フェイス ブック 初心者 注意。 Twitterで失敗しないために初心者が知っておくべき注意点

広がるFacebookの懸念。特に初心者さんは詐欺に気をつけて

フェイス ブック 初心者 注意

近況報告や楽しかったイベントの報告などをFacebookに投稿しよう!と思うことはよくあります。 操作自体はそんなに難しいわけでもなく簡単なのですが、気を付けたいのが「公開範囲」。 Facebookの「公開」という設定で写真を投稿すると、全世界のFacebookユーザーがこの写真を見ることができてしまいます。 どこの誰がみているか判らない状況になるわけで、よくよく考えるとこれは恐ろしいことです。 また、写真の内容自体も気を付けないと、自分はよくても周りに不快感を与えたり、罪に問われる可能性もあります。 ここでは Facebookに写真を公開する方法と注意点 について紹介します。 Facebookは投稿の「公開範囲」を細かく設定できますので、正しく設定すればリスクはガクンと減りますし、必要上に恐れることはありません。 スポンサーリンク• Androidでインターネットを... 403,407件のビュー• Android端末を利用している... 376,343件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 328,418件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 286,574件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 236,065件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 226,831件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 225,048件のビュー• Windowsを利用していると「... 217,095件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 208,558件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 190,841件のビュー.

次の

Twitterで失敗しないために初心者が知っておくべき注意点

フェイス ブック 初心者 注意

こんにちは、エディターのヒロアキです。 日本でも多くの人が利用するようになったアメリカ発のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「 Facebook(フェイスブック)」。 月間の国内アクティブユーザーが 2,600 万人オーバー(2019年3月時点)、世界では 25億万人(2019年12月時点)にも及ぶなど、周囲で Facebook を利用していない人を見つける方が難しいまでの存在になりました。 それでも 「まだ登録していない」「いまさらどうやっていいか聞けない」という人もいると思います。 そこで今回は Facebook について、あらためて登録方法をはじめとする基本的な使い方を紹介しようと思います。 それでは、Facebook の基本のキから始めましょう! 目次• Facebookとは? Facebook(フェイスブック)とは、アメリカの企業「Facebook, Inc. 」が運営するソーシャル・ネットワーキング・サービスと呼ばれるインターネット上のコミュニティサイトです。 日記や考察、つぶやきのような個人的な投稿から、企業の公式ニュースリリースまで、幅広い情報を取り扱うサイトとして利用されています。 LINE(ライン)や Twitter(ツイッター)に比べると、ひとつの投稿で入力できる文字数が多く、ブログのような使い方をすることも可能です(LINE 10,000 文字、Twitter 140 文字、Facebook 60,000 文字以上)。 Facebookへ投稿された情報は、基本的に誰でも自由に閲覧・シェアすることができます。 ただし、投稿者側が閲覧制限をかけたり、閲覧者側が表示制限をかけたものはその限りではありません。 本名ありきの登録が必要な SNS として利用をためらう方も少なくありませんが、この「閲覧制限」や「表示制限」をうまく使えば、自分が見せたい相手や投稿を見たい相手を選ぶことも可能なのです。 Facebookをはじめよう それでは、早速 Facebook への登録とログインの方法、オススメの設定について解説しましょう。 パソコン版のFacebook登録方法 まずはパソコン版の登録方法について、順を追ってご説明します。 ご了承ください。 アカウントを登録する [姓]には名字、[名]には名前を入力します。 ここで入力したデータは、あとから変更することも可能です。 Facebookでは 基本「本名」での登録が推奨されています。 「ニックネーム」などで登録できますが、本名でない場合は Facebook 管理側から確認の連絡が来ることもあるそうです。 タレント活動で必要なニックネームまたは芸名を持つ方向けの「Facebook ページ」向けのノウハウをまとめたページがあるので、こちらをご覧ください。 確認コードが記載されたFacebookからのメールをチェック アカウント入力後に、このようなメールが Facebook から届きます。 「 アカウントを認証」をクリックして登録ページへ飛びましょう。 その後、グレー枠内の「 確認コード」が必要になります。 コードを入力 Facebook から届いた確認コードを入力します。 友達を探す Yahoo! JAPAN や Google のメールアドレス登録から、Facebook を利用している知り合いを探し出してくれます。 これはアカウント登録後に検索することができますので、ここでは「スキップ」を選択すれば問題ありません。 必要な情報の登録 Facebook を利用している友人や知り合いを探す「 プライバシー設定」を利用しましょう。 自分の投稿を表示する相手を制限する、Facebook上で使用する自分の写真をアップロードするなど、楽しむ上で欠かせない機能への入力を行います。 同じ名前で登録している人が多数いるので、プロフィールや写真を設定しないと本人だと判別するのが難しくなってしまいます。 後述する公開設定については自己責任となりますので、ご注意ください これでPC版Facebookの基本的な登録は完了です! スマートフォン版のFacebook登録方法 それではスマートフォンでの登録方法を見ていきましょう。 流れは基本的にPC版と同じです。 アカウントを登録する PC 版と同じく、Facebookにアクセスして次へのボタンを押します。 氏名の入力 本名を入力しましょう! もちろんあとから変更も可能です。 実名を使用すると、友達に見つけてもらいやすくなります。 生年月日の入力 自身の生年月日を入力しておくと、誕生日の当日に Facebook 上の友人・知人に通知され、祝福のメッセージを受け取ることができます。 この生年月日は設定によって非表示にもできるので、表立って見せたくない人は後から設定するようにしましょう。 性別を選ぶ いずれかお選びください。 携帯電話番号を登録する 携帯電話(スマートフォン)からなので、そのまま番号を入力して進められます。 パスワードの作成 英数字と記号(! 誕生日などの個人情報からなるべく連想しにくいパスワードにするのがベターです。 プロフィール画像を設定する 本人が確認できる顔写真が理望ましいとされますが、公序良俗等に反さない限りは、基本的にはどんな画像でも設定は可能です。 あとから設定することもできるので、スキップしても大丈夫です。 友達を追加しよう 最後に友人を見つけましょう! Facebookは先ほど登録した連絡情報と連携されているので、比較的見つけやすいと思います。 これで基本的な登録は完了です! スマートフォンの場合、いちいちパスワードを入力などの面倒な手順がありません。 アプリをひらけばすぐにログインできるので非常に便利です。 おまけ ちなみに「Facebookの退会方法」についてもまとめた記事があるので、「ちょっとFacebook疲れちゃったな」という方はこちらをご参照ください。 上手に活用していくには? デバイスが変わっても同じ情報が表示されるので、パソコン版、スマートフォン版も基本的に登録する情報は同じです。 まず登録だけしてしまい、あとからプロフィール情報などを入力して、自分のライフスタイルに合った設定にしましょう。 世界中と繋がれるFacebookをどんどん活用していきましょう! 他にもFacebookの使い方に関する記事があるので、ぜひ参考にしてみてください! 個人向け参考記事 企業向け参考記事.

次の

広がるFacebookの懸念。特に初心者さんは詐欺に気をつけて

フェイス ブック 初心者 注意

こんにちは、ライターのショウコです。 Facebookのアカウント登録はメールアドレスがあれば簡単に登録することができます。 スマホや携帯のアドレス、PCアドレス、Yahoo! メールやGmailなどのフリーアドレス、メールアドレスの種類に制限はありません。 仕事の性質上、Facebookアカウントをプライベート用と仕事用を用意しなくてはいけなくなった場合、メールアドレスさえあればアカウント作成はできます。 しかし、アカウントを作成する際、既存の個人データを全く同じに設定してしまうと、Facebookアカウントを分ける意味がなくなってしまいます。 そもそも全く同じ個人データの複数アカウントを作成することはFacebookの規約で禁止されています。 今回はそういった条件をクリアする設定のコツをお伝えしますね。 仕事用Facebookアカウントを作成する• アカウント作成での注意事項• アカウントの切り替え• まとめ 仕事用Facebookアカウントを作成する Facebookログイン画面にアクセスすると、既存のアカウントが表示されます。 ですので、新たにFacebookのアカウントを取得する際には、画面右端のメニューバーをクリックして一旦ログアウトします。 ログアウトすると、アカウント登録画面がでてきますので、ここでアカウントを作成します。 アカウント作成での注意事項 開設は必ずパソコン操作で行うこと。 スマホで開設してしまうと、スマホに入っている連絡先などの個人情報からつながりのひも付けされてしまう可能性があります。 会社のメールアドレスを使ってアカウント作成する。 個人のgmailでアカウントを作成してしまうと、その個人情報からのつながりからひも付けされる可能性があります。 会社の自分専用のメールアドレスを使用してください。 (もし、メールアドレスがない場合は新しく開設しましょう) 姓名を入力する際に漢字をひらがなに変える。 例えば個人アカウントで「岡田裕香」となっている場合、仕事用アカウントでは「岡田ゆうか」に変えて登録します。 これだけで個人の特定がしにくくなります。 基本データなど個人が特定できるような項目は入力しない Facebookのアカウント作成の際、生年月日と性別の入力は必須項目となっています。 それ以外の基本データはFacebookの機能上、必要となるということだけで、必ずしも入力しないといけないということはありません。 基本データを詳しく入力すればするほど、そのデータから繋がる可能性が高い人をFacebookは提案してきます。 ということは、データを入力しなければ「知り合いかも」に表示されることはなくなるということです。 とはいえ、仕事用で取得するので「勤務先」は必ず入れるようにしましょう。 アカウントの切り替え 作成したアカウントを切り替えて使用する際には、ログアウトしてログインし直すか、ブラウザごとにアカウントを使い分けるといった方法があります。 私はブラウザの切り替えが面倒なので、ログインし直す方法にしています。 まとめ 基本データを入力しないでおくことで作成したアカウントは表に出にくくなりますが、名前検索では表示されてしまいます。 なので全く秘密にできるというわけではありませんが、仕事上での仕様には問題ないと思います。 参考にしてみてくださいね。

次の