方に悩み始めます。 そんな時、小原は 声の仕事に向いているという母親からの言葉 を思い出しました。 その結果、所属していた事務所をやめて、もう一度 声優科のある学校に再入学!ものすごい決断力と行動力ですが、 声優として『魔法陣グルグル』のククリ役や『まちカドまぞく』のシャミ子役など代表作を得た 小原の選択は間違っていなかったのですね。 しかし現場の空気によって臨機応変に対応 できるので、これも小原好美の演技の振り幅が大きい理由の1つかもしれません。 小原好美の現場の雰囲気を重視するスタイルは アドリブ にも発展しやすく、時にかなりの盛り上がりを見せるんだとか。 その証拠に『まちカドまぞく』ではかなり ハイテンションな掛け合い が生まれていました。 事前の役作りをあまりしない小原好美ですが、準備を何もしないというわけではなく、原作などを読み込み キャラクターに対する理解度 を深めて演技に望みます。 そういった努力も、演技の幅を広げている要因ですね。 小原好美の冠ラジオ『小原好美のココロおきなく』に癒される 本日も「小原好美のココロおきなく」をお聴きいただきありがとうございました! 次回は『ココで解決お悩み相談室』をお届けします。 ラジオの内容はその名の通り、 声優の小原好美が心置きなくおしゃべりする番組 で、小原好美ファンにはたまらない至福の時間です。 番組の魅力はとにかく 小原好美の色々な声 を聞くことができることでしょう。 タイトルコールではまるで職人技のように、 小原好美が作るキャラクターのような声 を聞くことができます。 素の声での軽快なトークはもちろん、おもしろいことや驚いた時の叫び声など、 色々な声色を聞くことができるのは、『小原好美のココロおきなく』だけ。 小原好美ファンであるならば見逃せない楽しい内容のラジオです。 コミカルで可愛い声が作品を彩る声優小原好美 本日も「小原好美のココロおきなく」をお聴きいただきありがとうございました。 みなさんからのありがとうに、小原さんがありがとうを返す素敵な連鎖が起きていましたね。 そんな彼女は人気声優として 幅広い声の演技でファンを魅了 しています。 役作りは現場の人たちとの掛け合いの中でする というのは小原好美流のアプローチの仕方です。 『まちカドまぞく』での 面白い掛け合いが生まれた のもそんな小原好美の演技に対する姿勢のおかげかもしれません。 小原好美は得意のかわいい声だけでなく、 大人な低音ボイス など意外な一面を見せてくれます。 出演作品はまだ多いとは言えませんが、期待の新人声優としてこれからどんな成長を見せてくれるのか 楽しみですね!.

次の

【まちカドまぞく】シャミ子(吉田優子)の声優・小原好美【声優】

シャミ 子 声優

「シャミ子が悪いんだよ」は言ってないのに何故流行ったのか? 左の小柄な方が シャミ子こと吉田優子である。 普段は丁寧語で話すが、尊大で威厳あるまぞくとして振る舞おうとしている時には断定口調になる。 勉強と運動は苦手で、桃いわく「おばか」。 真面目な性格で努力家だが、かなりのドジで空回りしてしまうことが多い。 「これで勝ったと思うなよ」という捨て台詞を多用する。 よく「シャミ子が悪いんだよ」が使用されるシチュエーションとしては、 桃 画像右 がシャミ子に迫り「シャミ子が悪いんだよ... 私をこんな気にさせて... 」といった感じで、シャミ子に対し秘めていた愛が抑えきれずに、それをこじつけて吐き出すといったような百合展開が多く見受けられる。 「そういう展開があるアニメなのかな... 」 と期待を抱き視聴。 言わない。 言わない。 12話まで見終わった。 言わない。 ドラゴンボールでいう「オッス、オラ悟空!」や 名探偵コナンの「せやかて工藤」 ごちうさの「うるさいですね... 」 と同じく、公式に言ってないのに流行ったセリフである。 いわゆるネットミーム。 見せつけるように外向的に愛情表現をするシャミ子に対し、ふとした気遣いや内向的にシャミ子を気に掛ける桃という二人の関係性、そしてあまりの違和感の無さから「言ってそう」と瞬く間に定着していき今に至る。 誰が言い出したのかは不明である。 広まったきっかけとなったのは上記のイラストと言われているが、それ以前にも「シャミ子が悪いんだよ」というツイートが発見されたらしく、初出ではない。 また、識者によると 「物語上にそういう描写がないだけで、実際は言ってる」 「アニメと原作でカットされてるだけで、実際は言ってる」 「原作者が勝手に言ってないと思い込んでいるだけで、実際は言ってる」 という主張もあるらしい。 シャミ子が悪いんだよまとめ まちカドまぞく4コマ漫画「シャミ子が悪いんだよ」 — もこ猫 mokonekosan シャミ子が悪いんだよ の次は シャミ子は悪くないよ がサジェストに出てきた…恐らくこれも本編に出てきてないセリフなんだろうなあ — サンジェルマン🌓 Honnouzi1996 最近、シャミ子の「かえして、おうちにかえして」と桃の「シャミ子が悪いんだよ」を組み合わせて シ「帰して、おうちに帰して」 桃「ゴメンね、もうシャミ子はおうちに帰れないの」 シ「何故だ?!

次の