男の子 名前 画数。 『佐藤』姓と相性のいい「男性・男の子」の名前一覧 1ページ目|名前の字画数で運勢を占う!無料姓名判断サイト「いい名前ねっと」

センス・縁起のいい名前160選|男の子・女の子に素敵な名付けをする方法!

男の子 名前 画数

(あかし)• (あきら)• (あきら)• (あきら)• (あきら)• (あさひ)• (あたる)• (あつむ)• (あつむ)• (あぶなあ)• (ある)• (いたる)• (うしお)• (えびす)• (がい)• (きざし)• (きち)• (きょう)• (けい)• (けん)• (こう)• (こう)• (こう)• (さき)• (さけび)• (さとる)• (さとる)• (さとる)• (さとる)• (しい)• (しげ)• (しげる)• (しゅう)• (しゅん)• (しょう)• (しょう)• (じゅう)• (じゅん)• (じゅん)• (じょう)• (じょう)• (じん)• (じん)• (すなお)• (すばる)• (せい)• (そう)• (たくみ)• (たけし)• (たけし)• (ただし)• (ただす)• (たもつ)• (たもつ)• (たもつ)• (たもつ)• (つかさ)• (つたう)• (つばさ)• (つよし)• (てる)• (とおる)• (ともし)• (ともり)• (ともる)• (なぎ)• (なぎさ)• (なり)• (なる)• (はじめ)• (はじめ)• (はん)• (ひかり)• (ひかる)• (ひとし)• (ひとし)• (ひろし)• (まこと)• (まさし)• (まさる)• (まさる)• (まさる)• (まさる)• (まさる)• (まじる)• (まも)• (まもる)• (みちる)• (みつる)• (みつる)• (みつる)• (みのる)• (みのる)• (めぐる)• (もとむ)• (もとむ)• (もも)• (やすし)• (やすし)• (ゆう).

次の

【男の子の名付けに役立つ】珍しい名からおしゃれな名前まで80選!

男の子 名前 画数

男の子の名付けで花の名前を使うときのポイント 男の子の名前に花の種類を入れるときのポイントを紹介します。 季節の花の名前• 花が咲く植物や樹木の漢字• それぞれの季節で、たくさんの花の名前はあります。 夏の花ように元気になってほしいとか、春の花のように優しく育ってほしいとか・・男の子への願いはいろいろ考えると思います。 また、生まれたときの季節に合わせて、花の名前を選んでもいいでしょう。 それは、 花が咲く樹木などのことです。 樹木などを名前に入れてあげることで、花や植物をイメージできます。 樹木は、目立たない花を咲かせることが多いので、花が咲く木だったんだと驚くこともあるかもしれません。 男の子の名付けで、花の名前の漢字を探す時に調べてみても楽しいでしょう。 和名や英名を参考に探すと名前の選択肢も増えます。 花言葉は、様々あります。 男の子の未来を願って花言葉から選んであげてもいいですね。 花の名前をいれたいときに、参考にしてみましょう。 【春】花の名前や植物にちなんだ男の子の名前 男の子の名付に合う、春の花の名前を紹介していきましょう。 春の象徴とも言われる桜が満開に咲いていることがイメージできる名前です。 花言葉は、全般的に精神の美などになります。 青い空の中、ピンク色の桜が咲き誇るような雰囲気でとても素敵な名前です。 桜の花言葉は、全体的には精神の美と優美な女性ですが、桜によっても花言葉があり、ソメイヨシノだった場合は純潔とされ、ヤエザクラは豊かな教養とされています。 それぞれの桜の種類を調べてみても楽しいですね。 とても、柔らかな印象の名前です。 花言葉は、気立ての良さや天下無敵などがあります。 菫(すみれ)は、花の形が墨入れににていることからつけられた名前だそうです。 花言葉は、ひっそりと花を咲かす菫(すみれ)の姿のように、誠実と小さな幸せ、謙虚です。 木蓮(もくれん)は、花がハス(蓮)に似ていることでつけられた和名になります。 春、枝先に紫色の大きな花をつける木蓮は、まるで自然を謳歌しているような姿です。 その姿から花言葉は、自然への愛です。 菜の花は、緑色したつぼみと、黄色の花の素敵な花で、春の香りを運んできてくれ、人を明るくしてくれます。 その姿から、花言葉は、快活・明るさです。 和名の菜の花は、食用の花でもあります。 今後、食に困ることのないようにと願いをこめて名前をつけてあげてもいいでしょう。 藤の花からは、和の風情を強く感じることができ外国人でも和を感じれる花と言われています。 昔から藤の花は、女性に例えられていたそうです。 そんなことから、花言葉は優しさと歓迎になります。 ギリシア神話で、侍女のイリスが、虹を渡る女神に姿を変え虹を渡って便りを届けたことから、良い便り、メッセージ、希望が花言葉です。 桜よりも、少しだけ早く咲く杏(あんず)は、はにかむように咲く姿から、花言葉は乙女のはにかみになります。 木材のイメージが強い桐ですが、春には紫色の花を咲かせます。 桐は、伝統的に神聖な木とされ、そのことにちなんで花言葉は高尚です。 桐は、切ってもすぐに芽を出して成長します。 そんな、強さを感じられる桐は、男の子にぴったりの名前です。 平安時代、菅原道真が政争に敗れ左遷されたとき、梅が空を飛んで後を追ったという伝説があります。 そのことから、梅は「忠実」という花言葉です。 ヨーロッパでは、鈴蘭は聖母マリアの花とされています。 その為、花言葉も純潔・純粋となったようです。 純粋な子に育ってほしいと願いを込めてつけることができる名前です。 ヨーロッパでは、聖母マリアの花とされていますが、フランスでは春の訪れの喜びのしるしになっています。 なので再び幸せが訪れるという花言葉もあります。 【夏】花の名前や植物にちなんだ男の子の名前 男の子の名付に合う夏の花の名前を紹介していきましょう。 桔梗は、恋人のために、ただ待ち続け、一生を終えた若い娘だったという物語もあることから、花言葉は、永遠の愛・誠実・清楚・従順になります。 蒼と組み合わせることで、とても爽やかな男の子のイメージになった名前です。 1文字でも素敵な男の子の名前です。 男の子に誠実に育ってほしいと願って名前を選ぶなら、花言葉に誠実をもつ桔梗もいいでしょう。 桔梗は、英語ではバルーン・フラワーと呼ばれています。 これは、ふくらんだつぼみが、風船のような姿からきています。 向日葵(ひまわり)は、太陽を追って咲いている姿からつけられた漢字で、英語では太陽の花とも言われます。 とても元気なイメージの名前になりますね。 1文字で、夏を感じる素敵な男の子の名前になります。 向日葵は、太陽の方向に向かって、自分の向きを変えながら咲き誇る花です。 そのことから、花言葉は、あなただけを見つめているになります。 紫陽花(あじさい)は、花期の長さから辛抱強いという花言葉があります。 「百日紅(さるすべり)」は、百日紅(さるすべり)が枝先に群がって咲く姿や、枝をこすると、まるで話をしているかのように葉と花が揺れることから、雄弁という花言葉をもっています。 芹は、春の七種粥に使われますが、春に使われるのは若芽になります。 夏に咲くのが芹の花です。 芙蓉の花は、しとやかで優しい女性のような花といわれているので繊細の美や、しとやかな恋人が花言葉になります。 凌霄花(のうぜんかずら)のツルが空にむかって木にまといながら高く咲いていく姿から、 霄は大空も意味しています。 英語では、ラッパに姿が似ているのでトランペットヴァインと呼ばれます。 勝利者などを祝福するときにトランペットは吹かれることから花言葉は、名声・名誉になります。 花が咲くの?という方もいるかもしれません。 しかし、夏によく見ると2mm~3mmくらいの小さい白い花がたくさん咲くのです。 柾の花は、黄緑色をしていて小さくあまりめだちませんが、果実は橙色でとても綺麗です。 花言葉は1つだけで、厚遇です。 【秋】花の名前や植物にちなんだ男の子の名前 男の子の名付に合う、秋の花の名前を紹介していきましょう。 菊の、気高く、気品あふれる姿から、花言葉は、高潔・高尚・高貴になります。 菊の花言葉は、全体の花言葉以外に色別の花言葉も存在しますので調べてみてもいいでしょう。 金木犀(きんもくせい)は、とても甘い素晴しい良い香りを持っていますが、その割に花はとても小さいのが特徴です。 あまり、花に気がつかない方もいらっしゃると思いますが、花の色はピンクや赤や白になります。 花言葉は美しい装いとあなた次第になります。 奈良時代から続く藍染の原料ともされている藍を使って、古風な名前にするのも素敵です。 秋といったら紅葉です。 その紅葉を見事に表現してくれる楓(かえで)は何度みても癒されます。 楓は、季節の移り変わりに合わせながら、姿を変えていきます。 そんな楓(かえで)の花言葉は、美しい変化です。 カナダでは、楓(かえで)を国花としており国旗や金貨などにも使用されています。 萩(はぎ)は、美しいながらも控えめで寂しげな風情をもった花です。 そんなことから、花言葉は、思案・内気・柔軟な精神になります。 萩は、美しい紫紅色の花をつけ枝をしなやかにのばしています。 日本人には愛されている花で、秋の七種の1つにもなります。 そんな 「稲穂(いなほ)の花」から花の名前をとった男の子の名前です。 稲穂の花を、通常見れるのはもみ殻から「おしべ」がでてきた状態です。 では、めしべはいつでるのかというと1日のうちに2時間くらいしか出てこず、そのときに受粉をしてまたおしべだけになるようです。 生活に欠かすことができないお米ですが、その稲穂の花にも花言葉があります。 神聖という花言葉です。 秋桜(こすもす)はギリシア語では、秩序や調和も意味しているそうです。 そのことから、花言葉は調和や謙虚になります。 竜胆(りんどう)は群生しないで1本1本咲くのが特徴的な花です。 竜胆(りんどう)の花言葉は、正義・誠実があります。 男の子には、おすすめの花言葉を持った花です。 【冬】花の名前や植物にちなんだ男の子の名前 男の子の名付けに合う冬の花の名前を紹介していきましょう。 水仙(すいせん)の代表的な花言葉は、うぬぼれや自己愛ですが、水仙(すいせん)の種類で変わります。 例えば、らっぱ水仙は尊敬という花言葉を持ちます。 椿(つばき)は、冬になっても常に緑の葉を咲かし続けていることから神聖なものとして感じられていたようです。 寒い中でも育つ、椿(つばき)はとても強たくましいです。 椿は、もともと花に香りはありません。 そんなことから、控えめな優しさ、控えめな素晴らしさなど、控えめがつく花言葉になります。 和名である福寿草(ふくじゅそう)は、長寿と幸福を意味していますのでとても縁起のいいお花です。 福寿草(ふくじゅそう)は昔から縁起のいい花とされていますので、幸せを招くや永久の幸福などの花言葉があります。 男の子の永遠の幸福を願ってつけてもいい名前ですね。 正月飾りで使われる橙(だいだい)は代々栄えるという縁起樹です。 橙(だいだい)の実は冬になりますが、花は春に咲きます。 花言葉は、誇り・寛容・温情・豪快などがあります。 柚子の花自体は、春に咲きますが、柚子の実は冬の印象が強い果実です。 柚子の爽やかな香りと果実の花言葉は健康美です。 名前にいれることでとても爽やかな印象になります。 とても可愛い白い花をつけます。 寒い中、咲く花には強さも感じる花です。 柊(ひいらぎ)は、金木犀(きんもくせい)に似た香りを放ちます。 しかし、柊(ひいらぎ)にはトゲがあり、近づいて触ることがなかなかできません。 そんなことから、柊(ひいらぎ)は魔除けになるとも言われています。 花は、5月ごろ咲きますが、収穫が冬のため冬の印象です。 日の光をたくさん浴びて育った果実を冬に食べるのは冬の風物詩にもなっています。 みんなに愛される伊予柑(いよかん)のように、愛される子になってほしいという願いを込めて1字入れてみてもいいでしょう。 鮮やかな緑の葉は、1年中楽しめ、花は花びらがない為めだちません。 しかし、冬場には真っ赤な実を鑑賞できます。 この赤い実は幸運のシンボルとされています。 寒い冬に花を咲かせることから、花言葉は困難に打ち克つ、ひたむきさなどがあります。 昔ながらの一郎と組み合わせることで、古風な印象の名前になります。 花の名前を入れることで鮮やかさが感じられますが、太郎を組み合わせることで、とても男の子らしい古風な名前になります。 蓮は、1文字で名付けされるのが人気の漢字ですが、太郎と組み合わせると一気に古風な印象になります。 古風な名前にしたいときは、3文字の名前がやはりおすすめです。 古風な雰囲気で、男らしい強さも感じられる男の子の名前です。 「さく」という響きが珍しいので、印象に残る男の子の名前になります。 琉の字からは、沖縄が想像され青い海・青い空が感じられます。 その琉の字と元気に咲く向日葵(ひまわり)との組み合わせは、力強い躍動感が感じられます。 亜は主張が少なく響きを優先した漢字です。 亜と組み合わせることで、鮮やかに咲く蘭が引き立ちかっこいい雰囲気の男の子の名前になります。 蓮は穏やかにすがすがしくの願いも込められ、央には人から注目されるような人になってほしいという願いがこめられた名前です。 青は、自然なイメージがありなおかつ爽やかさも感じられます。 紫と組み合わせることで響きもかっこいい男の子の名前になります。 成と斗を組み合わせた3文字ですが、古風な感じはせず、おしゃれな名前になります。 おおらかで、男らしく力強さがあり、何かを成し遂げるような人に育ってほしいという願いが込められます。 組み合わせた耀は、勢いが感じられる漢字です。 男の子の輝かしい未来を願ってつけるのには、とてもおしゃれな名前です。 栞(しおり)は道しるべの意味がありますので人生の道に迷わず育ってほしいという願いが込められます。 鳳と組み合わせることでとてもおしゃれな雰囲気の男の子の名前になります。 夏のイメージで、元気な男の子で、向日葵のように目標を見失うことなく育ってほしいという願いが込められます。 真と組み合わせることでおしゃれな感じになります。 また、真には目標に向かってまっすぐ進んでほしいや、嘘をつかない子になってほしいという願いも込められます。 夏頃に、とても鮮やかな花を咲かせます。 菊は様々な種類があり、占いごとや祭事など幅広い場所で使われます。 私たちの暮らしを精神面から長く支えてきた花です。 一般的に水仙の花言葉はナルシストというイメージがありますが、欧米では希望の象徴とされている花です。 和名のとおり、花の色が少しずつ変化する不思議な花です。 小さな花がまとまって咲く姿から、協力などの花言葉もあります。 たんぽぽは、春になると可愛い花を咲かせます。 真心の愛という花言葉をもったたんぽぽは、優しい男の子に育ってほしいという願いを込めてつけてみてもいいですね。 和名でもクレマチスといいます。 クレマチスは細いツルから、大きくて鮮やかな花を咲かせるのが魅力の花です。 蓮は、清らかな心という花言葉もあります。 紫陽花は、たくさんの花が集まって1つの大きな花になっています。 そんな姿から家族団らんという花言葉もあります。 花は、6月~9月ごろに咲きます。 花言葉も、美徳と効能で、名前にすることでとても爽やかな印象になります。 百合の姿は品がありとても素敵です。 花持ちもいいことから、持続という花言葉もあります。 ライラックは、通常は4つに花びらがわれています。 しかし、希に5つに割れた花びらがあり、それはハッピーライラックと言われているそうです。 ピンチに強く一族一家の責任者となるような、男の子にぴったりの名前です。 樹木をイメージするような11画の名前になります。 集中力があり、持ち前の思考力で問題を解決しながら夢や希望を叶えていくでしょう。 精神的にも安定し、また金運にも心配がない運勢です。 「柊」には鬼を祓う力があると言われ魔除けの意味もあります。 冬生まれの男の子には、ぴったりのかっこいい名前です。 とても合理的で堅実型ですが、強い意思を持ち、着実に成長していく運勢です。 家族環境には恵まれて、順調に発展していく運勢になります。 勇気があってたくましく、誠実に強い意思を持って育ってほしいという願いがこめられます。 目標に向かって突き進む信念と、強い意思をもつ名前でありながら、情が深いので友人は多い運勢になります。 桜のように温かい心を持って、矢のように清く正しくまっすぐな人に育ってほしいという願いがこめられます。 この名前の男の子は、困ったときに、誰かに助けてもらえるような不思議な運をもっています。 春のイメージで、生き生きと活力が感じられます。 自分の意思をしっかり持ち主張出来る子になるでしょう。 夏のイメージがする名前ですね。 向上心のある男の子に育ってほしいという願いが込められます。 話が上手で、人に喜びを与えるような運勢です。 才能や、体力に恵まれた男の子に育つ運勢です。 柔軟性があり、友人も多く異性からも人気がでそうです。 名前からは、夏のイメージがします。 名前には、人から信頼され、幸運に恵まれますようにという願いが込められています。 優しく誠実な男の子に育ってほしいという願いが込められた名前です。

次の

男の子の人気の名前(よみ・漢字)ランキング 2020年度 [最新版]|名前を響きや読みから探す赤ちゃん名前辞典|完全無料の子供の名前決め・名付け支援サイト「 赤ちゃん命名ガイド」

男の子 名前 画数

(あかし)• (あきら)• (あきら)• (あきら)• (あきら)• (あさひ)• (あたる)• (あつむ)• (あつむ)• (あぶなあ)• (ある)• (いたる)• (うしお)• (えびす)• (がい)• (きざし)• (きち)• (きょう)• (けい)• (けん)• (こう)• (こう)• (こう)• (さき)• (さけび)• (さとる)• (さとる)• (さとる)• (さとる)• (しい)• (しげ)• (しげる)• (しゅう)• (しゅん)• (しょう)• (しょう)• (じゅう)• (じゅん)• (じゅん)• (じょう)• (じょう)• (じん)• (じん)• (すなお)• (すばる)• (せい)• (そう)• (たくみ)• (たけし)• (たけし)• (ただし)• (ただす)• (たもつ)• (たもつ)• (たもつ)• (たもつ)• (つかさ)• (つたう)• (つばさ)• (つよし)• (てる)• (とおる)• (ともし)• (ともり)• (ともる)• (なぎ)• (なぎさ)• (なり)• (なる)• (はじめ)• (はじめ)• (はん)• (ひかり)• (ひかる)• (ひとし)• (ひとし)• (ひろし)• (まこと)• (まさし)• (まさる)• (まさる)• (まさる)• (まさる)• (まさる)• (まじる)• (まも)• (まもる)• (みちる)• (みつる)• (みつる)• (みつる)• (みのる)• (みのる)• (めぐる)• (もとむ)• (もとむ)• (もも)• (やすし)• (やすし)• (ゆう).

次の