猫 臭い 口。 猫の口が臭い!!猫の『口臭』には重大な病気のサインが隠れているかも?!

猫の口が臭い場合の対処法は?口臭の原因と予防法は?

猫 臭い 口

須﨑先生ありがとう。 伝えたいことがめちゃわかりです。 うちのお嬢は人間でいえば、還暦をこえたあらロク。 そういえば、 歳を重ねるごとに、 歯がぬけおちていた。 お嬢が歯槽膿漏であることは 久しぶりにいった健康診断で判明した。 お嬢、歯槽膿漏以外はまったく健康だった。 ありがとう。 そして歯槽膿漏をなおすには全ての歯を抜くべきだといわれた。 全身麻酔をかけて歯を抜くのだとか。 治療費は7万以上かかる のだといわれた。 その日から、猫の歯槽膿漏の治療方法について散々調べた。 お嬢の嫌がるのもがまんして、口の中をひらき、お嬢の歯と歯茎の状態の現実をみた。 お嬢、ほんとうに、気がつかなくてごめん。 今、お嬢の歯槽膿漏のためにやっていることは・・ さんざん調べた結果、ドクターYujiroの 乳酸菌とフィトンチッド をためしている。 さっきの須崎先生もいっていた方法だ。 その現物としてかなり評判が良くて、実績のある商品とのことだった。 実際に公式サイトの説明では、犬の歯槽膿漏の話題ばかりなので 販売元に猫も使えるのか?ときいてみたところ ものすごく感じのいい丁寧な説明と回答をもらった。 参考までにシェアする。 猫バカ様 こんにちは、わんこの歯医者さん通販事業部と申します。 この度はDr. YUJIROのデンタルケア製品につきまして、お問い合わせをいただき、誠にありがとうございます。 またこちらからのお返事が大変遅くなり申し訳ございませんでした。 ご質問頂いておりますDr. YUJIROの製品の猫ちゃんへのご使用の件ですが、ワンちゃん同様に多くの愛猫家の方にお使い頂いております。 だだし、猫ちゃんへのご使用にあたりましては、1点、ご注意いただきたいことがございまして、夜のジェルの方は、嗜好性を高める為の香料や添加物を含んでいない為猫ちゃんにとって、「美味しくない味」である可能性がワンちゃん以上に高いです。 もしも日頃から警戒心が強いご様子であったり、お口を触られることが苦手など、ご使用に際してのご不安がありましたら、まずはDr. YUJIROハタ乳酸菌デンタルパウダー(朝用)のケアからスタートして頂いた方がよいかもしれません。 また現在朝用パウダーをご購入頂くと、1カ月分の夜用ジェルのサンプルを一緒にお送りしております。 ジェルorパウダー、いずれか一方のご使用でも、歯石や口臭の改善のご報告は多く頂いておりますので、夜のジェルの方は少しずつお試しいただき大丈夫なようであれば、朝夜の2ステップでのケアを行っていただければとても理想的だと思います。 私どもが運営をしております楽天市場のレビューのご感想がまだまだ少なく、ご使用にあたってのご心配もあるかと思いますので、私どもの方へ直接お寄せ頂いている猫ちゃんの飼い主様のメールを一部抜粋したものをお送りさせていただきますので、ご参考頂ければ幸いです。 ハタ乳酸菌が届いてすぐに、少量の水に溶いて飲ませてみるとペロペロ舐めてくれました。 頂いた乳酸菌のおかげで、なんとか便も少しずつ出せて、摘便に行かず過ごすことができています。 当たり前ですが、毎回すごく嫌がっていたので、本当にありがたい改善でした。 これまでは、1週間~2週間に一 度は病院にお世話になっていました。 何より驚いたのが、数日で便のひどいにおいが改善したこと。 腸内細菌を整えてくれたのですね。 ありがとうございました。 12才 シンガプーラ 飼い主様 気づいた時には歯石がついて歯肉炎になっていました。 まだ痛がらずフードは食べますが、知人の勧めでDr. YUJIROを使い始めました。 好き嫌いがはっきりしていて、嫌なものは絶対に口にしない子なのですが、 ハタ乳酸菌はフードにふりかけると普通に食べてくれます。 フィトンチッドは、口を触られること自体を嫌がるので、私がゆっくりできる夜に、週1回位のペースで歯肉にさっとつける感じで塗っています。 先日、爪で歯石をひっかけるようにして触ってみたら、ポロッと一カ所歯石が取れました。 本人は口を触られて怒っていましたが 笑 、痛がる様子はなく、歯肉炎も以前より臭いや赤みが減ったように思います。 関係ないかもしれませんが、この子はもともと喘息持ちなのですが、最近うちに来た知人に、前より呼吸が深くなったように見えると言われました。 (喘息の薬は病院の指示で現在休薬中です。 ) 長生きしてほしいので、これからも無理なく続けてみようと思います。 ありがとうございました。 雑種 15才の飼い主様 小さい頃に大病を患い、おしっこは介助が必要で、便も1ヶ月に数回病院で出してもらう必要がある猫です。 口にも腸にもいいかと思い、ハタ乳酸菌を始めました。 サプリメントやお薬が大嫌いなので、どうかな~と思いながらとりあえずえ いっとなめさせたら、すごく気に入ったらしく、今はハタ乳酸菌を取ろうとすると走って来ます 笑 たくさんあげても大丈夫だと伺ったので、おやつ感覚であげています。 便も以前より軟らかくなり、病院に行く回数が減りました。 先日突然食べなくなった時は、ハタ乳酸菌を水に溶かしてミルクのようにあげてみたら、それだけはペロペロ舐めていました。 よろしくお願い致します。 ちなみに購入した後も問合せを何度かしたことがあったんだけど ものすごく対応がよく、安心して商品を使うことができた。 実際にDr. YUJIROのデンタルケア製品を使ってみた はじめはアドバイス通り乳酸菌だけためした。 とりあえずごはんにふりかけ。 乳酸菌をかうと夜用のフィトンチッドもおまけでつけくれるので よるはそちらをためしてみた。 そして、ありがたいことにお嬢の口臭は徐々におさまってきた。 なので、いまはフルセットで購入している。 参考までに、、フルセットの中身をシェアすると、、、 あのメールの印象を裏切らず、梱包もしっかりとしている 商品と各種説明書 左が夜用のフィトンチッド、右が朝用のハタ乳酸菌 しかも、またしても1か月分のおまけが そしてなんと、人間用のはた乳酸菌まで ここの販売元じたいが動物病院を経営しているらしく メールの対応などもいつでも症状について相談できたり さっきシェアしたメール通り ものすごく丁寧で安心できる ただ、いま、発生している問題は フィトンチッドを口内につけるまえに、ガーゼで口の中をふいてあげて患部にフィトンチッドを塗る という一連の作業に、お嬢が徐々に抵抗を示してきていて 夕ご飯がおわるとさきに部屋に行って ピアノの後ろやカーテンのうしろに隠れていたりする。 なので、朝の乳酸菌は必達だけれど、よるはガーゼをやめて 1日ごとにふいをついて、フィトンチッドをぬるようにしている。 パートナーの 口内ケア、あなどるなかれ。 参考になれば幸いです。 わたしがつかっている商品。 公式サイトの説明がとても参考になるので一読を。 この記事を書いてから、数年たちますが、お嬢の口内は改善され、不要な歯は自然と抜けていったようです。 本記事執筆現在、お嬢は17年歳(猫年齢80歳くらい?)になりまして、いっとき多飲多尿になったことがあります。 猫は腎臓がよわいですからね、気をつけないといけないのですが・・・。 その時、しばらく休んでいた乳酸菌を復活させたところ、不思議と多飲多尿がなくなりました。 (もちろん食事も気を使っていますが) 是は、あくまでうちの例なので皆さんの猫たちに当てはまるかはいちがいに言えませんが 乳酸菌はたしかに歯だけではなく、体全体にいい効果を及ぼすのではないかと、お嬢の体調をみていて感じています。 関連する記事 関連する記事はありませんでした。

次の

猫の口が臭いときの対策はコレ!原因と病気の解説と家で簡単にできる方法|キャットフードリサーチャー

猫 臭い 口

1 猫の口臭の理由って? 猫の口臭の理由は大きく分けて3つあります。 ・口の中の病気によるもの ・歯の間につまったキャットフードによるもの ・その他の病気によるもの が挙げられます。 猫の口臭の原因って? 猫の口臭が起こる原因で1番多いのが 歯周病や口内炎といった病気が80%と大半を占めています。 ドライフードよりもウェットフードを食べている猫の方が食べカスが歯に残るため口臭がきついです。 歯周病 歯周病は、歯周ポケットに歯石がたまりとても臭い匂いがします。 歯垢がたくさんつくことにより口臭が酷くなっていくのです。 歯垢が蓄積され歯石になります。 歯周病はとても怖い病気で、歯と歯茎の間に歯石がつくことにより隙間があいていしまい歯が抜けていきます。 歯が抜け始めたらどんどん他の歯も抜けていくので歯のチェックはしっかりしてあげましょう。 いったん歯周病はなってしまうと猫は自分で治すことはできません。 また、歯周病になったら初めは口が臭くなりひどくなっていくとよだれがたくさん出るようになります。 2歳頃から歯石がつくようになるので早いうちからのケアが大切です。 歯周病にならないよう飼い主が務めてあげましょう。 2016-07-18 22:54 腎臓機能が弱まっているため 年を取った猫は腎臓機能が弱まり、体の毒素をおしっことして出すことができなくなってしまう場合があります。 そのため猫の口からおしっこのような臭いがします。 早めに動物病院へ連れていってあげましょう。 2 歯周病の対処法 まずは動物病院へ行き診察してもらいましょう。 歯周病が原因の場合、動物病院で行うことは薬や歯石除去を行うことになります。 歯石を除去するためには動物病院での 全身麻酔が必要になります。 麻酔は体に負担がかかるため体力がある若いうちに連れて行ってあげましょう。 もし麻酔が耐えれない高齢猫だったりすると抗生物質、スプレーの消毒剤を使うことになります。 歯周病はほったらかしにすると口の菌が体中にめぐり体中の病気にかかってしまいます。 日頃から猫の様子を見てあげましょう。 3 猫の歯石予防法 歯石を除去しきれいな状態を保つには、普段から予防をしっかりしましょう。 毎日の歯磨きが一番の予防法ではありますが、今までやったことのない歯磨きを猫にやるのは嫌がるのが目に見えています。 2016-08-12 10:19 口臭ケアスプレーや液体歯磨き、歯石除去のドライフードといったものがありますので試してみてもいいでしょう。 歯磨きには劣りますが、歯のケアはできる範囲でやりましょう。 脂っこいキャットフードや添加物だらけのキャットフードは口が臭くなりやすいです。 口臭がひどい猫にキャットフードを選ぶときには成分をしっかりと確かめましょう。 4 まとめ 猫の口が臭くなる 主な原因は歯周病によるものです。 歯を磨かなくても虫歯にはならないのですが、歯石から病気に発展してしまう恐れもあります。 普段から猫の歯磨きや口のケアに気を使ってあげましょう。 たかが口臭と決めつけず、早めに動物病院へ連れて行き相談してください。

次の

猫の口くっさ~!!口臭が気になって眠れないあなたに贈る口臭対策案☆

猫 臭い 口

愛猫とスキンシップをしていたら口臭が……。 飼い主としてはちょっとショックな出来事ですね。 なにかの病気だったらどうしようと思うと、とても心配になります。 猫の口臭の原因とその対処法や改善法を知ることで、猫との楽しい生活を獲得していきましょう。 猫の口臭がキツイ原因と対策、考えられる病気を獣医が教えます 食事の後、猫の口からはほのかにフードのニオイがします。 これは口臭とは違うもので、時間の経過とともに唾液の自浄作用によって消えてなくなります。 しかし時間が経っても口から嫌な臭いがしたり、フードとは違う臭いがするようなら以下のような原因が考えられます。 猫の口臭の原因1. 歯周病(歯槽膿漏など) 猫の口臭の原因として、歯槽膿漏などの 歯周病があります。 歯ぐきが炎症を起こして周辺の歯肉が腫れたり膿がたまったりといった状態になり、 口からは生ゴミの腐ったような異臭を放ちます。 猫の歯の状態を見てみると歯が黄ばんでいたり、歯ぐきが赤く腫れて炎症を起こしているのが実際に確認できます。 歯周病による口臭が発生する理由は、食べカスや歯垢をエサにして口臭の原因となる揮発性の高い硫黄化合物が増殖するからです。 特に強い異臭のもととなるのがメチルメルカプタンという物質で、その臭いは強烈です。 歯槽膿漏などの歯周病が進行していくと、ドライフードなどの固いものを食べにくくなったり、よだれの量が増えたりといったことも現れはじめます。 歯周病の一番の予防法は 歯磨きによる歯垢の除去です。 ですが、すでに歯周病にかかってしまっていると、家庭でいくら歯磨きをしても根本的な解決にはつながりません。 そのような場合は、病院で歯の治療をするのが一番の改善法です。 病院では、猫に全身麻酔をかけて歯石を除去するといった治療になります。 歯周病が気になる方は、獣医師と相談してみてください。 猫の口臭の原因2. 口内炎 猫の口内は私たち人間と同じ弱酸性ですが、 猫には虫歯の原因であるミュータンス菌がいないので虫歯のリスクはほとんどありません。 しかし、歯石はできやすいので注意が必要です。 歯石ができると、その周りを取り囲む歯ぐきや口の中で炎症が起こりやすくなります。 口内炎もその一つです。 この口内炎も猫の口臭の原因となります。 歯周病ほどの強い臭いは発生しませんが、細菌の繁殖によって炎症を起こしている状態ですので、 生臭いような異臭を放ちます。 猫の口の中を覗いてみると、頬の内側や歯ぐきの周辺などが赤くただれているのが確認できます。 口内炎を起こしていると口の中が痛むため、 普段より食欲がなくなったり少し元気がないなどの様子が見られます。 自宅でのケア方法として有効なのが、やはり 歯磨きです。 歯石が付かないよう、食後には丁寧な歯磨きで歯垢を落としてあげることで、細菌の繁殖を抑えて口内炎も予防できます。 病院で行われる治療内容は、歯のクリーニングに加えて細菌の増殖を抑制する 抗生物質を与えて炎症を抑えるというものが一般的です。 ごくまれに難治性口内炎や口腔後部口内炎という、治療の困難な症状のケースも見られますので、獣医師との二人三脚で対処していく必要もあります。 猫の口臭の原因3. 胃炎・食道炎 猫の胃腸や食道が弱って、嘔吐や下痢などの症状があらわれているときも口臭はします。 胃炎や食道炎の口臭は水素ガスやメタンガスなどが原因なので、 便やおなら・納豆のような臭いがします。 まずは嘔吐や下痢の症状を改善することが大切です。 家庭では、無理に食事を与えない・水分不足にならないよう適度に水分を与えるといったことに加え、ゆっくりと休ませてあげることを重視しましょう。 嘔吐や下痢の症状が長引くようであれば、病院での診察や検査、獣医師の診断のもと投薬による治療が必要となります。 また重症の場合は入院して、点滴による栄養補給をしながらの治療を進めていきます。 猫の口臭の原因4. 糖尿病 糖尿病は膵臓の機能が低下することにより、血糖値を正常に保つインスリンの分泌が減少して血糖値が高いままの状態になる病気です。 血糖値が高い状態のままになると、食欲の低下や多飲・多尿の症状があらわれます。 また糖尿病が原因の口臭は人間の 二日酔いのときと同じような臭いや、柿の腐ったような臭いという特徴があります。 糖尿病が疑われる場合は、まず何よりも病院での診察や検査で原因を突き止めることが一番です。 糖尿病と診断されたら、投薬による治療がメインでおこなわれます。 インスリン投与のほか血糖降下剤の投与による薬での治療をしつつ、食事療法を取り入れて体重を適切に保つなど、病院と家庭での連携治療を継続していく必要があります。 糖尿病になっている猫の口内環境は、健康な猫と比べて細菌が繁殖しやすい状態になります。 こまめな歯磨きを実践したり、噛んで遊んだりすることで口内ケアができるグッズを活用して清潔に保つように心がけることが大切です。 猫の口臭の原因5. 腎不全 腎不全になると、尿毒症性口臭という独特の口臭を発することがあります。 アンモニア臭のような不快な臭いが特徴です。 そのほか脱水などの尿毒症症状や下痢、嘔吐といった症状もあらわれます。 ぐったりとして元気がなく、見た目にも猫の体に異変が起きているということがわかります。 腎不全が疑われる場合も、まずは病院を受診しましょう。 腎不全と診断された場合は、腎臓の機能を正常にする治療を進めていきます。 脱水症状の改善を一番に、下痢や嘔吐のある場合には点滴による治療がメインです。 家庭でできる予防法として、腎不全を引き起こす原因物質であるぶどうやユリ科の植物を猫のそばに置かないことや、定期的な血液検査による健康診断を受けて早期発見に努めることが挙げられます。 病気以外にも猫の口臭の原因となるものとして、人間が食べるものと同じ食事を与えたり、口の中が汚れたままになるということがあります。 人間が食べるものは味の濃いものやニオイのきついものも含まれます。 そういったものを猫が口にすれば、当然口臭と同じような臭いが出ます。 また、歯磨きをしないまま歯垢を放っておくと、それが臭いのもととなって口臭を発します。 猫の口内環境を整えてあげることで、口臭を防ぐ効果が期待できます。 しかし猫が歯磨きを嫌がって歯磨きができなかったりと、何かと壁が立ちはだかることもあります。 猫の口臭対策に関する疑問に獣医がお答えします。 Q:口臭ケア(オーラルケアスナックやスプレー)で効果はありますか? A:たくさんの猫専用オーラルケアグッズが販売されていますが、歯磨きほどの効果は期待できません。 歯垢が付きにくい口内環境を保つ効果はあります。 嫌がって暴れるからウチの子は歯磨きなんてムリというケースには、歯磨きスナックやオーラルスプレーを補助的に使いましょう。 できるだけ歯磨きになれてもらうよう工夫してください。 Q:愛猫が歯磨きを嫌がるのですが、した方がいいですか? A:猫の口内環境を整えるのに、一番効果的な方法が歯磨きです。 頻度としては毎日がベストですが、 週に2~3回でも十分な効果が期待できます。 そして、嫌がる場合はムリに歯磨きしようとせず、歯磨きシートやガーゼなどを指に巻きつけたもので歯の周りを拭き取ってあげるだけでも少しは効果があります。 または、歯磨き効果のある療養食やおやつを取り入れて、口の中を清潔に保つというにも一つの方法です。 Q:口臭の相談を動物病院でできますか? A:口臭が気になるなら、 ぜひ気軽に相談してください。 診察内容はまず、猫の口の中の状態をチェックするなどの検査をするというものです。 また、シニア猫なら腎臓の検査も兼ねて血液検査を行います。 些細なことでも気になることがあれば気軽に病院を受診してください。 自宅でできる猫の口臭予防と口臭ケア 猫の口臭予防とケアとして、歯磨きと早めの病院受診が大切ですが、ほかにも自宅でできる効果的なものがあればぜひ試してみたいですよね。 歯磨き以外で自宅にいながら口臭ケアできる方法をお教えします。 まずは、食事を出しっぱなしでいつでもダラダラ食べるクセを付けないようにしましょう。 食べカスが常に口の中に溜まって汚れた状態が続いてしまうので、食事の時間以外は片付けておくと良いです。 食べながら口の中をキレイにしてくれるので一石二鳥ですよ。 ヒルズ プリスクリプション・ダイエット 療法食 TD 猫 歯磨き以外の口臭ケアをご案内しましたが、やっぱり口臭予防は歯磨きが一番です。 できるだけ歯ブラシに慣れてもらうことをおすすめします。 【監修】八木田智洋(獣医師・かんもん動物病院) 「親切」、「丁寧」、でインフォームドコンセント 説明と同意 を重視し、より質の高い医療を提供。

次の