イミテーション レイン 歌詞。 【洋楽歌詞和訳】Penny Lane / Beatles(ビートルズ)

【女性が歌う】Imitation Rain/SixTONES【フル歌詞付き

イミテーション レイン 歌詞

そちらを読んで頂けるほうがよいかと思います。 『Imitation Rain』の歌詞について考察する前に楽曲について少々書いておきたい XJAPANの曲を聞いたことがある人であれば 今回、さんが楽曲提供をすることを知らなくても どこからどう聞いても XJAPANっぽいと感じるだろう それくらい 節が炸裂している。 そして楽曲もさることながら、 歌詞には 「Rain」「薔薇」と XJAPANを彷彿させるキーワードがちりばめられている。 私はXJAPANのファンではなかったし、 テレビで流れてくる曲を聞く程度であったが、それでもXJAPANの曲を覚えている。 調べてみると5曲くらいはタイトルと曲が一致した。 それは、かつて聞いたXJAPANの曲に対しての既視感と懐かしさだと、数日たって理解した。 そして、今回の曲『Imitation Rain』は披露された直後からネット上で賛否両論が巻き起こっている。 まあ、賛否と言っても、この曲を否定するというのではなく、 「デビュー曲っぽくない」っていう意見である。 確かに、私たちが今まで聞いてきたジャニーズのデビュー曲とはちょっと毛色が違う。 この曲についてを見ていると KinkiKidsのデビュー曲に似ているという意見があった。 決して『硝子の少年』に似ているわけではない そうではなくて、小室全盛期の1998年、「硝子の少年」でデビューしたKinkiKids 当時、さんが楽曲完成後、関係者に聞かせた際には、「古臭い」「踊れない」等、批判を浴びたと言っている。 それと似ているという話である。 『Imitation Rain』はジャニオタよりむしろ上の世代や、バンド好きな人が褒めてくれている。 恐らくKinkiKidsのデビュー曲が発売された当時も世代の人には懐かしく感じたのではないだろうか。 当時は若かったからわからないけど(笑) そうだよな…もうXJAPANのから30年 若者にとってはもはや古典(笑) で、歌詞もまた抽象的で深い。 だからこそ、より一層わかりにくいというか伝わりにくい。 一方で歌詞の悲観性や自虐性については、「ポジティヴなエネルギーってネガテヴィティによって引き立つと思うんですよ」「悲しみなり毒をずっと表現したときにポッと美を出すと、それがすごいポジティヴに感じる」と、肯定的なエネルギーを引き立たせるための逆説的なアプローチであると説明している。 ・はちょっと悲しくても、前向きな力を与えたいと思って作った。 以上のご本人のお話は『Imitation Rain』を解読する上ですごいヒント!!!!!! 私的にも ・やっぱり死について書いている ・意外と具体的なことを言っているらしい ・バラードだけどポジティブな曲なのか? っていう前提で、個人的超超意訳です。 」 Fake dreams 壊れてゆく ガラスの薔薇のように Ah- 儚い夢(淡い期待)が苦楽を共にした思い出と共にガラスのように壊れる ここはバカレア期から一度バラバラになってしまった彼らのことを表現していると感じました XJAPANの曲にも薔薇という単語がたくさん出てきます。 XJAPANのファンの方の考察にも「薔薇の花びらが綺麗な思い出、棘が辛い思い出。 合わせて薔薇なのでは」という考察がありました。 Fake Dreamsについてはまだちょっとわからない部分はあります。 ここで、【FakeとImitationの違いについて】 Fakeは「模造品」という意味から「イミテーション」と同義語ですが、同時に「にせもの」という意味もあります。 本物ではないのに本物だと偽った物が「フェイク」と呼ばれます。 「イミテーション」が悪意なくオリジナルを真似して作られたものに対して、「フェイク」は人をだますために作られたものという意味合いがあります。 そして、この歌詞が作られたタイミングがいつなのかわかりませんがジャニーさんが亡くなられたタイミングも深く関わっていると感じました。 その上で ジャニーさんからの を鼓舞する応援歌であり、 ジャニーさんに対する鎮魂歌でもある。 そして デビュー曲っていう。 もう頭が追い付かないんですよね。 これを書いててもよくわからなくなってきました。 ちょっとスッキリしました。 読んで頂きありがとうございます。 lilikoi12.

次の

Telephone 歌詞『SixTONES』

イミテーション レイン 歌詞

ベストアーティスト2019で大注目を浴びている「SixTONES」がデビュー曲を初披露されましたね! 今回SixTONESのデビュー曲がこれだけ話題に上がっているのは、 作詞作曲をあのXJAPANのYOSHIKIさんがされたからなんです。 歌詞を要チェックです! 歌詞が、薔薇、紅、雨、そして時代と書いて、とき…全てXの歌詞に出てくる。 🎵 My friend いつかはたどり着くよ 夢の世界に 今のYOSHIKIを重ねてしまったよ🌹 デビューおめでとうございます㊗️ — 涼涙 suzumyuu 作詞:YOSHIKI 作曲:YOSHIKI 『Imitation Rain』 Imitation Rain You said I will be the sky and you will be the sun to shine Fake dreams 壊れてゆく ガラスの薔薇のように Ahー Imitation Rain 時には激しく 心に降り注ぐ Shall we play this game 紅に染まるまで 雨に打たれて 戻れない 時代 とき を振り返る 流れる時間を止めて My friend いつかはたどり着くよ 夢の世界に Imitation Rain 時には激しく 心に降り注ぐ Shall we play this game 紅に染まるまで 雨に打たれて テレビ用に縮小されていると思うので早くフルの歌詞を聞きたいですね! イントロがピアノで始まる所や、YOSHIKIさんをイメージさせる 「紅」「雨」「薔薇」が歌詞に盛り込まれていますよね。 曲調は、バラードでYOSHIKIさんの世界観に吸い込まれそうになる曲です。 メロディ。。 YOSHIKIワールド!!! もうほんと好き、大好きだーーーー! — emiko🌺 emiko35203850 タイトルに「Rain」、歌詞に「紅」 ジャニーズぽくないというよりめっちゃX JAPANだと思った とにかくカッコいい。 メロディ。。 YOSHIKIワールド!!! もうほんと好き、大好きだーーーー! — emiko🌺 emiko35203850 今までのデビュー曲ってジャニーズらしいかっこいい曲とかキラキラしてる曲が多いけどいい意味でジャニーズらしくない。 しばらく体動けなかった。 歌に感動して泣ける• 「紅」が歌詞に入っていて感動• いい意味でジャニーズらしくない YOSHIKIさんが作詞作曲されていることから、今までのジャニーズらしいキラキラ?アイドル感のある歌ではなかったですよね! YOSHIKIさんの世界観に引き込まれる歌になっていますよね。 YOSHIKIさんが作詞作曲されただけに世界観がとても素敵でしたよね。 思わず聞き入ってしまいました。 来年のデビューがとても楽しみです! 最後までお読みいただきありがとうございます! スポンサードリンク.

次の

Imitation Rain 歌詞 / SixTONES

イミテーション レイン 歌詞

Wanna go now? Wanna be free? Ways to go are limited. Way of the light is laying in the dark. 夜を駆けるか 夜明けに賭けるか Driving in the dark,go way to the light. 疑えるか 見慣れた NAVIGATOR NO LIMIT 無限大 可能性をゼロの先へ NO LIMIT 無限大 未踏を進め Doubt navigator. No hope! 瞬間よぎる Retire 臆病風 Like a papers? 否、踏み込めなきゃ Just go around Yo guys! Way of the light is laying in the dark. 夜を駆けるか 夜明けに賭けるか Driving in the dark,go way to the light. 疑えるか 見慣れた NAVIGATOR NO LIMIT 無限大 可能性をゼロの先へ NO LIMIT 無限大 未踏を進め Doubt navigator. 未踏を進め Doubt navigator. 「pitched up」は訳すと 「到着した」という意味になります。 いきなり解釈が難しいところですが、ここでは「NAVIGATOR」が楽曲の主人公に「目的地に到着した」ことを告げているのだと考えてみることにしましょう。 カーナビをイメージして考えてみると想像は容易です。 主人公は、カーナビが考える これ以上進めない目的地に既に到着しているのです。 Where do you long to be? Wanna go now? Wanna be free? Ways to go are limited. 先述した通り、主人公はこれ以上進めない場所に行き着いてしまっています。 渋滞の真っただ中で、たとえ前に進んでも道は下り坂。 これ以上状況が良くなる見込みはなく、進むべき道はかなり限られています。 「日常的統計」というワードがやや難解ですが、ここでは 「普段の経験に基づいた予測」くらいの意味だと捉えておきましょう。 ナビゲーターの判断では、 今いる場所が目的地。 普通に冷静に判断すれば、この先に進むことは得策ではないのです。 そんな状況にあるので、レーダーに行く手を問えば当然 「これ以上進むべきではない」という答えが返ってきます。 レーダーというのも自分の感覚の比喩でしょう。 感覚的には、今は進むべきではないのです。 「シンパシー」は同情心のこと。 前を行く者を追いかけても、迷い子のようにただ疲れるだけ。 だから止まった方がいい、と主人公の心の中の「NAVIGATOR」は指示してきます。 しかし、それじゃ何も状況は変わらないしただ目的もなく彷徨うだけ。 立ち止まってなんかいられない主人公は「NAVIGATOR」の指示に反して走り始めます。 サビ1 Way of the light is laying in the dark. 夜を駆けるか 夜明けに賭けるか Driving in the dark,go way to the light. 疑えるか 見慣れた NAVIGATOR.

次の