基礎 代謝 を あげる に は。 基礎代謝を上げる方法は肝臓が重要!?痩せる体質になる11のポイント

基礎代謝を上げるには?3つ方法で痩せる体に。食べ物や筋トレを紹介。

基礎 代謝 を あげる に は

ここからは、やせやすい体づくりのために知っておきたい「代謝」の基本的な知識をご紹介します。 私たちの体内では、「活動代謝」「食事誘発性熱産生」「基礎代謝」という、3種類の代謝が行われています。 座っているときや睡眠中にも行われるため、効率的にエネルギーを消費するためには、この基礎代謝を上げることが理想とされています。 加齢とともに低下していく基礎代謝ですが、健康的な生活習慣や適度な運動を実践することで、代謝を維持することができます。 高い基礎代謝をキープできれば、体温が高く保たれて血流も良くなるため、老廃物を排出しやすく、すっきりとした体形を維持できるようになるでしょう。 体調不良になりにくい、健康的な体づくりにも効果的です。 筋肉量の低下も、基礎代謝が落ちる大きな原因となります。 筋肉量は20代を境に加齢とともに減っていき、反対に脂肪が増えやすくなります。 筋肉量をキープするためにも、適度な運動を日常的に実践することが重要です。 特に、デスクワークなどが中心で運動不足になると、どんどん筋肉量が低下してしまうため、意識して体を動かしましょう。 日頃から体を動かす習慣がなかったり、ジムに通ったりランニングしたりする時間が確保できない場合は、次のように、日常生活の中で運動量を上げる意識をしてみましょう。

次の

基礎代謝をあげるメリットまとめ! 基礎代謝をあげる方法も紹介

基礎 代謝 を あげる に は

基礎代謝量を上げるということ 基礎代謝量は私たちが生命維持のために消費する必要最小限のエネルギーのことです。 心身ともに安静にしている状態でも、内臓を動かしたり体温を維持したりするために消費されます。 出典:e-ヘルスネットを加工して作成 基礎代謝は筋肉量に比例して増減します。 例えば同じ性別・身長・体重を持つ人を比べた場合、筋肉量が多い方が基礎代謝量も多くなります。 筋肉には、平滑筋(内臓)・心筋(心臓)・そして俗に筋肉と呼ばれている骨格筋の3種類があります。 このうちの骨格筋は、運動などを行って自分で増やすことができます。 そして、筋肉量を増やせば骨格筋で消費されるエネルギー量が増えるため、痩せやすく太りにくい体質へと変化していきます。 基礎代謝基準値を知ろう 厚生労働省が策定している2015年度版日本人の食事摂取基準に、性別・年齢別の基礎代謝量の目安が掲載されています。 体格によって個人差はありますが、おおよその基礎代謝量を知る目安になります。 基礎代謝量は通常10代をピークにして、年齢を重ねるごとに低下します。 また、筋肉と脂肪の比率が大きく影響しており、体脂肪が多く筋肉量が少ない傾向にある女性は、男性よりも基礎代謝量が低めです。 体を温め、血行をスムーズにすることで筋肉のポンプ機能が回復し、基礎代謝が上がりやすくなります。 体温を上げるためのコツや運動をご紹介します。 起床時にはコップ1杯の水分補給 就寝中にも、私たちの体からはコップ一杯分の水分が失われているといわれています。 起床時にコップ1杯の水を飲むことは、水分補給となるだけでなく血行を良くする作用や基礎代謝アップの効果が期待できます。 朝は一日のなかで体温が低い時間帯でもあり、お湯(白湯)の補給もとても効果的です。 胃腸を温めることで代謝を促し、体の燃焼効率が良くなることが期待できます。 このとき、グルタミンを摂取すると基礎代謝量アップにさらに効果的です。 グルタミンは胃腸の粘膜を保護し、損傷した部分を再生させるといった、胃腸を整える効果が期待できます。 内臓から整えていきたいという方には起床時の空腹状態で摂取することから効果が期待できるでしょう。 食べ物から体を温めることも、効果が期待できます。 体を温める食材として、熱をしっかり取り込むことができる根菜類を取り入れましょう。 なかでも、基礎代謝を上げる作用がある「生姜」がおすすめです。 生姜に含まれる辛味の成分、ジンゲロールは抗酸化物質のひとつで、体を温める効果はもちろん、血行促進・脂肪燃焼を活発にする働きから基礎代謝を上げる作用も期待できます。 日本人の平熱は平均36. 体温を上げられる食材を積極的に取り入れてみましょう。 筋肉量を増やす 基礎代謝を高めるためには、軽めの運動や筋トレを通して少しでも筋肉を鍛えることが重要です。 運動をすることで、消費エネルギーも増えるため減量も期待できます。 継続できる運動が効果的 基礎代謝を上げるための早道は筋肉をつけること。 そして筋肉を動かし続けることが重要です。 もともと筋肉量が少ない人は、まずは筋トレを始めてみましょう。 負荷の大きな運動をするのが不安という人は、ウォーキングのような長時間続けられる有酸素運動が効果的です。 心臓や肺も無理なく動かすことができ、全身の血流が上がることで代謝量の増加が見込めるでしょう。 だんだんと体を動かすことに慣れてきたら、有酸素運動に筋トレを組み合わせるとさらに効果が期待できます。 継続するための工夫として音楽を聞きながらの運動や、歩数計・運動計などを活用することもおすすめです。 スマートフォンのアプリで運動記録をつけたり、SNSで発信したりすることもモチベーションの維持につながりますね。 食事誘発性熱産生(DIT) 食事をすることによって起こる食事誘発性熱産生(DIT)にも注目しましょう。 食事から体内に吸収された栄養素は分解され消化・代謝などに使われる熱を発生します。 食事をすると体が熱くなる感覚はこの仕組みによるものです。 DITを上げる食べ方とは 毎日3食、しっかりと食べましょう。 こまめに熱を発生させることで体の中から代謝を上げることが期待できます。 一番体温が低く、代謝が低い状態の朝は温かく、タンパク質が多めの食事を意識しましょう。 熱産生における割合が一番多いのはタンパク質といわれます。 基礎代謝をしっかりあげてくれる筋肉のエネルギーを確保するためにも意識して取り入れるようにしましょう。 またよく噛んで食べることでも熱産生の上昇が期待できるため、歯ごたえのあるものを取り入れる、早食いにならないよう食事の時間をゆっくりととるなどの工夫も大切です。 まとめ 基礎代謝量といってもどうしたら上がるのか、また加齢によって衰えるのは仕方がないとあきらめていた方も多いのではないでしょうか。 基礎代謝量を維持する、増加させると体の機能改善にもつながります。 日常の様々な動きに気をつけたり、食事からも熱産生を促したりすることができますので、ぜひ今日から取り入れてみてください。 おすすめ商品.

次の

基礎代謝を上げるには?3つ方法で痩せる体に。食べ物や筋トレを紹介。

基礎 代謝 を あげる に は

代謝とは? 代謝の種類って? 人間の身体は、「活動代謝」「食事誘発性熱産生」「基礎代謝」の3種類の代謝をおこなっています。 「活動代謝」とは身体を動かすことによって消費されるエネルギーで、「食事誘発性熱生産」は食事したものの消化に使われるエネルギーのことです。 そして、3種類のうちもっとも大量にエネルギーを必要とするのが「基礎代謝」。 「基礎代謝」とは、呼吸したり心臓を動かしたりと、生命を維持するために必要なエネルギーのこと。 このエネルギーは、寝ているときや座ってじっとしているときにも消費されています。 効率よくエネルギーを消費するには、基礎代謝を上げるとよいと言えるのです。 高い基礎代謝を維持している人は体温が高く血の巡りがよいため、老廃物が溜まりにくいので、若いころと変わらないスタイルをキープしやすく、体調不良に悩まされることも少ないと言われています。 基礎代謝は上げられる? そもそも基礎代謝は、男女ともに10代半ばから後半にピークに達し、その後は年齢とともに低下していきます。 なぜ10代でピークに到達するのでしょう? それは、成長期には身体の発育のために多くのエネルギーが必要とされるからです。 そのため、年齢を重ねても若いころと同じような食生活を続けていたら、カロリーを消費しきれず、身体に脂肪が蓄積されてしまいます。 なかには若いころと同じくらいたくさん食べても、まったく太りにくい人もいますよね。 それは、年齢を重ねても、高い基礎代謝を保っているから。 では、そういう人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか? 答えは、日々の運動量や生活習慣にあります。 つまり、健康的なライフスタイルや適度な運動を心掛けることによって、基礎代謝を高めることは可能なのです。 基礎代謝を上げる方法1. 朝起きたらまずストレッチをおこなう 毎朝スッキリと目が覚めず、なんとか朝の支度をして出社したものの午前中はうまく頭が働かないなら、自律神経の機能が低下しているのかも。 自律神経のバランスを整えることも、代謝を上げるために大切です。 朝起きたらまず、カーテンを開けて朝日を浴びて、身体と頭をしっかりと目覚めさせましょう。 そして、深く呼吸しながらストレッチすると、身体に酸素がたっぷりと取り込まれて目覚めがよくなり、代謝も上がりやすくなります。 簡単なストレッチをおこなって血の巡りをよくすると、交感神経が優位になり、朝から活動モードに入りやすくなるのです。 まずは、ベッドの上で寝たままできるストレッチからはじめましょう。 <さらに目覚めをよくするストレッチ>• 右腕をまっすぐ前に伸ばし、左手で抱えるようにして体に近づけ、ストレッチする。 反対側も同様におこなう。 足を肩幅に開いて立ち、両手をお尻のあたりで組む。 肩甲骨を寄せるように腕を後ろに引く。 何度か繰り返す。 足を肩幅に開いて立ち、両手を頭上に。 左手で右手首をつかみ、体を左上に引っ張り上げる気持ちで右体側をストレッチ。 反対側も同様におこなう。 右足を立てて座り、太ももを胸につけて膝を抱え込みながらふくらはぎを伸ばす。 反対側も同様におこなう。 やりやすいものからはじめて、毎日少しずつでもいいので続ければ、徐々に午前中から気持ちよく過ごせるようになっていくはず! 基礎代謝を上げる方法3. バランスの取れた献立を考え、食事はよく噛んで食べる 朝は少しでもゆっくり寝ていたいから、朝ごはんを食べないという人もいるかもしれません。 しかし、食事を摂ると消化吸収のために副交感神経が活性化されるため、エネルギー代謝が活発になると言われているので、できるだけ、朝食は摂るようにしましょう。 食事を摂るタイミングもできるだけ規則正しくすると、さらに体のリズムが整いやすくなります。 また、最近では効率よくビタミンを摂取できるスムージーなどを食事代わりにしている人も多いようですが、よく噛むことも代謝アップの秘訣。 また、噛むことでスッキリ目が覚め、活力がみなぎってくるはずです。 毎日は難しくとも、時間に余裕があるときには昔ながらの一汁三菜の食事などを楽しむといいでしょう。 基礎代謝を上げる方法6. できるだけ毎晩湯船に浸かる 残業で遅くなったときや暑い夏などは、ゆっくりと湯船に浸かるよりもサッとシャワーで済ませたいと思う人は多いでしょう。 しかし、基礎代謝を高めたいなら、しっかりと湯船に浸かって身体を芯から温めることが理想的です。 身体が温まって血液やリンパの流れがよくなると、老廃物も溜まりにくくなり、身体がスッキリします。 また、入浴時に身体を効率よく温めるために、以下の6つを実践するのがおすすめです。 入浴前に白湯を飲む 入浴前にコップ1杯の白湯を飲んで身体を内側から温めておくと、発汗作用が高まります。 ぬるめのお湯に浸かる 40度程度のぬるめのお湯は、副交感神経の働きを高め、心身をリラックスさせ、胃腸の消化機能も促進させます。 また、熱すぎると心臓に負担をかけたり、血圧を上げやすかったりするので気をつけましょう。 湯船に浸かる前に掛け湯する 湯船に浸かる前には必ず掛け湯して、身体を十分に慣らしましょう。 湯量は肩先が出るくらいにする 肩が隠れるまでの湯量の湯船で長風呂すると、身体が温まる前にのぼせてしまう可能性があります。 ただし、冬場など寒い場合は、首周りは冷やさないこと。 首周りの冷えを感じたら、首や肩に熱めのお湯をかけるなどしてしっかり温めましょう。 足裏を揉みほぐす 身体が温まってきたら、足の指からかかとにかけでの足裏を丁寧に揉みほぐしましょう。 足裏には、全身の各部位につながる「反射区」があるので、刺激すると身体が内側から温まって、入浴後もポカポカが持続します。 入浴中に水分を補給する 入浴時には大量に汗をかくため、血液中の水分が減り、血圧が上昇しやすくなっています。 長湯する場合は特に、入浴中に水または白湯を飲むことをお忘れなく。 また、入浴後には髪や身体を濡れたままにせず、バスタオルやドライヤーでしっかりと水気を切り、身体が温かいうちにパジャマに着替え、体が冷えすぎないうちに就寝しましょう。 身体が温まった状態だと入眠もしやすく、朝までぐっすりと眠ることができますよ。 水の量が適切で、しかも、きれいな水が体内を巡ることが、健康を維持するためには必要であり、そうすれば血液の流れもスムーズになって細胞にもきちんと水分が行き届き、細胞が活発になる=代謝が上がる、ということになるのです。 その一方、私たちは毎日たくさんの水分を体内から外に出しています。 尿や便、汗として水分を排泄していますし、皮膚からも水分が蒸散しています。 「毎日、体から失う水」は、平均して2300ミリリットルと言われています。 つまり、毎日2300ミリリットルの水を補わなくては、体の水分を適切に保つことができないのです。 通常、食事から摂れる水分量は600ミリリットルと言われています。 そのほか「代謝水」と言って、食べ物を体内で分解する時に作られる水が1日200ミリリットル。 そのため、2300-(600+200)=1500ミリリットルの水を毎日摂ると良い、ということになるのです。 基礎代謝が良すぎる人は問題がある? 基礎代謝が高すぎることによるデメリットはほとんどありませんが、唯一挙げるとすれば、「食べても太れない」という人がいることでしょう。 基礎代謝が高いと体温が高くなり、その体温を維持するために多くのエネルギーを消費しますし、エネルギーの発熱量が大きいため、周りと比べて汗の量が多いという人もいます。 こうした理由から、食べたら食べた分だけエネルギーが消耗されるため、「太りたくても太れない」のです。 そうなると、「もっと肉感的な体になりたい!」と憧れる人は「基礎代謝を低くしたい」と思ってしまうかもしれませんが、基礎代謝が下がったことで体温が下がると、今度は免疫力も低下。 健康に害を及ぼす可能性が高まります。 なにしろ、体温が1度アップすれば、免疫力は5~6倍も上がると言われているのですから! どうしても太りたい場合は、基礎代謝の高さは維持したまま、摂取カロリーを増やすなど工夫するのがいいでしょう。 そこで、基礎代謝に関しての気になる疑問を解決して、さらに知識を深めておきましょう。 食べる量を減らしてダイエットするのはあり? A. 基礎代謝を上げるために運動したり毎日湯船に浸かったりするのは面倒だから、食べる量を減らしてダイエットしたい。 そう考える人もいるかもしれません。 しかし、運動せずに食事の量を減らすと、筋肉が落ちると同時に基礎代謝も低くなるので、カロリーが消費されにくくなるだけでなく、リバウンドしやすい身体になります。 基礎代謝がピークとなる10代後半の頃と食べる量を変えなかった場合、どのくらい太る? A. 10代後半と同じ食生活を続けた場合、1年ごとに男性は0. 4kg、女性は0. 3kgの脂肪が身体に蓄積される計算になります。 大人になると中性脂肪がつきやすくなるのはこのためなのです。 いつも朝食はしっかり食べたほうがいい? A. 「朝食は必ず食べるべきだと言われているから」などの理由でお腹がすいていないのに食事を摂ることは、身体にとってよいこととはいえません。 たとえば、前日飲み会で暴飲暴食した結果、消化が滞っている状態なのに、無理やり朝食を食べることは体に負担をかけてしまいます。 「今、どれくらいお腹が空いているか」「今、何を食べたいか」など、自分の体に問いかけながら、食事の内容を考えましょう。 基礎代謝を上げて、理想の自分に近づこう! 基礎代謝を上げることによって、身体の巡りがよくなり、毒素や老廃物が流れやすくなるため、心身ともにスッキリすることがおわかりいただけたでしょうか? 余分なものをスムーズに排出できる身体になれば、便秘で身体が重たくなることもなく、肌も透明度が増していきます。 食事も今以上においしく感じられるようになるかもしれません。 また、基礎代謝が上がれば体温も上がり、免疫力がアップするとも言われており、健康を考える上で見逃せない事実です。 さらに、体のリズムが整って目覚めがよくなれば午前中から気持ちよく過ごせます。 基礎代謝を上げることで得られるメリットは多くあり、毎日をイキイキと過ごすことを目指したいですね。 5年後、10年後も変わらず、健康で充実した毎日を送るために、 先にご紹介した【基礎代謝を上げる方法】を、気軽にチャレンジしてみましょう。 また、最近では脂質代謝や水分代謝を上げる漢方薬なども市販されているので、体質に合ったものを選べば力強い味方になってくれるはず! 自分の身体が軽やかになっていくことを楽しみながら続ければ、自然と理想の自分に近づいていけるでしょう。 監修:株式会社からだにいいこと.

次の