総務 省 給付 金 申請 書。 持続化給付金 (METI/経済産業省)

【新型コロナ】「10万円」給付金の申請書、県内全市町村で郵送始まる

総務 省 給付 金 申請 書

5月10日、申請書類を搬出する三重県津市職員(世帯数12万7000) 住民票がある、すべての人に10万円。 「特別定額給付金」は4月20日、特別定額給付金室が設置された総務省から、各自治体に発せられた号令でスタートした。 「各自治体には、4月20日の閣議決定と同日のうちに、オンラインと郵送の申請方法を提示しましたが、『減収世帯に30万円』からの方針転換だったので、自治体が事前に作業を準備するのは難しかったはずです。 作業量も膨大なので、人口が多いほど、準備時間はかかります。 あとは各自治体の工夫で、給付スピードが変わってくると思います」(総務省・特別定額給付金室) そこで本誌は、全国の政令指定都市、中核市、特例市、東京23区、県庁所在地といった、主要132自治体の郵送申請による給付事務のスケジュールを調べた。 最速は、青森県八戸市。 5月8日までに申請書の発送を終えたという。 「コツはなく、とにかく人海戦術(笑)。 4月27日に給付金室を立ち上げて、GW中の5月6日から8日まで、毎日100人態勢で封入・郵送作業を進めました」(八戸市給付金室) 返送された給付金申請書が自治体に届き次第、順次、振り込み作業が始まる。 職員たちには、情報を照合し、銀行口座番号をパソコンに打ち込む作業が待っている。 「対象は11万世帯。 とくに上から指示はありませんでしたが、パソコン入力のため、職員200人態勢で休日返上で作業しています。 5月20日時点で9万件の申請があり、5月中に8割がた振り込みが完了すると思います」(同前) 一方、もっとも遅くなってしまうのは、高知県高知市だ。 「そもそも、発送用の封筒が入手できないうえ、申請書を16万世帯に一括で発送できる業者も探しましたが、市内にはありませんでした。 そこで、4月20日の時点で、ある大手印刷会社の大阪と京都にある工場を仮押さえしたのですが、6月11日しか空きがなく……」(高知市給付金室) 16万世帯分の封筒を、高知市の郵便局が、大阪と京都の工場まで取りに行くという。 「送られてくるのを待ってはいられません。 給付金の振り込みは、6月末開始予定です。 申請書が届いてから振り込みまで、3〜4週間と説明させていただいてます」(同前) 世帯数が多いほど作業は増える。 23万世帯を抱える東京都品川区の場合は、こうだ。 「振り込み作業は、最大でも1日3000件。 24時間態勢で土日も作業して、週に2万1000件です。 23万件のうち、オンライン申請を除いた21万世帯の振り込みに10週間かかる計算ですから、おおむね2カ月で完了する見込みです」(品川区給付金担当課) 今回、182万世帯という最多世帯を抱える横浜市は? 「一気に182万世帯分の申請書が来たら……。 現時点では、5月29日から発送、6月上旬から振り込み開始の見込みとしか、お伝えできません」(横浜市市民局総務課・定額給付金担当課) 東京23区でいち早く発送し、「振り込みまで2週間程度」というのは練馬区だ。 「5月20日時点で、38万世帯中2割ほどから申請が来ています。 1日80人ほどの職員で、振り込み作業をしています。 まだまだ手探りですが、努力するだけです」(練馬区特別定額給付金担当課) 嬉しい10万円だが、苦労している人たちもいる。 辛抱強く待とう。 次のページからは、主要132自治体の郵送申請による給付事務のスケジュールを公開する。 東京都の「感染拡大防止協力金」は手厚いが、人口が多いため事務作業は膨大 北海道から関東まで……わたしの街はいつ? 【北海道】 ・札幌市/5月18日から発送開始 ・旭川市/5月25日から発送開始 ・函館市/5月20日までにお届け。 5月28日から振り込み開始 ・いわき市/5月19日から郵送開始。 5月28日から振り込み開始 ・福島市/5月13日から発送開始。 6月5日から給付開始 ・つくば市/5月16日から発送開始。 6月中旬以降振り込み開始 ・太田市/5月15日から発送。 6月中旬から給付開始 ・川越市/5月25日から発送。 6月上旬から給付開始 ・越谷市/5月27日から発送開始予定 ・川口市/5月25日から発送開始。 6月中旬から給付開始 ・所沢市/5月22日に発送。 5月下旬より振り込み開始 ・草加市/5月29日発送予定。 6月中旬から下旬振り込み開始予定 ・春日部市/5月27日郵送開始予定。 6月5日より振り込み予定 ・熊谷市/5月25日に発送。 6月中旬から振り込み ・船橋市/5月18日より発送。 6月上旬から給付開始 ・足立区/5月22日以降郵送開始。 6月上旬以降給付 ・墨田区/5月29日から郵送 ・荒川区/5月28日から発送。 6月上旬給付開始 ・世田谷区/5月28日に郵送。 6月上旬より振り込み ・板橋区/5月27日以降発送。 6月中旬より振り込みの見込み ・台東区/5月末ごろ発送予定。 申請受付から3週間程度で振り込み ・江戸川区/5月下旬から送付 ・千代田区/5月25日に発送 ・大田区/6月1日から発送開始。 6月下旬以降振り込み開始 ・中央区/5月21日以降に発送。 5月29日以降振り込み ・葛飾区/5月19日から発送 ・豊島区/5月25日より発送。 受付から3〜4週間で振り込み ・北区/5月25日から発送。 6月中旬から給付予定 ・中野区/5月15日から発送。 振り込みまでおおむね2週間 ・江東区/5月27日に発送。 6月中旬より振り込み ・練馬区/5月15日から発送。 申請から給付まで2週間程度 ・品川区/5月21日から発送開始。 振り込みまで2カ月程度かかる可能性 ・文京区/5月19日から発送。 5月下旬以降振り込み ・渋谷区/5月19日から発送。 5月29日から振り込み ・港区/5月22日から郵送開始 ・目黒区/5月末から6月上旬に郵送。 6月下旬から振り込み開始予定 ・杉並区/5月18日以降発送。 6月上旬から振り込みの見込み ・川崎市/5月下旬以降郵送予定。 6月中旬給付開始予定 ・相模原市/5月30日から6月中旬にかけて郵送。 6月中旬から振り込み ・横須賀市/5月29日までに発送完了。 6月中旬以降振り込み ・小田原市/5月29日に発送予定。 申請から1カ月程度で振り込み ・大和市/5月29日発送。 6月中旬以降振り込み ・平塚市/5月末に郵送。 6月中旬以降支給予定 ・厚木市/5月29日から発送。 5月29日から給付 ・長岡市/5月20日発送。 6月4日から支給開始 ・上越市/5月14日から郵送。 5月中に発送完了予定。 5月26日から振り込み開始 ・松本市/5月14日から郵送開始。 6月中旬給付開始予定 ・浜松市/5月29日から発送 ・沼津市/5月18日送付開始 ・清水町/5月13日以降発送。 6月中に給付開始予定 ・豊田市/5月28日発送予定。 6月中旬初回振り込みの見込み ・豊橋市/5月18日より郵送。 5月28日より給付開始 ・岡崎市/5月19日から発送。 申請書受理後10日から1カ月程度で給付 ・春日井市/5月28日発送予定。 5月下旬ごろから給付開始予定 ・津市/5月10日から順次発送。 6月中旬給付開始見込み ・堺市/5月26日〜29日に発送。 6月初旬給付開始 ・高槻市/5月15日から発送開始 ・東大阪市/5月27日から郵送。 6月上旬から給付 ・豊中市/5月25日から送付開始。 5月29日から給付開始 ・枚方市/5月下旬以降にお届け。 申請書が到着した週に確認作業。 翌週金曜日に振り込み ・吹田市/5月21日発送。 5月26日までに全世帯に届く予定 ・茨木市/5月16日郵送開始。 5月19日までに郵送完了予定。 5月28日以降振り込み ・八尾市/5月18日から郵送。 6月上旬から振り込み開始 ・寝屋川市/5月8日から送付開始。 5月15日から口座振り込み開始 ・岸和田市/5月25日〜27日の間に郵送。 5月末にかけて1万5000件振り込み予定 ・姫路市/5月18日から21日までに発送。 5月28日から給付開始予定 ・西宮市/5月25日より発送。 6月5日より給付開始 ・尼崎市/多人数(7人以上の家族)世帯は5月15日に発送。 5月22日から振り込み開始。 その他世帯は5月27日一斉発送。 6月4日から振り込み開始 ・明石市/5月27日に発送。 6月中旬から給付 ・加古川市/5月27日に郵送。 申請受付後、6月9日から順次給付 ・宝塚市/5月末〜6月上旬に発送。 5月29日から給付開始。 5月25日から給付開始予定 ・倉敷市/5月11日、ひとり親世帯などに先行発送。 5月20日に発送。 6月12日から給付 ・福山市/5月15日以降に届く。 5月27日以降振り込み ・呉市/5月27日に発送。 6月5日から支給。 6月下旬ごろから支払い ・山口市/5月18日、19日に発送。 6月上旬給付開始予定 ・福岡市/5月15日から発送開始。 6月5日から振り込み開始 ・久留米市/5月14日から発送。 5月中には全世帯に届く予定。 5月末までには届く予定。 6月上旬給付開始予定 ・佐世保市/5月20日から発送。 発送時期は5月23日時点のもの (週刊FLASH 2020年6月9日号) 外部サイト.

次の

【新型コロナ】「10万円」給付金の申請書、県内全市町村で郵送始まる

総務 省 給付 金 申請 書

1.表面:必要事項の記入 申請書は表面と裏面があります。 まず、表面です。 (1)世帯主の情報 世帯主のフリガナと現住所は、あらかじめ印字されています。 まず、下記事項を記入します。 申請日• 住んでいる場所の市区町村名• 世帯主の氏名・生年月日・連絡可能な電話番号 氏名欄に印鑑を押します。 認印でも問題ありません(振込先口座の銀行印である必要はありません)。 シャチハタがOKかどうかの記載はありませんが、申請書類であることを考えると、通常の印鑑のほうが良いでしょう。 (2)給付対象者 給付対象者のリストは、世帯全員分、あらかじめ印字されています。 間違いがある場合は、赤文字で訂正してください。 【注意】給付を希望する場合は、チェックしてはいけない! 給付を希望する場合には、チェックは不要です! 間違えてチェックする人が多いようですが、振込が遅れる要因になりかねませんので、ご注意ください。 郵送してから、チェックしたことに気づいたら? 至急、お住いの市区町村の担当課に電話で連絡しましょう。 原則的には、申請者が自分の意思で「希望しない」を選んだと判断されます。 ただし、一部の市区町村では、仮に「希望しない」欄にチェックが入っていたとしても、振込先口座欄に記入があれば、給付を希望していると判断して振込の処理をするようです。 ただ、必ずしも、そのような判断をするとは限りませんので、振り込まれない可能性もあります。 間違ってチェックしてしまったことを伝えれば、訂正してもらえる可能性もあります。 ただ、給付決定後は訂正しないとしている市区町村もあります。 また、詐欺等を防止するため、電話での個別のやりとりはできるだけしないところもあります。 間違いに気づいたら、とにかく、早めに連絡するしかないでしょう。 (3)受取方法 下記のどちらかを選択します。 銀行口座を持っている人は、原則、Aを選択します。 A:指定の金融機関口座への振込を希望• B:申請書を窓口で提出し、後日、給付 A:指定の金融機関口座への振込 民間金融機関の場合は、金融機関名・支店名・分類・口座番号・口座名義を記入します。 ゆうちょ銀行の場合は、通帳記号・通帳番号・口座名義を記入します。 B:申請書を窓口で提出し、後日、給付 銀行口座を持っていない、または、金融機関からかなり離れた場所に住んでいるなど、特殊な事情がある場合には、申請書を直接、市区町村の窓口で提出し、給付を受けます。 詳細については、市区町村の窓口にご相談ください。 2.裏面:確認書類の添付 (1)代理申請の場合 世帯主以外の人が代理で申請を行う場合、こちらに記入します。 世帯主が認知症である場合や、成年被後見人である場合などに、代理人や後見人が代理で申請することが想定されます。 (2)確認書類の添付 本人確認書類 本人確認書類の写しを添付します。 一般的には、次のものを利用できます。 健康保険証のコピー(表面のみ)• 運転免許証のコピー(表面のみ)• マイナンバーカードのコピー(表面のみ、マイナンバーの記載がないほう)• パスポートのコピー• 年金手帳のコピー 新宿区では、下記のような書類を案内しています。 上記以外の書類でも認められる場合がありますので、市区町村にご相談ください。 注:マイナンバー通知カード(下図)は、本人確認書類として認められていません。 ただし、一部の市区町村では、例外的に認めるところもあるようです。 振込先金融機関口座の確認書類 振込先金融機関口座の確認書類の写しを添付します。 通帳(ゆうちょ銀行の場合は見開きページ全面)のコピー• キャッシュカードのコピー 必ず、名前・金融機関名・支店名(支店コード)・口座番号が確認できる面をコピーします。 下記は新宿区の案内例です。 ただし、この口座が、当市区町村の水道料、地方税等の引落し、または払込みに現に使用している口座であって、申請・受給者の名義である場合は、確認書類のコピーを添付する必要はありません(表面にチェック箇所あり)。 当該口座の確認について、水道部局、税部局等に照会が行われます。 (3)チェックリスト 最後に、下記内容をチェックします。 記入した項目に記載漏れ、記載誤りがないか• 記入した通帳の口座番号と、添付した通帳のコピーの番号が一致しているか• 添付資料(本人確認書類と振込先口座確認書類)に漏れがないか 3.郵送 同封されている返信用封筒(次は新宿区の例)に申請書を入れて郵送します。 ここであせって申請書を入れるのを忘れて、封筒だけ郵送する人がいるようですので、ご注意ください。 通常、宛名が印字されていて、切手の貼り付けも不要です。 宛先が別の市区町村となっているのは詐欺? 宛先がお住まいの市区町村とは全く異なることもありますが、これは、 自治体が業務を外部業者に委託しているからだと思われます。 (上の例では、新宿区の定額金の送付先は、京都中央郵便局の私書箱のトッパン・フォームズ株式会社となっています。 ) ただ、特別定額給付金に乗じた詐欺もあるようですので、本当に怪しいと感じられた際には、市区町村のホームページ等を参照するか、ご相談されることをオススメします。

次の

10万円給付金、わたしの街はいつ?主要132自治体の給付事務スケジュール

総務 省 給付 金 申請 書

1.表面:必要事項の記入 申請書は表面と裏面があります。 まず、表面です。 (1)世帯主の情報 世帯主のフリガナと現住所は、あらかじめ印字されています。 まず、下記事項を記入します。 申請日• 住んでいる場所の市区町村名• 世帯主の氏名・生年月日・連絡可能な電話番号 氏名欄に印鑑を押します。 認印でも問題ありません(振込先口座の銀行印である必要はありません)。 シャチハタがOKかどうかの記載はありませんが、申請書類であることを考えると、通常の印鑑のほうが良いでしょう。 (2)給付対象者 給付対象者のリストは、世帯全員分、あらかじめ印字されています。 間違いがある場合は、赤文字で訂正してください。 【注意】給付を希望する場合は、チェックしてはいけない! 給付を希望する場合には、チェックは不要です! 間違えてチェックする人が多いようですが、振込が遅れる要因になりかねませんので、ご注意ください。 郵送してから、チェックしたことに気づいたら? 至急、お住いの市区町村の担当課に電話で連絡しましょう。 原則的には、申請者が自分の意思で「希望しない」を選んだと判断されます。 ただし、一部の市区町村では、仮に「希望しない」欄にチェックが入っていたとしても、振込先口座欄に記入があれば、給付を希望していると判断して振込の処理をするようです。 ただ、必ずしも、そのような判断をするとは限りませんので、振り込まれない可能性もあります。 間違ってチェックしてしまったことを伝えれば、訂正してもらえる可能性もあります。 ただ、給付決定後は訂正しないとしている市区町村もあります。 また、詐欺等を防止するため、電話での個別のやりとりはできるだけしないところもあります。 間違いに気づいたら、とにかく、早めに連絡するしかないでしょう。 (3)受取方法 下記のどちらかを選択します。 銀行口座を持っている人は、原則、Aを選択します。 A:指定の金融機関口座への振込を希望• B:申請書を窓口で提出し、後日、給付 A:指定の金融機関口座への振込 民間金融機関の場合は、金融機関名・支店名・分類・口座番号・口座名義を記入します。 ゆうちょ銀行の場合は、通帳記号・通帳番号・口座名義を記入します。 B:申請書を窓口で提出し、後日、給付 銀行口座を持っていない、または、金融機関からかなり離れた場所に住んでいるなど、特殊な事情がある場合には、申請書を直接、市区町村の窓口で提出し、給付を受けます。 詳細については、市区町村の窓口にご相談ください。 2.裏面:確認書類の添付 (1)代理申請の場合 世帯主以外の人が代理で申請を行う場合、こちらに記入します。 世帯主が認知症である場合や、成年被後見人である場合などに、代理人や後見人が代理で申請することが想定されます。 (2)確認書類の添付 本人確認書類 本人確認書類の写しを添付します。 一般的には、次のものを利用できます。 健康保険証のコピー(表面のみ)• 運転免許証のコピー(表面のみ)• マイナンバーカードのコピー(表面のみ、マイナンバーの記載がないほう)• パスポートのコピー• 年金手帳のコピー 新宿区では、下記のような書類を案内しています。 上記以外の書類でも認められる場合がありますので、市区町村にご相談ください。 注:マイナンバー通知カード(下図)は、本人確認書類として認められていません。 ただし、一部の市区町村では、例外的に認めるところもあるようです。 振込先金融機関口座の確認書類 振込先金融機関口座の確認書類の写しを添付します。 通帳(ゆうちょ銀行の場合は見開きページ全面)のコピー• キャッシュカードのコピー 必ず、名前・金融機関名・支店名(支店コード)・口座番号が確認できる面をコピーします。 下記は新宿区の案内例です。 ただし、この口座が、当市区町村の水道料、地方税等の引落し、または払込みに現に使用している口座であって、申請・受給者の名義である場合は、確認書類のコピーを添付する必要はありません(表面にチェック箇所あり)。 当該口座の確認について、水道部局、税部局等に照会が行われます。 (3)チェックリスト 最後に、下記内容をチェックします。 記入した項目に記載漏れ、記載誤りがないか• 記入した通帳の口座番号と、添付した通帳のコピーの番号が一致しているか• 添付資料(本人確認書類と振込先口座確認書類)に漏れがないか 3.郵送 同封されている返信用封筒(次は新宿区の例)に申請書を入れて郵送します。 ここであせって申請書を入れるのを忘れて、封筒だけ郵送する人がいるようですので、ご注意ください。 通常、宛名が印字されていて、切手の貼り付けも不要です。 宛先が別の市区町村となっているのは詐欺? 宛先がお住まいの市区町村とは全く異なることもありますが、これは、 自治体が業務を外部業者に委託しているからだと思われます。 (上の例では、新宿区の定額金の送付先は、京都中央郵便局の私書箱のトッパン・フォームズ株式会社となっています。 ) ただ、特別定額給付金に乗じた詐欺もあるようですので、本当に怪しいと感じられた際には、市区町村のホームページ等を参照するか、ご相談されることをオススメします。

次の