年賀状 現金化。 年賀状7日を過ぎたら失礼になる?遅れた場合は寒中見舞いで使える?

書き損じた年賀状をムダにしない!捨てずに交換や募金する方法|@DIME アットダイム

年賀状 現金化

Sponsored Link 元日に届くように、早めに準備する年賀状。 郵便局では11月頃から販売が開始されます。 しかしながら、急な身内の不幸というのもあるものです。 実際に私も、祖母が12月に亡くなったことがあり、喪中のため用意していた年賀状が出せませんでした。 そうした時、 年賀状の払い戻しができるのか調べてみました。 ・年賀状の払い戻しできる? ・年賀状払い戻しの期間や手数料は? ・印刷ミスや書き損じの年賀状でも払い戻し可能? ・余った年賀状は現金化できる? Sponsored Link 年賀状の払い戻しできる? 通常、余ってしまった年賀状は手数料を払えば、普通郵便はがきや切手と交換することができます。 ところが、身内の不幸で使用できなくなってしまった年賀状は、なんと 無料で交換してくれるんです!知っていましたか? 郵便局の窓口で申し出て、住所や氏名、亡くなられた方との続柄を記入すれば受け付けてもらえます。 返品という形で現金を払い戻してもらうことはできないのですが、期間限定の年賀状がいつでも使えるはがきや切手に交換してもらえるので、無駄にはならないですね。 また、小さな荷物などを送れるレターパック封筒も交換対象なんですよ。 年賀状払い戻しの期間や手数料は? 期間 年賀状を交換してもらえる期間は、販売期間内と定められています。 年によって少し変わってきますが、 概ね12月中旬~1月初旬となります。 手数料 「身内の不幸により年賀状を交換」ということであれば、手数料は不要です。 そのような理由ではなく、余ってしまった年賀状を交換したいという場合には、年賀状1枚につき5円の手数料を払えば交換が可能です。 Sponsored Link 印刷ミスや書き損じの年賀状でも払い戻し可能? 印刷ミスや書き損じの年賀状ができてしまったときも大丈夫! 郵便局の窓口で年賀状が余ってしまったときと同じく、 1枚あたり手数料5円で新しい年賀状と交換してもらえます。 手数料が必要な分、完全な払い戻しにはならないですが、新たに年賀状代を支払って購入するよりもずっとリーズナブルですよね。 私はよく書き損じをしてしまうので、ちょっと恥ずかしいですが郵便局で交換してもらっています。 失敗した場合は早めに交換に行って、きちんと元日に届くように書き上げたいですね。 注意したいのは、昨年や数年前の年賀状。 交換しに行くのをうっかり忘れていて、ひょんなところから出てくることもありますよね。 昨年や数年前の年賀状を、今年の年賀状に交換してもらうことはできません。 その場合は、使えなくなった・余ってしまった年賀状の場合と同様に、 普通郵便はがきや切手との交換になるので覚えておいてください。 余った年賀状は現金化できる? はがきや切手じゃなくて、どうせなら現金で払い戻してもらいたいと思う方もいらっしゃいますよね。 余った年賀状の現金化は、郵便局の窓口では受け付けてもらえません。 ですが、 金券ショップに持っていくと換金してもらえる場合もあるようです。 すべての金券ショップで取り扱っているわけではないので、近くの店舗で聞いてみると良いかもしれませんね。 年賀状をいただいたお礼と出せなかったお詫び、今年もよろしくという気持ちを込めてお返事を書くと、受け取った人はきっと、あたたかい気持ちになるはず。 そんな心遣いができる、素敵な人を目指したいですね。

次の

年賀状の余りはどうする?簡単に現金化する方法教えます!

年賀状 現金化

新年の挨拶を行う年賀状では、ついつい書き損じてしまう人もいるでしょう。 そんな時、ただ捨てるのは非常にもったいないです。 書き損じはがきは、交換や募金することもできるからです。 書き損じ年賀状を無駄にしない活用方法を見ていきましょう。 書き損じ年賀状の対処方法は? ネット化が進み、文字を書く機会が減った今日ではついつい年賀状で誤字や脱字をしてしまうという人もいるでしょう。 書き損じた年賀は書き損じの年賀状は交換することもできるので、そのまま捨ててしまうのはもったいないです。 書き損じ年賀状の交換方法や注意点を見ていきましょう。 手数料を支払えば交換可能 年賀状を書く際に文字を間違えた場合、二重線を引いて訂正する行為は基本的にはマナー違反です。 綺麗な年賀状で書き直すようにしましょう。 書き損じの年賀状は、郵便局で交換することができます。 1枚につき5円の手数料を払えば、新しいはがきに交換してもらえるのです。 わざわざ新しいはがきを買うよりもお得なので、活用しましょう。 なお、書き損じの年賀状を交換する際には郵便局の窓口に行かなければいけません。 コンビニやネットでは受け付けていないため注意しましょう。 宛名不明で返ってきたはがきや、切手の部分が破損しているはがきは交換してもらえませんし、現金か小切手で払う必要があります。 未使用であれば無料交換できる場合も 未使用はがきは、喪中の場合・購入はがきを誤った場合のみ無料で交換してもらえます。 喪中の場合には、窓口で喪中の旨を伝え、亡くなった方との関係性を伝えます。 購入する種類を誤った場合は、その旨を窓口で伝えましょう。 本来購入すべきであったはがきと交換してもらえます。 それ以外の場合には、基本的に手数料が1枚につき5円かかるので覚えておきましょう。 交換するときの注意点 年賀状を出し終わったら、書き損じや余りの年賀状をまとめて交換してもらいましょう。 ただし、交換前の注意点を知らなければ、損をしてしまうかもしれません。 交換の際の注意点を確認しておきましょう。 お年玉くじの抽選結果を見てから 年賀状には、お年玉くじがついています。 はがきに記載された番号で抽選に参加でき、当たっていれば豪華な賞金や賞品をもらえるのです。 書き損じや未使用であっても、抽選は有効なので交換前に抽選の結果を見ておきましょう。 近年では年賀状を出す人も減っており、当選確率も高くなっています。 一枚ずつ確認するのは面倒ですが、せっかくなので宝くじ感覚で楽しみましょう。 発表日は毎年異なりますが、2020年は1月19日(日)となっています。 交換期限はいつまで? はがきの無料交換期間は、特に定められていません。 つまり、家に眠っている何年か前のはがきや切手であっても交換してもらえるのです。 ただし交換してもらうはがきが、年賀はがきの場合は別です。 例えば、今年の年賀はがきを書き損じた場合、今年の年賀はがきの発売期間内であれば交換可能です。 しかし、去年以降のはがきを今年の年賀はがきに交換してもらうことはできません。 無地等、通年販売されているはがきのみ交換が可能です。 喪中による無料交換期間はその時の年賀はがきの販売開始日から販売期間終了日までとなっています。 期間終了後は、手数料が発生してしまうため注意しましょう。 年賀はがきの販売期間は年により異なりますが、11月中旬から1月の10日前後となっています。 大きく汚れた年賀状は窓口で判断を仰ぐ 書き損じ・未使用であっても交換してもらえない場合もあります。 例えば、料額印面が汚れてしまっている場合です。 この部分が汚れている場合に関しては、例え未使用でも交換できない可能性があるので覚えておきましょう。 交換できるかどうか分からない場合は、まずは窓口で判断を仰ぎます。 軽い汚れであれば交換してもらえる場合もあります。 現金に換えたいときは? 最近ははがきを使用することも減ってきているため、交換ではなく現金化したいという人も多いでしょう。 はがきは状態によっては現金にすることも可能です。 交換方法などを確認していきましょう。 書き損じの状態によっては交換後に 書き損じたはがきであっても、現金化することができます。 まずは、書き損じたはがきをはがきや切手などに変えましょう。 その後、金券ショップに持っていくことで現金化できます。 もちろん書き損じたものであっても、まとまった量があれば買い取ってもらうことも可能です。 しかし、個人情報が流出してしまう可能性があります。 そのため、書き損じたはがきをそのまま現金化するのはおすすめできません。 手間がかかってしまいますが、まずは郵便局にて交換した後現金化させましょう。 買取を行う金券ショップへ はがきを現金化するには、金券ショップに行きましょう。 金券ショップであれば、1枚20円~30円程度で買い取ってくれます。 手数料の5円を引くと、15円~25円ほどになってしまいますが、無駄になるよりは良いでしょう。 枚数が多ければまとまったお金になります。 ただし、店によってははがき自体を買取していないお店や、書き損じは買取できないというお店もあります。 お近くの金券ショップに行って、売れるかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。 慈善事業を支援することもできる 書き損じ・未使用はがきを使って、募金をすることもできます。 はがきを送るだけで、募金になるので非常に簡単です。 どんな団体に募金できるのか、募金方法などを確認していきましょう。 書き損じ年賀状が募金になる仕組み 未使用のはがきは、募金することができます。 まずは使用していないはがきを募金を募る協会に送りましょう。 その際、手数料は発送者負担になります。 協会が郵便局で新しい切手に交換し、切手買取業者で換金することで募金になるのです。 なお、私製はがきは郵便局で交換できないため募金の対象にはなりません。 はがき募金を行っている協会は複数あるため、募金したいと思う協会に送りましょう。 特に有名な協会を見ていきます。 世界中のこどもたちの支援に ユニセフ ユニセフに募金ができる「書き損じ・使い残しはがきチャリティ」は、パートナー企業である株式会社インプレスによって行われています。 株式会社インプレスを通してユニセフに募金でき、世界中のこどもへの支援に役立てられるのです。 昨年は、1万7,093枚のはがきと切手によって、合計79万6,661円もの募金がなされました。 恵まれないこどもたちや、飢餓による重病で苦しむこどもたちを支援することができます。 はがきの種類と枚数を記載し、所定の住所に送付しましょう。 送付先の住所は以下の通りです。 住所:東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング 株式会社インプレス 「インプレス年賀状編集部/チャリティ」係• 日本盲導犬協会の場合、未使用はがきを交換して通信費に充てられます。 目の見えない方やその家族を支えてくれるワンちゃんのために、使用していないはがきで支援することができるのです。 最寄りの訓練センターに、はがきを送りましょう。 送付先は以下の通りです。 公益財団法人 日本盲導犬協会 神奈川訓練センター 〒223-0056 神奈川県横浜市港北区新吉田町6001-9• 公益財団法人 日本盲導犬協会 日本盲導犬総合センター 〒418-0102 静岡県富士宮市人穴381• 公益財団法人 日本盲導犬協会 仙台訓練センター 〒982-0263 宮城県仙台市青葉区茂庭字松倉12-2• 公益財団法人 日本盲導犬協会 島根あさひ訓練センター 〒697-0426 島根県浜田市旭町丸原155-15 子どもたちの未来のために あしなが育英会 親をなくしたり、働けない親をもつこどもたちを支援するあしなが育友会でも、はがき募金ができます。 未使用はがきの代金より、交換手数料5円を引いた金額が募金額です。 あしなが育英会では、未使用はがきだけではなく未使用切手やプリペイドカードなども交換できます。 これまで募金やチャリティーなどをしたことがない方でも、簡単かつ気軽に支援することができるのでおすすめです。 しかし、「年賀はがきを書き直した行けれど、時間がない」「枚数が足りない」という理由でどうしても修正したいという人もいるでしょう。 基本的に宛名の名前欄のミスはマナー違反にあたりますが、それ以外の部分であれば修正しても送ることも可能です。 ただし、会社の取引先や目上の人の場合は、わざわざでも書き直す方が良いでしょう。 年賀はがきの書き損じをどうしても修正したい場合の対処法を見ていきます。 はがき用ペン修正液を使う 間違えた文字を修正したい場合には、はがき用ペン修正液を使用しましょう。 通常の修正液や正ペンはおすすめできません。 なぜなら、はがきの色味と違い修正したことが分かりやすくなるからです。 はがき用ペン修正液であれば、はがきの色味にマッチした色であるため文字の上に重ねても分かりにくくなっています。 テカリも抑えられているので、遠目では気づかれにくいです。 修正液を使用する際には、しっかりと振って少量ずつつけましょう。 力強く出すと、量が出すぎてしまうので気を付けなければいけません。 シールを貼る 間違えた部分にシールを貼ることで、誤字を隠すことができます。 ただし、はがきや文章のど真ん中にいきなりシールをはると不自然なのでバランスを見て行いましょう。 その際、お正月っぽいデザインのシールであればオリジナリティも出すことができます。 最近では和柄のマスキングテープも人気です。 年賀はがきをデコレーションしたい人は、文房具屋さんでシールをチェックしましょう。 文/編集部.

次の

【年賀状を現金化する方法】年賀状を高く買取してもらうコツも紹介|ANA SFC 修行.com

年賀状 現金化

ちなみに郵便局で書き損じはがきから切手への交換手数料は1枚あたり5円でした。 今回わたしが持っていた古い書き損じはがきは、50円年賀はがきが36枚、52円年賀はがきが12枚でした。 交換手数料合計は240円。 切手は、62円切手、40枚になりました。 ネットの情報によると、この交換手数料は切手で払うことができるそうです。 ということはもらえる切手を減らして現金を使わずに交換できるっていうことなのかなぁ。 このへんのことはまだ分からなかったです。 書き損じはがきを現金化:切手シートにしたら選択肢が3っつあります 調べてみると、切手シートを手に入れたら、現金化するためにいろいろ選択肢があることがわかりました。 それぞれ一長一短があるので、どれがいいとかは言えないのですが、ご自分の近くにいいショップがあるならそれだし、ないのであればオークションやメルカリなどで売るのもいいのかもしれません。 金券ショップで売る。 ネットオークションで売る。 (ヤフオク等)• 切手買取業者に売る。 とりあえず調べてみると、3っつぐらいの選択肢あるみたいです。 で、残ったのが 金券ショップ。 これを選びました。 これは、近所のショッピングセンターに入っているので簡単でした。 私は近くの金券ショップで売りました 金券ショップの店員さんの話によると、買取価格は常に変動しているみたいでした。 今回の私の時は62円切手は43円での買取でした。 (レシートの写真の通りです。 ) 売りに行くときはそのときの相場をチェックしていった方がお得な時を見つけられるかと思います。 (たぶん、切手をたくさん使いそうな年度変わりの辺りが狙い所なのかもしれません) わたしの今回の場合は、切手40枚を持ち込んで、結局、 1,720円の現金になりました。 世の中には切手買取業者なんていうのもあるんですね。 わたしは今回のことがあるまで知りませんでした。 やっぱり付加価値があるものは高く売れそうですが、普通の切手はどうなのかまでは調べられませんでした。 もし、その切手買取業者がお近くにあるのなら金券ショップよりはいいのかな?なんて思ったりしています。 まとめ 古い書き損じはがき、48枚が、最終的に 1,720円。 交換手数料を引くと、 1 ,480円の利益になりました。 まあ、書き損じないのが一番なのですが、毎年大量の年賀状を書くのでどうしても書き損じが出てしまいます。 こういう方は多いのではないでしょうか? 私の場合は宛名は手書きと決めているので必ず書き損じがでてしまいます。 毎年何枚かは書き損じるので、こうしてたまったら、今回の記事の様に現金化するのもいいかもしれません。 ほかにも、使わない商品券や招待券なども売れる場合がありますので、チェックですね。 もちろん、郵便局で新しい切手をそのまま使用するのも必要な方はいいでしょう。 では、またね〜。

次の