九州 心霊 スポット。 福岡・大分・鹿児島の肝試し&心霊スポット 2019!九州地方で一番怖いのはどこ?

九州最恐の心霊スポット『旧・犬鳴トンネル』現地レポが怖すぎて霊感ゼロでも行けないレベル「不吉な赤文字の看板」「謎の音が響く構内」

九州 心霊 スポット

昔、この近くの山田の里という所に菊姫様が居ましたが、当時の政権の争いに巻き込まれ、連れの者と遠くへ逃れる途中、敵の襲撃に会ってしまいます。 姫達はこの場所まで来ましたが、逃げ切れずこの地で首を落とされたそうです。 結局山田の里で、菊姫とその母親、並びに侍女4人を含めた計6人が惨殺されましたが、その6人の怨念は凄まじく、怨霊となり惨殺に加担した者を次々と憑き殺していったそうです。 そしてこの地にはこんな言い伝えがあります。 それからというもの、菊姫の殺された3月23日の夜には、首のない菊姫の死体が首を探し回り、そして次の年には体のない菊姫の首が体を探し回ると。 人によっては犬鳴峠以上の心霊スポットという人も。 2007年に新トンネルが通った為、今は使う人は少ないです。 またヘアピンカーブが続く事から「七曲峠」とも地元では呼ばれています。 1963年に旧JTの職員がトラックで集金中、トンネル付近で殺された事件が発生していますが、犯人はこの他に4人を殺害しており、当時世間を騒がせました。 またこの辺りは、提灯を持った人々が行列を作って歩いたという通称「狐の嫁入り」が行われていた事でも知られています。 JR行橋駅から車で30分。

次の

【閲覧注意】福岡の心霊スポットのランキングベスト15!廃墟/ホテル

九州 心霊 スポット

十三佛は、密教や真言宗の修行場がいつしか使われなくなり、そのまま廃墟となった場所です。 また、戦後くらいまでは僧侶が在中していたようですが、それ以後は誰も居なくなり、いつしか心霊スポット化して行きました。 ここにまつわる心霊現象としては• 奥にある洞窟に入ると大勢の声が聞こえ、気が変になってしまう• 仏像の数が増えたり減ったりする• 仏像の一部を持ち帰ると死ぬ などが挙げられています。 そして、ここで祀っている不動明王は、死後の裁判官でもあると言われていて、あの世とのつながりがある為この場所はかなり霊的な要素が強い所です。 その為、霊感の強い人などはここに来るなり気分が悪くなって、入れない方もいるそうです。 また、洞窟はコウモリが多数生息していて、昼間でも不気味そのものです。 こんな所に肝試しで夜に行くのは、相当勇気のいる事だと思うので行かれる方はくれぐれも気をつけて行って下さい。 また、それは普通の家の半分ほどの高さで、ドアも窓もすべてが普通の人が使うものよりも半分くらいの大きさでした。 そして、その家の中にある椅子やバスタブにいたるまで、まるで子供が使うような大きさで、その光景は異様そのものだったそうです。 誰が何の目的で建てたのかも不明で、その異様な状況から近付くと祟りに遭うと恐れられていました。 しかし、現在はとり壊されて無くなってしまったようですが、今でも貯水池の周りには幾つかの廃墟が点在しています。 そして、それ以外にもこの貯水池の周りには首吊り自殺した霊の出る竹林や、少女の幽霊が出る赤い橋などもあり、心霊スポットとしてはかなり有名な場所です。 また、昼間とは一変して、夜になるとかなり不気味な場所と化するので、肝試しスポットとしては最高の場所となっています。 また、実際にここでは殺人事件も起きていて、車を貸さなかった事を理由に因縁をつけられた20歳の男性が、集団リンチを受けた後頭からガソリンをかけられ焼き殺されています。 さらに、それ以後もここの近くでも殺人事件が起きたりして、この辺り一帯が今や完全な心霊スポットとなっています。 そして、それを裏付けるように、2001年には旧犬鳴トンネルで肝試しをした若者4人が帰りに事故に遭い、全員死亡するという悲惨な事も起きています。 このように、ここは相当危ない場所でもあるので、行くならなるべく昼間に行く方が良いかも知れません。 夜は危険すぎるので、霊感の強い方はやめた方が無難です。 そして、場所は21号線を走って、犬鳴トンネルには入らず横の脇道を進んで、途中左に曲がれる所で左折すると旧犬鳴トンネルに辿りつきます。 また、ここでは昔、白骨死体が発見されたとの噂もあり、実際に子供や女性の霊が多数目撃されてる事でも有名な場所です。 そして、特に夜中2時頃に車で通ると、 白い着物を着たおばあさんが明かりも点けずに歩いているとか、 白い服を着た女性と子供とすれ違うなどの話が多いです。 確かにここは昼間でも人通りも少なくかなり不気味な所で、夜になると一層その不気味さが増す感じです。 そして、ここは普通に車で通るだけでも十分怖い場所ですが、肝試しをするならトンネル手前で車を駐めて、懐中電灯だけで歩いてみるのも良いかも知れません。 場所は大分市と臼杵市を結ぶ山間の道です。 また、トンネル内は非常に狭く、車一台分が通るのがやっとの道幅です。 ここでは夜一人で車で通ると 後部座席がぐっしょり濡れていたとか、 天井から女性が覗いていて、目が合うと事故を起こすなどの噂が後を絶ちません。 その原因として、この近くの林は自殺の名所として知られていて過去に何人も亡くなっているそうです。 また、すぐ側の磯でも亡くなっている方が多く、このトンネルに霊が集まっていると言われています。 さらに、このトンネルは明かりもなく夜は真っ暗なので、深夜に車で入って明かりを消してしばらくそこに留まっていると、霊に遭遇すると言う話もあります。 そして、どこでもそうですが、やはり深夜の明かりのないトンネル程不気味な場所は無いですので、肝試しするには良い場所かも知れません。 場所は、開聞岳の周囲を周れる遊歩道の東側にあります。 こちらの関連記事もどうぞ! 終わりに 九州には怖い心霊スポットがたくさんありますが、特に怖いとされる場所をピックアップしてみました。 やはりトンネルというのは、昔から心霊スポットになりやすい場所でもあるので、九州でも数が多いです。 その中でも実際に人が亡くなっていて、しかも殺されてる旧犬鳴トンネルが、この中でも一番怖い肝試しスポットなのではないかと思います。 ただ、こう言う場所は不良の溜まり場でもあるので、幽霊だけで無くそちらの方にも十分気をつけて下さいね。

次の

福岡・大分・鹿児島の肝試し&心霊スポット 2019!九州地方で一番怖いのはどこ?

九州 心霊 スポット

昔、この近くの山田の里という所に菊姫様が居ましたが、当時の政権の争いに巻き込まれ、連れの者と遠くへ逃れる途中、敵の襲撃に会ってしまいます。 姫達はこの場所まで来ましたが、逃げ切れずこの地で首を落とされたそうです。 結局山田の里で、菊姫とその母親、並びに侍女4人を含めた計6人が惨殺されましたが、その6人の怨念は凄まじく、怨霊となり惨殺に加担した者を次々と憑き殺していったそうです。 そしてこの地にはこんな言い伝えがあります。 それからというもの、菊姫の殺された3月23日の夜には、首のない菊姫の死体が首を探し回り、そして次の年には体のない菊姫の首が体を探し回ると。 人によっては犬鳴峠以上の心霊スポットという人も。 2007年に新トンネルが通った為、今は使う人は少ないです。 またヘアピンカーブが続く事から「七曲峠」とも地元では呼ばれています。 1963年に旧JTの職員がトラックで集金中、トンネル付近で殺された事件が発生していますが、犯人はこの他に4人を殺害しており、当時世間を騒がせました。 またこの辺りは、提灯を持った人々が行列を作って歩いたという通称「狐の嫁入り」が行われていた事でも知られています。 JR行橋駅から車で30分。

次の