に陥る。 バッタ大量発生、各地で農作物食い荒らされ飢饉に陥る危険性(2020年7月26日)|BIGLOBEニュース

「今後は都心物件しか儲からない」投資家が陥る人口減少のワナ

に陥る

しかし彼らは、やめられないから辛いのだ。 「上京した友達のキラキラした写真を見て自分との差を感じる」「本音が語れない、深い友だち関係を築けない」など、劣等感や淋しさで病んでいた。 16年の経験を持つカウンセラーによると、最近は「SNSよりも生身の人間に関わりたい」と言いつつ、「でもその関わり方が分からない」と苦しんでいる若者が多いという。 メイクやファッションの情報を発信し、100万人以上のフォロワーがいる「ゆうこす」さんに「SNSでの関係が辛いなら、なんで近くの生身の人間関係を充実させようと思わないのかな?」と聞くと、 「SNSよりも現実世界のほうで気を遣ってしまう。 私たち世代はSNSでコミュニケーションをとるのに慣れすぎて、『SNSで失敗したから現実』っていうのは、なかなか行きづらいと思う」 と若者の心理を答えてくれた。 現実で失敗したからSNSへというのは分かるが、ハードルが低いところから急にまた高いところに挑戦していくことは難しいと話す。 「(現実世界の方が、ハードルが)全然高いです」 明るく可愛らしい彼女でも、実際の人間関係よりネット上のつながりが心地いいと感じているのだ。 メディア漬けでリアルの体験が不足した子どもは精神的に大人になれない? なぜここまで、今の若者は実際の人間関係が希薄なのだろう。 筆者は、スマホ育児に警鐘を鳴らす小児科医、田澤雄作氏の著書『メディアにむしばまれるこどもたち』(教文館)を思い出した。 ここでいうメディアとは、テレビ・ゲーム・ネット動画などの映像メディアのことを指している。 こうした話を出すと、「ワンオペ育児の母親をさらに追い詰める」と言われそうだが、それはひとまず脇に置き、本書が示す弊害の一部を要約してみると、脳への影響のほかに、 「大人になるためには、社会の中での様々な現実体験が必要だが、メディア漬けになった子どもたちは、その体験時間を奪われ、『幼いままの心』や『大人になれない』問題を抱えて身体だけ大人になる」 としている。 つまり、メディアに時間を取られ、実体験が乏しくなり、精神的に未成熟のままになってしまうという指摘だ。 「現実の方がハードルが高い」という心理は、この「メディア漬け」が一因としてあるのかもしれない。 テレビっ子の40代筆者よりも、いまの若者のほうがずっと多くの映像メディアに、幼いときから触れてきているはずだ。 人間関係で味わう嫌な気持ちや、対話の楽しさの経験が乏しく、身近な人とすら心を通わせてこなかったとすれば、孤独で病んでしまっても仕方ないだろう。 だが、いまやネットやスマホ、ゲームは当たり前で、代わりにじっくり子どもに向き合えと言われても難しい。 かくいう筆者も、子どもが幼少期にはスマホこそなかったがテレビに頼ることは多かった。 子どもが中学生の今は、ゲーム、テレビ、YouTube漬けで、そんなことだから写生の宿題は「ネットの写真を見て描く」などと言い出すのかとうなだれてしまう。 母親ひとりの意識だけでは、どうにもならないと半ば諦めてもいる。 イギリスでは、「孤独」を社会問題ととらえ、300億円の基金を作って対策に乗り出しているという。 孤独問題の担当大臣まで新設され、孤独を「後ろめたいもの」という風潮を変える運動をするNPOもある。 社会が孤独を放置しないことは、それだけで救いがある。 「スマホ育児をさせないで」「SNSをやめればいい」と言うだけでは、孤独感は増すばかりだ。 メディアと適度な距離を置き、身近な人と目を合わせた対話を大切にすることを、まずは大人が努力すべきなのだと思う。

次の

きょうの日本語検定:時事ドットコム

に陥る

「陥る」とは? 「陥る」の表現の使い方• 「陥る」を使った言葉と意味を解釈• 「陥る」を使った例文や短文など• 「陥る」の反対語• 「陥る」の類語や類義語・言い換え• 「陥る」の英語と解釈 「陥る」とは? 「陥る」には 「命がなくなる」という意味があります。 また 「陥る」には、 「落ちてはまり込む」という意味があります。 さらに 「望ましくない状態になる」という意味もあります。 そして 「相手の策謀にはまり込む」という意味もあります。 このように 「陥る」には、 「命がなくなる」、 「落ちてはまり込む」、 「望ましくない状態になる」、 「相手の策謀にはまり込む」という意味があります。 「陥る」の表現の使い方 「陥る」の表現の使い方を紹介します。 「陥る」には、 「命が危機的状態」 「落ちてはまり込む」という意味がありますが、一般的に使われるのは後者になります。 そこで 「落ちてはまり込んだ」と感じた場面で使うようにしましょう。 例えば、どぶに落ちて、足がはまり込んでしまった時、 「どぶに陥った」と 「陥る」という言葉を使います。 また 「陥る」には 「相手の策謀にはまり込む」という意味もあります。 敵の奇襲などを受けて、混乱状態になった時などに、 「敵の術中に陥る」などと言います。 さらに 「陥る」には 「望ましくない状態になる」という意味もあります。 そこで、無気力状態のような望ましくない状態になった時、 「無気力に陥る」などと 「陥る」という言葉を使ってみましょう。

次の

「つながり孤独」に陥る若者の心理、ゆうこすが代弁「SNSより現実の方がハードル高い」 幼いころからのメディア漬けが影響?(2018年7月27日)|BIGLOBEニュース

に陥る

北海を制圧して背後を安全にしたドイツ軍は、翌五月十日、機甲部隊と降下部隊を主力にオランダ、ベルギー、ルクセンブルグの三国に一斉に進攻した。 今回も戦闘は一方的で、第一日目に三国の首都はドイツ軍の手に陥ちた。 ドイツとの国境付近に設けられた難攻不落のマジノ要塞もたちまち突破され、五月末には、ドイツ軍は三十万のイギリス軍をダンケルクに追い落し、六月十四日にはパリを占領、その四日前にイタリアも英仏に宣戦した。 … 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 下』 より引用• ウォーカーの家に出入したものの中に、イタリア人はなかった。 ここに至って警察は二 進 ちも三 進 ちもできぬ破目に陥ってしまったのである。 或は誰かの単なる悪戯かも知れないが、悪戯としても、ウォーカーや判事が特に選ばれたのはどういう訳であろうか。 … 小酒井不木『恐ろしき贈物』 より引用• 兄は恐れたに違いない。 人々が真実に耐えられず、世界が破壊的な混乱に陥ると思ったのだろう。 それで誰にも話さず、こっそり実験をやって確かめようとしたのだ。 … 山本弘『神は沈黙せず』 より引用• ゴマダラはありふれていて俗っぽくて安っぽいんだ。 たとえばぼくが例の透明な幕に 遮断 しゃだんされたような気分に陥るときがある。 ふと見るとそこにキボシカミキリがいる。 … 北杜夫『楡家の人びと 下 』 より引用• われわれは、自分の眼と他人の眼との区別を軽視しがちである。 すべて自分が見てゐるやうにひとも見てゐるといふ錯覚に陥るのである。 それはまた、自分自身の全貌を見失ふことである。 … 岸田国士『日本人とは?』 より引用• 藤沢はこうした経済情勢の変化を見て、真剣になってホンダの将来のあるべき姿を模索し始めていた。 だがその前になぜ経営危機に陥ったかを総括しておかなければならない。 技術的な原因はすでに解明している。 … 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』 より引用• そのことはよく考えてかいてゆくつもりです。 もし私がそういう傾向に陥るとすれば私の文筆の価値はないのですから。 随分いろいろのものをかいて、かけて、しかし雑文は一つもないという確信をもてることは新しい文学の作家にとって絶対の必要ですから。 … 宮本百合子『獄中への手紙』 より引用• 従って、そういう咎めを受けないためには、結局やはり何もしないで、じっとしているのがいいことになるのである。 そうなればすべての活動は停止して冬眠の状態に陥ってしまうであろう。 それならばまだまだ安全であるが、排泄物をなくするために食物を全廃すれば餓死するより外はない。 … 寺田寅彦『鉛をかじる虫』 より引用• しかしその前にそれら「僕が映らなくなる」という鎖から自分自身を除外しておくような『言葉』が必要である。 でないと鏡を見ても自分で自分の姿が見えないという事態に陥るだろう。 僕はふと自分が愉快な気持ちでそのようなおぞましいことを考えているのに気づいてぞっとした。 … 乙一『ZOO』 より引用• だから、ロレンスがハスキンズを助けるのには、ここにも一つ理由がある。 故郷を新しく作ることも可能だし、危機に 陥 おちいれば助けてくれる人もいる。 決して、世は無慈悲でも絶望に満ちてもいない、とホロに言うことができる。 「この時期陥りやすい症状」を索引がわりにして、自分に思い当たる症状の部分だけを拾い読みしてもかまいません。 その時期に陥るほかの症状も合わせて読んでおくと参考になるでしょう。 ただ、ここに書いてある時期とあまりにかけはなれた時期にその症状が起こっているとしたら、あなたの恋は何らかの病を知らせているのかもしれません。 … 梅田みか『愛人の掟2』 より引用• 遠坂の今の状態は攻め手に窮する指し手だ。 何も失ってはいないが、このままでは自身が窮地に陥ると理解している。 しかし手がなく困っている。 … 言乃葉『出席番号32番 衛宮』 より引用• 方角があっているのかどうか、私には解りませんでしたが、ただじっと部屋にいることが、私には出来なかったのです。 私は駆けながら、私自身を探しているかのような錯覚に陥っていました。 私と女はこの数日の間に、二人で一人になっていました。 … 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』 より引用• 第六に犯罪の背景に時事問題や、国際問題などがあることはいっこう差し支えないが、それが安価な教訓的であったり、わざとらしい愛国心の鼓吹であったりしてはいけない。 戦争中に出た探偵小説にはこの種の弊害に陥っているものが随分あった。 たとえばウィリアム・ル・キューのものなどがその一例である。 … 平林初之輔『私の要求する探偵小説』 より引用• ティーエの使命を、共に果たすために。 だというのに、自分はまた、大切な仲間を 危機 ききに 陥 おちいらせようとしている。 … 竹河聖『風の大陸 第28巻 最終章 祈り』 より引用• それに私と仲たがいしてしまえば伯爵は、ファブリツィオのために力になるのに都合のいい立場になる。 しかし、もし私の決心を知って絶望に陥った伯爵が復讐しようとしたら? … スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』 より引用• 私は一つの不幸から逃がれるごとに、さらに悪い新たな不幸に陥るのだ。 佐藤正彰訳『千一夜物語 01』 より引用• その槍の穂のゆくさきで、ゆるやかにうごいているものがある。 ありきたりの兵法者なら、これだけですでに気死状態に陥るはずなのに。 それは四郎のふたつのこぶしであった。 … 山田風太郎『忍法帖6 魔界転生 上』 より引用• これは良くない匂いだ。 一定の集団が 興奮 こうふん状態に 陥 おちいると、その感情が匂いみたいに 伝播 でんぱしていく。 … 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第10巻』 より引用• そういう男が恐れているのは、誤謬に陥りやすいと証明されることです。 絵をほめちぎったが最後、誤謬不可能たる性格は危っかしくなりますからね。 … キャロル/柳瀬尚紀訳『シルヴィーとブルーノ』 より引用•

次の