だいたい 全部 展。 乃木坂46アートワークス展の現場レポ!グッズを全部買うのは不可能!

乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展|ローチケ[ローソンチケット] イベントチケット情報・販売・予約

だいたい 全部 展

の図録が届きました。 図録 圧倒的なクオリティ、最高です。 だいたい全部展で語りたいこと 『 にも、足繁く通っております。 展示替えの度にアクセスしているので、3回ほど。。。 展示のコンセプトとクオリティ 展示は、のクリエイティブのつながりのためのビデオから始まります。 は、兎にも角にも「ものづくり」に力を入れてきたグループです。 それがどういう資料・小道具を生み出してきたのか、普段は語られない、スタッフの側から「これ見てみて!」が多数盛り込まれています。 ビデオが終わったら展示ルームへ。 述べ96,000 ! 点以上のもの作品の中から、貴重な書類や、製作の流れに沿った展示が行われます。 のロゴから、コンセプト制作、CDジャケット、絵コンテ、色味調整、フォント、ロゴ、衣装、ロケーション、小道具、設定資料。。。 がシングルを作る、というのはこれほどまでに壮大な作業であったのかが伝わってきます。 僕らが目にしていないボツ資料の数に圧倒されるのです。 「ぐるカーのジャケットこっちでもよかったじゃん!」とか、 「何度目の青空かは確かにこの作り方がいいんよな、本当に最高」とか、 「CD表面のデザイン、こうやって作られてるんや!とか、 「色味の調整ガチじゃね?(ドン引き)」とか、 なんにせよ細かな感想は大量に感じられます。 部屋を埋め尽くされているルはただのスペース埋めに見えて、 展示替えごとに箱が消えて新たな展示スペースが生まれる演出があります。 開梱されているみたいで超かっこいいです。 特に注目したいのは• ハルジオンのジャケット• 逃げ水の設定資料• 「私、起きる。 」と「ガチャ子さん」の小道具• 関連の個人PVの絵コンテ あたりでしょうか。 シャキイズムの小道具も今回のために復刻されたそうですね だいたい全部展を通して考える乃木坂のクリエイティブ 運営がクリエイティブ偏重であること は、そもそもがに「なんかアイドル作ってくれん?」「おk」というやり取りでできたアイドルグループです。 そのために、レーベルとして、アーティストとして、CDを買う人やカルチャーをに受けるようなものづくりがなされています。 今野:を、アイドルでありつつアーティスティックにも見せていきたい、そのためには、 を扱うメディアや、アート系の人たちからいいねって言ってもらえるようになったら理想的だな、というふうに思っていました。 (より) 今野さんのこの言葉の通り、はたくさんのクリエイターを巻き込んで成長し、 またMdNやなど、クリエイター、ファッション系の雑誌と絡みながら成長していきました。 クリエイティブとアイドル性の配分 とはいえ、AKBの制服、歌衣装の写真集のように、 アイドルのクリエイティブ部分に光が当たることはおかしなことではないです。 そりゃあ歌って踊る女の子たちなので、誰かが曲を作り、衣装を作り。。。 やっている。 その中で乃木坂がクリエイティブで展覧会を開いてヒットさせるまで注目されているのには、 のクリエイティブが注目されるようになるための仕込み、クリエイティブに力をいれてきた歴史があります。 ただ作るだけで無い、細部に渡るこだわりが、彼女らがアイドルである異常に「」というアーティストでなければならないようなプレッシャーの歴史がありました。 それはもう本当に、心を鬼にしなければならない厳しい作業ですけれども。 伊藤: 前略 例えば『何度目の青空か?』。 あの頃はまだ自分は10代でしたけど、「合唱の練習風景」というコンセプトの説明を受けた時にちゃんと解釈できましたし、ただの撮影ではなく、ストーリーの中に入って曲と一緒になる感覚がありました。 他にも、夕暮れを楽しむメンバーが、日が沈むにつれて落ち着いた、心の深淵に迫るような眼差しに変わっていく、も印象的です。 ただ作るのではなく、アイドルそのものでなく、アイドルのクリエイティブの中に物語が隠されています。 シングルのたびにそれを掘り起こすのです。 クリエィティブを愛するメンバー やや、、、卒業した、など、ファッション業界に興味を持つメンバーは結構居ます。 メンバーの情報や発信の中には当たり前のように好みの映画監督や写真家、スタイリストさんの名前が登場し、 フォローしたクリエイターの仕事場にメンバーが現れることもしばしば。 三期生は一期生二期生が作ってきた7年近い歴史を、もっと言えばのロゴが決まったヒストリーも知らないんですよね。 だから、に来て、食い入るように見た後に、 「先輩たちが築いてきてくれたものを私たちも受け継げるように頑張ろうって思った」と言葉にして発してくれた時は、ビジネスの成功とは違う軸で、やってよかったなって思いました。 のべ96,000点の資料は、ただ振り返るだけ、語るだけではありません。 パフォーマンスでもなく現場やふれあいでもなく、クリエイティブにだけある最大のメリットは、 圧倒的な証拠、軌跡として、先輩たちのアイドル性がどのように作られたのかを表す資料になります。 乃木坂のクリエイティブを楽しむこと 正直、クリエイティブを楽しめるのが一番息が長いと思うんですよ いつまでも反芻できるし。 衣装や曲、写真、そして願わくば個人PV... で、 永遠の「」である彼女らが一番美しくあってくれるのが一番うれしいです。 ただただ8年の研鑽を経て花開きつつある、 「写真集のヒット」とか、「顔面偏差値が高い」とかでは到底表しきれない乃木坂の魅力が、 今もクリエイティブには地層の如く積み重ねられているように感じられます。 乃木坂工事中の「勝手に演技力研修」回は本当に面白かった、 伊藤衆人監督も湯浅監督も頃安監督も山岸監督もいつも最高で、 SEISHIROさん、MURRALさん、市ノ沢さんを始めとした衣装、ダンサー陣もいつも本当にかっこいい。 随想 いつまで乃木坂をフォローし続けられるだろう 可愛くワイワイ絡んでいるは、なんというか本当に眼福で、 いつまでも見ていられます。 例えばや、や、ミュージカルからを知ったとしても、 彼女らのいわゆるアイドル的可愛さには一度はやられるでしょう。 ついつい目がいってしまう美人さんや、目が話せなくなる言動、発言、振る舞いをする人が出てきて、 いつしかその女の子を推しと呼ぶようになり、 そんな女の子のしごとぶりが自分の頭の中の栞になることも出てきました、 そこで引き込まれないこと、常に目を覚まし続けることはドルオタとして闇堕ちしないためのトグになります。 あの衣装、あの子に来てほしいなあ、あの子の髪の色がこれぐらいなら、あの子のあの髪型が。。。 とか、 あの監督のああいう演出は次はあの子でやってほしいなあ、 ガチャ子さん、駄菓子屋れんたんの系譜とか、「ちょこれーの」「こねらっぷ」の系譜とか、 もしかしたらまりかっとチームの別のアプローチがあり得るのか、 でもまりかっとチーム ま'17のチーム はホント強いよなあ そんなふうにいつまでも彼女たちの彩りを見ていられます。 さながら蝶の鱗粉のように、いつも色彩を変えて、星のように舞う、 そんな姿と、そんな彼女たちにインスピレーションを与えられるような関係が、 続きますように、と思います。 クリエイティブはアイドルシーンの大黒柱では無いけれども。 だれがセンターとか、誰がかわいいとかセクシーとかじゃなくて、 の名のもとに生み出す写真、映像、が、これからも心惹かれる、素晴らしいものでありますように。 そう願う日々です。 husigiyt.

次の

乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展【Lets】レッツエンジョイ東京

だいたい 全部 展

ソニーミュージック六本木ミュージアムが、2019年1月11日 金 よりオープン。 同日より開催の第1弾イベント「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」が、好評につき期間を延長し、2019年5月31日 金 まで開催される。 乃木坂46の未公開アートワークや約250点の衣装が集結 2018年9月に閉館したの跡地に新オープンする、ソニーミュージック六本木ミュージアムの企画展第1弾「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」では、乃木坂46をめぐる未公開のアートワークを多数展示。 会場内を、膨大なアートワークが眠る「秘密の倉庫」として、乃木坂46のジャケット写真やアザーカット、ミュージックビデオの小道具をはじめ、実際に着用した衣装やアイデアスケッチなども揃える。 見たことのないリアルな表情のメンバーと出会うことが出来る。 巨大ラックに過去衣装約250点が整列 また、紅白初出場の時に着用していたレアな衣装から、歌衣装までを網羅した約250点の衣装も、注目したいポイント。 アイドルのコンセプチュアルな衣装を一挙に見ることが出来るまたとない機会となる。 なお、2期生・堀未央奈、3期生・与田祐希がそれぞれ一番のお気に入りと話すのは、『君の名は希望』と、FNS歌謡祭で着用していた『今、話したい誰かがいる』の衣装。 巨大ラックに並べられた、膨大なアーカイブの中からメンバーお気に入りの一着を探してみて。 オリジナルグッズを多数用意した限定ショップ 会期中は、展示の他に、「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」のために作られたオリジナルグッズを販売するショップを展開。 これまでのアイドルグッズとは一線を画す、スタイリッシュなデザインのストレージボックスやサコッシュなどは特に注目のアイテムだ。 東京下町の都市型ワイナリー「深川ワイナリー東京」による北海道産チーズをフリーズドライで加工した「サクサクチーズ」や、バルセロナ発祥のキャンディブランド「パパブブレ」が展覧会ロゴを6色で表現した限定キャンディ、まるで料理のような新感覚サバ缶「No. 場内では、臨場感あふれるライブ映像が上映され、「ロマンティックいか焼き」や「からあげ姉妹」「別れ際、もっと好きになる」といった楽曲をにしたフードプレートなどユニークなメニューが多数登場。 ドリンクも「おいでシャンプーオレ」や「ハルジオンが咲く頃ティーソーダ」など、どんな味がするのか気になってしまう一杯がラインナップされる。 購入した指定時間内に入館すれば滞在時間の制限はなし。

次の

乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展|チケット情報・販売・予約は ローチケ[ローソンチケット] ローチケ[ローソンチケット]

だいたい 全部 展

の図録が届きました。 図録 圧倒的なクオリティ、最高です。 だいたい全部展で語りたいこと 『 にも、足繁く通っております。 展示替えの度にアクセスしているので、3回ほど。。。 展示のコンセプトとクオリティ 展示は、のクリエイティブのつながりのためのビデオから始まります。 は、兎にも角にも「ものづくり」に力を入れてきたグループです。 それがどういう資料・小道具を生み出してきたのか、普段は語られない、スタッフの側から「これ見てみて!」が多数盛り込まれています。 ビデオが終わったら展示ルームへ。 述べ96,000 ! 点以上のもの作品の中から、貴重な書類や、製作の流れに沿った展示が行われます。 のロゴから、コンセプト制作、CDジャケット、絵コンテ、色味調整、フォント、ロゴ、衣装、ロケーション、小道具、設定資料。。。 がシングルを作る、というのはこれほどまでに壮大な作業であったのかが伝わってきます。 僕らが目にしていないボツ資料の数に圧倒されるのです。 「ぐるカーのジャケットこっちでもよかったじゃん!」とか、 「何度目の青空かは確かにこの作り方がいいんよな、本当に最高」とか、 「CD表面のデザイン、こうやって作られてるんや!とか、 「色味の調整ガチじゃね?(ドン引き)」とか、 なんにせよ細かな感想は大量に感じられます。 部屋を埋め尽くされているルはただのスペース埋めに見えて、 展示替えごとに箱が消えて新たな展示スペースが生まれる演出があります。 開梱されているみたいで超かっこいいです。 特に注目したいのは• ハルジオンのジャケット• 逃げ水の設定資料• 「私、起きる。 」と「ガチャ子さん」の小道具• 関連の個人PVの絵コンテ あたりでしょうか。 シャキイズムの小道具も今回のために復刻されたそうですね だいたい全部展を通して考える乃木坂のクリエイティブ 運営がクリエイティブ偏重であること は、そもそもがに「なんかアイドル作ってくれん?」「おk」というやり取りでできたアイドルグループです。 そのために、レーベルとして、アーティストとして、CDを買う人やカルチャーをに受けるようなものづくりがなされています。 今野:を、アイドルでありつつアーティスティックにも見せていきたい、そのためには、 を扱うメディアや、アート系の人たちからいいねって言ってもらえるようになったら理想的だな、というふうに思っていました。 (より) 今野さんのこの言葉の通り、はたくさんのクリエイターを巻き込んで成長し、 またMdNやなど、クリエイター、ファッション系の雑誌と絡みながら成長していきました。 クリエイティブとアイドル性の配分 とはいえ、AKBの制服、歌衣装の写真集のように、 アイドルのクリエイティブ部分に光が当たることはおかしなことではないです。 そりゃあ歌って踊る女の子たちなので、誰かが曲を作り、衣装を作り。。。 やっている。 その中で乃木坂がクリエイティブで展覧会を開いてヒットさせるまで注目されているのには、 のクリエイティブが注目されるようになるための仕込み、クリエイティブに力をいれてきた歴史があります。 ただ作るだけで無い、細部に渡るこだわりが、彼女らがアイドルである異常に「」というアーティストでなければならないようなプレッシャーの歴史がありました。 それはもう本当に、心を鬼にしなければならない厳しい作業ですけれども。 伊藤: 前略 例えば『何度目の青空か?』。 あの頃はまだ自分は10代でしたけど、「合唱の練習風景」というコンセプトの説明を受けた時にちゃんと解釈できましたし、ただの撮影ではなく、ストーリーの中に入って曲と一緒になる感覚がありました。 他にも、夕暮れを楽しむメンバーが、日が沈むにつれて落ち着いた、心の深淵に迫るような眼差しに変わっていく、も印象的です。 ただ作るのではなく、アイドルそのものでなく、アイドルのクリエイティブの中に物語が隠されています。 シングルのたびにそれを掘り起こすのです。 クリエィティブを愛するメンバー やや、、、卒業した、など、ファッション業界に興味を持つメンバーは結構居ます。 メンバーの情報や発信の中には当たり前のように好みの映画監督や写真家、スタイリストさんの名前が登場し、 フォローしたクリエイターの仕事場にメンバーが現れることもしばしば。 三期生は一期生二期生が作ってきた7年近い歴史を、もっと言えばのロゴが決まったヒストリーも知らないんですよね。 だから、に来て、食い入るように見た後に、 「先輩たちが築いてきてくれたものを私たちも受け継げるように頑張ろうって思った」と言葉にして発してくれた時は、ビジネスの成功とは違う軸で、やってよかったなって思いました。 のべ96,000点の資料は、ただ振り返るだけ、語るだけではありません。 パフォーマンスでもなく現場やふれあいでもなく、クリエイティブにだけある最大のメリットは、 圧倒的な証拠、軌跡として、先輩たちのアイドル性がどのように作られたのかを表す資料になります。 乃木坂のクリエイティブを楽しむこと 正直、クリエイティブを楽しめるのが一番息が長いと思うんですよ いつまでも反芻できるし。 衣装や曲、写真、そして願わくば個人PV... で、 永遠の「」である彼女らが一番美しくあってくれるのが一番うれしいです。 ただただ8年の研鑽を経て花開きつつある、 「写真集のヒット」とか、「顔面偏差値が高い」とかでは到底表しきれない乃木坂の魅力が、 今もクリエイティブには地層の如く積み重ねられているように感じられます。 乃木坂工事中の「勝手に演技力研修」回は本当に面白かった、 伊藤衆人監督も湯浅監督も頃安監督も山岸監督もいつも最高で、 SEISHIROさん、MURRALさん、市ノ沢さんを始めとした衣装、ダンサー陣もいつも本当にかっこいい。 随想 いつまで乃木坂をフォローし続けられるだろう 可愛くワイワイ絡んでいるは、なんというか本当に眼福で、 いつまでも見ていられます。 例えばや、や、ミュージカルからを知ったとしても、 彼女らのいわゆるアイドル的可愛さには一度はやられるでしょう。 ついつい目がいってしまう美人さんや、目が話せなくなる言動、発言、振る舞いをする人が出てきて、 いつしかその女の子を推しと呼ぶようになり、 そんな女の子のしごとぶりが自分の頭の中の栞になることも出てきました、 そこで引き込まれないこと、常に目を覚まし続けることはドルオタとして闇堕ちしないためのトグになります。 あの衣装、あの子に来てほしいなあ、あの子の髪の色がこれぐらいなら、あの子のあの髪型が。。。 とか、 あの監督のああいう演出は次はあの子でやってほしいなあ、 ガチャ子さん、駄菓子屋れんたんの系譜とか、「ちょこれーの」「こねらっぷ」の系譜とか、 もしかしたらまりかっとチームの別のアプローチがあり得るのか、 でもまりかっとチーム ま'17のチーム はホント強いよなあ そんなふうにいつまでも彼女たちの彩りを見ていられます。 さながら蝶の鱗粉のように、いつも色彩を変えて、星のように舞う、 そんな姿と、そんな彼女たちにインスピレーションを与えられるような関係が、 続きますように、と思います。 クリエイティブはアイドルシーンの大黒柱では無いけれども。 だれがセンターとか、誰がかわいいとかセクシーとかじゃなくて、 の名のもとに生み出す写真、映像、が、これからも心惹かれる、素晴らしいものでありますように。 そう願う日々です。 husigiyt.

次の