イオンカードローン 審査。 イオン銀行カードローンの審査は甘いの? 厳しいの?体験談から徹底分析!

イオンカードの審査が甘いと言われてしまう理由

イオンカードローン 審査

イオン銀行カードローン イオン銀行カードローンは、パソコンやスマートフォンなどWEBで24時間いつでもお申し込みが可能です。 お申し込みからご契約まで全ての手続きがWEBで完了します。 イオン銀行カードローンの審査時間は最短翌営業日ですが、通常は2~3営業日程度かかるでしょう。 ご利用限度額は10万円~最大800万円、少額からまとまった資金まで利用ができます。 イオン銀行カードローンは、少額から何度でも繰り返しお使いいただけるので、カードローン初心者の方でも安心して利用できます。 ローンカードのお受取りの前に振込融資が可能です。 イオン銀行カードローンBIGからイオン銀行カードローンに名称が変更になったことで、口座開設も不要になり本人確認書類などは専用マイページよりアップロードで簡単に提出することが可能です。 イオン銀行カードローンは、お申込書や口座開設申込書などの書類の郵送も不要です。 お申し込みからご契約までの流れ WEBから申し込みフォームに必要事項に入力して送信します。 お申し込み完了後に、本人確認書類や収入証明書などを専用マイページよりアップロードします。 必要書類などのアップロードが完了後に審査になります。 本人確認書類などは、デジカメや携帯電話で撮影してアップロードで提出することが可能です。 審査完了後にメールで審査結果の連絡があります。 メールにて審査結果が確認できる専用ページのURLをご案内いたします。 審査結果は専用ページにて確認します。 審査に承認されるとご契約手続きを済ませます。 イオン銀行口座をお持ちの方なら、カードがお手元に届く前に銀行口座へ振込でのご融資が受けられます。 振込融資をご希望の場合は、専用ページよりお振込先のご登録が可能です。 審査完了後、5日程度でカードのお届けとなります。 カードは受取人確認サポートで送られてきます。 イオン銀行口座をお持ちでない方は、お借入れ可能となるのは、ローンカード到着後となります。 イオン銀行カードローン審査結果連絡 審査結果連絡はメールになっています。 送られてきたメールに、審査結果が確認できる専用ページのURLの案内がされています。 審査結果は専用ページで確認することになっています。 審査結果連絡がこない遅い場合などは、イオン銀行コールセンター ローン専用ダイヤルに問い合わせができます。 1週間程度経過しても、審査連絡がない場合は確認しましょう。 カードは本人しか受け取れないので注意が必要 イオン銀行カードローンのカード受け取りは、審査に承認されご契約手続きが完了後に、自宅に受取人確認サポートで佐川急便の宅配サービスで、ローンカードがおくられてきます。 イオン銀行カードローンのカード受け取りは、運転免許証などの公的証明書などで、受取人とお申込み者が同一人物か確認されます。 確認ができると、カードを受け取ることができます。 本人以外はカードを受け取ることができないので注意しましょう。 また、ご家族でもカードの受け取りができません。 本人確認が必ず必要になります。 イオン銀行カードローンは口座不要・WEB完結・振込融資可能 イオン銀行カードローンのお借入れやご返済は、コンビニATM・イオン銀行ATMでは手数料無料、提携金融機関ATMで利用できます。 インターネットから簡単にお申込ができるので、誰とも顔を合わせずにカードの受け取りからお借入れまで可能です。 カード発行の際に決まった限度額までなら、必要な金額をいつでも何度でもお借入れいただけます。 残高に応じて、無理のない返済額を設定ができます。 コンビニや銀行ATMで任意返済も可能です。 イオン銀行口座をお持ちの方なら便利な引落返済もご利用いただけます。 お借入限度額を10万円から最大800万円で設定できます。 毎月のご返済やお借入れも1,000円可能になっているので利便性抜群です。 たとえば、前月末のお借入残高が3万円以下の場合、約定返済額はなんと1,000円からです。 各種預金やカードローンのお取引き状況や残高が一目でわかるお取引明細書を、イオン銀行ダイレクトにて無料で閲覧・ダウンロードができます。 イオン銀行にあらかじめ普通預金口座をお持ちのお客さまは、審査完了からローンカードが届くまでの間に、初回振込融資サービスを1回のみご利用いただけます。 審査時間や審査回答連絡、アルバイトやパートなどの方など、カード受け取りなどの詳細な時間や日数などは、必ず公式サイトで確認しましょう。 スポンサーリンク イオン銀行カードローンは即日融資ができない イオン銀行カードローンは即日融資には対応していません。 審査時間が最短でも翌営業日で通常は2~3日程度かかります。 そのため、お申し込み当日のお借り入れはできません。 イオン銀行だけではありませんが、2018年1月より審査の時間がながくなりました。 そのため、銀行のカードローンは即日融資には対応できなくなりました。 振込融資を受けることは可能になっている イオン銀行カードローンで振込融資を利用するには、イオン銀行に普通預金口座をお持ちの方が対象です。 振込融資をご希望の場合は、専用ページよりお振込先のご登録が必要です。 ご契約手続き完了後にお客さま名義の金融機関口座に振込がおこなわれます。 ローンカードが届く前に、振込によるお借り入れが可能になっています。 振込融資を利用するには、イオン銀行に普通預金口座をお持ちの方が対象になっています。 振込融資をご希望の場合は、専用ページより振込先のご登録が必要です。 新規お申込時の1回だけですが、お客さま名義の金融機関口座に振込がおこなわれます。 イオン銀行カードローン極度額増額方法 イオン銀行カードローンの極度額増額は、ご自分で増額の申請をする方法とイオン銀行より限度額の増額のご案内が届くことがあります。 極度額増額の申請は、イオン銀行店舗・ご郵送・WEBやインターネットバンキングなどでお申込みが可能です。 限度額増額の場合でも審査があります。 極度額増額の審査結果のご連絡はメールで回答してくれます。 ご希望にそえない場合は、郵送でのご連絡になる場合があります。 新規よりも限度額増額の方が審査は厳しい傾向にあります。 他社のご利用状況などにより、ご利用限度額が減額され、新たなお借入れができなくなることがあります。 他社ローンなどで延滞などがあれば、カードローンの利用が停止になることもあります。 利用限度額の増額案内が届くこともある 優良顧客と判断されると、イオン銀行より増額案内のお知らせが届くことがあります。 増額案内の連絡がきたから、必ず極度額の増額ができるわけではありません。 増額案内は、信用情報などに途上与信などをおこない、他社借り入れ状況や返済状況などを把握しています。 後は、勤務先などの確認や年収などの確認などがおこなわれます。 増額案内の連絡がきた場合には、ご自分で増額申請をするよりも、増額できる確率がたかくなります。 ただし、審査次第では増額審査に否決されることもあります。 イオン銀行カードローン在籍確認 お申し込み後、勤務先への在籍確認は必ずあります。 担当者の方が個人名で連絡してくれます。 在籍確認を回避したり省略することは、審査で必須のためできません。 在籍確認の電話連絡は、イオン銀行か保証会社からありますが、銀行か保証会社のどちらが連絡してくるかは分かりません。 担当者の個人名なのでプライバシーは安心です。 イオン銀行カードローン審査基準評判 イオン銀行カードローンの審査基準や審査評判などは他社とかわらないといえるでしょう。 年収だけではなく、他社借入状況と信用情報を重視しています。 他社の返済に延滞や遅れなどがあれば審査には通りません。 審査に不安な方は、他社カードローンやおまとめローンを検討しましょう。 イオン銀行カードローンの審査時間や審査日数、お借りやご融資までの時間、ご利用いただける方などの詳細は必ず公式サイトで確認してください。 スポンサーリンク イオン銀行カードローンの基本情報 実質年率 3. 8%~13. 公式HP参照 借入限度額 10万円~800万円(10万円単位) 収入証明書 — 審査時間 — 即日融資 — 振込融資 〇 在籍確認 あり お試し診断 — 主婦 — パート・アルバイト — 担保・保証人 不要。 保証会社 イオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット ご利用いただける方 以下のすべての条件を満たす個人のお客様 1. 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方 2. ご契約時の年齢が満20歳以上、65歳未満の方 3. ご本人または配偶者に安定かつ継続した収入の見込める方 4. 保証会社であるイオンクレジットサービス 株 、またはオリックス・クレジット 株 の保証を受けられる方。

次の

イオン銀行カードローンの審査に通るコツと審査時間

イオンカードローン 審査

この記事の目次• イオン銀行カードローンは土日も審査を実施しています。 これは銀行系カードローンとしては珍しいのですが、残念ながら土日は即日回答からのスピード融資は行ってません。 イオン銀行カードローンで少しでも早くに借りるには? 詳しく解説していきます。 イオン銀行カードローンは365日審査を実施!なので土日審査もOK イオン銀行カードローンの審査は365日、曜日を問わず年中無休で実施しています。 そのため、土日でも審査は可能です。 イオン銀行カードローンの申し込みから審査までの流れ イオン銀行カードローンは店頭や電話での申し込み受け付けはやっていません。 インターネットのみです。 そのために24時間いつでも申し込みができます。 申し込みの流れもとても簡単です。 ローンカードでATMでお金を借りる イオン銀行に口座があればカードが届くまでは振り込み融資も可能 このように イオン銀行でカードローンを利用するには「ローンカード」を受け取らなければなりません。 しかし、それでは最短でも4日、場合によってはもっと日数がかかることがあります。 そこで急ぐ場合はイオン銀行の口座がある人に限り、振り込みでの融資を実施しています。 振り込み融資のポイントは次の通りです。 イオン銀行の普通預金口座を持っていること• 振り込みは平日のみ• イオン銀行以外の銀行への振り込みも可能• ローンカードが届くまでのサービス ここで重要なのが「振り込みは平日のみ」ということです。 これにより土日のスピード融資に制限がかかるのです。 イオン銀行カードローンは土日審査はできても土日融資はできない イオン銀行カードローンは土日の審査は可能ですが、上記のように融資を受けるにはローンカードを受け取る必要があります。 カードを受け取るまでにお金を借りるには「振り込みでの融資」がありますが、これはイオン銀行の口座があり、平日限定という条件があります。 つまり、 どの方法であっても土日申し込みでその日のうちにイオン銀行カードローンで融資を受けることは不可能ということになります。 イオン銀行カードローンで少しでも早く融資を受ける方法:口座無しの方 イオン銀行カードローンで、少しでも早くお金を借りるにはどうすればいいのでしょうか(ここではイオン銀行の口座を持っていないことを前提にご説明します)。 平日に申し込みをする場合:最短即日 イオン銀行の店頭で口座開設し、口座番号を聞いてからインターネットでカードローンの申し込みを済ませます。 店頭で申し込むと「イオン銀行カードローンBIG」の申し込みになってしまうので、ご注意下さい。 審査が始まりますが、職場への在籍確認の電話連絡もスムーズに進むように時間帯に注意しましょう。 審査に通ったら、振り込み融資を依頼します。 この場合はできれば午前中に申し込みを済ませると即日回答のスピード融資が可能になります(審査結果によっては翌営業日以降になる場合もあります)。 この記事も読まれています• 【厳選】カードローン 10874 view 土日に申し込みをする場合:最短翌営業日 イオン銀行は土日でも店舗で営業をしています。 そこで、店舗まで行き、口座開設してからインターネットでカードローン(イオン銀行カードローン)の申し込みをします。 すると土日でも審査が始まります。 ただし、土日に職場が休みの場合は在籍確認ができません。 その場合は審査結果が週明けになる可能性があります(この場合、利用開始はさらに遅れます)。 審査に通ったら、すぐにネットから振り込み融資の依頼をします。 土日だとその日のうちには無理ですが、これで翌営業日には振り込まれます。 いずれのタイミングでもイオン銀行カードローンで早く融資を受けるには、店頭で口座を開設してネットから振り込み依頼をすることが必須です。 そこで、まず店頭での口座開設の方法をご説明します。 イオン銀行の口座開設方法と融資スピード イオン銀行の口座開設には、店頭と郵送(インターネット含む)での申し込みの2通りがあります。 ホームページからのお申込みでも、申込書類やイオン銀行キャッシュカードの送付は郵送です。 ネットですべての手続きをすることはできません。 そのため口座が無いときは最速が店頭窓口となります。 【イオン銀行店頭での口座開設方法】最短即日• 2~3週間後にキャッシュカードが届く 店頭での申し込みもキャッシュカードが郵送されるまでは日数がかかります。 しかし、 店頭ならインターネットからイオン銀行カードローンに申し込む時に必要な口座番号を聞くことができます。 これがスピード融資では大きなアドバンテージになります。 口座番号があればイオン銀行カードローンに申し込めるからです。 【郵送での口座開設方法】最短約2~3週間• 2~3週間後にキャッシュカードが届く イオン銀行キャッシュカードのお届けまでは最短で約2~3週間です。 このようにかなり日数がかかります。 キャッシュカードが届くまでは口座番号がわからないので、イオン銀行カードローンの申し込みもできませんし、当然、振込融資も利用できません。 時間の余裕がある時にだけ選択するようにしましょう。 急いで融資を受けるには店頭で口座開設をすると早い イオン銀行の口座開設は上記のどちらの方法でも、キャッシュカードが届くまで日数がかかってしまいます。 そのため、早く融資してもらうには振込融資を依頼するしかありません。 イオン銀行カードローンで振り込み融資を受けたいなら、とりあえず口座番号がすぐにわかる「店頭での開設」がおススメです。 申し込み時には口座番号の入力が必要になるため、口座開設したら必ず口座番号を聞いて帰りましょう。 なお、 イオン銀行の店舗は一般の銀行と違って土日も21時ごろまで営業をしています(営業時間は店舗により異なる)。 仕事帰りに口座開設をすることも可能です。 【口座開設しない場合の融資方法】最短約4~5日後 もちろんイオン銀行に口座がなくてもカードローンの申し込みや利用は可能なのですが振り込み融資が受けられません。 つまり、審査完了後、約4~5日後の届く「ローンカード」を使うしか方法がありません。 そのため、急ぐ場合は上記のように店舗で口座開設をして、カードローンを申し込むのがおススメです。 イオン銀行カードローンの土日審査の流れ では、次にイオン銀行の審査の流れをご説明していきます。 基本的に土日審査も平日の審査も流れは同じです。 ただし、具体的な審査内容や審査基準は公開されていないので、わかりません。 イオン銀行カードローンの審査内容 審査内容は公開されてはいませんが、「この人にお金を貸しても大丈夫かどうか」「きちんと返済してくれるかどうか」を審査しています。 そのための方法として、本人の自己申告(勤務先、勤続年数、年収、他社借入状況)だけでなく、信頼できる機関を使って審査をします。 信用情報機関への照会と在籍確認 カードローンなど融資に関する審査では、信用情報機関に問い合わせてその人の信用情報を照会することと、職場への在籍確認を行っています。 信用情報機関への照会とは お金を貸す場合に、その人が他社で多額の借り入れがあったり、返済が滞っていたりしたら「貸しても返済できないのではないか?」と判断されます。 それを調べるために「信用情報機関」への照会を実施するのです。 信用情報機関にはその人の氏名と生年月日などがあれば照会ができ、次のような内容を見ることができます。 本人に関する情報 氏名、生年月日、住所、運転免許証の番号など 契約内容 どこの金融機関でどんな契約をしているか(契約日、カードローンやキャッシングの商品、契約金額など) 利用に関する情報 利用した日、金額など 支払いに関する情報 返済日、残高、返済遅延の記録など このように何社でいくら借りていて、残高はどれくらいか、返済の遅れがないかどうか……といった金融商品に関する利用状況がすべてわかってしまいます。 在籍確認(電話連絡)とは 在籍確認は申し込んだ人が記入した勤務先で本当に勤務しているのかどうかを確認するために実施されます。 確認と言っても会社まで行くということではありません。 個人名で勤務先に電話をかけて、「〇〇さんはいますか?」と聞くだけです。 電話口に出た人の反応で、「確かにそこで働いている」ということが確認できます。 なお、在籍確認では年収や勤務状況など込み入ったことは一切聞かれないので、ご安心ください。 審査は在籍確認もすべて終えること イオン銀行に口座があり、申し込みや本人確認の書類がスムーズに提出できても、この在籍確認が終わらないと審査が終了しません。 イオン銀行は土日審査が可能なので、職場に電話をかけてくることがあります。 ところが職場が休みで誰も電話に出られないと在籍確認ができません。 結局、審査が終わるまでに時間がかかってしまいます。 急ぐときは職場が営業している時間帯を考えるようにしましょう。 なお、在籍確認は自分が不在でも問題はありません。 審査に通ればメールで連絡 審査に通るとメールに連絡が来ます。 もし、申し込んでなかなか審査結果が来ないという場合は、在籍確認が完了していない可能性があります。 また、審査が通らなかった場合はメールではなく郵送で伝えられます。 審査結果のメールが来ない場合は審査に落ちていることが考えられます。 イオン銀行カードローンの土日審査を最大限利用して早く融資を受ける方法 土日に申し込んでも即日回答のスピード融資はできません。 しかし、申し込みだけ済ませておいて、週明けにすぐにお金を借りるようにしておくとスムーズに進みます。 土日の間にできることを済ませておこう ローンカードの発行を待っていると日数がかかります。 そのために振り込み融資を利用します。 そのためにはイオン銀行の口座開設が必要になります。 週明けにすぐにお金を借りるには、土日の間にイオン銀行の店舗で口座開設の手続きをします。 キャッシュカードの発行は2~3週間かかりますが、口座番号は聞けば教えてもらえます。 カードローンの申し込み時にその口座番号を入力します。 申し込みが完了すれば土日でも審査が始まります。 在籍確認の電話連絡対応が最大のネック 土日に職場への在籍確認ができればその日のうちに審査に通った旨の連絡が来ます。 もし職場が休みの場合は、週明けに職場で自分が電話に出るようにすると安心です。 週明けに審査結果が届いたら、すぐに振り込み融資を依頼すれば翌営業日にはお金を借りることができます。 どうしても土日に融資を受けたいなら他行を選ぶしか無い ただ、土日に「今すぐお金が必要」という場合にはイオン銀行では対応できません。 他の銀行でもカードローンは土日融資に対応しているところは少ないのが現実です。 その場合は「新生銀行イオン」またはアイフルやアコムなどの消費者金融を利用してみましょう。 これらは金利が高めですが、無利息期間があるので、イオン銀行で借りるまでの間をつなぐことができます。

次の

イオン銀行カードローン審査に通る3ポイント!でも融資まで2週間も必要?

イオンカードローン 審査

イオン銀行カードローンから融資を受けたいと思ったとき、気になるのは「審査に通過できるのか?」「審査時間はどのくらいか」などではないでしょうか? イオン銀行カードローンは、申込者本人に安定かつ継続した収入がないと審査に通過できません。 そのため、 本人に安定した収入がない専業主婦や無職の人は、イオン銀行カードローンの審査に落ちます。 また、過去に自己破産などの金融事故を起こしている人や、イオン銀行以外からの借入件数・借入残高が多い人は、審査担当者に貸倒れを疑われるため、イオン銀行カードローンの審査に通過できません。 この記事では、イオン銀行カードローンの審査に通過するために必要な条件や、イオン銀行カードローンの審査時間について解説します。 イオン銀行カードローンの審査基準 イオン銀行カードローンの審査に通るには、イオン銀行の公式サイトに記載されている申込条件を満たしている必要があります。 イオン銀行カードローンの申込条件は、下記の通りです。 【イオン銀行カードローンの申込条件】• 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方• 契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方• 申込者本人に安定かつ継続した収入の見込める方• イオン銀行カードローンの申込条件には、イオン銀行の普通預金口座を持っているという内容は明記されておりません。 そのため、イオン銀行の普通預金口座を持っていない人でも、申し込み可能です。 学生は収入が合っても申し込み不可 大手消費者金融のアコムやプロミスなどは、満20歳以上で収入があれば学生でも申し込み可能です。 一方でイオン銀行カードローンは、収入があったとしても学生から申し込みは受け付けていないので注意しましょう。 実際に、イオン銀行カードローン公式サイト「よくあるご質問」には下記のような記載があります。 Q:【イオン銀行カードローン】学生ですが申し込めますか? A:誠に申し訳ございませんが、学生の方はお申込みいただけません。 引用元:イオン銀行 イオン銀行カードローンの申込時に必要な書類 イオン銀行カードローンの申込時に必要な書類は以下のとおりです。 イオン銀行カードローンでは、本人確認書類の提出を求められます。 有効期限内のものでないと本人確認書類として認められないため、イオン銀行カードローンに提出する前に確認しておきましょう。 また、イオン銀行カードローンに申し込む際には、源泉徴収票や給与明細といった収入証明書類の提出が必要です。 収入証明書類を事前に用意しておくことで審査が円滑に進むため、本人確認書類とともに用意しておいてください。 イオン銀行カードローンの審査結果が出るまでの時間 イオン銀行カードローンでは、即日融資に対応していません。 イオン銀行カードローンに限らず、 銀行カードローンの審査結果が即日で判明することはありません。 銀行カードローンの審査の際、カードローン申込者の情報を警視庁のデータベースと紹介することが義務付けられているためです。 カードローン申込者の情報を警視庁のデータベースと照会するのにかかる時間は最短で1日、長いと2週間程度かかることがあります。 そのため、イオン銀行カードローンの審査結果を申込当日に知ることは絶対にできません。 申込日当日に審査結果がわかるカードローンを探している人は、消費者金融のカードローンを検討しましょう。 消費者金融なら即日融資を受けられる 申込日当日に審査結果がわかるカードローンを探している人には、消費者金融を利用する方法があります。 なかでもアコムのカードローンでは、審査結果が平日・土日祝日を問わず最短30分で出ます。 また、20時までに申し込みを済ませれば、最短即日融資を受けることが可能です。 30日間の無利息期間を利用すれば、期間中は利息ゼロ円でお金を借りることができるため、アコムは短期の借り入れにも向いています。 イオン銀行カードローンの審査に落ちる理由 下記の条件に1つでも当てはまるとイオン銀行カードローンの落ちやすくなるので注意しましょう。 申込者本人に安定した収入がない• 信用情報に傷がある• 社内ブラックになっている• 他社借入件数が多い 申込者本人に安定した収入がない 申込者本人に安定した収入がない人は、申込条件を満たせないため、イオン銀行カードローンの審査に落ちてしまいます。 安定した収入の意味についてイオン銀行カードローンのコールセンターに問い合わせたところ、 「1つの職場から2か月以上継続してお給料をもらっている」とのことで、年収や雇用形態(正社員、パート・アルバイトなど)は関係ないとのことでした。 つまり、雇用形態に関係なく、申込者本人が特定の勤め先から2か月以上にわたって給料をもらっていれば、イオン銀行カードローンの審査に通過する可能性があります。 一方、現在の勤め先で働きはじめて2か月が経過していない人や日雇い労働の人などは、イオン銀行カードローンの審査に通過できないので注意してください。 申込者本人に安定した収入がない場合の対処法 申込者本人に安定した収入がないと、銀行、消費者金融を問わずカードローンの審査に通過できません。 どのカードローン会社でも、申込条件の中に「申込者本人に安定した収入のある方」という条件を設けているためです。 申込者本人に安定した収入がない場合は、質屋などの金融機関以外からの借入を検討しましょう。 信用情報に傷がある 信用情報に傷があるとイオン銀行カードローンの審査に落ちる原因となります。 信用情報とは、カードローンやクレジットカードなどの利用履歴に関する情報のことです。 「契約日」「返済履歴」「現在の借入額」などが記録されます。 また、過去に自己破産などの返済トラブルを経験している人は、返済トラブルの履歴もすべて登録されています。 信用情報に傷がない申込者はイオン銀行にとって安心してお金を貸せる顧客なので、イオン銀行カードローンの審査に通過できる可能性が高くなります。 逆に、信用情報に傷がある人は、返済能力を疑われるためイオン銀行カードローン含め、すべてのカードローン審査に落ちてしまいます。 信用情報は個人信用情報機関と呼ばれるところに5~10年間記録が残ります。 過去に返済トラブルを起こしていて不安な人は、個人信用情報機関に信用情報の開示請求をしてみましょう。 イオン銀行は「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「シー・アイ・シー(CIC)」という2つの個人信用情報機関に加盟しています。 加えて、イオン銀行が加盟する個人信用情報機関は、「日本信用情報機構(JICC)」と呼ばれる個人信用情報機関とも提携しています。 信用情報を開示する方法を詳しく知りたい人は、の記事を参考にしてください。 社内ブラックになっている 個人信用情報機関から金融事故の記録が消えたとしても、 イオン銀行カードローンの指定する保証会社で金融事故を起こした経験がある人は審査に落ちやすくなります。 金融機関は顧客データを保証会社内で永久的に管理している可能性があるため、過去にイオン銀行カードローンの保証会社で金融事故を起こした人は「社内ブラック」となり審査落ちやすくなります。 例えば、イオン銀行カードローンの保証会社は、イオンクレジットサービスとオリックス・クレジットです。 イオンクレジットサービスとは、イオンカードの審査や顧客管理業務を行っている会社です。 つまり、過去にイオンカードやオリックス・クレジットで金融事故を起こしている人は、個人信用情報機関から金融事故の情報が消えていたとしても、イオン銀行カードローンの審査に落ちる可能が高いです。 他社借入件数が多い イオン銀行カードローンに申し込む際に、他社借入件数が多いと審査に落ちる可能性が高くなります。 イオン銀行は利用者に貸したお金が返済されないことを最も恐れているため、他社借入が多すぎる人を「いずれ破産するのではないか」と警戒します。 そのため、すでに2社以上の金融機関から借り入れしている人は、審査担当者から多重債務者と判断されて、イオン銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。 イオン銀行カードローンに申し込みする際は、他社借入件数を減らしてから利用を検討しましょう。 イオン銀行カードローンの審査に通る裏技 イオン銀行カードローンの審査に通る方法は、下記の通りです。 【イオン銀行カードローンの審査に通る方法】• 他のカードローンやクレジットカードを同時に申し込まない• 虚偽申告をしない イオン銀行カードローンの審査に通る方法を解説します。 他のカードローンやクレジットカードを同時に申し込まない イオン銀行カードローンの審査に通過する確率を上げたい人は、イオン銀行カードローンの申し込みと同じタイミングで他社のカードローンやクレジットカードを申し込むのは止めましょう。 同時に複数社のカードローンやクレジットカードの申し込みをすると、審査担当者に「お金に困っている」と判断され、イオン銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。 同時に複数社のカードローンやクレジットカードの申し込むことを、「多重申込(申し込みブラック)」といいます。 6か月で3件以上のカードローンやクレジットカードの申し込みを行っていると多重申込とみなされる可能性があります。 6か月で3件以上のカードローンやクレジットカードに申し込みした人は、最後の申し込みから半年が経過してからイオン銀行カードローンに申し込むようにしましょう。 虚偽申告をしない イオン銀行カードローンの審査に通過する確率を上げたい人は、絶対に虚偽申告をしてはいけません。 虚偽申告がバレると、イオン銀行カードローンの審査に必ず落ちるためです。 他社借入件数や他社借入残高などの情報は、個人信用情報機関に登録された信用情報を確認すればわかります。 イオン銀行はカードローン審査の際、審査担当者が申込者の信用情報に必ず目を通すので嘘は必ずバレます。 また、虚偽申告が発覚した場合、イオン銀行カードローンの審査に落ちるだけではなく、詐欺未遂や文書偽造の罪に問われる危険性があります。 イオン銀行カードローンの審査に通過したいからといって、申込時に虚偽申告をすることだけは絶対に避けてください。 イオン銀行カードローン通らない人は消費者金融に申し込む イオン銀行カードローンの審査に通らない人は、消費者金融などのに申し込みましょう。 銀行カードローンと消費者金融ではが異なるため、審査に通る可能性があるからです。 消費者金融カードローンの中でもアコムは、最短30分で審査結果を知れるだけでなく、土日祝日の申し込みであっても即日融資を受けられる可能性が高いです。 本人に安定した収入があればパート・アルバイトの人でも申し込みが可能なため、主婦でも利用できる可能性は十分あります。 専業主婦はアコムを利用できない 専業主婦の人は、配偶者に安定した収入があっても審査に通過できません。 アコムの申込条件のなかで、「申込者本人に安定かつ継続した収入の見込める方」と設定されているからです。 本人に収入のない専業主婦は、申込条件を満たせないことから、イオン銀行カードローンの審査に通過できません。 安定かつ継続した収入を得ている配偶者の同意書があっても、専業主婦はイオン銀行カードローンを利用できないのです。 また、専業主婦は本人に収入がないことから、他行のカードローンを利用しても配偶者に借入額を返済してもらう必要があります。 夫や妻といった配偶者に内緒にしておくことはできないため、お金に困っている専業主婦は、お金がない現状を配偶者に相談してみてください。 収入を得ていない専業主婦は、アコムを利用することができません。 アコムのカードローンは、本人に安定した収入があることを申込条件としているためです。 専業主婦で消費者金融のカードローン利用を希望する人は、の記事を参考にしてください。 FP監修者コメント イオン銀行カードローンは、銀行カードローンであるため、消費者金融のカードローンと比べて金利は安くなっていますが、満20歳を超えていても、学生や専業主婦は借りられません。 また、即日融資はできないため、融資までに数日かかることは確認しておきましょう。

次の