グーグルレンズ。 「グーグルレンズ」で写真から簡単に検索できるのにみんな使ってる?使い方と事例を紹介!

Googleレンズの使い方 完全ガイド──対応機種から翻訳、名刺読み込み、使えないときの対処法まで【iPhone/Android】

グーグルレンズ

Contents• Googleレンズとは? Googleレンズはカメラで撮った写真や画像、カメラを向けている被写体などのデータをAIによって読み取り瞬時にそれが何であるか、名称を解析して教えてくれるアプリです。 以前は、Googleから出されているPixel端末や一部Android OneのスマホでのみGoogleレンズが使用可能でしたが、現在は一般的なAndroid端末はもちろん、iPhoneなどのiOSでも利用可能になっています。 画像の検索、商品名がわからない商品の検索など、難しい操作も必要なく微妙に思い出せない情報や写真や画像しかないけど詳細が知りたいといった時など非常に便利です。 Googleレンズの機能 Googleレンズの主な機能は「被写体の認識、文字の認識とテキスト化、バーコードやQRコードの認識」の3つになります。 それぞれ出来る事が多いので、ここからは個別に説明していきます。 名称やショップを見つけることができる「被写体の認識」 写真やカメラに写っている被写体が何なのか認識して検索してくれます。 名前がわからない物はネットで検索が出来ずに、関連ワードから無理やり探したり、諦めてしまったなんて事もありますよね。 そんな時はGoogleレンズを使えば写真や被写体を写すだけで自動検索できてしまうので、今までにない検索方法で探すことが可能になります。 実際にどのような物を読み取ることができるか下記にまとめます。 動物や植物の認識 動物や植物を写した場合は、種類や名前を検索して表示してくれるで動物園や植物園で使うのも面白いかもしれません。 また、複数候補をタイル形式で提示してくれるので、万が一最初の候補が元の画像と違ったとしてもほぼ欲しかった情報にたどり着くことができます。 衣服や家具の認識 衣服や家具の場合は、ブランド、商品名、類似商品の検索の他、販売サイトも調べてくれてます。 ブランドのロゴが映り込む様にするとより検索精度が上がります。 芸能人や他人が着ている服も検索できるので、ファッション好きな人は服を探す新たな検索手段の一つになるかもしれませんね。 その他の類似商品の認識 写っている物は類似品も含めて認識して候補を出してくれます。 ブランド名やメーカー名がわからない場合でも、写っている商品や物などから同じ商品や類似商品を検索してタイル形式で表示してくれます。 似てる製品などもまとめて提示してくれるので、何か買おうを思ってGoogleレンズを使った場合、類似品などもわかるので結構使い道が多いです。 また、被写体の情報量が多いほど正確に検索してくれるので、場合によってはテキスト検索よりめちゃ使えます。 データ化が便利な「文字の認識とテキスト化」 GoogleレンズにはOCRの機能もついています。 つまり、本や資料の文字はもちろん、手書きの文字も認識してテキスト化してくれます。 そこからコピーできるので元データはないけどテキスト化したい場合など、打ち込みを省いて直接コピーするだけで終わるので仕事にも活用できますね。 文字の翻訳 テキスト化した文字の翻訳は、Google翻訳でと思いきや、Googleレンズは更に上の次元のパフォーマンスを発揮します。 英文などのテキストなどにカメラを合わせると英文の上に日本語が瞬時に表示されます。 つまり、カメラ越しに英文をみれば自動で翻訳された文章をそのまま読めるのでちょっとした時にめちゃくちゃ役立ちます。 特に海外などで飲食店に入った時など、メニューにカメラを向ければ自動で日本語が表示されるのでめちゃくちゃ便利。 もちろん、日本語から英語も可能ですし、既に画像として保存しているものでもGoogleフォトから同じことができます。 個人的にこの機能は日本で資料などの翻訳で使うってことより、海外旅行に行った時に気軽に使う用途に親和性の高い機能だと思います。 更に、Google翻訳に対応している100以上の言語がそのまま対応している汎用性の高さ利便性を際立たせています。 余程、マイナーな言語でなければ翻訳されないことはないでしょう。 手書き文字をPCにペースト この機能はスマホで使用しているGoogleアカウントでログインしたPCのChromeが必要になりますが非常に便利。 Googleレンズでコピーした手書き文字をPCに送る方法はファイルにしたりKeepなどのクラウドサービスを利用するやり方もありますが、同じGoogleアカウントでログインしているPCがあれば直接スマホからPCにペーストする事も可能です。 手書き文字を読み込んだ状態で「パソコンにコピー」を選択するとアクティプなPCが自動で検出され、検出されたPCを選択する事ですぐに貼り付けられる状態なります。 そして、PCではすぐにChromeで検索やGoogleドキュメントなどに貼り付けられるので、スマホよりもPCのディスプレイで検索や整理をしたい人には便利な機能です。 テキストのオーディオ再生 読み込んだテキストをオーディオ再生することで、わからない単語の発音や読めない漢字の読み方を確認するのに役立ってくれます。 結構な速さで文字を読み込んでくれるので使い勝手は良いです。 2020年5月現在ではAndroidのみに提供されていますが、今後iOSにも提供予定となっています。 名刺の認識 名刺などの場合は名前や電話番号、会社のURLも個別で認識してくれるので営業などで名刺を貰う機会が多い人には電話張の登録が楽になります。 名刺管理アプリとは使い方が異なりますが、電話番号などもそのまま読み取って電話が出来たり住所も読み取ったらGoogleマップに飛べるので急ぎの時は凄い便利です。 料理のメニューの認識 Googleレンズの料理のアイコンを選択してお店の料理メニューを写すことで、海外料理のメニュー名や何の料理なのかを認識して教えてくれます。 飲食店のメーニューなどを表示することで人気メニューはもちろんGoogleマップにもそのまま飛べるので店の口コミなどもひとっ飛び。 また、料理名だけでなく、料理の口コミも見ることが出来るので初めてのお店ではめちゃくちゃ実用的で役に立ちます。 専用アプリが必要無くなる「バーコードやQRコードの認識」 バーコードや二次元バーコードのQRコードも読み取ることができ、更に凄いのがこの読み取り機能は同じ画面に並んでいてもそれぞれ個別で認識をしてくれるところです。 ただし、この機能少し既存のバーコードリーダーやQRコードリーダーなどのアプリと異なり、対象のバーコードやQRコードに画面上でタッチすることで確実に読み取るインターフェイスなので、自動で読み取るって思ってると中々読み取れないという自体に陥ることも。 ただ、使い方がわかればGoogleのサービスならではの読み取るだけで終わらない利便性があるので以下にまとめます。 バーコードの認識 バーコード認識が使える事で商品の検索だけでなく、販売サイトも検索してくれます。 そのため商品名がわからない場合でも、バーコードさえあれば販売店まで分かるので楽に商品購入までたどりつけます。 また、バーコードを読み込んだだけで関連コンテンツの情報も出てくるので、シャンプーや化粧品では成分まで知ることが出来き、成分や商品の詳細を調べて物を買うタイプの人にはコアな情報まで得られるのでかなり親和性が高いです。 QRコードの認識 バーコードだけでなく、より情報量の多いQRコードも認識してくれます。 直接ウェブサイトに飛べるのはもちろん、URLのコピーから共有まで導線が楽なので使いやすく出来ています。 バーコード同様にQRコードからも関連コンテンツの検索までしてくれるので、より詳細な情報を得ることができます。 GoogleレンズはAndroidやiPhoneを含め殆どの機種に対応していますが、OSやデバイスにより起動方法が異なるので上記表に簡単にまとめました。 共通して使えるのはGoogleフォトをだけで他の起動方法の対応状況は結構違いますね。 ちなみに夜景の撮影は勿論、高い撮影能力を誇るGoogleカメラからの起動はPixelシリーズしか使うことが出来ません。 というより、残念ながらGoogleカメラ自体がルートとMODを使わない限りGoogle製のスマートフォンでしか使えないので諦めましょう。 その他のAndroidスマホの場合は、OSのバージョンに関係なくGoogleレンズのアプリを落とす事で直接起動できます。 Android端末でのGoogleレンズアプリ以外での起動方法は、「Googleフォト」「Googleアシスタント」の3つの中から選択可能です。 Googleレンズの使い方 ここからは、Googleレンズの使い方について5つに分けてそれぞれ説明していきます。 Androidの標準的利用方法「Googleレンズ」 Googleレンズを選択する 文字を認識させると[検索]、[コピー]、[翻訳]などが選択可能。 左から[翻訳]、[文字][自動検索]、[ショッピング]、[食事] Googleレンズの使い方は簡単! Googleレンズをインストールしたら起動し対象を被写体にしましょう! そうすると自動で認識してくれます。 例えば文字を認識させた場合、認識後画面をタップすると[コピー]や[検索]、[翻訳]などのが下部に表示されます。 中央の虫眼鏡マークの自動以外は、左から[翻訳]、[文字]、[ショッピング]、[食事]となっていますが殆どの場合、虫眼鏡マークでお任せしておくと目当ての結果を得られるので起動したらそのまま使うと効率的です。 撮影した画像や写真は「Googleフォト」 Googleフォトを選択する 使用したい画像を選択 右下のGoogleレンズのシンボルを選択 Googleレンズの画面に切り替わる Googleフォトからの使う場合対象は、既に撮影した写真や保存している画像になります。 使い方は、まず最初にGoogleフォトを開きます。 次にGoogleレンズに使用したい写真を選択して、Googleレンズのシンボルをタップします。 きちんと選択できていれば、写真が解析されて、上記右端のように画面にカード形式の商品や関連する商品が出てきます。 ちなみに今回試したのは、Googleから無料でもらった。 精度が高いので当然同じ商品がでてきますし、上位モデルの「Google Home」も関連コンテンツとして表示されています。 一つの情報から関連度の高い商品まで自動で出てくるので後から知って「やっぱりこっちの方が良かった」などの事態はかなり避けられますね。 シンボルをタップすればGoogleレンズの画面に切り替わります。 Googleアシスタントそのものに特別な機能が備わっているというより、Googleレンズを起動させる一つのパターンとして覚えておきましょう! Pixelシリーズ利用者限定「Googleカメラ」 Googleカメラからの起動はPixelなどの一部Android端末のみ使えます。 ある意味一番便利ななのがGoogleカメラで、デフォで入っているカメラを起動させた後、その他をタップしてGoogleレンズのシンボルを選択することで使う事ができます。 iphoneの場合は「Googleフォト」 iPhoneなどのiOS端末はGoogleレンズのアプリがApp Storeでリリースされていないので現時点ではGoogleフォトで起動させる必要があります。 以前はiPhoneなどのiOS端末は「Googleフォト」の他に「Google」アプリからも起動させる事も可能でしたが2020年2月現在はGoogleレンズのアイコンがなくなっており使用することが出来ませんでした…。 面白い機能だけにiPhoneなどのiOS端末のユーザーにも、今後安定して利用出来るようになるといいですね。 Googleレンズが使えない場合 現状ほとんどの端末に対応しているGoogleレンズですが、使えない場合はまずスマホを再起動してみましょう。 それでもGoogleレンズ使うことが出来ない場合は以下の事が考えられます。 使うことが出来ない要因 ・起動方法を間違えている場合 ・Googleレンズのバージョンが古い場合 ・OSをアップデートしていない場合 起動方法を間違えている場合 Googleレンズの使い方でも触れましたが、そもそもiPhoneなどの場合はGoogleレンズのアプリ自体がApp Storeでリリースされていないのでアプリからの起動は不可能です。 対応機種やOSによって起動方法が異なるので、まずは起動方法を確認しましょう。 Googleレンズのバージョンが古い場合 次に考えられるのがGoogleレンズのバージョンが古い場合です。 アプリストアからGoogleレンズのバージョンを最新の物にして再度試すことで使う事ができるか試してみましょう。 OSをアップデートしていない場合 最後はOSをアップデートしていない場合。 スマホを動かす基本動作に大きく関わってくるのがOSです。 このOSが最新の物にアップデートしていない場合もGoogleレンズは正常に作動しません。 また、Googleレンズ以外のアプリも正常に作動しない可能性もあるのでOSのアップデートの確認はしておきましょう! Googleレンズを利用した感想 実際に全ての機能を使ってみたところ想像以上に精度が高いってのが正直な感想。 いつも写真を取る時に愛用しているドロイド君をGoogleレンズで認識させたところ、角が折れているので上手く認識出来ないと予想していましたが、しっかりと同じ商品が出てきました。 また、右半分の写真はティッシュ箱の裏側を読み取ったものなのですが、全てミスなく完璧に読み取りが出来ています。 しかも、画面上に、テキストやURLが表示されている状態でバーコードもしっかり認識できているので別のアプリを使う必要なく一発で完結する使い勝手の良さは秀逸。 また、テキストの認識も大小の細かな文字もしっかりと読み取れていて、切り取りたいテキストの調節からコピー、検索、和訳と使い勝手も良く好印象。 加えてバーコードやURLも画面上に、テキストやURLが表示されている状態しっかり読み取ってくれるので、元々入れてたバーコードやQRコードアプリはGoogleレンズを使いだしてから即アンインストールしました。 しかも、今までのただの写真や画像から想像以上に多くの情報を引き出してくれるので過去の写真の価値もあがり以外と暇つぶしになるという。 被写体の認識、バーコード、翻訳機能もあるので個人的には海外旅行にいった時の買い物にかなり使えるアプリなんじゃないでしょうか。

次の

スマホで撮影したモノが何かを教えてくれる「Googleレンズ」

グーグルレンズ

グーグルレンズは、グーグルが提供する 画像認識アプリです。 どんなスマートフォンでも、以下に説明する方法で、 簡単に使用することができます。 1.「グーグルフォト」から用いる方法 (1)アンドロイド端末でもiPhoneでも 「グーグルフォト」をダウンロードして、最新版に更新してあれば、グーグルレンズを使えます。 グーグルフォトに保存してある写真を開くと下に表示されるマークの右から2番目(ゴミ箱マークの左)が、 グーグルレンズのアイコン(ボタン)です。 これをタップすると、写真を認識して、情報を取り出してくれます。 (2)「グーグルフォト」は、できます(無料)。 2.検索ウインドウから用いる方法 アンドロイド端末でもiPhoneでも、 、そこからグーグルレンズを使えます。 (1)iPhoneの場合 Google 検索ウインドウの右端に表示されているマークの右から2番目が グーグルレンズのアイコンです。 これをタップして開かれる画面で、グーグルレンズを使えます。 (2)アンドロイド端末の場合 Google検索ウインドウの右端のマークをタップし、開かれた画面の下にある・・・・マークをタップすると、下のように、 グーグルレンズのアイコンが現れます。 これをタップして開かれる画面で、グーグルレンズを使えます。 3.カメラのアプリから用いる方法 アンドロイド端末の場合、カメラ > その他 を選択すると、Googleレンズのアイコンが現れます(これが、これまでのGoogleレンズの標準的な使い方でした)。 4.どのように使い分けたらよいか? 上記のように、いくつかの方法によってグーグルレンズを使うことができますが、つぎのように使い分けたらよいと思います。 (1) とりあえず写真をとり、あとから画像認識したい場合は、 1の方法(グーグルフォトで使う)がよいでしょう。 名刺の画像認識には、この方法が便利でしょう。 また、も、この方法が便利です。 (2) 目の前にあるものについてすぐに知りたい場合には、 2または3の方法が便利でしょう。 何らかの理由で グーグルフォトを利用したくない場合には、この方法がよいでしょう。 *以上の使用法は、私が持っている端末についてのものです。 端末によっては、若干異なるかもしれません。 *Googleの 公式説明は、。

次の

Googleレンズまとめ|機能・iPhone/Androidでの使い方・使えない時の対処法

グーグルレンズ

2018年11月、「Google Pixel 3」の日本発売と同時に話題になった、「Googleレンズ」。 スマホカメラをかざすと、対象物の情報を示してくれる高度な検索機能は、 Pixel 3以外のAndroid端末やiOSにも対応されています。 2018年12月には 「認識できるものが10億点を超えた」との発表もあり、ますますの活躍が期待されています。 今回は、そんな「Googleレンズ」について、「実際の使い心地はどうなのか?」「どの程度"使える"のか?」を、さまざまな対象物で検証してみたいと思います! Googleレンズの基本の使い方(Googleフォト使用の場合) まず、Googleレンズを使い方を紹介します。 Googleレンズは、それ単体のアプリがあるわけではなく、「Googleアプリ」や、「Googleアシスタント」、「Googleフォト」など、既存のGoogleツールの「Googleレンズアイコン」を選択することで利用できます。 (2019年5月現在) 参考: Googleレンズアイコン。 このアイコンが目印。 なお、筆者はiPhoneユーザーで、まだGoogleアプリからは使用できなかったため、今回は「Googleフォト」からこの機能を使用してみます。 これをタップすると、 突然、近未来的なドットが画像の上を機械的に動きだし...... 結果が出ました! けど...... 「 アイスキャンディー」?「 ティムタム」? ええ...... 全然違う......。 かつては首都圏のローカル食材だったものの、現在では知名度の向上に伴い全国の大手スーパーなどでも販売されている、冬の定番・おでんで大活躍の「ちくわぶ」なのに......。 どうやら、10億点識別できるとはいえ、まだまだ識別できないものも多い模様です。 角度を変えると「画像が識別できません」と結果が変わることもあり、角度によっても出てくる答えがかなり変わってきそうですね。 なお、 AndroidでもGoogleフォトで使うことはもちろん、Pixel3など一部スマホのカメラには、カメラにこの機能がついているものもあり、撮影しながらGoogleレンズを使用することもできます。 同じく上記のGoogleレンズアイコンが目印なので、見つけたらタッチしてぜひ遊んでみてください。 「これは無理かも...... 」と半信半疑ながら挑戦した「もつ鍋」は、なんと自信満々の一択回答が返ってきました。 背景がシンプルなことと、ニラが煮える前の「ザ・もつ鍋」な見た目が功を奏したのかもしれません。 こちらは、グアムで飲んだココナッツドリンク。 試してみると、該当する商品の情報を提示してくれました。 基本的に、テキスト表示のあるものは、テキストを優先して情報を持ってきてくれるようです。 日本語の商品なら自分で検索すればいいですが、 読めない言語で書かれているテキストの情報を知りたいときは、Googleレンズが役に立ってくれそうですね。 とはいきませんでしたが、餃子はほぼ正確に当ててくれました。 ほかにない色や形状をしているものは、わりと当ててくれるイメージですね。 色味が曖昧で難しいと思われた「肉まん」も概ねクリア。 どこがどう似ていると判断されたのか......。 みんな大好きみたらし団子は、スペインで販売されているチョコレートクリームだと認識されました。 お菓子というのは合っているんですが......。 これは絶対わかるでしょう! と自信満々に判別に挑んだ「ハンバーガー」は、「バーガーキング」と判定。 わざわざ店名まで当てに来るとは、ハンバーガーには絶対の自信があるんでしょうか。 天ぷら、みたらし団子といい、 Googleレンズ、和食分野があまり得意ではなさそうです。 レモンやグレープフルーツ、文旦など柑橘系を見分けられたら画期的だな? と期待していましたが、この通り、判別は難しかったようです。 その回答も、みかんや文旦などではなく、レモンやオレンジ、ライムと提示するあたり、 やはりアジア発祥の品種に弱そうな気も? こちらは「カツオのたたき」。 しかし、出てきた答えは「ローストビーフ」「鹿肉」など。 たしかに、候補写真を見ると似ているかも......。 もっとハッキリ色別れした「ザ・地球儀!」って感じのモノだったら、判別できていたかも? Twitterで話題のネパール料理店「サラムナマステ」の「ほんとビリヤニ」を判定してみましたが...... 、残念! ならば! と「パエリア」。 ですが、ミミガイ科が表示されました。 パエリアの上に乗っている貝にフィーチャーしてしまったようですね。 やはりGoogleレンズは、スタンダードでないものや見た目の振れ幅が大きいもの、絵がごちゃごちゃしているものは判別しづらいようです。 Googleレンズはこんな楽しみ方も 筆者の実家で飼っている猫は、路上で拾ってきた雑種猫です。 しかし、家族のなかでは「"ターキッシュバン"という品種の血が混じっているのでは」と話題なんです。 これがターキッシュバン。 長毛なところも、毛色も、模様のつき方も、よく似てるんですよ...... ! もしかしてもしかしなくても、Google レンズに、その想いを後押ししてもらえるんじゃないかと思い、試してみました。 すると...... おおおお...... ! ある!! ターキッシュバンが! 3番目だけど。 似ている似ているとは思っていましたが、Googleさんに「あなたの家の猫、この種類じゃない?」と言ってもらえるとなんだか嬉しいですね。 ほかにも、雑種の猫さんたちを判定してもらうと、それぞれ似ている品種が提案されて、「うちの子、もしかしたら実は良家の出なのでは...... 」との夢が膨らみます。 うんうん、左の子も野良出身なものの、絶対ロシアンの血入っていますよね。 コラットという品種にも似てるんだぁ?? そして右の子は...... ? インテル入ってる? まとめ Googleレンズ、いろいろな写真で利用してみましたが、植物や動物、食材など、加工されていないありのままの形をしているモノは、比較的答えが見つかりやすいようです。 とはいえ2017年11月に公開されてから、およそ1年で識別可能な点数を4倍にも増やした「Googleレンズ」は、今後ますますその点数を増やしていくはず。 数年後には、私たちの生活にとって欠かせない検索手段に変わっているかもしれませんね。 今回は結果として、日本の料理や物の精度がまだまだだったので、外国から旅行に訪れる方のためにも、もっと日本の料理も判別できるようになるといいですね!日本の料理に似た世界の料理がたくさん知れて、今回は楽しかったです。 文/坂口ナオ.

次の