アウディ q8。 【アウディ新型Q8】ニュル最速「RS Q8」発表!最新情報、SQ8/PHEVやスペック、価格は?

SQ8を発表。アウディ Q8 2019 写真・動画・新型情報

アウディ q8

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。 どうも、Mです。 2019年6月24日にアウディのフラッグシップSUVモデル「Q8」の高性能バージョンとなる「SQ8」を欧州で発売しました。 アウディのスポーティモデルとなる最新の「Sシリーズ」のラインアップにおいて「S4」「S5」「S6」「S7スポーツバック」「SQ7」に高性能ディーゼルエンジンが採用されています。 「Q8」の頂点に君臨する「SQ8」も例外なくこの欧州最強クラスのディーゼルエンジンで武装されます。 また48Vマイルドハイブリッドシステムによって、エンジンのアシストだけではなく、ターボチャージャーのアシストも行えるようにすることで、ラグの発生を無くし瞬時に最大トルクを発生させるパワーユニットに仕上がっています。 この大トルクを地面に伝えるのは最新のquattroシステムと8速ティプトロニックトランスミッションです。 自他ともに認める欧州市場におけるディーゼルエンジン最強のスペックです。 そんなアウディ最速のクーペSUV「SQ8」ですが、日本への導入はまだ未定です。 しかしながら、ほとんどの「Sモデル」がディーゼルエンジンのみとなっている現状を考えると「導入しない」という選択肢は限りなく「無」に近いのではないかと考えています。 さらに特定の市場の為にガソリンエンジンの開発がされているという噂もあります。 そこで、仮に「SQ8」が日本に導入されるとしたら、発売時期がいつなのか。 また、発売価格はいくらなのかを予想してみたいと思います。 アウディ「SQ8」の日本発売時期はいつ? アウディ「SQ8」の日本発売時期は、早くても 2020年後半以降と予想します。 「SQ8」は欧州を中心に2019年9月から発売が開始されます。 アウディのもう一つのハイエンドSUVモデル「Q7」の高性能モデル「SQ7」とほぼ時を同じくしてラインオフされるとみられています。 早ければ約半年で日本デビューと行きたいところですが、アウディは日本導入に時間がかかることが基本になりつつあります。 「SQ8」のベースモデル「Q8」の日本導入ではなんと1年もの月日が必要でした。 結果的には2019年9月3日に正式に日本発売となります。 最低でも1年は「Q8」のみで台数を確保したいと思っているでしょう。 そして欧州と同じように新型「SQ7」と「SQ8」を同時に日本で発売するという粋な計らいをしてもらえると嬉しいのですが、そうなる可能性は低いかもしれませんね。 冒頭でもお伝えした通り、現在は高性能ディーゼルエンジンのみの展開です。 ディーゼルエンジンの排ガス規制が厳しい日本では大パワーを発揮するディーゼルエンジンは認可が通りにくいと思われます。 そこで日本のような特定市場で「Sモデル」を販売できるように、専用の高性能ガソリンエンジンの開発に着手するという噂が立っています。 もしそうなるのなら間違いなくガソリンが開発されてからの発売となるので、2020年後半以降は確実です。 もしかすると、2021年後半くらいまで待つ必要があるかもしれません。 いずれにせよ、「SQ8」の日本導入は気長に待つ必要がありそうです。 アウディ「SQ8」の日本発売価格はいくら? 「SQ8」の日本販売価格は、 1400万円前後になると予想します。 数字の根拠となるのは、本国の販売価格です。 のホームページに公表されている「SQ8」の価格は102,900ユーロ(約12,450,900円)からとなっています。 「SQ8」のコンフィギュレーターを進めて行くと、かなり多くのオプションが設定されているのですが、日本仕様なら標準装備となるであろうものも多々確認できました。 シートとヘッドレストが一体となった「Sスポーツシート」、「Q8」にも標準装備されている「マルチカラーアンビエントライト」、驚きなのは「フロントセンターアームレスト」ですらオプションとなっています。 それらのオプションを追加すると100~150万円ほど本国の価格から割高になることは間違いありません。 よって、「SQ8」の日本発売価格を1400万円前後と予想しました。 もちろん「パノラマサンルーフ」や「カーボンセラミックブレーキ」、「ヘッドアップディスプレイ」や「ナイトビジョン」などの豪華な装備はオプションとして設定されると思われます。 色々装備して行ったら1700万円くらいになりそうですね。 まとめ アウディのクーペSUVモデルの最高峰「SQ8」の日本発売時期と発売価格を予想してみました。 今やトレンドとなったクーペSUVモデルに欧州最強のディーゼルエンジンを搭載したスペシャリティカーです。 日本には高性能ディーゼルエンジンは導入されないと言われていますが、メーカーはありとあらゆる手段を講じて認可取得に動くと思います。 万が一無理であったとしても、一部で報道されているように特定市場用の高性能ガソリンエンジンを開発することによって「Sモデル」の存続を行うものと考えられます。 「郷に入れば郷に従え」と言わんばかりにドイツ本国仕様でダメなら日本仕様を作って導入してくれることを期待しましょう。 アウディ「SQ8」の日本導入を楽しみに待ちましょう。 最後までご覧いただきありがとうございました。 車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか? 愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。 「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。 しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました! 35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ! そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、 中古車買取実績No. 1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい! ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。 どうせ値段が付かないからと諦めていませんか? あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません! だからこそ、まずは査定してみましょう。 それに、中古車買取実績No. 1のガリバーは買取専門店ではありません! ガリバーは中古車販売実績No. 1の中古車販売店です!! 「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。 完全無料• 45秒のカンタン入力 たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます! もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。 「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます! あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、 まずは中古車買取実績No. 1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

次の

ロードテスト アウディQ8 ★★★★★★★★☆☆

アウディ q8

あらかじめご了承ください。 詳しくはAudi正規ディーラーまでお問い合わせください。 VHost www. audi. jp Version 99. 0 Build 20200608051239 Frontend 99. 0 Rendertime 20200615043501 StaticVersion 20200608051239 Activated Scopes Context Scopes VHost www. audi. jp Version 99. 0 Build 20200608051239 Frontend 99. 0 Rendertime 20200615050509 StaticVersion 20200608051239 Activated Scopes Context Scopes• 販売店は販売価格を独自に定めていますのでお問い合わせください。 リサイクル料金が別途必要になります。 車両本体価格、オプション価格は変わる場合があります。 詳しい内容は、Audi正規ディーラーまでお問い合わせください。 またオプション装備を含むものもあります。 一部お取扱いのないディーラーもございますので、ご了承下さい。

次の

Audi Q8 > アウディジャパン

アウディ q8

アウディが、ブランドの最上級クーペSUV「Q8」の新モデルを発表しました。 スポーティでタフなモデルになるアウディ新型Q8について、スペックや価格、発売日などの最新情報をご紹介します。 6kgmを発揮。 253を記録。 ニュルブルクリンク最速SUVとなっています。 パワートレインは、48Vマイルドハイブリッドシステムにより惰性走行が可能となっているほか、シリンダーオンデマンドシステムによりハイギヤの低中負荷域で4気筒を休止。 8速ATと組み合わせる駆動システムは、前後駆動配分を通常時40:60、必要に応じてフロント最大70%、リア最大85%まで可変するクワトロ4WDを採用。 サスペンションには車高を90mm変化させることが可能なアダプティブエアサスペンションシステム、電気機械式アクティブロールスタビリティコントロールシステムを装備。 ブレーキはフロントに420mm、リアに370mmローターを採用し、オプションでフロント440mm、リア370mmのカーボンセラミックブレーキディスクも設定。 走行モードには、Comfort, Auto, Dynamic, Efficiency, Allroad, Offroad,のほか、個別に設定可能なRS1とRS2の8モードが用意されています。 外観は専用エアロを採用するほか、標準で22インチ10スポークホイールを装備し、オプションで最大23インチに対応。 インテリアにはアルカンターラトリムや、ナッパレザーとアルカンターラを組み合わせたスポーツシートを装備。 新型RS Q8は2020年第1四半期から欧州で納車が開始され、欧州価格は127,000ユーロ(約1530万円)となっています。 全面改良により最新世代になっているQ7と基礎を共有し、クーペSUVスタイルを採用• 48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたガソリンとディーゼルエンジンを搭載• プラグインハイブリッドモデルの設定を予定 アウディ新型Q8は、SUVで大きなシェアを獲得したクーペSUVの新モデルとしてラインナップされています。 これまでも販売されてきた最上級SUVのQ7がベースモデルとして採用され、同格のクーペモデルとしてアウディのSUVラインナップを牽引する存在になります。 最新技術を採用したパワートレインを設定することで、高い走行性能と環境性能が実現されています。 フロントには大型の八角形グリルや輪郭を強調したエアスクープを採用し、リアにはダイナミックな外観のスポイラーを装備。 ライトは標準でLEDヘッドライトとされ、オプションでHDマトリクスLEDライトが設定されています。 ホイールベース:2990mm• 車重:2140kg• 乗員:5人• 乗員はQ7が3列シートの7人乗りでしたが、Q8では5人乗りに変更されました。 悪路に対応する地上クリアランスは250mmと高くなっており、タフに使うことができるようになっています。 アウディ新型Q8の内装(インテリア)デザイン アウディ新型Q8の内装は、デジタルメーターや2つの大型センターディスプレイを組み合わせた最新デザインとなっています。 前席には、12. 3インチディスプレイを採用するデジタルメーター「アウディバーチャルコクピット」のほか、上部10インチ、下部8. 6インチのツインディスプレイとした最新インフォテインメントシステムを搭載。 サウンドには、高級オーディオを手がけるBang&OlufsenのAdvanced Sound Systemを採用。 シートには、マッサージとベンチレーション機能が装備されています。 後席は3列シート7人乗りのQ7から5人乗りに変更することで、より余裕をもった空間が確保されました。 後席は3分割で倒すことができるようになっており、ラゲッジスペースは最大で1755Lもの容量を使うことができるようになっています。 【55 TFSI】 V型6気筒3Lガソリンターボ【日本導入】 最高出力340ps、最大トルク:44. 8kgm• V型6気筒3Lディーゼルターボ 最高出力272ps、最大トルク:61. 1kgm• 7kgm• 【RS Q8】 V型8気筒4Lガソリンターボ 最高出力:600ps、最大トルク:81. トランスミッション:8速AT• 駆動方式:4WD「Quattro」 アウディ新型Q8には、最新のマイルドハイブリッドシステムを採用するガソリンとディーゼルエンジンが設定されています。 採用されたマイルドハイブリッドシステムは。 48Vの電源システム、リチウムイオンバッテリー、ベルト駆動式のオルタネータースターターを装備し、減速時には最大で12kWのエネルギーを回生。 クルージングなどの低負荷走行時にはエンジンを休止し惰性走行(コースティング)することで、環境性能をアップすることができるようになっています。 組み合わせられる4WDシステム「クワトロ」は、前後トルク配分を40:60とすることで、気持ちがいいハンドリングと強力なトラクションを両立しています。 また、高性能を持つモデルとして「SQ8」も設定され、「SQ7」にも搭載されていたV型8気筒4Lディーゼルエンジンを搭載。 最上位モデルとなるRS Q8では、パワートレインに同グループのポルシェがフラッグシップサルーンの「パナメーラ」に採用していたV型8気筒4Lターボが使用され、600馬力を発揮。 9kgm• 0kgm• 航続距離:40km以上• トランスミッション:8速AT アウディ新型Q8には、プラグインハイブリッドモデルの設定が予定され、開発が進行されています。 アウディ新型Q8 PHEVは、3Lのガソリンエンジンに電気モーターを備え、EV航続距離40km以上を確保。 充電プラグは、左側面後方のフェンダーとされ、高い使い勝手と環境性能がつくられます。 アウディ新型Q8の走り、使い勝手を試乗動画でチェック! アウディ新型Q8は、注目度の高さから試乗動画が公開されています。 高いパフォーマンスと質感が高評価を受けています。 3Lガソリン:10. 走行性能やスタイルを重視しながらも、Q7の3Lガソリンエンジンの11. アウディ新型Q8の安全装備は? アウディ新型Q8の安全装備には、22個のセンサーやカメラの統合制御による高度な運転支援システムが採用されています。 また、アウディ初となる工マージェンシーアシス卜機能により、緊急時にクルマを自動的に停止させることも可能となっています。 その他、駐車の際に縁石への接触を回避するサポートを行う「カーブストーンアシス卜」なども採用されています。 Q8 55 TFSIクワトロ:1010万円• Q8 55 TFSIクワトロ・デビューパッケージSライン:1122万円• Q8 55 TFSIクワトロ・デビューパッケージ・ラグジュアリー:1122万円• 日本ではQ7の「55 TFSI」が938万円から用意されていますが、新型Q8は72万円高価になっています。 アウディ新型Q8の発売日は? アウディ新型Q8は、日本で2019年9月3日に発売されました。 ハイパフォーマンスモデルとなる「RS Q8」は、2019年11月20日のロサンゼルスモーターショーで発表され、2020年第1四半期から販売が開始される予定です。 アウディはQ8の追加により上級SUVラインナップを強化することで、よりプレミアムブランドとしての魅力を強化したい考えです。 新型アウディQ8については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の