月形 皆楽公園キャンプ場。 『【皆楽公園キャンプ場】月形二人キャンプ!』砂川・新十津川(北海道)の旅行記・ブログ by leapさん【フォートラベル】

2019・2020皆楽公園キャンプ場(月形町)

月形 皆楽公園キャンプ場

皆さんこんばんは! クローズ前の追い込みキャンプされてますか? って事で私もソロキャン行って来ましたよ。 月形町偕楽公園キャンプ場 皆さんのブログで良く拝見しておりまして、行ってみたかったキャンプ場です。 お昼まで仕事で、急いでキャンプ場向かいたいところですが、美唄で寄り道しますよ。 理由は、 北海道民なら知ってますよね? 私は大好きです! 無事買えたので急ぎます! 思ったより混んでましたが場所を探すのにグルグル(公園2周) 何とか水辺の場所確保しました。 ただ空いてたこのエリア、地面が硬い土なんですね。 硬いのなんのって、ソリペグ打つのも結構苦労しました いつものアメド+ムササビです。 昼飯喰い逃したので、袋焼きそばをおやつ代わりに。 うめぇ~~~! あ、看板は気にしないでくださいwww キャンプ場散策してみます。 遊具のそばには遊べる小川。 夏は楽しそうですね。 あと、ヘラブナ釣りしている方多いですね。 ムムッ!? 今気づいたのですが、写真の中央!魚跳ねてる!? だとしたら凄い偶然 さてデナーの用意しましょう。 あとはメスティンでご飯炊いて、ルー温めるだけ。 簡単なのに最高に美味いっす! (あ、ソロでもいつかはお洒落なご飯作りたいんですけどねぇ。。。 ) お腹一杯なったので風呂行こうっと 月形温泉さん() 何だかネットでググると、『マツコの月曜から夜更かし』でいびつなソフトクリームがあるとかで取材来たようですね(食べてないけどw) それほど大きくないお風呂ですが、熱すぎず温すぎず自分にはとっても心地よいお湯でした。 流石に夜は冷えてきました。 待ちに待った焚火。 ファイヤー 焚火見ながらコーヒー最高やな! 師匠からいただいた手作りストーブ。 これまた綺麗だし暖かいし最高やな! 師匠ありがとうございました。 ボーっとキャンプの夜を楽しんでると。。。 後ろの2家族のグルキャンと思われる場所から、大音量のアメリカンカントリーミュージック 焚火しか見えませんが、こんな事してるのかしら?w 大人数だと大きな気持ちになっちゃうんでしょうか。 困ったもんですね。。。 風呂に入ったせいか、まだ10時なのに一気に眠気が。。。 イスカ君に潜り込みます いやぁ~寝た! 今までのキャンプの中で一番爆睡出来ました!(ぇ?後ろがうるさかったのに?www おはようございます。 焚火とコーヒー最高やな!(最高何回目?w さて、朝ご飯くらいはまじめにやりますかね。 はい、ごめんなさい 誰かさんからモザイクかけろや!って声が聞こえそうですが ちょっと風が出てきて雲が広がってきましたが、久々に乾燥撤収出来そうです あぁ、キャンプシーズン終わったな。。。 なんて寂しく帰路につきます。 *****番外編***** 家に着くと外出してた嫁さんと子供たちもちょうど帰宅。 お隣さんから、サツマイモいただいたようです。 よし!庭で焼きいもするか! 庭で家庭菜園やってるんですが、時季外れの味の悪いミニトマト。。。 スズメの餌場になってるんですw 子供たちと近くの公園で小枝や枯れ葉集めてきて今日二回目のファイヤー 焚火と焼き芋最高やな!(またw 美味しく焼けました 満喫できた2日間でした。 長文最後まで閲覧ありがとうございました。 次回のキャンプは11月18日予定です。 フジカ届いていると良いな。 ではまた.

次の

北海道キャンプ場レポ!2017~皆楽(かいらく)公園キャンプ場・月形町

月形 皆楽公園キャンプ場

旦那の急な思いつきで、キャンプに行くことになりました。 北海道ではまだキャンプシーズンは始まったばかりで寒さも心配だし、去年は買ったばかりのテントを建てるのに大層苦労したので今回はバンガローを借りることにしました。 ここのキャンプ場は札幌から車で約1時間と比較的近く、キャンプ場の隣に温泉とコンビニがあるという便利さに加え、自前のテントを使う場合はお泊まりしても清掃費1人200円という安さ。 しかもトイレはとても清潔でした。 3つあるバンガローの隣には各々一台分の駐車スペースと、木でできたテーブル+椅子が設置されています。 (新しいバンガローも建設中っぽかったです)近くに車が停められるというのは、荷物を運んだりちょっと休んだりするのにとても便利ですよね。 また、バンガローはなぜか?高床式になっているので日差しが強い時や小雨が降った時に助かりました。 こんな素敵なキャンプ場ですが、いい加減な準備で出かけたため夜はとても寒い思いをしました。 普通のTシャツとパーカに気温2度まで対応できる寝袋では全然太刀打ちできない6月の北海道の夜・・・ あと、床は板張り+薄いカーペットなので体が痛くて辛かったです。 次回は防寒具とマットを準備して臨みます!.

次の

月形町偕楽公園キャンプ場│薬屋さんのキャンプブログ

月形 皆楽公園キャンプ場

2015-06月形町 皆楽公園 〜田舎満喫• 5年 ago• Posted in:• Author:• Tags: , , 濡れたテントを乾かしたい! という、不純 笑 な動機で、古山キャンプの数日後、月形へキャンプしに出発しました。 皆楽公園キャンプ場• 北海道樺戸郡月形町皆楽公園内 岩見沢の左隣り• 0126-53-2577 皆楽公園管理棟• でも翌日は晴れ予想なので、仕事を終え、夕方出発します。 札幌都旭川を結ぶ国道12号、その抜け道扱いの国道275号沿いには、いくつかのキャンプ場があります。 おーいぇー。 (苦笑 到着!町の中心部から200〜300mぐらいでしょうか。 すぐ近くにこの皆楽公園キャンプ場はありました。 18時前に無事に到着。 キャンプ場は三角屋根の建物の右側を奥へ進みまます。 写真の小さな小屋が管理棟。 ここは一人200円!一泊しようがデイキャンプしようが同じ料金です! 安っ! 200円なのに、分別ゴミ袋と、各種案内パンフもらいます。 こちらが、場内図。 反時計回りに一方通行で車が通れます。 ん?目の前にある温泉100円引きってことは、キャンプ料金は実質100円!? テントに括りつけるタグ、初めてもらいました。 なんか田舎の役所っぽい。 注意書きもろもろ。 さて、どこにしようかな? 二周ほど回って、ここに決めました。 皆さんがキャンプするのは、ほとんどが左上のゴミ箱からトイレが一直線に並んでいる場所。 私は湖面右上の囲みにキャンプ張りました。 中島は、車の通行ができないので、オススメしません。 (橋を渡る必要がある) 管理棟のそばは、アリですが、湖面がちょっと遠い。 このキャンプ場は、張る場所によってイメージもかわりますし、写真撮る角度によってもぜんぜん違う。 2つ上と同じ位置から撮った写真ですが、一気に町感がでてきます。 車は、すぐそばに停められます。 さて、買い出しへ! こちら、管理人さんオススメの食堂、ポポット。 定食が美味しいらしい。 町中には、肉屋さんも! ジンギスカン買うのもありですね。 お買い物は、地元Aコープで。 いい味出しています。 基本、地元のスーパーで買い出しするように心がけています。 品揃え見るだけで楽しいですし、何より あまり売れていないためか 割引があることが多いのですよね。 ジンギスカンが各種揃っているあたりが、北海道っぽいです。 私は滝川の松尾ジンギスカン派(タレ付きラム)。 子供の頃、月に2回は家でラム食べていたな〜。 今回の戦利品です。 うどんは、セーコーマートと同じものでした。 まずは、おしゃれビールで乾杯!うまっ! 今回、一番ヤバかったのがこれ! 「エビ入り海鮮サラダ」 サラダと言いつつ、海鮮がてんこ盛りです。 エビ以外も頑張っていて、白い大きめの切れ端はイカ。 トビッコも山盛りで、無茶苦茶美味しかった! 日が暮れていきます。 朝早くから仕事していることもあって、あえなく撃沈。 朝食のテーマは、そうめん! 初夏だし、料理簡単だし、麺類美味しそうなので、昨晩Aコープで買ってみました。 今回使う道具一式。 ゆでて、冷やして、つゆにつける。 アウトドアグッツだけでシンプルに作ります。 ぐつぐつぐつ。。 夏場はカセットガスの火力の低下を気にしなくていいので楽です。 うま〜〜〜い! 4巻も食べてしまいました。 食べ終わると、いきなり天気が良くなっていました。 濡れていたテントを乾かします。 ついでに、寝袋とエアーマットも天日干し。 日差しは厳しいですが、6月の北海道なので、湖畔でも虫はほぼいないし、湿度低いし、快適です。 写真に写っているキャンプグッズ達。 ISUKAの滑り止め付き枕は、本当にお勧め。 何か釣れるのかな? 地元の人が集まって釣りしていました。 場内探検へ出発。 場内は、どこがキャンプできるか、非常に細かくて、少し分かりづらい。 これは中島のキャンプ地。 (雨天時冠水警告あり) ここがメインの対岸にあるキャンプ地。 (雨天時冠水警告あり) トイレ。 かな〜〜り簡易です。 ゴミ捨て場と炭入れ。 奥の方に炊事場が写っています。 炭入れの蓋、重すぎ。。。 ちゃちゃっと設置してみました感満載の炊事場。 階段の上にしっかりとした炊事場があるのですが、きっと不評だったでしょうね。 対岸のメインキャンプ地。 湖の一番奥から管理棟側を望んだ風景。 完全に別世界です。 周りは田んぼ。 湖畔には、パークゴルフ場も併設されています。 ここは気持ちが良いコースですね〜。 パークゴルフって何?という方、すでに北海道の一大スポーツです!ぜひご体験を。 木がいい具合に難易度を高めています。 コテージ。 新しい。 昔ながらの、古いツリーハウスもありますよ。 この風車、なんだろうな〜と近づいてみると・・・。 温泉の自動販売機でした! 即席足湯とかいいかも? さて、キャンプ終了。 隣接している月形温泉に入りに行きます。 朝10時から夜10時までというのはいいですね! 食堂もあるので、ここで夕食を食べてしまうのもありでしょう。 ちらっと内湯をば。 いいお湯でした。 久しぶりに、コーヒー牛乳をぐびっと。 紙蓋をピンで刺して開ける気満々だったのに、プラスティクだけになっていて、ちょっとがっくり。 場内図。 暑い・・・。 溶けそう。。。 (寒さに強く、暑さにめっぽう弱い北海道人なのです) さて、帰りましょうか。

次の