東京 中 日 スポーツ。 東京スポーツ

オリンピック中止・延期なら、海の日、スポーツの日、山の日はどうなる?【追記あり】(前田恒彦)

東京 中 日 スポーツ

新型コロナウイルスの影響で2020年7月の開催が危ぶまれている東京オリンピック。 「体育の日」から「スポーツの日」へ いつが祝日になるのかについては、「」で定められている。 そのうちの一つが1964年の東京オリンピックを記念した「体育の日」だったが、法改正で2020年1月から名称が「スポーツの日」に改められた。 「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」というのがその趣旨であり、本来は10月の第2月曜日が祝日となる。 オリンピックの中止・延期があっても、この「スポーツの日」の名称が「体育の日」に戻ることはない。 2020年だけ祝日を移動 問題は、この「スポーツの日」を含めて特別に3つの祝日が、2020年に限り、五輪シフトのために移動していることだ。 すなわち、「」により、「海の日」「スポーツの日」「山の日」が次のとおり変更されている。 大会の円滑な準備や運営などを図るというのがその狙いだ。 再変更には法改正が必要 ただ、これらはすでに特措法によって移動が実行済みとなっている。 この特措法の改正が行われない限り、たとえオリンピックが中止・延期になったとしても、2020年の「海の日」「スポーツの日」「山の日」はそれぞれ移動となった7月23日、24日、8月10日のままで変わらない。 また、その特措法によって2020年限定の措置とされているため、2021年以降は、例えば「海の日」が7月の第3月曜日であるなど、祝日法の原則に戻ることになる。 もし延期が半年後や1年後、2年後といった時期になれば、新たな開会式・閉会式の日に合わせ、改めてその年の祝日を移動させる法改正が必要となる。 一方、中止・延期が決まったからといって、先ほどの3つの祝日をもとに戻せば、カレンダーの表記と異なるなど大混乱が予想される。 2020年の祝日はオリンピックの中止・延期と関係なくそのままにしておく、といった措置が望ましいだろう。 (了) 【追記】 政府は、東京オリンピックの開催が2021年に延期されたものの、2020年の祝日に関する特措法の規定は改正せず、そのままにしておくとした。 このため、2020年の「海の日」「スポーツの日」「山の日」は、それぞれ7月23日、7月24日、8月10日のままとなる。 一方、政府は、2021年のオリンピック開会式や閉会式にあわせ、2021年も祝日を移動することとした。 国会で改正特措法が可決成立したら、2021年の「海の日」「スポーツの日」「山の日」は、それぞれ次のようになる。 ~序章 1 逮捕2日前 夜半、携帯電話に着信履歴。 大阪地検の特捜部長からだった。 折り返すと、「自宅でゆっくりしている時に悪いな。 検事正から話があるそうやから、明日の午後1時に検事正室に来てくれるか。 検事正には部長も同席するようにと言われた。 用件は不明や」とのこと。 日曜日の23時になろうかという時間だったし、翌9月20日は敬老の日だった。 地検トップの検事正がわざわざ特捜部の部長と検事をセットで休日の庁舎に呼び出すということ自体、穏当でない。 ちょうど9日前には、僕が主任検事として捜査の取りまとめを行った厚労省虚偽証明書事件で、担当課の元課長に無罪判決が下っていた。 捜査当時は「社会・援護局長」という厚労省の要職に就いていた方だ。 引責のための突然の人事異動の話か、フロッピーディスクのデータ改ざんの件ではないかと直感した。 僕は何よりも法と証拠を重視すべきプロの法律家である検事として、絶対にやってはならない罪を犯した。 元課長やそのご家族をはじめ、厚労省事件に関わった全ての関係者の皆さまに与えた計り知れない苦痛を思うと、まさしく万死に値する行いにほかならない。 検事として、それ以前に一人の人間として、衷心からのお詫びの気持ちを形に表すべく、けじめをつけなければならない。 後輩検事の一人に改ざんの件を告白した際、「最後は僕が首をくくって責任をとるから」と言っていたが、いよいよその時がやってきたようだ。 (続).

次の

銀座のクラブが都のロードマップに悲鳴「どの店も3か月休業を持ちこたえる資金力はありません」

東京 中 日 スポーツ

概要 [ ] 、中部日本新聞社が発足後、東京の拠点として東京総局をに開設。 その後、本格的な東京進出を目論み、、東京・内幸町の東京営業所跡地に、最新鋭のを備えた東京支社(現・東京本社)社屋を建設。 に「 東京中日新聞」として創刊。 "日本一美しい新聞"を宣伝文句に、連日付きの記事を1面で掲載、"カラーの東中"と呼ばれた。 「 東京中日新聞」の当時の題字ロゴは、「 中日スポーツ」のロゴとほぼ似ていた。 「東京中日新聞」は、「家庭で安心して読める健全な特殊紙」をに、・・一般ニュースを扱う大衆紙だった。 カラー写真コンテストや、総額150万円にのぼる「三冠王クイズ」と「トリオ・クイズ」など、読者参加の記事も充実していた。 10月、が、からの編集・印刷を承継してからは、東京新聞の姉妹紙としてスポーツ紙に本格転向し、に題号を「 東京中日スポーツ」に改題し、現在に至る。 発行部数は12万9490部(2017年7月、自社公称 )。 紙面の特徴 [ ]• 1面のロゴについては、付から、東京本社の編集・製作機能がから"発祥の地"である日比谷中日ビルに移転したのに伴い、1面右上の略称表記がそれまでの「トーチュウ」から「東京中日」(その右下に「スポーツ」と小さく書かれている)と変わった。 これは創刊当初の「東京中日新聞」のものをイメージしているという。 創刊当初は「中日」という文字を少し大きめにして、は中日を朱色にするなど強調していた時もあった。 日付表示・発行所クレジットの箇所は現在は名古屋本部の「」とほぼ同じデザインになっている。 欄外の題字は、スポーツニッポンと同様で左右寄りに「東京中日スポーツ」と表記されている。 中日新聞東京本社が発行しているので、関東圏で唯一、1面記事は通常の記事となっている。 このため、テレビの情報番組における新聞紙面紹介コーナーでは、トーチュウ・(1面は通常)・(東京本部版・1面は通常)の1面の違いが取り上げられることがある。 中日スポーツの連載漫画である『』は以前は掲載していなかったが、紙面リニューアルにより付紙面より掲載を開始した。 なお1998年から2008年までは独自の連載漫画「あっぱれ竜党計画」(平日は、週末はの作画)が連載されていた。 FC東京に関しては、「365日FC東京」というクラブ情報を連日掲載。 また有料携帯サイト「365日FC東京モバイル」を運営している。 や地元チーム、関連の記事を取り上げるコーナーをほぼ連日掲載している。 特にモータースポーツは早くから大きく取り上げており、ブーム以前から同紙の大きな特徴となっている。 プロレス・格闘技ではをお膝元でもあるデイリースポーツを含む他紙よりも大きく取り扱い、創刊55周年に当たる2010年に同団体主催で開かれたに「東京中日スポーツ杯」として社杯を提供している。 また、2012年からは主催「」をデイリースポーツに代わって後援している。 最近は中日が負けた場合はそのほかのスポーツを一面に持ってくる場合が多い。 モータースポーツに関してはとの関係も深く、2010年現在・・の3人が交代で連載コラムを担当している。 社会面は基本的に1ページだが、休刊日のみカラー・2ページで展開している。 芸能面は基本的に2ページだが、土、日、月は1ページにしている。 1部売りは130円と他のスポーツ紙より10円安い(中日スポーツは120円)。 2019年7月より140円に値上げ。 報知、スポニチ、サンスポは150円に値上げ、ニッカン、デイリーは据え置き措置のため1紙のみ安いという差別化はできなくなった(ニッカンは2020年4月から150円に値上げ)。 でも、大井川以東の中部・東部・伊豆で発売されている。 なお、がにある都合上、西部では中スポのみの発売となっている。 静岡県西部でも、JRの売店ではトーチュウと中スポが併売されている。 中スポでは取り扱っていないも扱っている。 バックナンバー購入の際は1部あたり78円の送料が追加される。 による定期購読は、販売エリア外に居住している場合(中スポ販売エリアに居住している場合も含む)に限り可能。 反対に中スポの郵送による購読は中スポの販売エリア以外に居住している場合(トーチュウの販売エリアに居住している場合も含む)に限り可能。 いずれの場合も送料が加算される。 の駅売店・コンビニで早版(3版)が販売されていたが、2015年6月末をもって取り扱いを休止した。 やなど、で大規模なイベントが開催される際には、本来は中スポの販売エリアである鈴鹿市内まで本紙を運び、サーキット内の売店や周辺ので特別販売を行っている。 また、本来は管轄外のでも、他のスポーツ紙の東京、または西部()本社版とともに空輸、あるいは船便で配送し、の一部・乗り場・などで販売しているが、輸送費の都合上値段が高い。 (西スポ・福岡県)とも提携しており、一部記事はトーチュウと同じものを掲載している。 1面の内容は、以降、名古屋(中スポ)で製作された物とほぼ同じ記事を共有使用 しているが、日によって東京独自の記事になることもある。 現在は1面を含め紙面の大半は名古屋制作のもの(面含む)になっているが、モータースポーツ面は中スポでもトーチュウ制作のものが掲載されている。 関東地方のみで発行されているスポーツ紙であることから、のアマチュアスポーツの結果や首都圏在住のアスリートにスポットを当てる「首都圏スポーツ面」(首都スポ)を連日掲載している。 中日新聞社が発行する新聞で唯一、1面にて()を表示している。 中日スポーツ・・西スポの3紙と友好・協力関係を持ち、4紙共同による連載企画や読者プレゼント企画「アタック4」を実施している。 備考 [ ]• トーチュウの2面には「 名古屋へ行ったら 中日スポーツ」という小さなが載っている。 逆に、中スポの2面には「 東京へ行ったら 東京中日スポーツ」の広告が掲載されている。 ただ実際には、両紙とも、名古屋や東京よりも広い範囲で購入できる。 ソフトバンク関連以外のプロ野球面、一般スポーツ面は、 と紙面共有している。 但し芸能・社会面に関しては2015年6月以前はトーチュウと紙面共有していたが、同年7月1日付から との紙面共有に切り替えた。 までは、即売版(駅売り版)でアダルト面を設けていた。 当時の休刊日特別版では、宅配版と同じ、全体に見やすいテレビ欄に差し替えていた。 しかし付より、即売版においてもアダルト面を廃止。 全面テレビ欄の形式に統一されている。 1980年代後半までは姉妹紙の東京新聞が行っていたテレフォンサービス向けに、スポーツニュースを提供していた。 東京新聞のテレフォンサービスには、他にも全国ニュース・釣り情報・競馬結果・料理・芸能ニュース・怪談・民話などの番組があった。 とでは、一部地域で宅配・即売を行っている。 公式サイト [ ]• 基本的に中日スポーツと共同で運営している。 そのため、項目欄には、Jリーグのライバルチームである「」と「FC東京」が隣同士に並んでいる。 ただし、モータースポーツ関連については、トーチュウが単独で運営している。 公式サイトのレイアウトは中日新聞・東京新聞の各公式サイトと同じレイアウトだったが、2016年3月14日に公式サイトを大幅リニューアルするとともに、でも最適な表示ができるようになった。 番組表 [ ] フルサイズ• 1、 2、 4、 5、 6、 7、 8 ハーフサイズ• 、 BS1、BS3、プライム BS9 クォーターサイズ• BSデジタル - BS4、 BS5、 BS6、 BS7、 BS8、WOWOWライブ、WOWOWシネマ、 BS10、 BS11、 BS12、、、• CS - 、、• 地上波 - 3、 3、 3、 3、 3• ラジオ - 、、、、、、、、、 発行所 [ ] 二丁目1番4号 主な評論家・寄稿者 [ ] 野球 [ ] 中日新聞系であるため、中日スポーツの評論家を兼務しているが、便宜上東京本社・名古屋本部ごとに分けて記載する 東京本社担当 [ ]• (1997年、2003年〜2007年、2009年〜)• (1996年〜)• (1995年〜1999年、2003年〜)• (2019年〜) 名古屋本部担当 [ ]• (1990年〜1994年、1996年〜)• (1995年〜)• (1998年〜2005年、2008年〜2011年、2014年〜)• (1998年〜2017年、2018年〜)• (1999年〜2011年、2014年〜)• (2014年〜)• (2010年〜)• (2002年〜2011年、2014年〜)• (2016年〜)• 2019年~• 2020年~• 2020年~ その他スポーツ [ ]• サッカー• モータースポーツ• - 1990年よりモータースポーツ面スーパーバイザー。 - 毎週火曜日に「井崎脩五郎の競馬探偵」を連載。 - 毎週月曜日に「ぱかぱか日和」を連載。 プロレス・格闘技• - 本場所中に「私は見た! 」を連載。 コラム [ ] 連載コラム「セブンデイズ」については中日スポーツと同内容である。 詳細はを参照。 脚注 [ ]• 社屋は一度取り壊され、その跡地にが建てられた• 『日本新聞年鑑2012』 - 日本新聞協会(2011年)• ちなみに中スポは、スポーツニッポン大阪本社版(付まで)と同様で中央に「中日スポーツ」と表記されている。 主に近藤・堂本の2人が4輪レース、長野が2輪レースを扱う。 デイリースポーツも同様の措置をとっている。 トーチュウは宅配、駅売店やでの即売を併売している。 中スポも伊豆の一部を除く静岡県全域で発売されているが、元々アダルト面がないため、宅配版向けのテレビ面差し替え自体行っていない。 九州地方関係以外のスポーツ記事。 なお、競馬面については3月まではと提携していたが、同年以降は中スポとの提携記事に変更された。 なお、芸能・社会面についてはまではトーチュウと提携していたが、同年以降は(発行)制作のものに切り替えた。 以前はトーチュウ・中スポと独自の紙面編集だったが、ドラゴンズ関連の記事が1面の場合は中スポと共有する日が多くなった。 が発行。 を中心としたで発売している。 のが発行。 東京でも発行されている。 従来アダルト面に掲載されていた広告は、社会面に移動させた。 - 中日スポーツ・東京中日スポーツ(2016年3月13日) 関連項目 [ ]• - 一時期、スポンサーとしてマシンのにステッカーを掲示していた。 - 元監督。 紙上でコラム・野球教室を担当(慶應監督就任後も継続)• - メンバー・土屋礼央がFC東京関連のコラムを連載(月1回程度掲載)• - 紙上でボートレース関連のコラムを連載(月2回程度掲載)• (、東京中日スポーツ創刊55周年「」就任)• 元々本紙のゴルフ担当記者であった) 外部リンク [ ]•

次の

銀座のクラブが都のロードマップに悲鳴「どの店も3か月休業を持ちこたえる資金力はありません」

東京 中 日 スポーツ

寒い季節はついつい室内に籠りがち。 その上忘年会や新年会で、食事量も増え、運動不足や体重が気になる方もいるのではないのでしょうか?実は東京都内には気軽に体を動かせるスポットがたくさんあるんです。 今回はカップルで気軽に運動できるスポットを10か所ご紹介します。 (なお情報は記事掲載時点のものです。 詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。 ) 当サイト内のおでかけ情報に関して 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 このまとめ記事の目次.

次の