あいつ と その子。 菅田将暉『あいつとその子』[Intro]の楽曲分析

菅田将暉 あいつとその子 歌詞

あいつ と その子

Q 同い年なのに「お前」「こいつ」とか、友達の事を扱いの悪い呼び方をする人をどう思いますか? 私は友達をそういう扱いする人を見たとき、またされた時、人を見下してる感を感じイラッとしてしまいます。 イラッとしながらも周りの空気を悪くしてはいけないと思い、いつもそのまま注意も何も言わずに耐えています。 また、皆さんの周りにもそんな人がいますか? 私がよく誘われて一緒に飲みに行くグループの友人の中に一人だけそういう人がいて、もちろん話す目線は完全上からで、自分が楽しめなかったり少し嫌な気持ちになれば露骨にすぐ態度に出し、気分屋で自己中な大人げない態度なので、切実に今後の付き合い方を今考えています。 皆さまからすれば下らない質問かもしれませんが、それぞれどう感じるのか教えていただければと思い今回質問させていただきました。 どんな意見でもいいので、そんな時のアドバイスもあればよろしくお願いします。 Q 心理学に携わっている方、並びに、心理学に詳しい方にお伺いします。 あなたのいない場面で、ある人(A があなたのことを「どんな人なの?」と聞いてきた場合、「〇〇さん(あなた)は〜」と言うと、聞かれた人とあなたの関係はそれなりに近いと感じます。 「あの人は〜」と言うと、聞かれた人とあなたの関係は、「〇〇さんは〜」の場合より離れていることになります。 この時、Aがあなたのことを良く思っておらず、聞かれた人はそのことを知っており、そのイメージのまま話を聞いて欲しくない場合は「あの人は〜」という言い方をします。 「〇〇さん」を使うと、聞かれた人とあなたの距離が近いため「良いように解釈して話している」と受け取られる恐れがあります。 これを避けたいと思えば、「あの人」を使っておけば、中立的な感じで聞いてもらえると思うからです。 「課長はそういう人だから」と「あの人はそういう人だから」では印象はまるで違います。 「あの人は」の方が否定的で突き放した感じです。 でも、「課長はそういう人じゃない」と「あの人はそういう人じゃない」では違うでしょう。 「課長は」の方が、より強く擁護的でしょう。 発言する人の気持ちによって、使い分ける場合があるということですね。 「あの人」とか「その人」という言い方は、確かに距離を置く言い方ですが、そのように受け取って欲しいという場合に使うこともありますね。 あなたのいない場面で、ある人(A があなたのことを「どんな人なの?」と聞いてきた場合、「〇〇さん(あなた)は〜」と言うと、聞かれた人とあなたの関係はそれなりに近いと感じます。 「あの人は〜」と言うと、聞かれた人とあなたの関係は、「〇〇さんは〜」の場合より離れていることになります。 この時、Aがあなたのことを良く思っておらず、聞かれた人はそのことを... Q 職場で仲がいい女性がいます。 二人で話していたり 御飯の約束なんかをしていると よく周りから 『お似合いだね、そんなに仲がいいなら付き合えばいいじゃない』 と言われます。 その女性と一緒にいる時に 『付き合えば??』と、言われた時の回答一つで 二人の距離感が大きく変わりそうで いい意味にも、悪い意味にも変わりそう… 即答できずに、黙り込んでしまいます…。 こういう場合どう答えるのがベストだと思いますか?? 相手に興味が無い場合は 『そんなんじゃないですよ~』 『僕なんて、もったいないっすよ』 『好きな人がいるんで、ちょっとぉ』 なんかで、いいと思うんですけど。 少々気になる女性で 私に対し恋愛か、友情かはっきり読み取れない場合です。 同じ職場だし無理なアピールはしたくない… でも、友人だと断定する発言をしたくない… このまま、自然な形で恋愛に発展できればいいな と、思います。 何か、うまい対応はありそうですか?? あなたなら、どう答えますか?? A ベストアンサー >「あんた」っていろんな意味合いで使われると思うんですが 親しい意味合いをこめて、っていうよりも 相手を甘く見て、言ってるような気もします。 「標準語」の世界では「あんた」は侮蔑のニュアンスがあるのは確かです。 「演歌」の世界では、「特に親しいアナタ」以外の何者でもなく、 ある階層の人にとっては「あなた」は非常に気取った言葉で使いにくい。 結局、親しい人から、侮蔑する人までほぼ80%は全部「アンタ」の人が非常に困るわけです。 私も「あんた」嫌いです。 そして、そういう言葉を一般的「you」として使う階層の人々が どうも、最近、忌避したほうがいいかなとさえ思う。 そう、「不快」ですね。 演歌の世界観での「アンタ」の感情の持って生き方はま・・・よしとしても、そこは熱く萌えても、「アンタ」ではなく、 「あなた」と実際にはあることなら呼ばれたい。 「アンタ」と呼ばれた段階でアウトです。 タダの、育った環境、生活、風習だから、悪い意味はなくても 「アンタ」=不快と思わなくなるのは非常に難しい。 >「あんた」っていろんな意味合いで使われると思うんですが 親しい意味合いをこめて、っていうよりも 相手を甘く見て、言ってるような気もします。 「標準語」の世界では「あんた」は侮蔑のニュアンスがあるのは確かです。 「演歌」の世界では、「特に親しいアナタ」以外の何者でもなく、 ある階層の人にとっては「あなた」は非常に気取った言葉で使いにくい。 結局、親しい人から、侮蔑する人までほぼ80%は全部「アンタ」の人が非常に困るわけです。 私も「あんた」嫌いです。 そして、そ... Q 男性は、好きな人に叱ったり 怒ったり しますか? 私よりも5歳上の職場の男性です。 付き合ってはいないのですが、最近になって特に、お互いいい感じなのかなと思うときがあります。 この間、その人と真剣な話をしていて どうしても意見が合わず あまり納得していない私に対して 少しずつ、相手の口調も変わって 最終的には、私の意見に耳を傾けなくなりました。 すべて否定から入り、言いくるめられる どうしたらいいのかと思って、 本当に無意識に、小さくため息をついてしまいました。 ヤバい…と思ったときには、時すでに遅し 表情からして、かなりキレてました。。 そのあとは、仕事に対する説教が始まり かなりきつい言葉を浴びせられました。 言うべきことはしっかり言いますが、いつも静かに諭すタイプの人で 周囲の人にも、いつもそんな感じで接しています。 私は、その人の知らない顔にビックリしすぎて、思考が停止してしまい 言葉を失っていると、黙っていることにもイライラしてるようでした。 仕事とはいえ、完全に嫌われたかなと思っていたのですが 翌日、その人は気味が悪いくらい優しくて 変わらず、仕事から離れると、私に対して好意を示してくれます。 私だったら、付き合っているならともかく 好きな人を傷つけるようなことは言いたくないし 怒りの感情も出さないようにしますが 違う人もいるんでしょうか? 男性は、好きな人に叱ったり 怒ったり しますか? 私よりも5歳上の職場の男性です。 付き合ってはいないのですが、最近になって特に、お互いいい感じなのかなと思うときがあります。 この間、その人と真剣な話をしていて どうしても意見が合わず あまり納得... A ベストアンサー >男性は、好きな人に叱ったり 怒ったり しますか? しますよ。 自分の言ってる事とやってる事の矛盾に気付かず、 他の人が結果傷付く事を何度も繰り返していたら叱ります。 もしどうでも良い相手だったら無視して遠ざかるだけです。 どうでも良い相手ではないから、 その人が泥沼にはまり何度も傷付く事が目に見えていたら、 何の解決にもならない擁護より、相手の後の幸せを考えるなら叱ります。 が、結局叱ったらその人が変わる訳じゃないんですよね。 過去の経験がその人をそうせずには居られなくしているだけ。 相手の抱える経験と自分の抱える経験が致命的に合わないなら、 縁が無かったんだと思って諦めもします。 女性は気持ち 感情 優先で判断しやすく、 男性は第三者的、客観的に判断する傾向がある様です。 女性は家族を最優先して守る事に長け、 男性は社会で共益関係を作る事に長ける様です。 両性の10%近くが異性脳で異性らしい思考の人も居る様ですが。 そういう人も居る と割り切った方がいいのかもしれません。 Q 異性との関係性で、一緒に過ごすうちに少しずつ信頼関係を築き上げてきたとします。 友情なような、あまり男と女として意識しないような。 精神的な結びつきというか、そういう関係でお互いをみていたとして、どちらかが異性として意識しだしてしまった、恋愛感情を持ってしまった場合、 今までとは違う関係性になってしまいますよね。 今まで築き上げてきた男と女を意識しない欲望のない関係より、恋愛関係の方が何だか、薄っぺらく思ってしまいます。 恋愛的な関係性になったら、それまでの関係より価値が下がってしまうというか 勿体無いのかもと少し思ってしまいました。 男と女の友情はいつ何時も恋愛感情と隣合わせなのでしょうが、 信頼してきた相手を異性として、欲望の対象に切り替えてしまうのは、今までより重みがなくなってしまう気がします。 上手く表現出来てるかわかりませんが、理解出来る方いるでしょうか。 そういう信頼している相手に恋愛感情を持ってしまうとちょっと勿体無いと思ってしまったりしませんか? A ベストアンサー >ちょっと勿体無いと思ってしまったり すごくよく分かりますよ。 異性間というのは、恋愛感情を持つのが当然、というか生き物としては自然なので、 もし、恋愛感情抜きの信頼関係が築けたらとても価値があります。 だから >恋愛的な関係性になったら、それまでの関係より価値が下がってしまう ような気がするのは確かです。 恋愛感情抜きの信頼関係は貴重ですが、生き物としては「不自然な関係」なので壊れやすい。 でも、その信頼関係から発展した形での恋愛は、お互いの人格への尊敬と信頼を土台にしての恋愛なので、ほとんど最強の恋愛になると思います。 そういう恋愛に発展させることができれば、決してもったいなくはありません。 むしろ価値が上がったといえます。 ただし価値を上昇させないで、ただの恋愛関係になってしまう場合もあります。 そして、そういう場合は、まもなく恋愛も信頼関係も失われていくことが多いように思います。 なぜなのか、 昇華された恋愛関係と、ただの恋愛関係に堕するのと、なにが違ってそうなるのかよく分かりませんが。 男女の友情は、いつでも恋愛関係に移行する可能性を秘めているのだと思います。 信頼関係、と思っていても、とりあえず恋愛になるのはまずいので、「友情」と自分の心を抑えているだけの場合も多いのだろうと思います。 たとえば、既婚であるとか、上司部下の関係だとか、の恋愛になるのはマズい状況の場合、自分でも気づかずに恋愛感情を抑圧している、それが理性の働きなのだと思います。 人間であればこそ、の自己コントロールです。 状況が変わったり、理性が失われると、恋愛感情が解放されてくるわけです。 お互いを最良のパートナーにする方向での恋愛ならば価値は上昇しますが、 そうでないと、ちょっともったいないな、という気がするのはたしかです。 >ちょっと勿体無いと思ってしまったり すごくよく分かりますよ。 異性間というのは、恋愛感情を持つのが当然、というか生き物としては自然なので、 もし、恋愛感情抜きの信頼関係が築けたらとても価値があります。 だから >恋愛的な関係性になったら、それまでの関係より価値が下がってしまう ような気がするのは確かです。 恋愛感情抜きの信頼関係は貴重ですが、生き物としては「不自然な関係」なので壊れやすい。 でも、その信頼関係から発展した形での恋愛は、お互いの人格への尊敬と信頼を土台にして... Q 気になる男性の態度が、一貫しなくてとても困惑しています。 タメ口でかなり親しく話してきたり、やけに丁寧な敬語を使われたりします。 今までに何度か、波のようにありました。 男性が急に敬語で話す時は、どういった心理状態なのでしょうか? 昨日、とても丁寧な敬語で話しかけられてしまいました。 距離を置きたいのかと感じてしまい、とても落ち込んでいます。 少し前に、頼まれた本を郵送する機会がありましたので、手紙を同封した事がありました。 その頃、その男性が落ち込んでいましたので、励ます内容の手紙だったのですが。 (手紙なんて古風ですが、メールが苦手な相手で、本について説明する必要があったので) しかし昨日の会話の内容自体は、相手からの他の人には話さない様な悩み相談で、比較的親しげなものでした。 「僕達、ツーカーの仲ですよね?」(笑顔)なんてセリフが出たり、 「電話下さい」「困ったらいつでも来て下さい」と言われたり。 私のために結構遠くまで、階段を走って物を取りに行ってくれたりしました。 でも、言葉とは裏腹に、すごく敬語で、そっけないというか。 向こうも好意を持っていたら、手紙をスルー(?)するかなぁ、とがっかりしたのかも知れません。 嫌われていないのは分かるのですが。 親しくはしたいけれど、それ以上は踏み込んでこないで欲しいというサインなのでしょうか(泣) 分かりづらくて申し訳ないです。 アドバイスいただけると嬉しいです。 恋愛以前に、感情に波があるのでしょうか・・? もしそうなら、なるべくフォローしてあげたいので。 気になる男性の態度が、一貫しなくてとても困惑しています。 タメ口でかなり親しく話してきたり、やけに丁寧な敬語を使われたりします。 今までに何度か、波のようにありました。 男性が急に敬語で話す時は、どういった心理状態なのでしょうか? 昨日、とても丁寧な敬語で話しかけられてしまいました。 距離を置きたいのかと感じてしまい、とても落ち込んでいます。 少し前に、頼まれた本を郵送する機会がありましたので、手紙を同封した事がありました。 その頃、その男性が落ち込んでいましたので、励ます内... A ベストアンサー 敬語がどうかで相手の心は判断出来ないです。 ahiru666さんは、相手に敵意や距離感を感じたら、敬語を使うのですか? 違うと思います。 目上なら敬語を使う、タメ口の相手ならそのまま慣習でタメ口を使う、それだけ。 ahiru666さんも彼も、意外と心は同じなのかもしれませんよ。 ahiru666さん・・・「フレンドリーだったのに、急に丁寧になって・・・何か悪いことしたのかも?」 彼・・・「馴れ馴れしいと感じられたかな。 丁寧にした方がいいのかも?」 少なくとも、良くも思っていない相手や、これ以上踏み込んで欲しくない相手に、その「昨日の会話」のようなことは言いません。 下手に大袈裟な社交辞令なんか言えば、後々面倒になるのは彼ですから。 彼も彼なりに、ahiru666さんに距離感や不信感を感じられないよう、色々と気を使っているのではないでしょうか。 あまり上手くはいっていないようですけど・・。 あるいは、彼も拒まれて傷付くのか怖くて、なかなか積極的に「仲良くしたい」と表せないのかもしれません。 それが急に素っ気無くなったりとか、なんだかぎこちない感じになってしまうのかも。 ・・・そういう意味でも、相手の心をあれこれ伺ってなかなか素直になれないahiru666さんと同じかもしれませんよ。 とにかく、何も確定的なことも無い限りは、彼を信じた方がいいです。 彼が元々そういう(不安定で表現ベタな)タイプなのですから、せめてahiru666さんは駄目な子供を見るように器を大きく持っていないと、ますます2人の間に距離感が出来てしまいます。 敬語がどうかで相手の心は判断出来ないです。 ahiru666さんは、相手に敵意や距離感を感じたら、敬語を使うのですか? 違うと思います。 目上なら敬語を使う、タメ口の相手ならそのまま慣習でタメ口を使う、それだけ。 ahiru666さんも彼も、意外と心は同じなのかもしれませんよ。 ahiru666さん・・・「フレンドリーだったのに、急に丁寧になって・・・何か悪いことしたのかも?」 彼・・・「馴れ馴れしいと感じられたかな。 丁寧にした方がいいのかも?」 少なくとも、良くも思っていない相手や、これ以上踏み...

次の

菅田将暉 あいつとその子

あいつ と その子

概要 [ ] を主な舞台に、高校生 菱木研二とヒロインの佐藤友美が織り成す青春を描いた漫画。 学校生活を中心とした恋愛、不良少年達の抗争、公道バイク競争など多彩な展開をみせる。 いずれもバイクが作品の中心に据えられている。 連載期間は約8年。 作中の経過時間は、友美の高校入学から卒業までのちょうど3年間。 作者がまだ「期待の新人」と冠されるような 若い時期の作品。 『週刊少年マガジン』の読者アンケートでは、最高時で第6位だった。 連載期間中に、実写映画が1本、アニメ映画も1本が制作公開された。 主人公が乗るオートバイは、が1972年に販売を開始した空冷4気筒750ccの大型自動2輪車・(形式名:Z2)。 あらすじ [ ] 恋愛漫画、不良漫画、バイク漫画などの要素が混在しており、特に前半部分は明確な線引きも難しい構成になっている。 作品の雰囲気を伝えられる程度に大まかな流れを記す。 各編名は、本項目内での独自の呼称。 ラブコメ編 [ ] 単行本第1巻から第10巻付近。 研二と友美の出会いから、恋愛関係が一進一退で発展していく様子を描く。 様々な女性や、恋のライバルが登場して研二の心を惑わす。 下記の不良抗争編と重複して進行する場合もある。 不良抗争編 [ ] 単行本第3巻から第16巻付近。 との抗争、同士の抗争などに研二が巻き込まれるが、バイクの腕前で解決する。 バイクバトル編 [ ] 単行本第17巻付近から最終巻の第39巻まで。 次々と現れるライバルたちと、公道で速さを競う。 ZIIの事故、チューニングなども経験し、研二はライダーとして成長していく。 以下登場順にバトルを記す。 研二は高校に復学する。 友美の卒業式の日に帰国した研二は、校門前で友美を迎えに現れる。 思わず涙を流す友美。 二人は赤いZIIに乗って、いつまでも横浜の町を走り続ける。 最後のページは、横浜の山下公園一帯を見下ろした風景をバックに、「 さよなら あいつとララバイ」とモノローグで締めくくられる。 登場人物 [ ] 担当声優はアニメ版のもの。 主人公 [ ] 菱木研二(ひしき けんじ) 声: 搭乗車種:(ZII) ボディカラー:赤と白のオリジナルパターン 横浜西高校の1年生。 1年次に自主中退して翌年度に復学したため、年齢は同級生の友美より1つ上である。 真っ赤なにブルーと白いがトレードマーク。 髪型は、当時の男性アイドルなどに見られた形態(前髪にパーマをかけて少し持ち上げた型)に近いスタイル。 バイクとその運転を何よりも愛する少年。 中学2年の時には無免許でバイクに乗っていた。 当時からかなりの技術を持ち、リエが横浜の不良を統一するのにも陰ながら手を貸していた。 ケンカはそれほど強くないが、強者相手でもやるべき時はしっかりと受けて立つ。 高度な危険回避能力を持ち、それが無意識のうちに運転技術に繋がっている。 しかしバイクの運転については、うまく速く走って競争に勝つよりも、楽しく運転することを第一に考えている。 バトルの過程で、不可避的に警察車両を破壊したり、航空機を横切るなどの暴走を行ったこともある。 基本的にヘルメットを着けないが、何度大事故を起こしてもほとんど怪我はない。 容姿は整っており、数々の女性と親密になってしまう。 自分は軟派ではないと思っているが、周囲からは「浮気モノ」「ハンパでナンパ」「ラブコメ男」などと冷やかされる。 序盤においては、様々な恋のライバルとぶつかったり、友美との距離を縮めようと焦って失敗したりと、友美とケンカすることも多い。 物語がバイクバトル中心になると、友美を大事に思いつつも結局バイクを取ってしまい、たびたび友美を怒らせてしまう。 しかし最終回においては、レーサーとなり突然帰国し、友美を喜ばせた。 カワサキの輸出専用モデル(社内記号:Z1)の国内版として、当時の国内規制に準じた排気量750ccエンジンを積んで登場したバイク。 バイクがまだ空冷で、4気筒エンジンが最新技術だった昭和中期の製品で、作品中でもすでに「クラシック」と記されている。 転倒、衝突などの事故を頻繁に起こすが、そのたびに研二とその父親(自動車工場経営)の手によって修復されている。 一度だけ大破・炎上したことがあり、その時はほぼ全ての部品がメーカー在庫に交換された。 白時に赤の「火の玉」風カラー(ただし塗り分けはオリジナルとは異なるパターン)に赤いフレームと目立つ外観であり、当初より自己流ながらも相当のカスタムを施している。 フロントはダブルディスクでリアもディスクのトリプルディスク仕様、前後キャストホイール、オイルクーラー装着、直管タイプの集合マフラーなど改造箇所は多数。 吸気系をファンネル仕様にしているがエンジンそのものに手を加えている様子は見られない。 プロの手によってチューニングを受けるのは作品中盤の「水曜日のシンデレラ編」から。 その時のチューニング内容は、いわゆるバランス取りのみで、ポートを研磨したくらいのファインチューンであった。 その後、「首都高の青い鳥編」で中古のレース用エンジン(のキットが組まれていたとのセリフがある)に換装した。 同時にフレームにも補強が施され、製のやへの変更、の換装、サイズ変更など徹底的なフルチューンが行われた。 佐藤友美(さとう ともみ) 声: 本作のヒロイン。 横浜西高校の1年生。 短い茶髪をパーマでまとめた少女。 第1話において、高校入学直前のある日、急用のため研二のバイクに飛び乗ってしまったことで知り合いとなる。 後日、高校の同じクラスで再会し、次第に研二と意識しあうようになる。 中学生のときから陸上部で好成績(短距離走)を残しており、じゅんとは確執があった。 走ることそのものが好きで、毎朝のランニングを欠かさない。 研二と付き合い始めた当初は、衆目の前で研二にキスを迫ったり、そうかと思えば突然大嫌いと泣き叫んだりと、付き合い方がわからず困る場面が多い。 物語中盤以降は、バイクに夢中の研二にたびたび腹を立てつつも、次第に研二を一番近くで見守ろうと努めるようになる。 最終的に、研二との恋愛の発展は「キスまで」であった。 学校関係者 [ ] 新名じゅん(にいな じゅん) 声: 第6巻で初登場した、関西弁をしゃべる黒髪、おかっぱの女の子。 友美と同学年。 当初は別の高校だったが同じクラスに転校してくる。 ひろしとは異母兄妹。 夜はでバンド演奏のバイトをしている。 サバサバした性格で、「負い目は作らず筋は通す」が信条。 陸上競技の世界で友美と因縁があり、友美をライバル視していた。 不良抗争編あたりからは、友美の友達として一緒に描かれる。 恭介のことが気になりだし、北海道に旅行に行ったときには告白もしている。 アニメ版でも、恭介とペアで描かれている。 大門恭介(だいもん きょうすけ) 声: 搭乗車種: マイク・ヘイルウッド・レプリカ(MHR) ボディカラー:赤(アニメ映画版) 第11巻で初登場。 研二と同年齢だが、高校は2年で中退している。 兵庫の暴力団(大門組)組長の息子で、暴走族「魔駑奴愚(マッドドッグ)」の頭。 神戸に来た研二やひろしと因縁が生まれ、2人を追って同じ高校の同じクラスに転校(この時2年生)。 バイクバトルや旅行にも連れ立つレギュラーキャラクターとなる。 当初は凶暴な不良として描かれるが、転校後はギャグシーンでの扱いが多くなり、じゅんとの恋愛も描かれる。 最終幕となるアメリカ編にもチームメイトとして同行する。 アニメ映画版にも終始登場する。 関西弁でしゃべり、一人称は「わし」。 学生服を前開けで着用し袖を捲くっており、インナーはサラシか白いTシャツ。 バイクの腕前は、研二には及ばないものの非常にうまい。 愛車はドゥカティ・マイク・ヘイルウッド・レプリカ MHR。 初登場時はフルカウルだったが事故後、研二の父親により修理される際にネイキッド化された。 以前は研二と同じカワサキ・750RS(ZII)の初期型に乗っていた(研二は後期型)。 リエ - 相沢理恵(あいざわ りえ) 搭乗車種: 2年生。 高校生離れしたクールな黒髪長髪の美女。 その正体は、横浜の不良の象徴的存在・ 本牧(ほんもく)レディの7代目。 レディースチーム「エンジェルキッス」の元頭。 研二の旧い知り合いとして第1巻から登場。 最終登場は第16巻。 後継者選びのエピソードは未完のままで、高校卒業などの描写もない。 白川由紀子(しらかわ ゆきこ) 声: 研二の担任の先生。 車種不明のオープンカーを乗りこなす。 研二を盛り場に連れ出したり、さらに泥酔して同じベッドで寝てしまったりなど、いろいろ問題行動の多い美人女教師。 研二のサボリ癖に頭を悩ませている。 町の人々 [ ] 耀子(ようこ) 研二がよく利用している近所の喫茶店「ファニー」のマスター。 6年前に高校1年生とのことで、22歳前後。 リエ、沢木とも面識がある。 (右ハンドル)とを所有。 なお「ファニー」とは、作者がかつて結成していたバイクのチーム名である。 島田ひろし(しまだ ひろし) 搭乗車種:カワサキ・Z750 大手建設会社の跡取り息子。 暴走族「横浜キャッツ」の頭。 特攻服を着用。 左こめかみに大きな傷痕がある。 じゅんとは異母兄妹。 研二、リエ、恭介とは戦いを経て友好関係になる。 キャッツ解散後は、建設現場で汗を流す勤労青年になりつつも、研二のピンチに手を貸していく。 沢木竜一(さわき りゅういち) 搭乗車種:ハーレーダビットソン XLCR かつて横浜最強の暴走族だった「本牧ベイカーズストリート」の元リーダー。 中学生時代の研二に多大な影響を及ぼした人物で、研二がZIIを購入したのも彼に拠るところである。 ベイカーズを復活させようとして、かねてより因縁のあったひろし、リエと大戦争を行う。 バイクショップ「ボンバー」関係者 [ ] オヤッさん - 杉本鉄彦(すぎもと てつひこ) 声: かつて世界で五指にはいると言われたバイクのチューナー。 40代半ば。 10年以上前、井田とともに某メーカー(作中の噂ではホンダ)のを飛び出し、バイクレースの世界でプライベートチーム「杉本塾」を旗揚げするが、キングを失ったことが決定的となりチームは解散。 現在はのバイク屋「ボンバー」の主人。 水曜日のシンデレラ編で初登場し、以後最後まで研二のバイクをチューニングしていく。 白いツナギの作業服を着用。 ハゲ頭、鼻ひげが特徴。 顔つき、口、人当たりが非常に悪いが、認めた人間への面倒見は良く、かつての仲間からの信頼も厚い。 井田(いだ) オヤッさんとチームを作っていた弟子。 現在は会社を経営する中年男性。 バイクや対する知識と情熱は衰えておらず、オヤッさんや研二に終始協力し続け、一緒にアメリカに渡ることを提案する。 その子(そのこ) 声: 搭乗車種:ターボ 930 、 ボディカラー:白 箱根の峠で「 水曜日のシンデレラ」と呼ばれる、ポルシェに乗る大学生。 アニメ映画版ではメインライバルとして登場。 研二と箱根でバトルする。 ポルシェは、オヤッさんの今は亡き息子がチューニングしたもの。 キング 搭乗車種:スズキGSX750S ボディカラー:水色 10年以上前、オヤッさんともに世界を目指すも、不慮の事故で膝を壊し、世に出ることは無かった悲運の天才ライダー。 現在でもオヤッさんのチューンした初期型(ヒロシの目撃情報によれば2型であるが、ライト下部のスポイラーが無いことから初期型であると思われる)カタナに乗り続け、より速い相手を求めて首都高を走り続けている、人呼んで「 首都高の青い鳥」。 本名、素顔、生い立ちなどのプロフィールは不明のままで、セリフも独り言が1回しかない(「ニヤ」などの擬音が吹き出しの中に入ることはある)。 オヤッさんの口から、当時の言葉や性格が説明されるのみである。 備考 [ ]• 作品連載当時は「バイクブーム全盛期」であり、作中に登場する峠や首都高といった場所に多くのバイク乗りが出没していた。 この作品以降、何度目かの「空冷4気筒ブーム」が起き、長きにわたって登場車両が高額取引されることとなり、作中のカラーリングを真似た「あいララ仕様」「研二カラー」などのカスタム車両が雑誌を賑やかした。 ライバルの1人、皆川るみ子は、漫画連載当時の筑波サーキットS-80クラスでランキング2位だった「及川ルイ子」がモデルである。 美人であったため、バイク雑誌以外のメディアからも多数取り上げられた。 連載開始前に、パイロット版ともいえる読み切り作品『おまえとララバイ』が描かれている。 単行本『』に収録されている。 作品後半には、作者への個人スポンサーであった「ベルミーコーヒー」(2004年にカネボウの事業整理で廃盤)が作中にたびたび登場する。 作品中盤の掲載時期から、作者が週刊ヤングマガジンで『』の連載を始めている。 また、第21巻で研二が入院した病院の医者は、同作者の『』からの特別ゲスト 出演である。 実写映画版 [ ] あいつとララバイ 監督 脚本 井上梅次 製作 小倉斉 瀬島光雄 出演者 音楽 渡辺敏行 主題歌 「 あいつとララバイ」 撮影 小野正 編集 配給 公開 上映時間 84分 製作国 言語 公開。 の映画デビュー作である。 スタッフ [ ]• 監督・脚本:• 製作:、小倉斉、瀬島光雄• 原作:(「」連載)• 撮影:小野正• 美術:松井敏行• 編集:• 録音:井家真紀夫• 照明:小中健二郎• 音楽:渡辺敏行• 助監督:崎田憲一• 振付:• プロデューサー:野木勉• プロデューサー補:筒井善範• 協力:• 企画制作:映画、 出演者 [ ]• 菱木研二:• 町田ひろし:• の「キャッツ」のリーダー• 太田一夫:• 白川由紀子:• 相沢リエ:• 佐藤友美:樹由美子(現・)• マミちゃん:• 「」のメンバー• 新名じゅん:• 相沢卓:• 耀子:• 島英彦:• 菱木源三:• 菱木よね:• 村野一郎:• 暴走族「キャッツ」のタンク:• バスケ部員:(、、、)• (劇中の暴走族「横浜キャッツ」のメンバー)• ハイエナ:加藤武史• スコッチ:• スネーク:• バーボン:• ボクサーの松本吾郎:木暮毅• 生徒:• 生徒:武口明(現・武口明良)• ジャニーズJr. ( テロップに名前の出ていないエキストラメンバー)• 石丸志門• 他多数 【備考】 Jr. 出演者のうち、平本・河村・牧村・内海・鈴木・中本・前田は「」のメンバー。 そして、守屋は男闘呼組の前身グループ「」、遠藤・正木・柳沢は「」、東は「」と「」へ、それぞれ後に参加している。 主題歌 [ ]• 「あいつとララバイ」(にも収録) 同時上映 [ ]• 主演:• 出演:、、、、• 監督: アニメ映画版 [ ] 『 あいつとララバイ 水曜日のシンデレラ』 公開。 併映は「」。 スタッフ(アニメ映画) [ ]• 製作:講談社、• 監督:• 演出:• 製作者:加藤勝久、古川博三、• プロデューサー:鈴木良平、神立勝一、五十嵐隆夫• アニメーションプロデューサー:津野竜之輔• 企画:平賀純男、内田勝、大渕順雄• 原作:楠みちはる• 脚本:• 撮影監督:光枝弘明• 美術監督:• 編集:森田編集室(坂本雅紀、森田清次)• 音楽:、、• 音楽プロデューサー:金子秀昭• 主題歌:「涙のSweet Angel」「抱きしめてよRain」• アニメーション制作: 声の出演 [ ]• :菱木研二• :佐藤友美• :その子• :ボンバーのオヤッさん• :新名じゅん• :大門恭介• :早瀬• :白川由紀子• :ライダー• :学生• :女学生 脚注 [ ] []• 第1巻カバー折り返し参照。 作者である楠みちはるの著書『おまえの話はクルマばかり』における作者自身の述懐による。 第22巻のセリフからととれる。 兄のカズ(岡本和彦)がボディカラー白。 弟のアキ(岡本晶夫)がボディカラー赤。 1978年から全ての道路で自動二輪車のヘルメット着用が義務化されている。 最終回近くの草レースではヘルメットを着用している。 『湾岸MIDNIGHT SUPER TUNEDCAR COLLECTION』P. 196• 直接的言及は無いが、正体と思しき人物は登場する。 第21巻欄外。 外部リンク [ ]• - 株式会社ぴえろ• - この項目は、に関連した です。

次の

菅田将暉 あいつとその子

あいつ と その子

メジャー とマイナーの中間を漂う浮遊感が 王道進行 にはある。 virtual-pop. 迷いや戸惑いが表現できる。 『音楽の正体』 全終止 を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。 「稀に 下属和音 であるIVの和音で終止することもある。 これをIVの和音の 半終止 として、半終止の仲間に入れて考えることがある。 」 第5音の第3 倍音 があるから、それでスッキリくるのかも。 ナインス。 ふんわりさせるというか、広がりがある世界観。 幻想的とか。 優しさある。 4の 和音 のナチュラル テンション は全て好き。 ナインスは甘美な響きだと思う。 add9 はより明るく聞こえる。 アド9が頻出。 解釈を投稿 転回形 を用いて、細やかな揺れにしている感じ。 近く感じ。 4141とかは、近づき、離れて、近づき、みたいな感じ。 揺れを繰り返す感じが、壮大。 自然に息づくリズム的な。 3と6みたいな感じで分割されることも。 分割すると勢いが生まれる。 メロディと合うかも判断材料。 ベースラインの綺麗さを意識して作られた 進行。 刻一刻と迫り来る感じ。 終止 感を弱めているのかも。 継続的な感じにしたかったのかも。 分数 コード が用いられることによって、 根音 進行が円滑化、終止が薄弱化されています。 むしろ、印象を弱めようとしているのかも。 基本形への進行は結構インパクト強い。 終止感を弱化させて、他に聴かせどころを作ってる感じ。 無理してる感じがでる。 なんとか、雰囲気を維持しようとしてると考えてもいいのかも。 短和音にしたくないのかも。 解釈を投稿 メジャーとマイナーの中間を漂う浮遊感が王道進行にはある。 virtual-pop. 迷いや戸惑いが表現できる。 『音楽の正体』 全終止を巧妙に避けることで続きが聴きたくなる仕掛けが施されている曲もある。 「稀に下属和音であるIVの和音で終止することもある。 これをIVの和音の半終止として、半終止の仲間に入れて考えることがある。 」 第5音の第3倍音があるから、それでスッキリくるのかも。 ナインス。 ふんわりさせるというか、広がりがある世界観。 幻想的とか。 優しさある。 4の和音のナチュラルテンションは全て好き。 ナインスは甘美な響きだと思う。 add9はより明るく聞こえる。 アド9が頻出。 解釈を投稿.

次の