10 消費 税。 消費税10%になぜ増税となった?その経緯と軽減税率を徹底解説

消費税 10%!2019年10月1日から施行

10 消費 税

消費税率が10月1日、現在の8%から10%に引き上げられた。 消費税の増税は平成26年4月以来、5年半ぶり。 今回の増税では低所得者の負担を和らげるため、酒類を除く飲食料品などの税率を8%に据え置く「軽減税率制度」が初めて導入される。 今後は2つの税率が共存することになるが、同じ商品でも、店内飲食は10%だが持ち帰ると8%になるなど複雑だ。 また、キャッシュレス決済に伴うポイント還元も始まるが、75%の店舗が未対応で、現場では混乱も懸念される。 政府のポイント還元策は、中小店舗で現金を使わずに買い物をすれば、5%分がポイントなどで戻ってくる制度で、来年6月まで。 ただ、大手企業の店舗ではポイントが付かず、大手企業のフランチャイズ加盟店では2%と、店舗の規模や形態によって還元率が異なるなど、分かりにくいとの指摘も多い。 参加店舗も10月1日の開始に間に合うのは約50万店と全体の4分の1にとどまっている。 経済産業省は今後も登録申請を受け付ける方針で、対象店舗は今後も段階的に増えていく見通し。 1日からは増税で増える税収の一部を活用し、幼児教育・保育の無償化や、低所得の高齢者を対象に最大月5千円(年6万円)が支給される「年金生活者支援給付金制度」も始まる。 増税で見込まれている税収増は、軽減税率分の1・1兆円を除き、年間約4・6兆円。 このうち約2・8兆円を教育無償化など社会保障の充実に充て、残りの約1・8兆円は財政再建に回す。

次の

〔消費税〕どんなものが8%で10%? 軽減税率の対象品目まとめ

10 消費 税

消費税率が上がって3カ月が過ぎた。 引き上げ目前の2019年9月に取材した栗原市栗駒岩ケ崎の「六日町通り商店街」を再訪すると、人通りの少なさは相変わらずだったが… (2020年01月23日 10:49)• 消費税増税に伴い、私立大学が苦境に立たされている。 収入となる授業料や入学金は、教育を受ける側の負担を抑える目的などで非課税とされているが、支出となる施設整備や… (2019年10月24日 14:39)• 経済産業省は11日、消費税増税に合わせて今月から始めたキャッシュレス決済のポイント還元事業について、7日までの1週間の還元額が合計約60億円になるとの試算を発… (2019年10月12日 02:32)• 消費税率が1日に10%へ引き上げられてから早くも10日。 初めて導入されたキャッシュレス決済のポイント還元制度はある程度浸透しており、消費者の節約意識は今のとこ… (2019年10月10日 02:55)• 政府によるキャッシュレス決済のポイント還元が1日始まり、対象となる中小企業が出店する電子商取引(EC)が活況だ。 大手通販サイトなどでは計6万店以上が既に参加。 … (2019年10月05日 03:17)• 消費税増税に伴い、虚偽申告などで消費税の還付金をだまし取る業者らが増加することを国税当局が危惧している。 消費税が5%から8%に上がった2014年4月以降、国税… (2019年10月03日 14:43)• 消費税が増税された1日、商店街などでは同じ商品でも軽減税率の8%が適用されるテークアウトと、10%の店内飲食が混在し、店主や客から「分かりにくい」などの声が漏… (2019年10月02日 16:57)• 消費税率が8%から10%に引き上げられた1日、商店街などでは同じ商品でも軽減税率の8%が適用される持ち帰りと、10%の店内飲食が混在し、買う側や売る側から困惑… (2019年10月02日 16:52)• 消費税率は1日、2014年4月の増税以来5年半ぶりに引き上げられ、10%になった。 これに伴い、飲食料品(外食・酒類を除く)と定期購読の新聞を対象に税率を8%に… (2019年10月2日 16:26)• 消費税率が1日、8%から10%に引き上げられた。 飲食料品(外食・酒類を除く)の税率を8%に据え置く軽減税率や、キャッシュレス決済へのポイント還元など新たな制度… (2019年10月02日 16:18)• 消費税が増税された1日、商店街などでは同じ商品でも軽減税率の8%が適用されるテークアウトと、10%の店内飲食が混在し、店主や客から「分かりにくい」などの声が漏… (2019年10月02日 16:08)• 消費税率が10%に引き上げられた1日、県内でも飲食店や小売り業者が値札の変更やシステム改修といった新税率への対応に追われた。 一部商品で増税前の駆け込み需要もあ… (2019年10月2日 15:59)• 消費税率が8%から10%へ5年半ぶりに引き上げられた1日、飲食料品(外食・酒類を除く)や定期購読の新聞を対象に消費税率を8%に据え置く「軽減税率制度」もスター… (2019年10月2日 15:36)• 消費増税に伴う景気対策として1日から利用可能になった「プレミアム付き商品券」の購入申請が伸び悩んでいる。 住民税の非課税者などを対象に額面5000円分を4000… (2019年10月02日 15:23)• 消費税率が1日、10%に引き上げられた。 一部の飲食料品などを8%に据え置く軽減税率も導入された。 外食は軽減税率の対象外となるため、店内で飲食する場合は10%が… (2019年10月02日 14:57)• 消費税が1日、8%から10%へ引き上げられた。 県内でも百貨店や小売店などが値札の張り替えやレジのシステム更新などの対応に追われた。 鳥取大丸(鳥取市今町)では… (2019年10月02日 14:46)• 消費税率が10%に引き上げられた1日、県内でも公共交通機関の運賃が改定される一方、電子マネーなどを使ったキャッシュレスによるポイント還元が始まった。 食料品や飲… (2019年10月02日 14:34)• 消費税が10%に引き上げられた1日、県内でも店舗が増税に対応したレジに切り替えるなどの対応に追われた。 今回の増税で制度を複雑にしているのが、飲食料品(外食や酒… (2019年10月02日 14:15).

次の

消費税増税10%に伴う「経過措置」を分かりやすく解説

10 消費 税

消費増税のポイントは2つ 消費増税を理解する上で重要なポイントは2つあります。 「聞いたことがあるけど、意味がわからない!」という方もいると思うので、わかりやすく解説します。 軽減税率• 今回の消費増税により、ほとんどの品目が消費税10%に引き上げられますが、飲食料品(酒類・外食を除く)や週2回以上発行される新聞は例外的に8%に据え置かれます。 ここで重要なのが、「どの商品が8%で、どの商品が10%なのか?」を判断する基準です。 特に、「外食」に関しては、テイクアウトの場合は消費税8%ですが、店内で飲食する場合10%のように、細かく分かれています。 この辺りが、非常に複雑になっており、混乱を招いているのが実情です。 詳しく知りたい方は、『 』を参照ください。 難しいですね。 より簡単に理解するために、映画館の前売り券を例に説明します。 (消費者にとってはあまり関係がないので読み飛ばしても大丈夫です!) 例)映画館の前売り券 購入日:2019年9月30日 使用日:2019年10月1日 購入日の9月30日は消費税8%ですが、使用日の10月1日は消費税10%です。 消費者からすれば、すでに8%の消費税を負担しているため、関係はないでしょう。 しかし、事業者からすれば、どのように税務処理をするべきか混乱してしまいます。 このような混乱を防ぐために、一定の取引に関しては、税法上の経過措置が設けられているのです。 経過措置が適用される取引は下記の10種類です。 旅客運賃、映画・演劇・競馬場・競輪場・美術館・遊園地等への入場料金等• 電気・ガス・水道・電話・灯油に係る料金等• 工事や製造、ソフトウェア等の請負契約• 資産の貸付け• 冠婚葬祭のための施設やサービスの提供• 予約販売に係る書籍等• 特定の新聞購読• 通信販売による取引• 有料老人ホームに関する介護サービスの提供• 家電リサイクルの再商品化に関する取引 消費増税でも得するポイント! 消費増税でも得するために必要なポイントは、「軽減税率」です。 上記でも説明しましたが、軽減税率とは 「特定の品目に対しては消費税を軽くする経過措置」です。 より簡単に言うと、2019年10月以後も飲料食品の買い物と定期購読の新聞は消費税8%のままということです。 この軽減税率をうまく使い得するポイントをご紹介します。 結論から申し上げると、 店内飲食を控えてテイクアウトまたは自炊をメインにすることが重要です。 消費税10%と諸費税8%の差はたった2%ですが、年間で考えると大きな差になります。 実際にシミュレーションしてみましょう。 例)食費が月5万円 店内飲食の消費税:5,000円 テイクアウト:4,000円 たった1,000円の違いですが、年間12,000円変わってきます。 この差をどう捉えるかは、人それぞれですが、店内飲食ばかりは避けた方が良さそうですね。

次の