捻挫 直し 方。 手首が捻挫した時のテーピングや症状による治療と治らない時の対処法

足首の捻挫の後遺症を10秒で発見!完治させる3つの秘訣!

捻挫 直し 方

捻挫(ねんざ) 骨と骨を繋ぐ部位の損傷で、足をひねる事で起こります。 基本的に捻挫は自覚症状があるものなので、わかりやすいです。 疲労骨折 足首が痛いな・・と思っていたら、実は足の指が疲労骨折していたなど、 足首やくるぶしはもちろん、その周辺部位の疲労骨折から痛みがくる場合があります。 周辺の部位を軽く押してみて、痛みを感じないかなど注意深く観察してみてください。 外反母趾(がいはんぼし) 外反母趾によって足の親指の骨が変形し、歩くバランスが崩れ足首に負担がかかっている場合があります。 痛風、高尿酸血症 痛風や血液中の尿酸の量が高くなる高尿酸血症は、足首やくるぶしなどに激しい痛みを伴う病気です。 偏平足 土踏まずが無く足の裏が平らな偏平足の方は、足裏のクッションが効かず、足を動かすと痛みが走り疲れやすくなります。 腱鞘炎(けんしょうえん) キーボードの打ちすぎやスポーツなどが原因でおこる腱鞘炎は主に手に起こる症状ですが、足首に起こる場合もあります。 その原因は「くつのサイズが小さい」ことにあり、靴の圧迫によって足首に痛みがでることがあります。 ご自身の靴サイズが小さいと感じている方は腱鞘炎かもしれません。 後脛骨筋腱機能不全症 こうけいこつきんきのうふぜん 中高年の女性に多く、内くるぶしや足首に痛みが走ります。 多くはサイズの合っていない靴の着用などによって、足首に負担がかかり痛み始めます。 足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん) 足首やくるぶしの痛みにプラスして、足の裏がしびれるという方はこちらが疑われます。 革靴など窮屈な靴を一日履いていると、足の裏の神経が圧迫され損傷するため、足首やくるぶしにも痛みが起こります。 【後脛骨筋腱機能不全症や足根管症候群が疑われる場合】 女性の場合これらの原因も非常に多いです。 できれば整骨院やカイロプラティックで、足の関節の動きを整え、足の神経や血管への圧迫を改善していく事が理想的です。 また、足裏マッサージや足裏に湿布を貼るなどを施すだけでもかなり違ってきます。 運動で痛みを予防する 普段からあまり体を動かさない、、という方は、急に足首やくるぶしに痛みが走ることがあります。 激しく動かしていないのになぜ?と思われるかもしれませんが、足首はすべての体重の負荷がかかっている場所ですので、本来強い骨と筋肉が必要な場所です。 運動不足によって筋肉などが衰えていると、ちょっとした強い負荷(立ち上がるなどだけでも)で足首を痛めやすくなってしまうのです。 そこで普段から ウォーキングやジョギングなどを定期的に行っておくことで痛み予防をしておきましょう。 ついでに足腰の筋肉量も増え、こういった不慮の痛みが起こる可能性がぐっと減りますよ。 足首やくるぶしの痛みは、小旅行などで多く歩いたなどの場合は神経の圧迫などが原因と思われますが、中には神経系や疲労からの痛みではなく、疲労骨折していたり痛風の恐れもありますので、痛みが長引くようならしっかりと病院での検査を行うようにしてください。

次の

捻挫(ねんざ)を即座に治す方法

捻挫 直し 方

くるぶしのところが膨れているのなら、腫れていると言うことです。 2週間たっても腫れが残っていると言うことは、少なくとも「軽い」捻挫ではなかったのかも知れません。 捻挫による腫れは受傷後早期でなければ赤みや熱を持つことはほとんどありません。 捻挫は受傷後、皮下出血や腫れが生じた場合には通常、靭帯の部分断裂以上の障害があると考えられます。 この場合、症状は数日から2週程度でかなりよくはなりますが、靭帯を伸ばす動作(正座や内側に捻る動作)を行うと痛みを生じます。 すなわち、完全に治っている状態ではないのです。 このような症状が取れるまでは、部分断裂であれば3,4週、完全断裂であれば6から8週は必要なことが多いです。 また、捻挫と思っていても、捻挫ではないこともあります(腱脱臼とか剥離骨折など)。 症状が長引くようなら一度整形外科で検査してもらうことをおすすめします。 Q こんばんは。 今日帰宅途中、駅の階段で左足首を捻りました。 私は現在ダンスの稽古中で(ジャズやヒップホップを混ぜたようなものです)、来週に本番です。 私1人が抜けると、チーム全体に迷惑をかけてしまうので、どうしてもキャンセルしたくはありません。 湿布もあまり効果はなく、基本は氷で冷やします。 熱感でれば、すぐに冷やします。 (湿布は、冷湿布でも、皮膚の表面が1,2度しか下がらなく、痛み止めの効果しかないと考えて良いです。 ) 15分程度冷やすのですが、目安は皮膚の感覚が少しなくなるくらいまで冷やします。 一日に何回も徹底的に冷やし、足関節を包帯などで圧迫し、また、足を高く上げます。 これを、最低3日間ぐらい続けていくと、うまくいけば、腫れはほとんどでません。 以上ですが、スポーツ選手の場合は、できるだけ最短で、しかも競技に出場しなければならないのですが、腫れが少なければ、テーピングをしながら、痛みに応じて、競技に出場します。 ある程度、足関節を動かした後は腫れと熱感が出ますので、すぐに冷やします。 また、運動はしない方が良いのですが、スポーツ選手の場合、筋力低下が致命的になるので、理学療法士と相談して、残っている筋肉などのストレッチや筋トレをします(一般的な治療法と違います)。 以上ですが、捻挫の重傷度により、治療も違ってきますし、骨折などあるかもしれませんので、一度、スポーツ専門の整形外科に受診した方がよいかもしれません。 一般的な整形であれば、安静と言われるのですが、スポーツ専門の整形であれば、治療法が全然違います。 (たとえば、捻挫をした後、捻挫の具合によっては、その当日からストレッチや足関節の運動などリハビリを行います。 ) >蒸しタオルを作って足首をあっためて、また包帯巻いた これは、初期治療としては間違っています。 湿布もあまり効果はなく、基本は氷で冷やします。 熱感でれば、すぐに冷やします。 (湿布は、冷湿布でも、皮膚の表面が1,2度しか下がらなく、痛み止めの効果しかないと考えて良いです。 ) 15分程度冷やすのですが、目安は皮膚の感覚が少しなくなるくらいまで冷やします。 一日に何回も徹底的に冷やし、足関節を包帯などで圧迫し、また、足を高く上げます。 これを、最低3日間ぐらい続けていくと、うま... Q 今年の3月末にフットサル中に左足首を挫いてしまいました。 当初は歩くだけで痛かったのですが、忙しさにかまけて病院に行かず仕舞い。 一週間程度で歩く分には痛みがなくなったので放っておいたのですが、 足首に痛みが残ったまま…小走りすると痛みます。 やっと4月末に整形外科に行きましたが、レントゲンを撮っても骨に異常なし。 時間の経過により、足の腫れが引いてしまい、表面の怪我の箇所が分からず、 湿布とテーピング(ゴムバンド)で様子見…昨日もう一度受診しましたが、 特に痛みに変化もなく、原因も不明なので、再度湿布とテーピングで様子見… 再度6月にまた再診と診断されました。 一番の問題は放置してしまった自分自身なのですが、ズルズルと長引いており、 スポーツ整形に行った方が良いのか、MRIを撮ってもらった方が良いのか… また様子見をして受診しても再度、湿布とテーピングで様子見だと流石に… 運動もできておらず、困っています。 普通に歩く分には痛みはありませんが、ちょっと走ったり、 電車の揺れ等で踏ん張ったりすると足首に痛みがあります。 中々病院に行く時間も取れないので限られた時間の中でベストな選択をしたいです。 怪我に対する知見が狭いもので、アドバイス頂けると助かります。 今年の3月末にフットサル中に左足首を挫いてしまいました。 当初は歩くだけで痛かったのですが、忙しさにかまけて病院に行かず仕舞い。 一週間程度で歩く分には痛みがなくなったので放っておいたのですが、 足首に痛みが残ったまま…小走りすると痛みます。 やっと4月末に整形外科に行きましたが、レントゲンを撮っても骨に異常なし。 時間の経過により、足の腫れが引いてしまい、表面の怪我の箇所が分からず、 湿布とテーピング(ゴムバンド)で様子見…昨日もう一度受診しましたが、 特に痛みに変化もなく、原... A ベストアンサー No. 1です。 補足ありがとうございます。 なので医師から 「ただの捻挫ですね」 と 「ただの足関節靭帯損傷ですね」 は全く同じことです。 捻挫と言えば軽そうですが、靭帯損傷と言えば大事のような気がしませんか?靭帯を本当に綺麗に治そうと思えば数か月かかると思いますが、将来の為にも今しっかり治療に取り組まれることをお勧めします。 ただ捻挫にも程度が存在しますので簡単ですがご紹介しておきます。 第一度:靭帯の一部断裂で関節方は温存されている 第二度:靭帯の部分断裂で場合によっては関節包の損傷、繊維の緩みがある 第三度:靭帯の完全断裂、関節包の断裂を伴う 靭帯とは、関節を構成する骨と骨をつなぎとめるバンドの役割を果たします。 このバンドを今しっかり治さないと、バンドは緩みっぱなしになります。 要するに関節に遊びができてしまうので、俗にいう 「捻挫が癖になる」 という状態になります。 この状態になれば将来運動は制限されるかもしれませんし、もっと年を取れば変形性関節症に移行し、人工関節というのも決して大げさな話ではありません。 >なんと説明したら良いのか・・・お伝えできるか分かりませんが、 左足首内側の関節部(骨が丸く出っ張っているところ)の下側は 今でも押すと痛みが若干ですがあります。 なるほどよく分かりました。 基本的に押して痛いということは組織の修復が完全に終わっていないことを示します。 捻挫は患部を押して痛みがなくなるまで、丁寧に湿布を貼りつづけることが大事になってきます。 他に一般的な治療は薬、電気治療、鍼などで、回復が進めばウォーキングにゴムバンドを使った筋トレがいいでしょう。 捻挫による二次的な症状も注意が必要です。 二次的な症状とは例えば、筋力低下や関節の固さです。 正座ができないなどは関節の固さ、左右で足の周径が違えば筋力不足ということになります。 下記のサイトを参考にされてみてください。 3123. html もう二か月持ったていますので恐らくサポーターなどは必要ないと思われます。 変に保護をすると組織が弱くなり、関節も硬さが出る可能性があります。 靭帯など組織の強度から考えても固定は必要ないと思います。 治療やリハビリなどは必ず主治医の指示通りに行ってください。 長文、乱文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。 お大事にどうぞ。 1です。 補足ありがとうございます。 なので医師から 「ただの捻挫ですね」 と 「ただの足関節靭帯損傷ですね」 は全く同じことです。 捻挫と言えば軽そうですが、靭帯損傷と言えば大事のような気がしませんか?靭帯を本当に綺麗に治そうと思えば数か月かかると思いますが、将来の為にも今しっかり治療に取り組まれることをお勧めします。 ただ捻挫にも程度が存在しますので簡単ですがご紹介しておきます。 第一度:靭帯の一部断裂で関節方は温存... Q 1ヶ月ほど前に右足首を捻挫をしくるぶし付近が腫れました。 捻挫をして1週間目くらいにまだ腫れがひかないので病院に行きました。 レントゲンで骨には異常なく、先生は腫れていないとおっしゃいました。 痛みが残っているなら湿布をしておけばいいよと言われて、それからまた1週間ほど湿布を貼り続けていましたが、やはりどうも腫れているように思うのです。 診察時は右足しか見られませんでしたが、左と比べると明らかに大きさが違うのですが、これって効き足だからとかいう理由なんでしょうか? 捻挫するまでそんなにじっくり足を見たことなんてないので、もとの状態がわからなくて…。 腫れている部分は押しても痛みはないですが、少し色が変わってきた(赤くなってきた)ように思います。 打撲の時のように、治る前兆なのでしょうか? 血がたまってるとか、水がたまってるとかいうこともあるのでしょうか? 行くなら別の病院に行こうとおもっているのですが、1度なんともないと言われているので気にしなくてもいいかな、と思いながら気になってしかたありません。 Q ぐねって足首の靭帯を損傷しました。 外科に行くとX線撮影の後、 とりあえず2週間とだけ言われて足を固定され、松葉杖が貸し出されました。 1週間後、再び行くと4日後(つまり11日目)に足の装具を作れる人が来るので作った方が良いと言われました。 で、言われるまま昨日、足の装具の型取りをしたのですが、 2週間目に足の装具が出来る段取りだと2週間で治る事はありえないという事になります。 ・いつぐらいに完治する見込みか? ・松葉杖を片方返せるのはいつぐらいか? ・松葉杖を両方返せるのはいつぐらいか? ・4万数千円(保険適用前)もする装具は本当に必要なのか? ・装具を利用する期間はどのぐらいなのか? ・完治の前にリハビリなどは必要になってくるのか? これらを質問してみましたが、今はハッキリ分からないの一点張りで何も説明してくれなかったのですが、そんなものなのでしょうか? 返答できないような医者は変えた方が良いのでしょうか? 足首の靭帯損傷って、どのぐらいで完治するのでしょうか? A ベストアンサー 20年ほど前ですが、足の甲の靭帯がほぼ断裂したことがあります。 近所の外科にかかって、捻挫だと言われ、テーピングと湿布で四日ほど仕事に出たのですが、良くならないので整形外科に受診しなおしたら、上記診断になりました。 そういう経過なので、怪我をしたての場合とは違うかもしれませんが、やはり二週間足首までのギプスをして、その後は足首までの装具をつけました。 怪我をした時期をはっきり覚えていないのですが、確か一月末だったと思います。 そして装具を外す許可が出たのは、4月1日でした。 松葉杖は、ギプスを外すまで借りていて、装具になってからは返したような気がします。 靭帯が切れてしまった方が、手術ですぐ治るのにと言われましたが、ちょっとだけでもついているので、温存療法で行くと言われました。 患部の安静は長期間必要ですが、ずっとギプスを当てている訳にはいかないので、装具は必要だと思います。 ただ、4万数千円する装具がどの程度のものなのかはわかりませんが、私のものは足首を覆う柔らかい素材の上に足の形に合わせたプラスチック板をかぶせて、マジックテープでとめるものでした。 それでも、装具になると仕事にも出られるようになりましたので、助かりました。 完治の前にリハビリなどは、当時はしませんでした。 ただ、何ヶ月も足首を装具で固めていたので、自分の足だけで立つのがとても怖く、自宅で徐々に外している時間を長くしてそっと歩くなどして、外す日には備えました。 以上、かなり以前のことなので今の治療とは違う部分もあるかと思いますが、経験談として参考にしていただければと思います。 20年ほど前ですが、足の甲の靭帯がほぼ断裂したことがあります。 近所の外科にかかって、捻挫だと言われ、テーピングと湿布で四日ほど仕事に出たのですが、良くならないので整形外科に受診しなおしたら、上記診断になりました。 そういう経過なので、怪我をしたての場合とは違うかもしれませんが、やはり二週間足首までのギプスをして、その後は足首までの装具をつけました。 怪我をした時期をはっきり覚えていないのですが、確か一月末だったと思います。 そして装具を外す許可が出たのは、4月1日でした。 A ベストアンサー 強い力によって関節が無理な動きを強制され、関節周囲の軟部組織(関節包、靭帯など)が損傷したもの…が捻挫です。 内出血はこれらの軟部組織の損傷によって流れ出た血液などです。 骨と骨をつなぎ安定させている靭帯は、損傷の程度により I度…靭帯の僅かな損傷で、痛み、腫れも少なく、関節の不安定性のないもの II度…靭帯が部分的に切れ、関節に不安定性(軽度または中程度)、機能障害がみられるもの III度…靭帯の完全断裂。 関節の顕著な不安定性、高度な機能障害がみられるもの などと分類されます。 靭帯の場所にもよりますが、II度、III度以上の場合は固定するなど、 きちんと処置しないと靭帯が伸びたまま(不安定さが残るので再度受傷しやすくなります)、 あるいは切れたまま回復が終了(手術しないとつきません)してしまいます。 足首の音に関して 文章を見る限り、受傷後、時間が経ってしまっているものと理解しますが… 組織の損傷により変形あるいは位置がずれたりした軟部組織、または骨などが干渉しているかも知れません。 部活などで激しい運動をすると、炎症など起きるかもしれませんので、 その時は無理はしないようにしてください。 ご心配か、すでに痛みなど、現在何らかの支障が出ているなら今からでも受診されてください。 強い力によって関節が無理な動きを強制され、関節周囲の軟部組織(関節包、靭帯など)が損傷したもの…が捻挫です。 内出血はこれらの軟部組織の損傷によって流れ出た血液などです。 骨と骨をつなぎ安定させている靭帯は、損傷の程度により I度…靭帯の僅かな損傷で、痛み、腫れも少なく、関節の不安定性のないもの II度…靭帯が部分的に切れ、関節に不安定性(軽度または中程度)、機能障害がみられるもの III度…靭帯の完全断裂。 関節の顕著な不安定性、高度な機能障害がみられるもの などと分類されます。 Q 右足を捻挫をして2週間が経とうとしています。 受傷後の処置をシップだけ(街中だったので家まで歩いて湿布したのは1時間後)で済ませてしまったので、夕方から足が猛烈に腫れ上がり翌日整形外科へ。 くるぶしの辺りも腫れてはいましたが、甲の部分の腫れと痛みのが酷かったです。 一番腫れて痛みがあった部分は甲の足首寄りの部分で、レントゲンもしたんですが医師は「ここは複雑に骨がなってるから正直分りづらいですが…でも多分大丈夫でしょう」との事。 痛み止めももらいましたが結局1日だけの服用に終わり、2週間が経とうとしている現在、腫れは完全に引いて、最初心配された上記部分よりも甲の指側に押したり不意に衝撃が加わると若干痛みが残るぐらいになりました。 足首に痛みはありません。 ただ、足の側部(外側)に横にブワ~っと広がった内出血の跡(?)が痛々しいです(それでも薄くなってきてはいる)。 受傷後冷さなかった為に内出血が酷くなったとの説明でした。 完全に安静できるのは土日ぐらいでしたが、とりあえず現在も湿布(病院処方)して包帯巻いて少し引きずりながら慎重に日常生活をしています。 私としては、最初の痛みや腫れ・受傷後の処置の不適切さを思えばまぁ順調に治っていると思っているんですが、周り(親)は「2週間経っても治らないなんておかしい」「たかが捻挫でこんなになるなんて…」とか何とか不安を煽るような事しか言いません。 2週間で捻挫が治らないってそんなにおかしな事ですか? 右足を捻挫をして2週間が経とうとしています。 受傷後の処置をシップだけ(街中だったので家まで歩いて湿布したのは1時間後)で済ませてしまったので、夕方から足が猛烈に腫れ上がり翌日整形外科へ。 くるぶしの辺りも腫れてはいましたが、甲の部分の腫れと痛みのが酷かったです。 一番腫れて痛みがあった部分は甲の足首寄りの部分で、レントゲンもしたんですが医師は「ここは複雑に骨がなってるから正直分りづらいですが…でも多分大丈夫でしょう」との事。 痛み止めももらいましたが結局1日だけの服用に終... A ベストアンサー 捻挫とは靭帯の損傷です。 靭帯損傷(つまり捻挫)とは、ケガのダメージから症状によって第一度~第三度に分類できます。 第一度:靭帯の一部断裂で関節方は温存されている 第二度:靭帯の部分断裂で場合によっては関節包の損傷、繊維の緩みがある 第三度:靭帯の完全断裂、関節包の断裂を伴う 靭帯とは、関節を構成する骨と骨をつなぎとめるバンドの役割を果たします。 このバンドを今しっかり治さないと、バンドは緩みっぱなしになります。 要するに関節に遊びができてしまうので、俗にいう 「捻挫が癖になる」 という状態になります。 この状態になれば将来運動は制限されるかもしれませんし、もっと年を取れば変形性関節症に移行し、人工関節というのも決して大げさな話ではありません。 一般的な治療は薬、電気治療、鍼などで、回復が進めばウォーキングにゴムバンドを使った筋トレがいいでしょう。 押して痛くないのであれば捻挫による二次的な症状かもしれません。 例えば、筋力低下や関節の固さです。 塗り薬や湿布は押して痛いところにしっかり塗りましょう。 3123. html 捻挫と言えば軽そうですが、靭帯損傷と言えば大事のような気がしませんか?靭帯を本当に綺麗に治そうと思えば数か月かかると思いますが、将来の為にも今しっかり治療に取り組まれることをお勧めします。 長文、乱文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。 お大事にどうぞ。 捻挫とは靭帯の損傷です。 靭帯損傷(つまり捻挫)とは、ケガのダメージから症状によって第一度~第三度に分類できます。 第一度:靭帯の一部断裂で関節方は温存されている 第二度:靭帯の部分断裂で場合によっては関節包の損傷、繊維の緩みがある 第三度:靭帯の完全断裂、関節包の断裂を伴う 靭帯とは、関節を構成する骨と骨をつなぎとめるバンドの役割を果たします。 このバンドを今しっかり治さないと、バンドは緩みっぱなしになります。 要するに関節に遊びができてしまうので、俗にいう 「捻挫が癖になる」... Q 社会人としてサッカーを楽しんでいる32歳です。 半年前に左足首を捻挫しました。 ボレーキックの時、ミートミスして左足のつま先先端で思い切りシュートしました。 サッカー経験者ならこの痛みは判っていただけるかと思いますが・・・自分としては、まあ良くあることだと思っていたんだけど、翌日も激痛が残っていたので、取り敢えず接骨院には行きました。 だけど半年経った今でも痛みは残っています。 テーピングぐるぐる巻いてれば、痛みは減少するんだけど、普段の歩行時はつらいです。 年のせいもあるのか? 医者には「伸びた靱帯はもどらない」と言われたんだけど・・・ホントにそう?また、どうしたら症状はよくなるのか?どなたか教えて下さい。 A ベストアンサー 微妙なお年頃なんで10年先でもボールを蹴っていたいと考えるなら、一度ちゃんとした医者 整体、接骨院 へ行くべきだと思います。 間違っても今から整形外科とか行っちゃダメですよ。 プロならまだしも... ちなみに私もsoccerman777さんよりちょっと若い頃にひどいネンザして、医者も行かずにそのままにしちゃいました。 でも、テーピングだけはしっかり勉強して、それから5年くらいの間、スポーツ サッカー、バレー、スキー する時は必ず時間とお金をかけてちゃんとテーピングしていました。 アップとダウンもしっかりと。 10年たった今ではテーピングせずにスポーツできてます。 足首の可動範囲が狭くなってますが、日常生活に支障をきたすような痛みもありません。 半年過ぎてしまっても決して遅くないです。 まずは治療としっかりしたケアを身につけましょう。 と、言いつつもつい先日も軽いネンザしちゃいました Q 仕事中、右足首の靭帯を損傷し、治療のため整形外科に通院していましたが、先日、先生から通院はもうしなくても大丈夫といわれました。 その時点で痛みは全くなく、先生が足を指でおしての確認の時も痛みはありませんでした。 ただまだ少し腫れていたので、元通りになるのか聞いたところ、完璧に戻るが戻るまで時間はかかります。 と言われました。 通院しなくなってから2週間経ち、ケガをしてからまもなく2ヶ月経ちますが、まだ少し腫れています。 そしてつま先立ちも痛みはないのですがつっぱる感じがあって左足よりふんばることができません。 なので、ヒールの高いブーツははけません。 あと、正座もまだできません。 こちらも痛みはないのですが、やはりつっぱる感じがあり柔軟がききません。 こんな状態がすごく心配です。 私の足は完璧に治るのでしょうか?もし治るとしたらどのくらいの期間がかかるのでしょうか? Q 一週間前左足首を捻挫し次の日痛くて歩けない状態になり総合病院で整形外科の先生に診て頂きました。 レントゲンの結果骨には異常がなく触診もしてもらったのですが大したことないらしく湿布薬を出され、松葉杖を貸してもらい毎日2回湿布薬を変えて左足を使わないように松葉杖を最低一週間は使いなさいと言われ一週間使ったのですが、足首のはれはだいぶ引きましたがまだくるぶしの下が少しはれており押すと痛い状態で怖くて家のトイレの中では松葉杖なしで歩いているのですがそれ以外は家から一歩も出ずほとんど横になっています。 会社は徒歩20分のところにあるので松葉杖で行くのは結構辛いし今仕事があまり忙しくない時期なので今度の月曜日に整形外科の先生の再診があるのでそれまで休んでいます。 でもさすがにこれ以上休むのはどうかと思い月曜日の診察が終わったら会社に行こうと思っているのですが今度の診察が終わってもまだ松葉杖を使わなきゃいけないままだと、洗い物等が出来ず逆に会社に行っても同僚に迷惑をかけるのではと心配です。 もしまだこのまま松葉杖を使うように言われたらその時は仕事の時の事も考えてより移動が楽な車椅子を借りようと思っているのですが症状がそんなにひどくなくても病院で車椅子は借りられるのでしょうか。 18年ほど前にも同じように靭帯を痛めて松葉杖をついていて1週間ほど学校を休んだ事があるのですが、その時は大きな伸縮性のあるテープみたいなもので足首をきつく固定されたのに今回は湿布を渡されて自分でするように言われただけなのでその治療方法にも疑問を持っております。 以前の時は海外に住んでいたので海外の病院での処置だったので日本と海外の治療は違うのだろうか、果たしてこのままでいつ普通に歩いて仕事に復帰することが出来るのだろうか心配です。 長文ですみませんがどなたか詳しい方教えてください。 一週間前左足首を捻挫し次の日痛くて歩けない状態になり総合病院で整形外科の先生に診て頂きました。 レントゲンの結果骨には異常がなく触診もしてもらったのですが大したことないらしく湿布薬を出され、松葉杖を貸してもらい毎日2回湿布薬を変えて左足を使わないように松葉杖を最低一週間は使いなさいと言われ一週間使ったのですが、足首のはれはだいぶ引きましたがまだくるぶしの下が少しはれており押すと痛い状態で怖くて家のトイレの中では松葉杖なしで歩いているのですがそれ以外は家から一歩も出ずほとんど横...

次の

捻挫(ねんざ)の対策|くすりと健康の情報局

捻挫 直し 方

そもそも捻挫とは? そもそも捻挫とは、骨と骨を繋いでいる関節部分(靭帯・腱・軟骨など)の損傷のことです。 関節部分に運動許容範囲を超えた負荷がかかることで起きます。 関節のある部位ならどこでも起きる可能性がありますが、実際には足首や手首などで発生しやすいケガです。 捻挫は少なからず内出血を引き起こすため、関節部分が腫れます。 つまり、捻挫で腫れるのは、基本的に関節部分に血液が溜まっているからです。 また、捻挫にもさまざまな損傷レベルがあります。 一時的に靭帯が伸びているだけの軽傷のケースが多いのですが、完全に靭帯が断裂しているなどの重傷のケースもあります。 また、単なる捻挫だと思っていたら、脱臼や骨折を伴っていることもあります。 捻挫は放置しておけば自然に治るの? では捻挫は放置しておけば自然に治るものなのでしょうか? 前述の通り、捻挫といっても損傷レベルはさまざまです。 したがって、 捻挫を放置しておいても自然に治るかどうかは、どのくらいの損傷レベルなのかによって変わります。 たとえば、一時的に靭帯が伸びているだけの軽傷であれば、適切な応急処置をした上で安静にしていれば、おおよそ1~2週間ほどで腫れや痛みは引きます。 それとともに自然と関節は元の状態に戻るでしょう。 必ずしも病院に行く必要はありません。 一方で 完全に靭帯が断裂しているような重傷となると、自然に治ることはありません。 完全に靭帯が断裂しているような重傷の捻挫を放置していると、当然何カ月も腫れや痛みが引きませんし、関節が不自然に変形したままになるなどの後遺症が残ることがあります。 必ず病院で治療を受けるようにしましょう。 捻挫をした関節が明らかに変形している• 捻挫をした関節を動かそうとすると激痛が走る• 捻挫をした関節を自力で動かせない• 捻挫をした関節周辺がパンパンに張れている(通常時の1. 5倍以上が目安)• 捻挫をした関節の痛みがいつまでもとれない 自分ではあまり判断ができないというときには、まずは絶対安静でおおよそ1週間ほど様子を見ましょう。 そして、それなりに腫れや痛みが引いてきているかどうかで判断するとよいかもしれません。 また、できるだけ関節に後遺症を残したくない方は、自己判断せずに病院で診察を受けたほうがよいです。 なお、捻挫は病院の 整形外科を受診するようにします。 というのも、どのくらい靭帯や骨などが損傷しているかを正確に判断するためには、レントゲン撮影が必要になるからです。 MRI検査が必要になることもあるかもしれません。 整骨院や接骨院ではレントゲン撮影やMRI検査はしてくれませんので、必ず整形外科の専門医がいる病院を選びましょう。 無理に運動を続けたりすると、内出血や炎症が悪化してしまいます。 また、患部を無闇にさわらないようにします。 Ice(冷却する) 捻挫の応急処置で最も重要なのが冷却(アイシング)です。 すぐに患部を冷却することで、内出血や炎症を最小限に抑えることができます。 もし足首や手首を捻挫してしまったら、できるだけ迅速に患部を冷却するようにしましょう。 具体的にはキンキンに冷えた氷水の入ったバケツを用意します。 そして、そこに約10~15分ほど患部を入れているがよいです。 また、氷をたっぷりと入れたビニール袋(2重・3重にするとよい)などで患部を冷やすのでもOKです。 すぐに氷を用意できない場合には、流しっぱなしにした水道水に患部をつけることでも、一定の冷却効果を得ることができます。 Compression(圧迫・固定する) 捻挫をした関節周辺を包帯やテーピングで圧迫すると、患部への血流が止まるため、内出血や炎症を抑える効果を得られます。 また、 関節を固定することで、靭帯などの修復を早める効果も得られます。 ただ包帯やテーピングをあまりきつくしすぎないようにしましょう。 健康な細胞まで壊死してしまうことがあります。 Elevation(挙上する) 患部が心臓より低い位置にあると、患部に血液やリンパ液がどんどん流れるため、内出血や炎症が助長されます。 そのため、もし足首や手首などを捻挫してしまったら、患部を心臓より高い位置に保つように意識しましょう。 特に就寝時に患部を拳上するようにしていると、捻挫が治りやすくなります。 最後に いかがでしたか?単に捻挫といっても損傷レベルはさまざまです。 そのため、捻挫を放置しておいても自然に治るかどうかは、どのくらいの損傷レベルなのかによって変わります。 捻挫をしっかり治したいのであれば、病院で診察を受けるのが最も確実でしょう。

次の