お小遣い いくら。 旦那のお小遣い平均は?40代の場合のお小遣い相場はいくら?

中学生、高校生のお小遣いの平均は月いくら?若年層のお小遣い調査!

お小遣い いくら

夫婦といえども個々の人間、自由に使えるお小遣いをある程度持っておくことは必要です。 金額はあらかじめ決めておき、お互い使い道は深く詮索しないのが正解。 ではそのお小遣いの金額をどのように決めればよいのかを見ていきましょう。 お小遣いの基本は「家計の10%以内」 お小遣いの金額のおおまかな目安は「家計の10%以内」です。 夫婦合わせて手取りが30万円の場合は、3万円が夫婦のお小遣いの目安になります。 ここで揉めがちなのが、この3万円をふたりでどう分けるかという問題。 単純に収入費などで決めてしまうと不満のもとですから、公平感があるようしっかり話し合って決めましょう。 また、妻が専業主婦の場合は夫のお小遣いばかり注目されがちですが、妻のお小遣いもきちんと決めておくことが大切。 家計費と妻が個人的に使うお金が一緒にならないようにしておきましょう。 お小遣いの範囲を明確にする お小遣いは、お互いが自由に使い道を決められるもので、外食代、趣味にかかるお金、嗜好品、雑誌・書籍費、美容にかかるお金などがあげられます。 ここで大切なのは、お小遣いに含まれる範囲を決めておくことです。 たとえば夫のランチ代はお小遣いに含めるのか、一食あたりの金額を決めて家計費から別に出すのか。 営業用のスーツや靴は、ボーナス時などに別枠を設けて、確保しておくことも必要でしょう。 資格取得や英会話などのキャリアアップ費用は、将来的な家計収入の維持・向上につながるものとして、家計費から出す配慮も必要です。 「どこまでがお小遣いの範囲か」を話し合い、無理のない決め方をするのが、長続きのコツです。 お小遣いは、定期的に見直そう 家計の収入・支出状況は、時とともに変化しますし、お小遣いとして必要な金額も、趣味の変化や仕事上の立場などによって変わります。 一度決めたお小遣いをそのまま維持するのではなく、必要に応じて調整しましょう。 もし家計に余裕があれば、2人共通のお小遣いを持つこともおすすめです。 共通の趣味や、外食や旅行にいく場合の費用をまかなう共通のお小遣いを作っておくと、お金のことで気まずくなることもありません。 From ゼクシィ保険ショップ 『切り出しにくいお互いのお金のことも、ゼクシィ保険ショップで解決!』 結婚して新生活が始まった時に、なかなか切り出しにくいのがお金のこと、でもこれからの夫婦生活、「お金の目線合わせ」が肝心です! 今後のマネープランの話し合いを後まわしにしてしまうと、あっという間に住宅購入や妊娠・出産などのライフイベントがきてしまうもの。 そんな時に慌てないためにも、まずはプロと一緒にライフプランを描きながら、お金や保険のことを考えませんか? ゼクシィ保険ショップならファイナンシャルアドバイザーが家計のこと、貯蓄やお小遣いの適正な金額のこと、保健のことまでそれぞれにあったプランをご提案します。

次の

サラリーマンのお小遣い平均額は? 男性会社員のお小遣いはいくらが妥当?

お小遣い いくら

貯金だけではなくて 個人年金やイデコなども検討して 節税も考えてますか? まあ、リスクはありますけどね 貯金だけならもったいないような気もします すでに導入済みて他に貯金されているなら立派です もう少し、小遣い増やして人生を楽しんでもいいと思います ずーと厚生年金で働いているなら 少なからず年金はあるはずですし 老後2000万問題に関しても、 退職金の見込みがあればそこまで必死にならなくてもいい 見込みがすくなくても 5万を20年で、1200万です プラス平均よりより少ない退職金でも、生きてはいけるかな? 私個人は、お金はいくらあっても足りないし 慎ましく生活すればそこまでまかからないとも思ってます 月1万円のお小遣いで生活できるなら 行けるのでは? なければないなりに生活できるものだと思ってます ユーザーID: 1643959410• レス 私は40代女性で結婚していませんが、特に「お小遣い」というものはありません。 好きなものは必要に応じて買っていますが、特に「お小遣い」という枠ではないです。 お給料のうち一部を現金にしたら、食料なども買うし、必ずしもいらないものも買ったりします 雑貨とか。 いや、通信販売で買い物をするのは全部お小遣いでしょうか。 まずこのトピックは、お小遣いが1万円であることが参加条件かもしれませんが、何を聞きたいのかわかりにくいような気がします。 第一「お小遣い」ってなんでしょう?。 お昼ご飯のサンドイッチは「食事」で、プリンはお菓子だから「お小遣い」でしょうか。 仕事で使うノート、100円均一でも買えるのにちょっとおしゃれなのにしたら270円だったとしたらお小遣いでしょうか。 化粧品は働きに行く時必要だから必需品?なくても死なないからお小遣い? また収入にも寄ると思います。 手取り収入が10万円なのか50万円なのかで、5万円が貯金で1万円がお小遣い、というのでも重さというか価値が結構ちがうように思います。 将来の貯金を見据えてなのであれば、トピ主さんが今毎月何円必要 実際に使っているのか と、仕事に行っているから発生している費用と、将来受給予定の年金額から出すのが現実的だと思います。 病気とかになったりということを考え始めるとと何千万円あっても足りないような気はしますが。 毎月幾ら貯金する、のではなくて、収入から使わなかった残りをプールする感じです。 ユーザーID: 2029044740• 生活・身近な話題ランキング• トピ主です 40歳まで独身でした。 自分の稼いだお金で生活していましたが、 生活費とお小遣いは分けてませんでした。 生活費の中から本も買うし、雑貨なども買いましたし 化粧品や美容院なども、生活費のなかからざっくり買って 毎月の予算内で収まれば良しと思ってました。 毎月ちゃんと貯金をしているなら、そこまで厳密に決めなくてもいいのでは? 1万円では足りない月もあるだろうし、余る月もあるかもしれない。 余ったからと言って、無理に使う必要もありませんし。 小遣いで何を買うかは、その人の趣味によると思いますよ。 人に聞いても、自分がそれに興味を持てなければ意味がないでしょうね。 ユーザーID: 2044504662• トピ主です.

次の

ズバリ!パパのお小遣いはいくらですか?本当は気になるけど聞きづらいお金の話 [ママリ]

お小遣い いくら

ここからは、実際に夫のボーナスをお小遣いとして夫に渡す方と、全て夫婦のお金として夫へはお小遣いを渡さないという方、それぞれの主婦の声をご紹介していきたいと思います。 また、お小遣いとして夫へ渡す方は、どのくらいの金額を渡すようにしているのか、お小遣いをもらった夫は一体何にボーナスを使っているのかも詳しく見ていきましょう。 ボーナスを、将来のためにせめて少しでも良いから貯蓄に回すことができると良いですよね。 貯蓄に回すことができている家庭では、どのくらい貯金できているのか気になる方も多いのではないでしょうか。 実際に貯蓄に回す金額についてもご紹介していきますので、是非こちらも参考にしてみてください。 第3位 外食(食堂・レストラン、和、洋、中ほか専門店)5. 5% 家族全員で外食をするとなると、かなりの出費になります。 多少家計に余裕がでたとき等は、家族みんなで外食をして美味しいものを食べたいですね。 第4位 衣服 4. 6% 家族全員の衣服をボーナス時に買う家庭も多いようです。 年頃の娘さんがいる家庭等では、洋服や靴等も高いのでボーナス時に購入してあげているのでしょうか。 第5位 食品(ふだん食べるもの) 4. 1% 毎月の 家計の補填という意味合いがありそうです。 食べ盛りのお子さんがいる家庭では毎月の食費も大変なのでしょう。 他にも ローンや借入の返済や 教育資金等の意見もありました。 支給される額は各家庭により差があると思います。 まとまったお金が入ったら、貯蓄に回す金額と、娯楽費等に回す金額を決めて有意義に使えたらいいですね。 参考先 AllAboutマネー リンク 老後の資金を自分で貯める方法に iDeCoという制度があります。 少子高齢化の問題等により、公的年金の財源不足により将来もらえる年金が高い確率で今より 減らされる可能性があります。 そうなるとギリギリの生活になります。 そんな中で、iDeCo(個人型確定拠出年金)はメリットも多い制度です。 iDeCoとは公的年金ではなく自分で老後資金を準備する 私的年金です。 iDeCoは 20歳以上60歳未満で、国民年金や厚生年金等の公的年金に加入している人であれば加入できるので専業主婦(夫)や個人事業主、会社員、公務員などほとんどの人が加入資格があります。 iDeCoの特徴としましては、毎月拠出したお金(掛け金)を自分が選んだ運用方法で運用していくということです。 掛け金は 5000円から1000円単位で拠出できます。 運用する商品は、投資信託のような価格変動があるものや債券、定期預金のような元本保証があるもの等色々です。 注意点としては60歳まで原則引き出しができないことです。 毎月の ランニングコストもかかる点に注意が必要です。 ですがメリットもあるので老後資金を貯めるにはとてもいい制度だと思います。 ボーナス時の旦那のお小遣いの金額や各家庭の使い道について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。 この記事のポイントは• ボーナス時の旦那のお小遣いは半数がなしで、渡す家庭の目安は2万円~5万円• 妻にボーナス時にお小遣いを渡す家庭は1万円~3万円が多い• 家庭ごとでボーナスに対する考え方は様々• 各家庭のボーナスの一番の使い道は預貯金が多い• iDeCoのボーナス払い等を使い老後資金を貯めるのもあり でした。 それぞれの家庭で毎月の給料やボーナスの額は変わりますし、使い道も各家庭によって違います。 夫婦で話し合い有意義なボーナスの使い道を決めることが大事だと思います。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載されてますので、ぜひご覧になってください。

次の