頭 が 良く なる 画像。 1日10分で頭を良くする

頭が良くなる方法8選!簡単に頭が良くなる意外な方法とは?

頭 が 良く なる 画像

大人も子供も1日10分するだけで頭が良くなることとは?! 1日10分で頭を良くする方法を紹介させてもらいます。 これは特に子供に効果があることですが、おそらくは大人にとっても認知機能の回復という点では効果があると思われますので、是非大人の方もお子さんも一緒に行なっていただけたらと思います。 2019年にペンシルベニア大学とカリフォルニア大学の研究チームが、中国で行われたコホート研究のデータセットを用いて研究を行っています。 2928人のライフスタイルから、子供たちが4年生から6年生の間にどんな生活をしているのかということを調べています。 例えば、子供たちの幸福度がどれぐらい高いのかということや、BMIや血糖値、学力の高さや問題行動の有無などを色々と調べています。 それらを調べた上で、両親の教育レベルや経済力などを除いて調整したところ、なんと、 ある行動を1日に10分や20分で構わないので行なっているだけで、それをしている子供たちはメンタルも安定していて幸福度も高く、身体的にも健康だったということです。 さらに、 教育レベルの高い親の元で育てられた子供ほど、この行動をよくしているということも分かっています。 その行動とは何だと思いますか? 普通に考えると、やはり勉強だろうとか、運動をしていたのではないかというようなことを考えると思いますが、なんとその行動とは 昼寝でした。 子供の昼寝を推奨! つまり、 昼寝をしている子供ほど、メンタルも安定してカンシャクを起こすことも少ないいい子で、幸福度も高いので幸せな毎日を送っているということです。 ですから、子供の昼寝は推奨した方が良いということです。 そして、 昼寝をすることによって子供達は健康に育つし、人間関係の問題や学校での問題など問題行動も起こしづらかったということです。 さらには、 教育レベルの高い親の元で育った子供ほど、よく昼寝をしているという傾向が確認されたわけです。 そういう意味では、子供を幸せにして健康的で頭を良くしてくれるかもしれないという行為が、1日に10分から20分ぐらいの昼寝ということですので、是非親御さんも一緒に昼寝をしてみてはいかがでしょうか。 大人にとっても昼寝は重要 なぜ親御さんも一緒にしたほうがいいのかというと、そもそも昼寝をしていないと人生損しているのではないかというぐらい、昼寝というものはとても強力なものです。 なかなか夜に寝付けないという人も、昼寝で眠れなくても目を閉じて横になっていたり座っているだけでも効果はあります。 この昼寝というものは、皆さんの症状によって時間は結構変わってくるものですので、それぞれ最適な時間を紹介しておきます。 集中力の回復:10〜20分の昼寝 例えば、別に睡眠にそんなに問題があるわけではないけれど、結構忙しくて、仕事中や勉強中に時々頭がぼーっとしてしまったりする人や、大事なことをする前に集中力や生産性を高めたいと考えている方におすすめの昼寝は10分から20分ぐらいの昼寝です。 2006年の研究を見てみると、たった10分眠る、あるいは、目を閉じているだけでも認知機能が回復したり、集中力が高まったり物事をインプットする能力が高まるということが分かっています。 集中力の回復や生産性の回復、頭の疲れの回復には10分から20分ぐらいの昼寝が効果的です。 若々しさを保つ:〜30分の昼寝 そして、 体の炎症レベルを抑えたいとか若々しくいたい、肌を綺麗にしたい、あるいは、筋トレなどをした時の疲れを取りたいと考える方は30分の昼寝がベストです。 昼寝が30分を超えると色々な問題もあり、ノンレム睡眠がステージ2というものに変わってしまいますので、そうなると起きた時に頭が余計にぼんやりしてしまいますので、昼寝は長くても30分以内にしておいた方がいいと思います。 昼寝は30分以内にするようにすれば、起きた時に頭がぼんやりすることはあまりありませんし、夜の睡眠にも影響が出ません。 一方でいわゆる老化につながる体内の炎症レベルを抑えてくれるということが分かっていますので、いつまでも若々しくいたいとか肌をきれいに保ちたいという方は30分以下ぐらいの昼寝を習慣にするといいと思います。 40分から60分ぐらいのがっつりとした昼寝はあまりおすすめはしません。 おすすめはしませんが、一部の実験では、60分の昼寝をすることによって心身の疲れがとても取れるという結果も出ていたりはします。 アスリートであったり体をとても酷使するような人にとっては60分ぐらいの昼寝をとってもいいとは思いますが、そうではなく普通の方は、アンチエイジングなどの効果まで考えるのであれば30分ぐらいまでの昼寝、頭をスッキリさせてこれから勉強や仕事に集中したいと考える場合には10分から20分ぐらいの間の昼寝がベストな昼寝の時間になると思います。 眠れなくても目を閉じているだけでも効果はある 昼寝をする時には、別に寝れなくても目を閉じているだけでも効果はあります。 僕の場合は、昼寝まではいきませんが6分間目を閉じるだけということをよく行います。 これは、例えば本を読んでいて覚えておきたい知識を知った時や、勉強していてこの30分に勉強したことは頭の中に定着させておきたいと思った時には、一度本やテキストを閉じて6分間目を閉じます。 できれば、ノイズキャンセリングのイヤホンなどをつければより効果はあると思いますが、周りから入ってくる情報をシャットアウトします。 そうするとそれまで自分が頭に入れた知識が定着しやすくなります。 ですから、僕の場合は結構こまめにこの6分間タイマーをかけて目を閉じるということをよく行います。 頭がぼーっとするような場合には、15分から18分ぐらいの昼寝をするようにしています。 お昼ご飯を食べた後などの眠くなる時間帯には、予め時間を決めておいて30分の昼寝をするようにすると頭もスッキリして集中することができるようになるでしょうし、肌もきれいに保つことができますので一石何鳥にもなるメリットがあると思います。 是非試してみてください。 日中にどうしても眠いという方もいると思いますが、そのような方は、疲れて眠いのではなくて睡眠不足で眠いとかなかなか夜に寝付けなくて眠いということがあるのではないでしょうか。 このような方には副作用もなく睡眠薬と等しいぐらいの効果を出してくれる 認知シャッフル睡眠療法というものがあります。 これを簡単に無料でできるようにアプリを作っていますので、今回のおすすめとして紹介しておきます。 完全に無料で使えるアプリですので、なかなか寝付けないという方は是非夜の睡眠の改善のために使ってみてください。 今回は認知機能を改善したり頭を良くするためにも昼寝が効果があるという話を紹介させてもらいました。 他にも同じように頭を良くするための方法は見つかっています。 いわゆる頭の良さとしては IQ がよく言われますが、この IQ というものはたった5ポイント上がるだけでも人生が激変するぐらいのレベルで変化があるとされています。 IQ はそのほとんどが生まれつき決まるものであり、後から変わることはないと言われていますが、そんな IQ を上げる可能性がある方法をいくつかまとめた動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。 もしこの研究で行われている実験と同じ数値が出たとしたら、合計すると22ポイント以上 IQ が上がるということになります。 IQ は生まれつきのもので頑張っても変わらないものだとされてはいますが、僕はまだまだ可能性があるものだとも思っていますので、是非をチェックしてみてください。 参考:Jianghong Liu, Rui Feng, Xiaopeng Ji, Naixue Cui, Adrian Raine, Sara C Mednick 2019 Midday napping in children: Associations between nap frequency and duration across cognitive, positive psychological well-being, behavioral, and metabolic health outcomes お気に入りに入れる.

次の

無学年式 AI×アダプティブラーニング「すらら」 ケイアイスター不動産「頭が良くなる家」で、子どもの意欲を高めるために保護者向けアドバイスを行うAIチャットボットを共同開発

頭 が 良く なる 画像

私は当時は意識的にこれをしてきたわけではありませんが、今となって断言できることは「誰に憧れるか」で人生が決まるということです。 考えてみれば当然のことですが、不良の先輩を見てかっこいいと憧れる少年は近い将来その先輩のように不良になっていきます。 EXILEに憧れる人は、EXILEのように外見にこだわったり、歌やダンスにこだわったりということに人生の時間を使っていきます。 これとは逆に頭が良い人や成功者に憧れを持った人生ならばどうなるでしょうか。 憧れのその人のように自分もなりたいと思い、頭が良くなるために人生の時間を使ったり、成功を目指すことに人生の時間を使うようになります。 つまりは「頭が良くなりたい」「成功したい」と望むのならば、現実に頭が良い人や成功している人に憧れを持たなければなりません。 私は幸いにも小学生の時、裕福な家庭に生まれたクラスメイトがいました。 当時はバブルの最中ということもあり、その子の家に遊びに行くたびに普段は絶対に知ることもないような贅沢とも言える光景を目の当たりにしてきました。 「なぜ僕の家は貧乏なのに、彼の家はこんなにお金持ちなのか」 こんな疑問と同時に私は子どもながらに「彼のような人生がいい」「お金持ちになりたい」という強い憧れを持つようになりました。 そしてそのためにするべきこととなれば勉強しか考えられませんでした。 私が「頭が良い人」とされる人生を歩みだしたのはこれがきっかけです。 「頭が良くなりたい」「成功したい」「お金持ちになりたい」のであれば、まずは「頭が良い人」「成功している人」「お金持ちの人」に憧れを持つことが大切になります。 あなたが憧れを持った人のとおりにあなた自身もなっていきます。 私は先述の経験があったおかげで、学問を収めることで豊かな人生を送ることを目標にしました。 そして本当にその目標どおりに人生がなってゆきました。 このような自分の経験も含めて常に目標を持って人生を生きることはつくづく大切だと思います。 イチロー選手は小学校の卒業文集に「プロ野球選手になる」と目標を書き、本当にそうなりました。 松坂大輔選手も「100億円プレイヤーになる」と小学校の卒業文集に目標を書き、本当にボストン・レッドソックスと総額100億円で契約をしました。 サッカーの本田圭佑選手についてもこれと同じエピソードがあります。 頭が良くなりたいのなら、頭が良くなるための目標を持つことが本当に大切です。 あの大学に進学したい あの会社で働きたい 自分で会社を経営したい などなど目標を持つことからすべてが始まります。 「目標のない人生は行く宛のない船と同じだ」という言葉を聞いたことがありますが、私は本当にそのとおりだと思っています。 目標がなければ自分が進むべき方向が分かりません。 そのせいで毎日意味のないことに時間を使ってしまいます。 しかし、目標があれば進むべき方向は明確となり、その目標に向かう行動をするようになります。 だからこそ目標を持つことが大切です。 頭が良くなりたいのであれば、「頭が良い人になる」という目標を持つべきです。 ただし、ただ目標を持つだけではダメで、目標に対する強い思いと、行動の伴った目標でなければなりません。 「あなたと仲の良い友達5人の平均年収があなたの年収です」という説を耳にしたことがあるかと思います。 私はこの説が本当に正しいと感じています。 小学生にして頭が良くなりたいという目標があった私は中学生になったとき、意識的に自分と同じような目標を持っている人たちと仲良くなりました。 正しくは同じような目標を持っていたから仲良くなったのかもしれません。 当然のことながら、彼らは「遊び > 勉強」という価値観であったため、みなが真面目に勉強をするタイプでした。 同じクラスの人たちはテレビやゲームのことを話題にしていましたし、もちろん私たちもテレビやゲームのことも話題にもしました。 しかし、話題の中心はやはり勉強についてだったことを覚えています。 勉強について分からないことがあれば友達に聞くことができました。 周りのみんなが勉強をする習慣があったので私も当たり前かのように勉強をしていました。 中学2年生のころにはどの高校に進学するか周りのみんなが興味関心を持っていました。 この環境にいたことが大きな理由で、私は県内1位の進学校に合格することができました。 そして、県内1位の進学校には当然のことながらそれぞれの中学で優秀だった生徒が集まってきます。 私はこの環境で高校3年間を過ごしたため、学校から帰った自宅でも長時間勉強することが当たり前になっていました。 結果として、ほぼ自動的に東京の私立の一流大学に現役で合格することができました。 周りに頭の良い人がたくさんいれば彼らから影響を受け、あなたも頭が良くなります。 逆に周りに勉強に興味がない人ばかりいれば、あなたも彼らから影響を受けて勉強とは無縁な人生になってしまいます。 だからこそ意識的に自分がなりたいと思う人と付き合うことが大切です。 あなたが誰と時間を共有するかにはあなたの人生に大きな影響を与えます。 人はみな1日24時間平等に与えられています。 しかし、その24時間をどう使うかで人生に大きな差が生まれます。 まさに「人はみな平等に生まれた」、だけど「平等に生まれただけでその後は平等ではない」ということです。 何に人生の時間を使ったかだけで人生は大きく変わります。 1日1時間ゲームを習慣として30歳まで生きた人と、1日1時間学びを習慣として30歳まで生きた人のどちらが頭が良くなり、より豊かな人生を送っているでしょうか。 誰もが後者だと思うでしょう。 だからこそ、頭がよくなりたいのであれば、学びを習慣化する必要があります。 日々の学びの積み重ねがやがて大きな果実となります。 それではどうすれば学びを習慣化することができるのでしょうか。 方法としては2つあります。 1つめは、自分の目標の明確化です。 目標が明確であればそうなりたいと強く思えるようになります。 そうすると、その目標を達成するための行動を取るようになります。 それでも行動できないのであれば、目標に対する思いが弱い、もしくは目標があなたが真に望むものでない可能性が高いです。 2つめは、「少しずつ」を意識することです。 習慣は急に作られるわけではありません。 日々の積み重ねが少しずつ習慣になるものです。 そのためには、まずは小さな一歩から、そしてその一歩を確実に習慣にしていきます。 そして、その一歩が習慣になったのなら次は二歩にします。 このように一歩ずつ無理のない範囲で行動していくことで挫折せず習慣を作ることができます。 自分がどうなりたいのか、人生で何を望んでいるのか、それを意識しながら日々学びを積み重ね、習慣を形成していくことが大切です。 ここまでの4つは心理的な面について頭が良くなる方法を紹介してきました。 それとは対照的に学問的な話をすれば、私が大切だと思うのは「英語」と「読書」です。 私はTOEIC900点、英検準1級を取得しているのですが、私は理系出身でありながら高校からこれまで継続的に英語の勉強をしてきています。 現在では誰もが英語の重要性を知っていますが、そのとおり英語は重要です。 いかなる大学の入試試験でも英語はあります。 就職や転職に際しても英語力が求められます。 企業内での出世や昇進にも英語は必要です。 そして、会社を経営するにも英語は武器になります。 私はこのような英語の価値に早くから気がついていたからこそ英語を勉強の軸にしてきました。 しかし、結果として私は英語の勉強に時間を多く投資することで頭が良くなったと感じています。 英語の基礎となるのは英単語と文法です。 これらはもちろん理解して覚えるということもできますが、そのほとんどは暗記です。 この暗記が脳を強く活性化してくれます。 これまでの人生、常に英単語を覚えるということを繰り返し行ってきた私の脳は鍛えに鍛え上げられていると感じています。 基本的に聞いた物事を忘れません もちろん重要でないことは忘れますが。 これは長年のトレーニングで脳が鍛え上げられているからできることです。 私と同じように多くの人も様々な情報なり学びなりを耳にしてはいるのですが、そのほとんどを忘れてしまっている、脳に吸収されていないと思います。 そして、それが人生で差になっているとも感じます。 このように私は英単語の暗記を人生で長期間行ってきたため脳が鍛え上げられ、多くのことを記憶することができるようになりました。 頭が良くなるために英語と同じく私が大切だと思うのは「読書」です。 とある雑誌に30代で年収300万円の人は1ヶ月に平均して本を0. 3冊しか読まない、それに対して30代で年収3,000万円を超える人は1ヶ月に平均して本を9. 8冊読んでいるというデータがありました。 多読家の著名人として、マイクロソフトのビル・ゲイツ、投資家のウォーレン・バフェット、ソフトバンクの孫正義などがいます。 こう考えるといかに読書量が頭の良さや成功と強い因果関係があるかが分かります。 私も高校生のときから読書をするようになりました。 社会人になってからはだいたい2〜3日に1冊は本を読む生活をしています。 読書は確実に頭を良くしてくれます。 書籍から情報や知識を得ているので、当然ですが人よりも持っている情報量や知識量が多くなります。 だからこそ、物事を的確に理解したり判断したり処理したりとできるわけです。 しかし、読書による効果はこれだけではありません。 読書をすることで右脳と左脳の両方が同時に鍛えられ、論理思考も創造力も豊かになるという説を書籍で見たことがあるのですが、私はこれが正しいと思っています。 読書をすることで脳の回転がしだいに早くなり、思考力が高まります。 こう考えると、やはり頭が良くなるためには読書は必須でしょう。 これは私がこれまでの人生で、そしてこれからの人生でも大切にしていくことです。 アメリカ合衆国第16代大統領リンカーンの有名な名言を紹介します。 木を一本切るのに8時間ももらえるのなら、私は最初の6時間を斧を研ぐのに費やす 普通の人は「木を切れ」と言われたら8時間かけてその木を切ろうとするはずです。 それに対してリンカーンは、6時間は木を切るための準備に時間を費やし、残った2時間で木を切ると言っています。 私もこの言葉から大きなヒントを得ました。 例えば、あなたが英語を身につけたいとします。 それならば無知のままいきなり英語と向き合うのではなく、まずは英語の勉強法について学び、具体的な方法論を知った上で勉強を開始した方が結果は早く得られるという意味です。 つまりは頭が良くなりたいのであれば、勉強をするのではく、まずは頭が良くなる方法や勉強の仕方についての知識を仕入れることが大切になります。 実際のところ、このアプローチができている人は多くはいません。 だからこそ、このアプローチをするだけで周りとは違った結果を手にできるはずです。 人類は道具の進化とともに進化をしてきました。 少し前の話ではパソコンという道具の登場、現代に話をおけばスマートフォンという道具の登場がこの例としては顕著です。 人間の脳自体は今も昔も大きな変わりはないはずですが、現代に生きる人は、道具の進化によって、より効率的により効果的に生活することができています。 ここで恐ろしいことは、最新の便利な道具は毎日のように世の中に登場しているのにも関わらず、それを知らない人は、それを知っている人とどんどん差がついてしまっているということです。 そして、学力・勉強についてはこれが特に顕著になります。 仮に自分の脳力が人より劣っているとしても、人よりも効果的・効率的な学習をしていれば勝つことができてしまいます。 だからこそ、頭が良くなる方法として、最先端の学習アイテムを使用することが重要だと私は考えています。 そのために私がおすすめするのは、「スタディサプリ」という学習アイテムです。 スタディサプリはリクルートが提供するサービスで、パソコンやスマートフォンを使って、好きなときに好きなだけ、予備校の人気講師の講義を受けることができます。 東京の有名な予備校の人気講師の講義を受講できるのは、地方に住む人にとっては本当にありがたいことです。 さらには、100万人以上の利用者がいて、動画での講義となるため、驚くような低価格を実現しているのもありがたいことです。 スタディサプリは中学受験、高校受験、大学受験のすべてに対応していて、日本で最先端の講義を自宅にいながら低料金でお子様に受けさせられます。 このような学習環境を用意してあげることも、頭が良くなるためには重要です。 地方による学力格差をなくすためにも、周りと差をつけるためにも、良い教育をしながら教育コストを落とすためにも、スタディサプリは役に立ってくれます。 この差を自分にとって有利なものにするためにも、スタディサプリのような最先端の学習アイテムを積極的に取り入れることは重要です。 そうしないと、この時代、どんどん周りから遅れをとることになってしまうと思います。

次の

魚を食べると頭が良くなるのは本当?

頭 が 良く なる 画像

聞きたかったけど、聞けなかった…。 知ってるようで、知らなかった…。 今回のコラムでは、日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説します。 酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。 若い頃は英単語や年号などももっと簡単に覚えられたのに、最近はなかなか頭に入ってこない。 コンビニのお釣りの計算にも、もたついている。 やはり頭は年齢とともに錆びていくのか。 大人になって頭が良くなる、などいうことはないのか…と、ため息をついている人も多いのではないだろうか。 そこで、脳科学が専門の諏訪東京理科大学・篠原菊紀教授にズバリ聞いてみた。 大人になっても、頭は良くなりますか? 受験対策は若い方が有利だけれど… 「もちろん、イエス! 年をとったほうが断然、頭は良くなる」。 うれしいことに、篠原教授の答えはため息も吹き飛ぶほどに明快だった。 篠原教授によると、頭の良さには大きく「流動性知能」と「結晶性知能」があるという。 流動性知能とは、計算力や暗記力、集中力、IQ(知能指数)など、いわゆる受験テクニックに反映されるような知能のこと。 この知能は18~25歳くらいがピークで、その後は徐々に落ちていき、40代以降になるとガクンと低下する。 一方、結晶性知能は知識や知恵、経験知、判断力など、経験とともに蓄積される知能のこと。 こちらは年齢とともにどんどん伸びて、60代頃にピークを迎える(図1)。 20歳の平均値をゼロとして、加齢に伴う知能の変化をイメージ図として表した。 暗記力や計算力、集中力などの流動性知能は、一般に20歳頃にピークに達し、その後は低下していく。 これとは反対に、知識や知恵、判断力、応用力、経験知などを表す結晶性知能は、20歳以降ぐんぐん伸びる。 大人の頭のよさは年を重ねるにつれ、磨かれていく。 (以下の2つの論文を基に篠原教授が作図:Horn JL, et al. Acta Psychol Amst. 1967;26 2 :107-29. Baltes PB, et al. American Psychologist, 2000 Jan; 55 1 :122-36. ) 大人になると10代の頃のように数字や英単語を丸暗記するのが難しくなるのは、流動性知能が低下するため、致し方ないこと。 そもそも、子供の脳と大人の脳では記憶の仕方が異なっており、その変化は思春期の頃に起こるという。 つまり、自分が納得できること、役に立つこと、意味のあることが優先的に頭に入ってくるようになり、丸暗記自体が難しくなる。 ただし、筋道だって理解する力はグンと伸びる。 「ちなみに、IQの高い人はこの発達が遅れていて、丸暗記できる期間が人より長い。 だから、受験競争にも勝てたりする」(篠原教授)。 ただし、流動性知能もトレーニングをすれば、年をとっても伸ばすことは可能だ。 しかも、「やればできる!」と思っている人ほど伸びるという。 これとは反対に「できない」と思っていると、本当にできなくなる。 例えば、「年とともに記憶力は落ちる」という理詰めの講義を受けてから記憶力テストを受けると、本来、年齢の影響を受けないはずのテスト内容でさえ、成績が悪くなるという実験結果も。 できないという思い込みは、能力を低下させる。 「大人になってもやればできる、能力は伸びるとポジティブに思っていたほうが、絶対にお得」と篠原教授は強調する。

次の