図書 カード。 紀伊國屋書店 WEBストアで図書カードNEXTがご利用いただけます!

図書カード・図書券の購入(通信販売)ならチケットレンジャー

図書 カード

書籍や雑誌などの図書購入の代金決済に用いられるプリペイド式カード。 あらかじめ書店で購入して使用するが、おもに贈答用や祝儀用などとして用いられる。 額面は500円、1000円、2000円、3000円、5000円、1万円の6種類があり、書店の専用端末で利用額を減額処理し、額面金額いっぱいまで繰り返し利用できる。 日本図書普及株式会社(東京都新宿区)が発行。 全国の取扱い書店で常時販売されている一般カードと、独自に注文製作できるオリジナルカードの2種類がある。 2016年(平成28)12月時点で、磁気データを塗布したPET ペット (ポリエチレンテレフタレート)素材の「全国共通図書カード」(発行期間1990~2016年5月末)と、QRコードが印刷された紙製の「図書カードNEXT ネクスト 」(2016年6月から新規発行)の2種類が使われている。 全国共通図書カードは、「本の商品券」として普及していた全国共通図書券(1960~2005年に発行、紙製)の精算業務を電子化すると同時に、カード化で利便性を向上させて新市場を開拓する目的で1990年(平成2)に発行された。 使用するとパンチ穴が開く。 利用の有効期限はない。 読取り機の設置台数は全国約1万2000台(2016年3月末時点)。 カードには金額の磁気情報が入っているため、偽造や不正利用のおそれがあるほか、読取り専用機を製造するメーカーが減少し、カード利用の永続性に問題があった。 このため日本図書普及はカードの安全性を高め、永続的に利用できるように、カード残高をサーバーで一括管理する図書カードNEXTの発行に切り替えた。 書店の専用端末で図書カードNEXTのQRコードを読み取って決済する。 使用する際にはパソコンやスマートフォンからQRコードにアクセスし、カードに印刷されたID番号、PIN番号を入力すると、残額のほか使用日時、金額、書店名などの利用履歴を確認できる。 QRコードには複製できないよう特殊加工が施されている。 使用してもパンチ穴は開かない。 有効期限は10年。 専用端末の設置台数は1万2000台(2016年6月時点)。 日本図書普及は初年度4000万枚の発行を計画している。 [矢野 武].

次の

図書カード(トショカード)とは

図書 カード

家庭学習支援事業(図書カードの配付)について このページは、家庭学習支援事業として実施する図書カードの配付について、大阪府内の私立学校・園に通う園児、児童、生徒の皆さんとその保護者の方々に、事業の詳細をお知らせするページです。 大阪府では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、令和2年3月2日以降、府内の公立学校のほか、私立学校(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、高等専修学校、外国人学校)に、臨時休業の措置をとるよう協力をお願いしています。 このたび、学校の臨時休業が長引く中、自宅で待機していただいている園児、児童、生徒の皆さんに、自宅での学習を支援するため、一人2,000円相当の図書カード(QRコード式)をお配りすることになりました。 このページでは、図書カード(QRコード式)について、注意いただきたいことなどを説明しています。 また、図書カード(QRコード式)を配付する事業の実施にあたり、大阪府教育長からのメッセージを掲載しています。 あわせてご覧ください。 配付される図書カード(QRコード式)について 配付する図書カード(QRコード式)は、 一人ひとり異なるQRコードやIDが記載された、A4サイズの紙1枚【表面:金額(2,000円)、QRコード、IDなどを掲載/裏面:書店やオンライン書店での使い方を掲載】。 誤って廃棄しないよう、ご注意ください(再発行はできません) 2,000円分の全額を使い終わるまで、大切に保管してください QRコードやID番号、PIN(ピン)番号は、SNSなどに掲載しないでください。 他の人に使用されてしまう可能性があります。 (誤って他の人に使用されてしまった場合でも、再発行や補填はできません) 図書カード(QRコード式)の使いかたについて オンライン書店で使うことができます。 図書カード(QRコード式)に記載の「ID番号」「PIN(ピン)番号」を入力して使います。 家にインターネットに接続できるパソコンやスマートフォンがあれば、書店に行かなくても買うことができます。 取扱い書店で使うこともできます。 教材や本などを書店で購入するときに、レジカウンターにこの図書カード(QRコード式)を出してください。 (書店でQRコードを読み取ります) お手元に届いた図書カード(QRコード式)の裏面に、利用方法が掲載されています。 残額確認方法についても、裏面に記載されています。 有効期限(約10年間)までにお使いください。 使い方、QRコードの読み取りエラーなど、不具合があった場合の問い合わせ、図書カード(QRコード式)に掲載されているホームページや、専用ダイヤルをご利用ください。 図書カード発行事業者(日本図書普及株式会社)による、大阪府から配布される図書カードについての特設ページは。 大阪府では、使い方などについての個別のお問合せには対応できません。 ご了承ください。 図書カード(QRコード式)を配付する対象について 大阪府が図書カードをお配りする対象は、次の学校・園のうち、国の緊急事態が発令された令和2年4月7日までに、臨時休業に協力いただいている学校・園に在籍する園児、児童、生徒の皆さんです。 ・小学校 ・中学校 ・高等学校 ・中等教育学校 ・高等専修学校 ・各種学校のうち、外国人学校 図書カード(QRコード式)の配付方法と時期について 図書カード(QRコード式)は、園児、児童、生徒の皆さんが在籍する学校・園を通じて、皆さんのお手元に届きます。 (4月下旬以降、図書カード発行事業者から、順次、各学校・園へ発送します。 学校・園に届いたのち、各学校・園から、在籍する園児、児童、生徒の皆さんのもとに届けていただくよう、大阪府から各学校にご協力をお願いしています。 ) 学校からの配付方法や時期は、学校ごとに異なります。 教材や事務連絡などの郵送と合わせて届く場合もありますので、ご注意ください。 また、各学校では、現在、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、教職員の方々の在宅勤務を進めるなど、通常と異なる業務体制で対応しておられる場合があります。 お手元に届くまでお待ちください。 【大阪府教育長からのメッセージ】 大阪府内小中高等学校等の児童・生徒等、保護者及び学校関係者の皆さんへ 新型コロナウイルス対策にご協力をいただき、感謝申し上げます。 感染拡大を防ぐため、3月2日(月曜日)から大阪府内の学校等に臨時休業のお願いをしました。 その後、春休みに入り、4月から新学年スタートのはずが、爆発的感染拡大を食い止めるための 「緊急事態宣言」が発出されました。 こうしたことにより、2か月近く大阪府内の学校等を再開できずにいることを改めてお詫び申し上げますとともに、ご理解いただき、我慢を重ねていただいている皆さんに心から感謝申し上げます。 大阪府としては、その感謝の気持ちとあわせ、子どもたちが家で過ごす時間を少しでも有意義に使っていただけるよう、図書カードをお贈りすることとしました。 家庭学習のための教材や普段は挑戦できない長編の本を購入するなどそれぞれでご活用いただければ幸いです。 先日、月が地球に最接近し満月が大きく綺麗に見える日がありました。 「スーパームーン」です。 それにちなんで、万有引力を発見したアイザック・ニュートンの話を紹介します。 1665年、今から350年余り前のことです。 当時ニュートンが通っていたケンブリッジ大学のあるロンドンで、ペストという伝染病が大流行 しました。 その感染拡大を防ぐため、大学は2年間休校となり、ニュートンは実家に戻ってその期間を過ごしました。 庭で木から落ちるリンゴを見て引力の存在に辿り着いたのはこの時だったそうです。 後にニュートンは、この2年間のことを「創造的休暇」と呼んだそうです。 皆さんにとって辛い日が続いています。 私たちは、少しでも力になりたいと考えています。 子どもたちの家庭学習については、家で時間割を作って学校からの課題等に取り組むなどの工夫をして下さい。 府教育センターのホームページにも学習教材や動画を掲載しています。 また、悩みや心配事があれば、下記の相談窓口を設けているので利用して下さい。 LINE(ライン)でも相談を受け付けています。 そして、教員をはじめ学校関係者の皆さんには、この図書カードを配付する機会も活用して、電話や家庭訪問など様々な方法で、子どもたちの様子を見守り、声をかけていただくなど、一人ひとりの心のケアに意を用いていただければ幸いです。 一日も早く学校に子どもたちの笑顔が戻る日が来るよう、皆で一丸となって頑張りましょう。 令和2年4月17日 大阪府教育長 酒井 隆行 その他(臨時休業中の学習支援や相談窓口のご案内) 大阪府教育センター「臨時休業中の学習支援のページ」 大阪府教育センター「すこやか教育相談」 <子どもからの相談(すこやかホットライン)> Tel:06-6607-7361 メール相談: <子どもからの相談(LINE(ライン)相談:すこやか相談@大阪府)> 新入生など、各学校へ配付しているカードをお持ちでない方、学校臨時休業に伴うLINE(ライン)による子どもの相談窓口が設置されています(5月7日まで)。 下記URLをクリックして、「学校臨時休業に伴うLINE(ライン) による子どもの相談窓口について【LINE(ライン)相談】 」の欄をご覧ください。 各学校へ配付しているカードをお持ちの児童、生徒の皆さんはこちらのLINE(ライン)相談も使えます。

次の

図書カード・図書券の購入(通信販売)ならチケットレンジャー

図書 カード

概要 [ ] 日本において、金券の中では最も知名度、普及度が高いものの1つ [ ]である。 少額のお礼をする時や、子どもへのなどに非常によく使われている [ ]。 例えば、祝いなどの際に贈答に利用される。 また、等のや各種の賞品として用いられることも多い。 副賞として賞金を贈呈するコンクールで、未成年者や高校生以下の場合などに現金ではなく同額の図書券でプレゼントすることもあった。 一時期はの謝礼として図書券を提供する献血ルームもあったが、「換金性の高い物を提供するのはいわゆる行為に相当し好ましくない」として、現在は提供されていない。 2005年に図書券は販売終了し、図書カードに全面移行した。 また、2016年に磁気式の図書カードは発行終了し、図書カードNEXTに移行したため、本稿では、図書券と図書カードと図書カードNEXTに分けて説明する。 図書カードNEXT [ ] 2016年6月より発行が開始された。 従来の式の図書カードと異なり、素材が紙になり、パンチ穴がなくなった。 カード裏面に印字されたを書店設置の専用端末で読み取り、残高をデータセンターのサーバーで管理する方式を採用している。 また、利用者はやにカード裏面の番号を記入することで残高や利用履歴を確認することができる。 これまでの図書券や図書カードと異なり、10年間の有効期限が設けられており(図書券や図書カードは有効期限なし)、有効期限はカード裏面に印刷されている。 額面(NEXT) [ ]• 500円• 1,000円• 2,000円• 3,000円• 5,000円• 10,000円 全国共通図書カード [ ] ここではを購入するためのの「図書カード」について書かれています。 「の利用者カード」や、本の後ろの別名「貸出カード」、「カード型の」とは違います。 1990年12月より発行が開始された。 になっての処理が不要なため、従来の図書券に代わって主流となった。 この名称は日本図書普及株式会社のである。 通称「 図書カード」。 2016年5月に発行終了し、上記の図書カードNEXTの発行が始まった。 多くの書店で利用可能だが、個人経営の書店などでは利用できない店もある。 また、やでも利用できない。 額面(図書カード) [ ]• 500円• 1,000円• 2,000円• 3,000円• 5,000円• 10,000円 注文製作向けでない500円券は、山陰地区・東北地区・中国地区・四国地区は図書券販売終了時から、その他の地域では2005年夏頃より発売している。 また、オリジナルの図書カードを製作するさい、上記の額面以外にも200円~9999円の間で自由に設定が可能(額面指定図書カード)で、実際に『』のアンケート謝礼用560円券といったものが存在している。 図書カードポスター [ ]• 2004年・春 『人類の、入学祝いに。 2004年・夏 『新しい、本の贈りもの、図書カード、』• 2004年・冬 『この冬は、愛と、勇気と、図書カード。 』 遠藤史• 2005年・春 『冬この春も、誰かが誰かに 図書カード。 』 遠藤史• 2005年・夏 『さらりと贈ろう、夏だから。 』 遠藤史• 2005年・冬 『かる~く贈れるギフトだよ。 2006年・春 『おめでとうが、満開です。 』 ベッキー• 2006年・夏 『親しき仲に、ちょこちょこ贈ろう。 』 ベッキー• 2007年・秋 『読みたい本くらい、ちゃんとある』• 2007年・冬 『気づいたら、本が好きだった。 だから読んでいる。 』 成海璃子• 2008年・春 『春が来た。 図書カードをもらった。 もう使っちゃった。 』 成海璃子• 2008年・夏 『去年の夏は、好きな本も嫌いな本もなかった。 』 成海璃子• 2008年・秋 『本と仲良くなるギフト。 』 成海璃子• 2008年・冬 『新しい本をひらくのは、プレゼントをあける気持ちに似ている。 』 成海璃子• 2009年・春 『贈ってくれて、ありがとう。 さっそくの一冊です。 』 成海璃子• 2009年・夏 『読書は、私をちょっと大人にしてくれる。 』 成海璃子 図書券 [ ] 図書・の販売促進を目的として、1960年に発行が開始された。 1990年からは磁気カード()方式の「 図書カード」が発行開始され、その後、図書カードの読取端末が書店レジに普及したため、2005年10月1日をもって書店での図書券の販売は終了した。 有効期限は定められておらず、また、2017年1月時点では「」などのような利用停止や払い戻しの措置をしていないため、手持ちの図書券は、初期のものを含めて引き続き使用できる。 (参照) 初期(1976年11月まで)のものは20円券の50枚綴りなどのような、かつてのバスの回数券に似た少額券の複数綴りであったが、1976年12月以降は100円券と500円券の1枚券となり、販売終了時点では、500円券のみが発行されていた。 加盟店であればどこでも使え、日本のほとんどのが加盟店となっていた。 歴史 [ ]• 12月:発行開始。 12月:図書カードの発行開始。 :100円券の発行が終了。 11月:地区(・)での図書券販売終了• 9月:地区、地区、地区での図書券販売終了• 10月:図書券の販売終了。 図書カードに完全移行。 5月:図書カードの発行終了。 6月:図書カードNEXTの発行開始。 問題点など [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2018年3月) 図書カードNEXT 問題点 [ ]• これまでの図書券や磁気式図書カードと異なり、10年間の有効期限が設けられている。 パンチ穴が開かないため、見ただけでは未使用なのか使用済みか見分けがつかない。 図書カード 問題点 [ ]• 磁気カードだが、やと同様に裏面に残額が表示されないため残額が分かりにくい。 読取不良時などの再発行には日本図書普及への送付が必要。 カード端末の設置には有償の年間保守契約が必要なために設置していない書店もあり、図書券に比べて利用できる書店が少ない。 図書券 問題点 [ ]• そのため、図書券の「販売額」が「利用額」より多ければ書店の利益となり、少なければ損失となる。 なお、店舗で使用された図書券の換金も、取次を通じて行うので、実際には現金として得られず、取次への書籍の仕入代金として相殺される。 図書券で金額未満の書籍や雑誌を購入する場合、お釣りをどのようなかたちで提供するかは各店の判断に任されている。 ただし、何らかのかたちで図書券の額面と購入書籍の差額を清算することは義務付けられている。 100円券を単位として100円未満は現金とする場合もあれば、そのお店でのみ利用可能な図書引換券、というかたちでお釣りを渡しているところもある。 また、額面以上での利用を呼びかけ、いかなるかたちでもお釣りを出さない店舗もある。 中には、図書券で額面未満の買い物をした場合は「お釣りを出さない制度になっている」と回答する店舗もある(釣り銭分をごまかそうと言う悪意に基づくものと、書店での図書券の使用は書籍類の購入に限定され単純な換金(払い戻し)はできないという規定を誤解(釣り銭を出せば結果的に図書券の一部を換金したことになるという解釈)しているものがある)が、特に前者は詐欺罪に該当する可能性が高い。 発行元の日本図書普及株式会社が発行する全図書普及新聞1992年6月24日号では、現金でお釣りを返して欲しい旨呼びかけている。 なお、同年7月22日号と8月28日号では釣り銭の返却状況などについて分析している。 エピソード [ ]• の「」で問題を出題し、正解者が少数の場合や遠方から来た観客に対し、司会のが番組オリジナル図書カードをプレゼントした。 番組開始当初はをプレゼントしていた。 脚注 [ ]• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の