ケンタッキー 肉 部位。 ケンタッキーのオリジナルチキン人気部位ランキング!美味しくておすすめなのはどれ!

骨なしケンタッキーはオリジナルチキンと違う部位? 小さくてまずいの評判はなぜ|旅行ブログ

ケンタッキー 肉 部位

形は、真ん中に一本軟骨が通っていて、その横にほぼ対象に肉が付いています。 見た感じは丸に近いです。 形は羽を折りたたんでいる時の状態ですので、端と端を持って引っ張ると羽を広げたように伸びます。 buntaskm. その為鳥の小さい肋骨がたくさん付いています。 形は、見た目は大きく肉がたくさん付いている様に見えますが、横から見てみると肋骨が付いている部分は割と肉は薄めでそれほど肉は付いていません。 形は、三角形の様な形をしています。 ぱっと見「あばら」と似ていて間違いやすいですが、横から見ても肉が分厚く付いていて細かい骨も無く、すぐに違いがわかると思います。 見た目は他の部位と全く異なり一目瞭然です。 太い1本の骨の周りにお肉が付いています。 ケンタッキーオリジナルチキンの肉質 「キール」 肉質は脂分が少なくとてもたんぱくです。 通常この部分は加熱調理をすると硬くなりやすいのですが、ケンタッキーの場合はしっとりしていて骨もほとんど無い事から食べやすいです。 脂っこくないので女性に人気があります。 真ん中に1本通っている骨は軟骨で、食べれます。 この軟骨が好きな方にも好まれる部位です。 「ウィング」 この部分は手羽なので、胸の部分に近い為半分はキールと同様にさっぱりとした肉質です。 しかし、羽を動かしたりしてよく筋肉を使う部分ですので、しっかりとした食感が味わえます。 もう半分は手羽の部分ですので、コラーゲンも豊富でとてもジューシーです。 オリジナルチキンの中で1番さっぱりした部分と1番こってりジューシーな肉質の両方を味わう事が出来る唯一の部位です。 「リブ」 ここも肋骨であばらの部分と言う事もあり、胸肉の部位になります。 肉でも魚でも肋骨の周りの部分は美味しいと言われている様に、さっぱりとした味わいの中でもしっかりしたと鶏肉の味がする部位です。 骨が多い為見た目が大きく見えますが、見た目の割には肉の量は多くありません。 食べ方のコツは、肉を剥がしながら食べるのでは無く、骨を抜きながら食べていくと、食べれる部分が大きく変わりますので試してみてください。 「サイ」 特徴は何と言っても全体的に脂がのっていて、部位の中で1番好きと言う人が多いですね。 長くて太い骨が端っこに1本付いていて、その骨とほぼ垂直に太くて短い骨が入っています。 その短い方の骨は、調理の段階で関節を抜いてあるので、簡単に取り出す事ができます。 これをすれば後は大きくかぶりつくだけです! 量も多いので1個で十分満足出来る部位です。 「ドラム」 この部位は見た目通り太い骨が1本だけです。 食べるのがとても簡単でジューシーなのも特徴です。 お子様にも食べやすくとても人気の部位となっています。 この部位にも骨の先にヒザ軟骨が付いていて食べる事ができます。 キールと同様に軟骨付きにはたまらない部位ですね。 ケンタッキーオリジナルチキンのカロリー 出典:www. kfc. ケンタッキー好きの方はご存知かと思いますが、同じ部位でも大きさって大小様々ですよね。 しかも、衣の付き具合なんかでも変わってきてしまいますし。 一応の目安(平均)として公表されているカロリーは、 オリジナルチキン1個あたりのカロリー(平均)は 237Kcalです。 だいたいご飯大盛りよりもう少しオリジナルチキンの方がカロリーが高いと言えます。 私はいつもケンタッキーに行くと2つ食べるのでそれだけで474Kcal摂っていたんですね!ご飯大盛り2杯分。。。 もちろん他にポテトも食べていますし結構なカロリー摂取になりますね。 なんとなく気付いてはいましたが・・・ この事実を知っても関係ないですけどぉぉぉ!!(笑) ケンタッキーオリジナルチキンまとめ オリジナルチキンの部位によって硬さやジューシー感に結構違いがある事がわかります。 自分好みの部は見つかりましたか? しかし、ケンタッキーのお店では好きな部位を選ぶ事はほぼできません。 稀にですがサイ以外の部位であれば選ぶ事も出来るようなので、1度店員さんに聞いてみるのも良いかもしれませんね。 最後にカロリーですが、考え方によってはオリジナルチキン2つ食べても500Kcalいかないなら1食分の摂取カロリーとしては低いじゃん!?となりませんか?(強引ですかね…) それでもカロリーが気になる!!と言う方は、部位の中でも脂肪分が少なくカロリー低めのキールやウィングを選ぶようにしましょう。

次の

ケンタッキーフライドチキン(KFC)部位一覧🍗

ケンタッキー 肉 部位

左は、5種類あるオリジナルチキン(250円)の1つであるキール。 右は、骨なしケンタッキー(250円)です。 オリジナルチキンは、リブ、 キール(むね肉)、サイ、ウイング、ドラムがありますが、骨なしケンタッキーはむね肉の1種類だけです。 オリジナルチキンの部位一覧 部位 説明 リブ あばら。 小骨があり少しパサつくが、かなり大きい。 キール むね。 軟骨がありパサつくが、ヘルシーで女性に人気。 サイ お尻の部分。 肉も脂分も多く、男性に人気。 ウイング 手羽。 引き締まり味が濃く、人気がある。 ドラム 脚。 骨があり持って食べやすい。 ジューシーで小さい。 骨なしチキンケンタッキーは、かんたんに言えば、オリジナルチキンの キールの軟骨がないバージョンです。 味は、ササミに近いイメージですが、衣をつけて揚げてあるので、ササミよりはしっかりした味です。 骨なしケンタッキーはむね肉のため、パサパサとしみずみずしくないのが特徴です。 そのため、バランスが良いサイやウイング比べると、あっさりしすぎて物足りなかったという感想を持つ人も多いのだと、思っていました。 しかし、最近、次のようなコメントをいただきました。 1500円の組み合わせキャンペーンをやっていたので初めて購入しましたが、 この大きさで、しかもカスカスの食感。 こんな事なら、オリジナルを2パック買うべきでした。 かんぜんにボッタクリだと感じました。 オリジナルチキンのキール(左側)も、骨なしケンタッキー(右側)も、同じむね肉。 食べ比べてみました。 すると、驚いたことに、同じむね肉にも関わらず、 キールの方がみずみずしさが圧倒的に上。 骨なしケンタッキーは、まずいという結論を導かざるを得ません。 なぜ骨なしケンタッキーは、キールよりまずいのか? 部位が異なるサイやウイングと味が異なるのは仕方がありませんが、同じむね肉よりおいしくない(みずみずしさが劣る)というのは、なぜなのでしょうか? これは、軟骨とその付近を取り除いたため、味のよい部分がなくなっているのかも知れません。 どう考えても、同じサイズに見えませんよね。 左は、オリジナルチキンのリブです。 実は、オリジナルチキンには、可食部の重さに55~100gもの幅があり、平均を取っているからなのです。 似たサイズのサイ、リブ(小さい方)が出てくる可能性は、30%。 この辺りから、骨なしケンタッキーは小さくて損というイメージが作られました。 なお、1本だけ頼んだ場合は、損した感がないように、ドラムは控えられる傾向にあるため、ますます骨なしケンタッキーは小さいというイメージが強くなります。 写真で比較 骨なしケンタッキーとオリジナルチキン オリジナルチキンでは最大の リブの大きい方(可食部約100g)と 骨なしケンタッキー(可食部約86g)が出てきた場合です。 可食部で24g差があるうえに、骨の分もありますので、実質半分ぐらいに見えます。 オリジナルチキンの キール(むね肉、可食部約99g)と 骨なしケンタッキー(むね肉、可食部約86g)が出てきた場合です。 軟骨がない分、右側の骨なしケンタッキーは小さい感じを覚えます。 左側のウイングが20%も小さいのですが、味のバランスは、ウイングが上です。 この場合、サイズでは、右側の骨なしケンタッキーの勝ちですが、ドラムはジューシーですので、ドラムの方が良いという人もいそうです。 1本だけ注文するなら、オリジナルチキンの方が得です。 なぜなら、1本だけの場合、店員が、損をした感が強いウイング、ドラムを避ける傾向があるからです。 すると最低でも骨なしケンタッキーと同サイズ、運が良いとリブやキールが来ます。 一方、2本以上、とくに3本以上注文した場合、お店側はオリジナルチキンの平均の可食部重量に近づけてくるため、どちらでも同じです。 (むしろケンタッキーがしそのように設計している) ただし、骨なしケンタッキーはまずいという意見も根強く、そこも影響してきます。 キールと同じむね肉なのにまずいと言われるのは、軟骨付近を抜いているからだと思われます。 骨なしチキンケンタッキーは、子ども、女性、シニア向け サイズが小さい場合もあり、みずみずしさにも欠く、骨なしケンタッキー。 2015年頃から、定番メニューに定着しているのはなぜなのでしょうか? 次のような理由が考えられます。 子どものために買われている 子どもは、 骨が口の中にひっかかったり、飲み込んだりする場合があります。 骨なしケンタッキーは、同じ値段で小さい確率があるとしても、子どもには最適です。 子どもは、お腹がいっぱいになりやすいことも、関係しています。 女性が買っている ケンタッキーの公式資料によると、オリジナルチキンは、平均237kcal。 骨なしケンタッキーは204kcalで大差はありません。 しかし、リブやサイだと、カロリーはアップしてしまうはず。 ヘルシーなむね肉という点もあり、骨なしケンタッキーは、女性に多く買われているはずです。 ただし、同じむね肉であるキールの指定も、お店や時間帯によっては可能です。 指定が少ないのは、キールという商品名を覚えていない人が多いからだと考えられます。 また、職場で女性が骨つきのオリジナルチキンを食べると、ややがめつい感じもしますし、 手も汚れ骨も残ってしまいます。 そのことも、骨なしケンタッキーへ、女性を向かわせているはずです。 お年寄りが買っている お年寄りは、 差し歯、部分入れ歯などに頼っていることも多く、やわらかい骨なしケンタッキーのほうが、安心して食べられます。 公園で食べたい人が買っている 公園のベンチで、あるいは歩きながら食べたいという場合にも、骨なしケンタッキーは合っています。

次の

【部位別】味わいの違いを解説!ケンタッキーフライドチキンで人気なのは?

ケンタッキー 肉 部位

まずは 好きな部位ランキングから。 【好きな部位ランキング】• ドラム(脚)49. キール(胸肉)17. ウイング(手羽)13. サイ(腰)13. リブ(あばら)6. 4% 出典: ドラム 脚 が圧倒的人気。 サイ 腰 は意外にも4位でした。 とはいえ、第2位~第4位は接戦ですね。 嫌いな部位ランキングも見てみましょう。 【嫌いな部位ランキング】• リブ(あばら)55. キール(胸肉)13. ドラム(脚)12. ウイング(手羽)10. サイ(腰)9. 7% おぉ、 リブ あばら の不人気さ…。 1ピース2ピース注文してリブが出てきたら「はずれ」という感覚なのでしょうか。 2位以下は接戦で、サイは第5位。 「 サイを 嫌いな人が少ない」のは間違いないようです。

次の