ご苦労 様 敬語。 「ご苦労様」はなぜ失礼?

間違えやすい敬語。目上の先輩に「ご苦労様」は間違い|「マイナビウーマン」

ご苦労 様 敬語

「お疲れ様です」という言葉は、ビジネスシーンや家族間でも用いられることがあります。 相手にねぎらいの気持ちを伝えるために「お疲れ様です」と言いますが、目上の人に使う言葉としてはどうなのか疑問に感じる方も少なくないとされます。 また、目上の方が目下の方に「お疲れ様です」と言われた時には気分が悪くなるという方もいます。 しかしながら「お疲れ様です」という言葉は、目下の方が目上の方に使うことに関して間違いはありません。 「お疲れ様です」は立場に関係なく誰にでも使って良いねぎらいの言葉であり、疲れている相手をいたわる言葉です。 「お疲れ様です」は目上が目下に、目下が目上に使用しても言葉の意味としては何の問題もないとされます。 「お疲れ様です」は立場を問わずねぎらいをかける時に用いる言葉でしたが、一方の「ご苦労様です」は目上の方が目下の方へのみ使用することができる言葉になります。 そのため、目下から目上に対して「ご苦労様です」と使うことは失礼に値します。 「ご苦労様です」を用いて良いシーンは、目上から目下にねぎらいの言葉をかける時だけです。 「ご苦労様です」は、ただの丁寧な言葉として捉えられていることもあります。 ただの丁寧な言葉として捉えている場合、「ご苦労様です」を目上の人に用いてしまう人がいます。 「ご苦労様です」は丁寧な言葉遣いではありますが、ただの丁寧な言葉ではありません。 目上から目下へのみ使える言葉なので、使う相手を間違えないように気をつけましょう。 使い方.

次の

「ご苦労さまです」の使い方は?目上の人や上司に敬語として使うのは失礼?

ご苦労 様 敬語

現代では、 「ご苦労様です」は上司など、目上の人に使うのは避けた方が良いとされています。 なぜ失礼なのか。 これは、文法上ではなく、今まで「ご苦労」という言葉が使われていた過去に理由があります。 意味でも解説しましたが、「ご苦労」は昔君主から家臣に向けて使われていました。 退勤時には類語表現の「お疲れ様です」を用いるのが、敬語としては正しく、ついうっかり目上の人に使わないように気をつけてください。 目上の人が「ご苦労さま」と言ったからと、条件反射的に同じ表現は使わず、類語表現に言い換えることで、失礼がないようにしましょう。 「ご苦労様です」の使い方・タイミングとは? 「ご苦労様です」は目上の人には使ってはいけない敬語表現ですが、 退勤時に目下の部下などに使えます。 部下が残業をするのに上司である自分だけが先に帰る場合や、出入り業者、清掃員の人などに対しての挨拶として「ご苦労さまです」と声を掛けましょう。 また、宅配便を持ってきてくれた業者さん、ピザのデリバリーを頼んだ時にも、わざわざ出向いてくれたお礼の意味として使うことが出来ます。 自分よりも若い人、目下の人のみに使える表現ですが、判断が微妙な時は類語表現を使うことで、トラブルを回避しましょう。 敬語表現だからと重苦しく考えず、自然と口にしたり、メールで使えるようにマスターしてくださいね。 「ご苦労様です」と「お疲れ様です」の違いとは? 敬語表現である、「ご苦労様です」と「お疲れ様です」の違いはシンプルです。 「ご苦労様です」は目上には使えず、「お疲れ様です」は目上の人にも使えると覚えましょう。 「ご苦労様です」を目上の人に使うと、偉そうであったり、失礼な印象を与えますので、年齢や立場等が不明な場合は、「お疲れ様です」を使うようにすると、失礼がありません。 かって、大名が家臣に「ご苦労」と労ったような印象を与えさせてしまうので、特に年配の方に対しては「ご苦労さまです」はご法度です。 メールでも、ついうっかり使ってしまわないように、迷ったら上司に相談するなどして、トラブルを防いでください。

次の

「ご苦労様」の意味と使い方・敬語・目上の人に使っても良いのか

ご苦労 様 敬語

社外の人への言葉には注意していても、うっかり間違った言葉を使ってしまいやすいのが上司への言葉の使い方。 こんな間違った言葉づかいをしていないかを、もう一度ビジネスマナーをチェックしてみましょう。 【「どちら様?」はNG。 間違えやすい敬語】 職場の上司にねぎらいの言葉をかける時、「ご苦労さまです」はNG 仕事の問題を対処するために、あちこち駆けずり回ってくれた上司へ、ねぎらいの言葉をかけようとつい「ご苦労さまです」、「ご苦労さまでした」と言ってしまう場合があります。 気持ちとしては、そのほうがぴったりきたとしても、「ご苦労さま」は目下の人に対して使う言葉。 上司にねぎらいの言葉をかける時は、「お疲れさまでした」を使うのがビジネスマナーです。 職場の上司に何か頼みごとをする時のマナーは大丈夫?「これ、お願いします」はNG 突然上司の元へやってきて、部下が開口一番「これ、お願いします」なんて書類を置いていった日には、上司としてはやっぱりイヤな気持ちになるもの。 このような時は、「お忙しいところ申し訳ありませんが」という前置きをつけてみる、または「お願いしてもよろしいでしょうか?」などのやわらかい表現を使ってみるなど、上司への気遣いや配慮が感じられる敬語を選ぶようにしましょう。 上司をほめる時の言葉も使い方を間違いやすい「すてきなネクタイですね」は実はNG 言われている上司も、実は気づかないことの多いNG言葉が「上司の外見を、ほめる言葉」です。 上司の外見や服装、持ち物などの見た目をほめるという行動は、基本的に親しい間柄同士でする行為。 これは地域によって、敬語の使い方に差があることに理由があるようです。 ちなみに関東圏では「行かれる」、「言われる」よりも、「いらっしゃる」、「おっしゃる」を使う人が多いのだとか。 「行かれる」、「言われる」で上司がちょっと嫌な顔をする時は、「いらっしゃる」、「おっしゃる」を使ってみましょう。 まとめ 上司や社員同士での言葉づかいは、正しいのか正しくないのか、時によくわからなくなることがあります。 基本的に自分が言われて「嫌だなぁ」と感じた言葉づかいは、相手に使わないようにするのがベスト。 失敗を糧にして、どんどん上司とコミュニケーションをとりながら、正しい言葉づかいを覚えていきましょう。

次の