怒り 映画。 【ネタバレ】それぞれの”怒り” 映画「怒り」の感想、考察【結末】

【ネタバレ】それぞれの”怒り” 映画「怒り」の感想、考察【結末】

怒り 映画

見出し• 映画『怒り』のあらすじ ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。 その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。 千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで育ててきた。 愛子は、2ヶ月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか?それでも、あなたを信じたい。 (公式ホームページから引用) 千葉、東京、沖縄と3つのストーリーが同時進行的に進み、最終的に1つの事件に繋がっていきます。 時空を超えたダイナミズム、最後まで結末がわからない展開、そして役者の繊細な演技についつい惹きこまれてしまう、そんな素晴らしい作品になりそうですね。 愛子が田代哲也と付き合うことを不安視している。 <> <> 槙愛子/宮崎あおい 洋平の娘。 父が働く漁港に務める田代哲也と交際している。 <> 田代 哲也/松山ケンイチ 洋平と同じ漁港で働き愛子と交際。 前歴不詳。 <> <> <> 藤田 優馬/妻夫木聡 大手通信会社勤務でゲイ。 直人と交際しているが疑っている。 <> <> <> <> 大西直人/綾野剛 優馬と交際。 前歴不詳。 <> <> <> <> 薫/高畑充希 大西直人と密会している。 <> <> <> <> <> 田中信吾/森山未來 沖縄の無人島で暮らしている。 前歴不詳。 <> <> 小宮山泉/広瀬すず 沖縄の離島へ移住。 田中と出会う。 <> <> <> <> <> <> 知念辰也/佐久本宝 泉のクラスメート。 南條邦久/ピエール瀧 北見 壮介/三浦貴大 <> <> <> <> <> 藤田 貴子/原日出子 <> <> 明日香/池脇千鶴 <> 次ページ 映画『怒り』ロケ地【東京編】 下の数字でページを切り替えできます。

次の

怒りのレビュー・感想・評価

怒り 映画

製作国:日本• 上映時間:142分• 公開日:2016年9月17日• 監督・脚本:李相日• 音楽:坂本龍一• 原作:吉田修一「怒り」 あらすじ ある夏の熱い日に、八王子で夫婦殺人事件が起こる。 現場には犯人が書いたと思われる「怒」の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形して逃亡を続け、警察は未だに行方を掴むことができない。 事件から1年後、東京、千葉、沖縄に、素性の知れない3人の男が現れる。 彼らと出会い、徐々に受け入れていく人々。 しかし、警察が公開した手配写真は、それぞれの男たちになんとなく似ていた。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも信じたいと願う人々に、信じたくない結末が突きつけられる……。 登場人物(キャスト) 千葉編 槙洋平……渡辺謙 槙愛子……宮崎あおい 田代哲也……松山ケンイチ 明日香……池脇千鶴 東京編 藤田優馬……妻夫木聡 大西直人……綾野剛 藤田貴子……原日出子 薫……高畑充希 沖縄編 田中信吾……森山未來 小宮山泉……広瀬すず 知念辰哉……佐久本宝 刑事 南條邦久……ピエール瀧 北見壮介……三浦貴大 感想(ネタバレあり) 人を信じることの難しさや、心の内に芽生えるどうすることもできない怒りを、逃亡中の殺人犯は誰かというミステリー仕立てのストーリーに絡ませて描いた作品。 原作は未読です。 なので、あくまで映画を見ただけの感想になります。 覚悟はしていましたが、心に重くのしかかる映画でした。 目を背けたくなる場面、受け容れがたい場面もあり、繊細な人には辛いかもしれません。 3人の謎めいた男 東京、千葉、沖縄と、謎めいた3人の男をめぐる物語が交互に展開されていきます。 最初に殺人事件の提示があるので、当然その3人のうちの誰かが犯人だろうと予測しながら見ることになり、画面からの緊迫感と、自身の胸中から生じる焦燥感によって、ぐいぐい物語に引きこまれます。 千葉編 漁港で働く槙(渡辺謙)が、3か月前に家出して風俗店で働いていた娘・愛子(宮崎あおい)を連れ戻すところから始まります。 「少し人とは違う娘」である愛子は、身元不明の青年・田代(松山ケンイチ)と付き合うようになりますが、槙は田代を殺人犯ではないかと疑うようになります。 槙は、田代を疑うのと同時に、子供のように純真でどこか危なげな愛子のことも疑っています。 槙の中では、娘の恋人を信じたいのに信じられないという気持ちと、娘を信じたいのに信じられないという気持ちが、同じベクトルで動いている。 その葛藤は見ていて苦しいほど。 そしてそれは、たぶん愛子も同じ。 田代は、身元を隠して逃げている理由を愛子にだけは正直に打ち明けるのですが、愛子はそれを信じ通すことができず、警察に通報します。 愛子もまた、恋人を信じ抜くことができないのと同時に、田代を愛した自分を信じ抜くことができなかった。 家族でも恋人でも、どんなに近くにいても、わからなくなることはある。 そして、時に自分さえも……。 槙と愛子の哀しみは、人間の根源に通じる哀しみであり、だからこそ彼らの涙が痛切に心を打ちます。 東京編 エリートサラリーマンの優馬(妻夫木聡)が、発展場で出会ったゲイの青年・直人(綾野剛)と心を通わせますが、直人が見知らぬ女性と会っているところを目撃したのをきっかけに、優馬は直人を疑うようになります。 直人が去った後、優馬のもとに警察から連絡が入ります。 直人を逃亡中の殺人犯ではないかと疑う優馬は、警察から直人のことを聞かれ、とっさに「知らない」と答えてしまう。 綾野剛さんといえば筋肉ムキムキのイメージなんですが、この作品では華奢で色白という線の細い青年を演じています。 この体型にも意味があり、結末に繋がっていくのですが、私はまったくそのことに気づきませんでした。 沖縄編 母親と共に夜逃げしてきた少女・泉(広瀬すず)と友人の辰哉(佐久本宝)が、無人島に居着いたバックパッカーの男・田中(森山未來)と出会い、親しくなります。 泉は沖縄の空と海が似合う明るく健康的な少女なのですが、ある日、米兵に襲われるという悲劇に見舞われます。 泉を助けられなかったことで苦しむ辰哉に、田中は「味方になる」と言い、辰哉の実家の旅館を手伝い始めます。 この田中を演じた森山未來さんの演技が凄すぎて、見る側を惑わせます。 私は、本当に最後まで誰が犯人なのかわかりませんでした。 以下、結末のネタバレを含みますのでご注意ください。 犯人は誰か? 千葉編 警察が指紋鑑定を行った結果、田代は犯人ではありませんでした。 槙と愛子は田代を受け入れ、田代は愛子と共にこの土地で暮らすことを決めます。 東京編 優馬は、直人が以前会っていた女性・薫(高畑充希)から直人が死んだことを告げられます。 直人はもともと心臓が悪く、薬でどうにか生き長らえていたのでした。 自分に疑われたまま孤独な死を迎えた直人への懺悔と、直人を信じ抜くことができなかった自分への怒り、そして直人がいかに自分にとって大切な存在だったかを知り、優馬は人目も憚らず噎び泣きます。 沖縄編 辰哉の旅館で働いていた田中は、ある夜突然暴れ出します。 田中を追って無人島へ向かった辰哉は、そこで田中の別の顔を目の当たりにします。 田中が暮らす廃墟には、「怒」の文字が刻まれていました。 田中は、泉が襲われるのを見て楽しんでいたと言い、怒りに駆られた辰哉は、衝動的にハサミで田中を刺し殺します。 残された謎 八王子で夫婦を殺したのは田中(本名は山神)だったわけですが、彼が殺人に至った理由については本人の口から語られず、最後まで明かされません。 山神を知る男性は、たまたま出会った女性が彼を見下すような行動をとったからだと言うのですが、彼女はただ、歩き疲れて座りこむ山神に一杯の麦茶を差し出しただけ。 何も悪くありません。 つまり、完全に山神の一方的な思い込みで、夫婦は理不尽に殺されたのです。 たぶん、この作品にとって、この殺人事件は重要な位置づけではなく、犯人が誰かということや、彼が罪を犯した背景などは、問題ではなかった。 犯人が「怒」の文字を残したことから、私たちはどうしても犯人の「怒り」に意味を見いだそうとしますが、映画を見終わった後、この作品が描きたかったのは、3人の男たちと知り合った人々の「怒り」のほうだと気づきました。 大切な人を信じられない自分への怒り。 信じていた人に裏切られた怒り。 大切な人を傷つけた者への怒り。 信じる相手を間違えた自分への怒り。 心の奥深くから湧き上がるどうすることもできない怒りが、画面を通して悲しいほど伝わってくる。 山神の本当の顔は… ただ、山神にまったく罪の意識がなく、泉と辰哉の前で見せていた顔が嘘だったというと、そうではないように思える。 辰哉の前で、自分もまた泉を助けられなかった、と涙を零しながら悔しそうに話す山神は、とても偽っているようには見えませんでした。 私には、本当の顔のように見えました。 おそらくどちらも山神の顔で、まったく相反する顔が同時に存在していたと考えれば、納得がいきます。 彼もまた、自分に対するどうすることもできない「怒り」を抱えていたのだと。 八王子の殺人事件の動機が山神自身の口から語られずに終わったことで、私は最初、山神を残忍なサイコパスだと考えていました。 泉と辰哉に見せた顔は偽りだったのだと。 でも、なんだか引っかかる。 すっきりしない。 山神を知る人物に「殺した人間が生き返ると本気で思っていた」と言わせたり、辰哉の前で涙を流すところを見せたり、突然怒り狂うところを見せたり、この映画の中での山神の見せ方が、どう考えてもサイコパスとは繋がらないんです。 極めつけは、森山未來さんの演技です。 その時々で田中(山神)の印象が変わり、最後までどんな人物なのかわからない、絶妙な演技でした。 単純にサイコパスを演じるなら、こんな演技にはならないと思う。 もちろん、山神が「いい人」であるはずはありません。 罪のない夫婦を一方的な理由で殺した残酷な殺人者であることに、変わりはない。 だけど、山神の中に存在する「怒り」が、ただ他者にだけ向けられるものではないことを知ったとき、この映画の最も描きたかったテーマがより強く浮かび上がってきます。 公開時、豪華な出演者で話題になりましたが、期待を裏切らない見応えのある作品でした。

次の

映画『怒り』あらすじ徹底ネタバレ・キャスト

怒り 映画

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2017年5月)() 郊外で若い夫婦が自宅で惨殺され、犯人は逃走した。 1年後、、、に身元不明の3人の男がそれぞれ現れ、訝られながらも次第に周囲に受け入れられ、それなりの人間関係が作られていく。 ある日、が八王子事件の犯人の整形手術後のモンタージュ写真をテレビ番組で公表したのをきっかけに、それぞれの人間関係に揺らぎが生まれはじめる。 映画 [ ] 怒り RAGE 監督 脚本 李相日 原作 製作 出演者 音楽 撮影 編集 製作会社 公開 上映時間 142分 製作国 興行収入 16億1000万円 『 怒り』(いかり)は、監督・脚本、主演・でに公開された日本映画。 李監督がの作品を映画化するのは、興行収入19億円超のヒット作となった『』に続き2度目。 『』以来のタッグとなる主演の渡辺謙をはじめ、『悪人』で主演を務めたや、、やオーディションで選ばれた、新人のなどが出演している。 第41回スペシャルプレゼンテーション部門、第64回コンペティション部門出品作品。 キャスト [ ]• 千葉編• 槙 洋平 -• 槙 愛子 -• 田代 哲也 -• 明日香 -• 東京編• 藤田 優馬 -• 大西 直人 -• 藤田 貴子 -• 薫 -• 沖縄編• 田中 信吾 -• 小宮山 泉 -• 知念 辰哉 -• 泉の母親 -• その他• 南條 邦久 -• 北見 壮介 -• 早川 - スタッフ [ ]• 原作 - 『怒り』(刊)• 監督・脚本 -• 音楽 -• 主題曲 - 坂本龍一 feat. 劇中歌 -• 製作 -• 共同製作 - 中村理一郎、弓矢政法、、、松田陽三、吉村治、吉川英作、水野道訓、、井戸義郎• エグゼクティブ・プロデューサー -• 企画・プロデュース -• プロデューサー - 臼井真之介• ラインプロデューサー -• プロダクション統括 - 佐藤毅• 撮影 -• 照明 -• 録音 - 白取貢• 美術 - 、坂原文子• 編集 -• 衣装デザイン - 小川久美子• ヘアメイク - 豊川京子• サウンドエフェクト - 北田雅也• スクリプター - 杉本友美• キャスティング - 田端利江• 助監督 - 竹田正明• 音楽プロデューサー - 杉田寿宏• 配給 -• 製作プロダクション -• 制作協力 - ドラゴンフライ• 製作 - 「怒り」製作委員会(東宝、、、、、、、、、、) 封切り [ ] 全国324スクリーンで公開され、2016年9月17日・18日の初日2日間で興収2億3300万円、動員17万人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった。 受賞 [ ] 映画• 第40回 (2016年)• 山路ふみ子映画賞• 山路ふみ子女優賞:宮崎あおい• 第41回(2016年)• 監督賞:李相日• 助演男優賞:綾野剛(『怒り』『』『』)• 第29回• 助演男優賞:妻夫木聡(『怒り』『』)• 助演女優賞:宮崎あおい(『怒り』『』)• (2017年)• 日本映画ベスト・テン 第10位• 最優秀助演男優賞:妻夫木聡• 優秀作品賞• 優秀監督賞:李相日• 優秀脚本賞:李相日• 優秀主演女優賞:宮崎あおい• 優秀助演男優賞:森山未來• 優秀助演女優賞:広瀬すず• 新人俳優賞:佐久本宝• 優秀撮影賞:笠松則通• 優秀照明賞:中村裕樹• 優秀美術賞:都築雄二、坂原文子• 優秀録音賞:白取貢• 優秀編集賞:今井剛• 第26回• 助演男優賞:綾野剛• 助演女優賞:広瀬すず• 第48回照明技術賞• 映画部門 優秀照明賞:中村裕樹 関連作品 [ ]• 小説『怒り』と映画『怒り』 吉田修一の世界(2016年7月21日、、著: ほか ) 脚注 [ ] []• 読売新聞へようこそ. 2018年7月4日閲覧。 中央公論新社. 2018年7月4日閲覧。 シネマトゥデイ. 2018年7月4日閲覧。 、一般財団法人ニッポンドットコム、2016. - 2017年7月8日閲覧。 映画ナタリー. 2016年8月25日. 2016年8月25日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年6月16日. 2016年6月16日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年9月20日. 2017年7月8日閲覧。 スポーツ報知. 2016年10月17日. 2016年10月17日閲覧。 スポーツ報知. 2016年11月29日. 2016年11月29日閲覧。 映画ナタリー. 2017年1月10日. 2017年1月10日閲覧。 日本アカデミー賞公式サイト. 2017年1月18日閲覧。 Inter BEE Online. 2017年5月29日. 2019年4月7日閲覧。 映画ナタリー. 2016年7月21日. 2016年7月22日閲覧。 外部リンク [ ]• 映画『怒り』公式サイト 別サイトになっていたためリンク解除• - (英語)• IkariMovie - この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の