大事 man ブラザーズ バンド それ が 大事 歌詞。 それが大事 歌詞 大事MANブラザーズバンド ※ www.m6mobile.fr

音楽 試聴は、ユーチューブから: 大事MANブラザーズバンド それが大事 歌詞

大事 man ブラザーズ バンド それ が 大事 歌詞

デビュー25周年を迎えた元大事MANブラザーズバンドの立川俊之(49)が、バンドの最大のヒット曲「それが大事」のアンサーソングを盛り込んだミニアルバム「喜楽人生(きらくじんせい)」を13日にリリースする。 自身の代表曲と正反対の歌詞に込めた思いを聞いた。 91年にリリースした大事MANブラザーズバンドの「それが大事」で大ブレーク。 「負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じ抜くこと。 ダメになりそうなとき、それが一番大事」と歌い、応援ソングとして一世を風靡(ふうび)し、約160万枚を売り上げた。 だが、15年1月に出演したテレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演し、「それが大事」を歌い続けた結果、「何が大事かわからなくなった」「結局どれも大事じゃなかった」と告白して話題を呼んだ。 それを受け、同局「musicるTV」内の企画として「それが大事」のアンサーソング「神様は手を抜かない」を作成。 4月13日に発売されるミニアルバム「喜楽人生」に収録されることになった。 「負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じ抜くこと。 ダメになりそうなとき、それが一番大事」と歌い上げた「それが大事」に対し、アンサーソングでは「負けてもいい投げ出してもいい 信じ抜けないこともあるだろう 泣いてもいい逃げ出してもいい どうせ神様は手を抜かない」とまるっきり正反対の歌詞になっている。 一見自身の代表曲を全面的に否定しているかのようにも思えてしまうが、実は「逆説的に言っているんだけど、帰結する部分は一緒」だと説明する。 「『それが大事』みたいな生き方がありきなんですけど、でも頑張って一生懸命やってきて思うように運ばないこともあると思うんですね。 そういう時は負けてもいいし投げ出してもいいし、逃げ出してもいいじゃん、信じ抜けない事もあるでしょうよ、と。 どうせ神様は手を抜かないから、やらされるときはやらされるし、休憩させられる時は休憩させられるし、そういう天命にゆだねてみるのもいいんじゃないですか」 「しくじり先生」放送時には「歌で伝えたいことがない」「だからもう歌を作らない。 カバーソングを歌う」と話していたが、不思議なことにオンエア後にアイデアが浮かぶようになったという。 「25周年はカバーってわけにはいかないから。 前言撤回ですよね。 これからは作り続けていきたい」と意気込んだ。 「喜楽人生」には「それが大事」の2016年バージョンも含めた8曲を収録。 発売を記念し、このほど東京・芝浦の扶桑社を訪れ「それが大事」「神様は手を抜かない」の2曲を披露。 毒舌を交えユーモアあふれるトークも展開した。

次の

それが大事 大事MANブラザーズバンド 歌詞情報

大事 man ブラザーズ バンド それ が 大事 歌詞

デビュー25周年を迎えた元大事MANブラザーズバンドの立川俊之(49)が、バンドの最大のヒット曲「それが大事」のアンサーソングを盛り込んだミニアルバム「喜楽人生(きらくじんせい)」を13日にリリースする。 自身の代表曲と正反対の歌詞に込めた思いを聞いた。 91年にリリースした大事MANブラザーズバンドの「それが大事」で大ブレーク。 「負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じ抜くこと。 ダメになりそうなとき、それが一番大事」と歌い、応援ソングとして一世を風靡(ふうび)し、約160万枚を売り上げた。 だが、15年1月に出演したテレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演し、「それが大事」を歌い続けた結果、「何が大事かわからなくなった」「結局どれも大事じゃなかった」と告白して話題を呼んだ。 それを受け、同局「musicるTV」内の企画として「それが大事」のアンサーソング「神様は手を抜かない」を作成。 4月13日に発売されるミニアルバム「喜楽人生」に収録されることになった。 「負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じ抜くこと。 ダメになりそうなとき、それが一番大事」と歌い上げた「それが大事」に対し、アンサーソングでは「負けてもいい投げ出してもいい 信じ抜けないこともあるだろう 泣いてもいい逃げ出してもいい どうせ神様は手を抜かない」とまるっきり正反対の歌詞になっている。 一見自身の代表曲を全面的に否定しているかのようにも思えてしまうが、実は「逆説的に言っているんだけど、帰結する部分は一緒」だと説明する。 「『それが大事』みたいな生き方がありきなんですけど、でも頑張って一生懸命やってきて思うように運ばないこともあると思うんですね。 そういう時は負けてもいいし投げ出してもいいし、逃げ出してもいいじゃん、信じ抜けない事もあるでしょうよ、と。 どうせ神様は手を抜かないから、やらされるときはやらされるし、休憩させられる時は休憩させられるし、そういう天命にゆだねてみるのもいいんじゃないですか」 「しくじり先生」放送時には「歌で伝えたいことがない」「だからもう歌を作らない。 カバーソングを歌う」と話していたが、不思議なことにオンエア後にアイデアが浮かぶようになったという。 「25周年はカバーってわけにはいかないから。 前言撤回ですよね。 これからは作り続けていきたい」と意気込んだ。 「喜楽人生」には「それが大事」の2016年バージョンも含めた8曲を収録。 発売を記念し、このほど東京・芝浦の扶桑社を訪れ「それが大事」「神様は手を抜かない」の2曲を披露。 毒舌を交えユーモアあふれるトークも展開した。

次の

それが大事 大事MANブラザーズバンド 歌詞情報

大事 man ブラザーズ バンド それ が 大事 歌詞

田中利知です。 え〜、まだ実家にいます 笑 が、明日には東京に戻ります。 来週からは仕事でバタバタするので、つかの間の休日をいただきました。 しかし、ゆっくり映画もドラマも見られていません。 なので、今日も音楽のコラムをさくっと書こうと思います。 歌っていたのは「大事MANブラザーズバンド」。 タイトルの通り、大事なことを列挙する歌詞はメッセージ性が強く、バブル崩壊からの不景気で元気のなかった日本に広く浸透しました。 Wikipediaによると、バイドとしては3枚目のシングルになるのですが、これが売れなかったら危ないと事務所に若干脅されて売り出された一曲のようです。 しかし事務所の不安をよそに、フジテレビの『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』のテーマソングとして使われたことがきっかけとなり、180万枚を売る大ヒットとなりました。 まさに火事場の馬鹿力とはこういうことを言うのでしょう。 ただ、J-POPのヒット曲に共通する"カノンコード"をしたこの曲は売れすぎてしまったのです。 売れるのは確かにいいことなのですが、一回大きく売れてしまうと次がつらくなってきます。 『しくじり先生』などのテレビ番組でボーカルの立川さんが自虐している通り、この後のヒット曲にめぐまれず、大事MANブラザーズバンドは"一発屋"となってしまいました 自分で言ってるからしょうがない。 自虐ネタでテレビに出れるだけいいと思われる人もいるかもしれませんが、いろんな意味で大事なことを考えさせてくれる一曲だと私は思っています。 負けない事・投げ出さない事・逃げ出さない事・信じ抜く事 駄目になりそうな時 それが一番大事 負けない事・投げ出さない事・逃げ出さない事・信じ抜く事 涙見せてもいいよ それを忘れなければ Oh スタートからサビ全開で、大事なことを列挙していきます。 "負けない"・"投げ出さない"・"逃げない"・"信じ抜く" プレッシャーなどで押しつぶされそうなときに、 一番とあるので本来なら一つだけのはずですが こういった根性論でガッツを見せろと励ましてくれます。 大事なことを忘れずに、自分の成長に繋げれられば泣いたっていいようです。 時代錯誤なのかもしれませんが、男臭くて良い歌詞です。 高価な墓石を建てるより 安くても生きてる方がすばらしい ここにいるだけで 傷ついてる人はいるけど さんざん我侭言った後 あなたへの想いは 変わらないけど 見えてるやさしさに 時折負けそうになる ここにあなたがいないのが 淋しいのじゃなくて ここにあなたがいないと思う事が淋しい でも 死ななきゃあとは何やったって構わない。 そんな偉そうなことを言わんばかりに命について語ります。 しかし、そんなビックマウスを叩いていることで傷つけている人がいることも知っているようです。 わがまま放題にやったとしても、大切に思っている人への思いは変わりません。 ビックマウスを叩く自分を見守るその人の笑顔が沁みて、泣いてしまいそうです。 そこにたとえいなかったとしても、その人のことを感じていられれば強くなれる。 逆に、たとえそこにいたとしても、その人が自分のことを思って見てくれなくなることを考える方がツラい。 情熱的だからこそ、語り手は弱い面も持っている人間のようです。 高価なニットをあげるより 下手でも手で編んだ方が美しい ここに無いものを 信じれるかどうかにある 今は遠くに離れてる それでも生きていれば いつかは逢える でも傷つかぬように 嘘は繰り返される ここにあなたがいないのが せつないのじゃなくて ここにあなたがいないと思う事がせつない どうやら思っている人は語り手の近くにはいないようです。 金で買えるものよりも、相手を思いながら時間をかけて作ったものの方が価値がある。 そんな気持ちを込めて、手編みをニットを編みました。 ニットを通して、相手が自分の気持ちを受け止めてくれると信じる気持ちもまた尊いもの。 でも、語り手は嘘をついてしまっているようです。 もしかしたら、「金が入ったから高級品をプレゼントする」なんて言って手編みのニットを渡しているのか。 はたまた、違う相手と関係をもってしまっていながら、気持ちだけはその人にあると理性をはたらかせているのか。 それとも、本当は会いたい気持ちでいっぱいなのに「こっちは平気だよ」という健気な嘘をついているのか。 曖昧さが、想像を掻き立てます。 特に、"一番大事"と言いながら、大事なことを4つも挙げている点は指摘せざるを得ません。 しかし、プライベートでも、仕事でも、大事なことが一つしかないなんて人はいるのでしょうか。 この曲のなかでは根性論、心意気のようなものを列挙していましたが、 たとえば「お金」が大事という人もいるでしょう。 でも、その人が「時間」が大事でないとは言い切れないし、「家族・恋人」や「自分」、「愛犬」や「車」なんてのも大事にしているかもしれません。 人間はたくさん大事なものを抱えて生きているのです。 だからこそ、"一番大事"と言いながら4つも大事なことを挙げてしまった立川さんは実に人間的かつ本質的だという解釈もできるのかもしれません。 もちろん、家族も、お金も、時間も大事であることは言わずもがなですが。 親があまり押し付けがましい性格でなかったことが功を奏して、進学も就職も転職も起業も全て自分の判断で行ってきた人間です。 親には基本的に事後報告でした。 でも、ここまでなんとかやってこれたのは、周りの人に温かく見守ってもらいながらも、自分の決定に責任を持ち、気持ちに素直に生きてこられたからだと思っています。 "負けない"・"投げ出さない"・"逃げない"・"信じ抜く" 歌詞にある大事なことに当てはめることもできますよね。 自分の気持ちに"負けない" 自分の気持ちを"投げ出さない" 自分の気持ちから"逃げない" 自分の気持ちを"信じ抜く" この曲も私が小さい時にヒットした曲なので、いまだにその頃の価値観とマッチしてしまうのが時代錯誤で若干恥ずかしかたりはします。 しかし、情報が増え、価値観が多様化しすぎてしまった現代は、何を大事にすべきかの判断も難しい時代と言えるでしょう。 だからこそ、一つである必要は全くありませんが、自分の大事なものを見つめ直すのが"大事"な時代なのかもしれません。 この曲のように勢いよく、読者のみなさんも大事なことを考えてみてはいかがでしょうか。

次の