新聞配達 アルバイト。 新聞配達アルバイトのメリットとデメリット

新聞配達のバイトの方の体験を教えてください。

新聞配達 アルバイト

実家が貧乏で、親にお小遣いが欲しいと言い出せずに始めました。 毎日5時起きで、休みは月に一度の新聞休刊日のみ。 正直な所、朝刊配達、授業、部活 ハードな体育会系だった 、日々の勉強 国立大を目指していたので の両立?四立?は、本当ーに辛かったです 笑 でも、月給15000~20000円の内、10000円を家計に入れ、残りを誰にも気兼ねなく自由に使える喜びと誇らしさから、続きました。 CDや本を買った残りは貯金して、高校卒業まではその貯金でやりくりしていました。 一番役に立っているのは、時間の使い方がうまくなったことかな。 学校の定期テストの当日も高校入試当日も勿論配達はあるので、余裕をもった計画を立てること、それを実行するには精神的にタフになることなどを中学生のしかも早い段階で身につけられたからこそ、高校受験、大学受験、仕事をこなせたのかなとおもいます。 風邪気味でだるい日もあれば、雨の日に自転車ごと転んで、自分も新聞もぐちゃぐちゃにしてしまった日もあれば、余った1部を抱えてルート全部もう一度見て回った日もありました。 一方で、バイト開始当初、中1しかも女子だったからでしょうね。 同じ販売店だけでなく、他の新聞販売店や牛乳配達の中高生の先輩達に声をかけてもらったり、缶ジュースをおごってもらったり、大雪の日は手伝ってもらったり、涙が出そうな程嬉しい体験も沢山いただきました。 他人に対して、偽善でなく親切にできる人が存在すること、自分もそれを目指すべきこと、常に感謝の気持ちをもつべきことなども学べました。 新聞配達を経験していなければ今の自分は無いと思うので、嬉しい体験も辛い体験も良い経験でした。 高校生の頃朝刊配達を2年やっていた。 だいたい2時頃起床し、3時頃から配達開始。 僕が働いていたところは広告の折込等は先にやってあり、配達区分ごとに山にして置いてあるので、原付に積んで出発するだけ。 早起きと配達ルートさえ覚えてしまえば、基本一人なので精神的にはかなりラクだった。 慣れてきたら、怖い犬がいる家は空が明るくなってきてから投函する等、順番を変えても問題なし。 要は時間までに投函されていればいいのだから。 大変なことといえば、雨と冬の寒さは外せない。 手足の指や耳など感覚がなくなったり、路面の凍結でスリップし、新聞ごとさらけたり、雨上がりの沼にハマりで身動き取れなくなる等・・・数知れず。 ただ、やはりいい思い出として残っているのはそれなりに楽しかったからであろう。 配達中に1000円拾ったり、余った新聞をくれたり、年始には所長からお年玉もらったりと、とにかく仲間に恵まれた。 (場所にもよるが。 )仕事は多少ツラくとも、一緒に働く仲間が「いいヤツ」だと続けられるものだと今でも思っている。 トータルするといいことのほうが多かったかな。 あるベテランの配達員が言っていた、『おれたちは朝日をその日一番に拝める仕事だ』というのは今でも忘れられない。 機会があればもう一度やってみたい仕事であることは間違いない。 まず所持金がなくなって本当に0円w近くの図書館の新聞の求人を見て フリーダイヤルの新聞求人に電話した。 とりあえず免許あったので駅まで来てくれるみたいだ。 (チラシ、電話番が何気に時間の無駄だ金にならなし給与にコミコミだしw) この店は12:00出勤である(業界では常識でないほうがめずらしいみたい) 所長や店長に渇を入れられ拡張に向かう 2:30に店に戻り夕刊4:30頃終わる 自分の地区の折込入れたりして17:00とか18:00にはまた 所長や店長に渇入れられ拡張を20:00とか21:00までやる。 そりゃー拡張できれば稼げるけど継続の読者3が月(300円)、6ヶ月(600円)とかそんなの 1枚、2枚できればいい日だw(月に15枚~20枚限界w回るところなくなる稼げないそして月の目標の部数達成できてないとみんなの前で怒鳴られえるw) 新規3ヶ月4000円?、オコシ3ヶ月4000円?、先オコシ3ヶ月2000円?、とか月に一件あればいい方だ! がんばって営業手当て11000円ww三ヶ月10枚3000円6ヶ月10枚6000円先オコシ1件2000円 昼、夜の拡張は喫茶店で暇つぶし 真冬だったので死ぬと思ったよ 寮が配達店の上なのでサボれないし 一番最悪なのは集金で自腹だ!集金できないところを自腹切らされる 店の決められた日に完納である たとえば300件中集金できない家が10件あれば一件3500円としよう10件35000円を自腹切る お金なければ給与から前借で払うw 回収できればいいけど必ず3、4件確実にできない 生活保護の人だったりほとんど居ない人だったり本当に金なかったり・・・ でも部数命だから減らす訳いかないわけですよ。 宴会費や保険とかw かるーく10万切ります 前借してる人なんか給与袋の中明細だけですからね -150000円とかwまだ同じぐらいしか働いてないのにw 朝から夜まで専業で働いて集金が運良くできて13万ですよ また成績上げるためにてんぷら(架空)、自分持ちとかで 5件10件作ってたらもう手取り5万ですねw 食うだけに働いてるようなもんです 行く場所もないそんな集まりの販売店の話でした。 昔が懐かしくなりこのサイトにふと立ち寄ったため、私も昔の新聞配達時代の話を書こうと思う。 大学卒業後、司法試験の勉強をしていた。 当然、生きるためには働かないといけない訳で、生きながらえながら一日8時間前後の勉強量が確保できる唯一の道だった新聞配達を選んだ。 朝刊と夕刊で月15万くらい稼いだ。 3時から朝刊を配り、6時に終え、8時の専門学校の開門に間に合うように準備をして学校に行った。 そこの自習室で勉強をし14時30分に一度帰宅、15時から夕刊を配り18時前に終えた。 また専門学校に戻り、20時くらいまで少し勉強して21時頃帰宅。 22時に寝る。 で、3時前に起床。 を繰り返した。 日曜だけは朝刊配ったあと、ずっと寝た。 月1回の休刊日には必ずクソ安いソープに行った。 そこのソープ嬢に「付き合わないか?」と言われて、少し嬉しかったが、自分のあまりの汚い家に招待する可能性を考えて怖くなり断わった。 こんなことを3年繰り返して司法試験に合格した。 今でもたまにふと思う。 あの頃の時代が大好きだ。 女遊びも月1回しかできず、酒も飲めず、クソ早い時間から半分眠りながら新聞を配っていた頃。 寝坊しては店長にドヤされ、不配が続けば疑心暗鬼になり、エロ本を見つけてはこっそり持ち帰り、酔いつぶれたやつを見つけては懐を弄った(時効成立w)。 一番の思い出は早朝、ビルの最上階あたりに迷い込んでいた猫を驚かしたら、猫がビックリしてその最上階から飛び降りたことだろうか。 そこから少し離れた駐車場で死んでいた猫の顔はなかなか忘れられない。 まさに鬼の形相だった。 ごめんね。 一番、感謝したいのは販売所のみんなのこと。 俺なんか、遅刻ばっかりしたし、不配もよくしていた。 なのに、応援してくれた。 今でも本当に感謝している。 こうして40歳を越えた俺だが、そこそこの地位を築けたと思う。 それもこれも新聞配達の3年間があったお陰。 今、やってる君達、これから始めようと思う君達、社会の視線が痛くても、将来に対する恐怖で震えても、やり抜きなさい。 きっと、輝くよ。 良かったと思う時が来るよ。

次の

福井新聞配達アルバイトサイト

新聞配達 アルバイト

はじめに 試験勉強などでついつい徹夜をしてしまうことってありますよね?? 夜中、カーテンを閉め参考書とにらめっこしていると、ふと時間を忘れてしまいます。 そんなとき「ブロロロ…」と近づくスーパーカブのエンジン音、そして「ガチャンッ」というシフトチェンジの音に、「あぁ、もう朝か…」と感じることはありませんか。 今回は、朝を、もしくは夕方を運んでやってくる、そんな新聞配達についての話です。 彼らはどこから来たのか、 彼らは何者か、 彼らはどこへ行くのか… なんて深い話ではありませんが、 その仕事内容や時給から応募のポイントまで細かくお教えしましょう! 【コロナ時期におすすめ】人気バイトランキング 大学生の満足度ランキング• 仕事の種類 1-2. 一日の仕事の流れ(朝刊・夕刊の配達業務) 1-3. 勤務期間 1-4. 給料 7-1. 志望動機 7-2. 身だしなみ 7-3. 原付バイクの免許を持っているとベター 7-4. 自分の都合の悪い時間はちゃんと申告しておく 1. 仕事の内容 1-1. 仕事の種類 新聞配達の仕事は主に次の4つに分けられます。 朝刊についてはチラシの折込み(雨の日はラッピングも)も作業の中に入ります。 新聞がたくさん入ったかばんを肩に下げて走る…という印象もありますが、実際の配達は自転車や原付などで行うことになります。 アルバイトの場合、この配達業務が主な仕事となります。 以降この記事では主に 「朝刊・夕刊の配達」について扱うこととします。 集金の勤務は、日中が主となります。 社員が担当する場合が多いようです。 契約者や契約期間、条件などが記載されたリストと地図を片手に契約期間が切れそうな購読者の住宅を回り、継続契約を取り付ける作業です。 このような営業・集金活動は社員さんの業務であるのでアルバイトの学生がすることはまずありません! …では続いて、学生の皆さんが従事するであろう朝夕の配達業務を実際に行う際の、1日の仕事の流れを紹介します。 1-2. 新聞が雨にぬれてしまわないよう、専用の機械で一部一部にビニールでラッピングを行うためです。 このほかに、集金は毎月25日以降、新規開拓や購読者訪問は逐次行われます。 1-3. 勤務期間 まず、勤務形態は 朝刊のみ・夕刊のみ・朝夕刊配達などさまざまです。 自分の都合にあった勤務形態を選ぶこととなります。 勤務時間帯は、 朝刊が3:00~5:30ごろまでの2~3時間程度、 夕刊が15:00~17:00ごろまでの2時間前後となります。 勤務期間については、 以前は週に7日フルで…という形もあったそうですが、 最近は配達員のメンバーに交代交代で1日休みを与え、 週6日勤務とするところが多いそうです。 調べたところ、朝日新聞や読売新聞のような大手やそれ以外でも、週に3日などシフトの相談も受け付けているようです。 週に1日から可能というところもありました。 志望先の募集が自分の働ける期間に合致するかどうか、事前に調べておくといいでしょう。 1-4. 給料 配達の給料が 固定給制なのか時給制なのかは販売店により異なります。 たとえば、大手では1ヶ月の固定給が~円、という形が多いようです。 朝日新聞を例に挙げると、 週7日フルで働いた場合 【朝刊のみ】月給10万5000円~ 【夕刊のみ】月給3万5000円~ 【朝刊・夕刊】月給14万5000円~ となります。 時給制の場合、早朝の勤務のため、時給は一般の飲食店等で働くより高く、 1500円以上の案件も少なくありません。 新聞配達バイトのメリット 自分の時間を柔軟にとることができる 新聞配達のバイトは拘束時間が短いので、それ以外の時間を比較的自由に過ごすことができます。 朝刊の場合、配達のため早寝は必要になると思いますが、それでも夜までの時間は自分の思うがまま! ほかのバイトのようにシフトに合わせて自分のスケジュールを考える…という作業がなくなるという利点があります。 早寝早起きの習慣が身につく 学生の悩みによく挙げられるのが「生活習慣の乱れ」です。 楽しみがたくさんあるのはもちろんいいことですが、それが原因で体を壊しやすくなってしまう…なんてことも。 そうなっては元も子もありません。 しかし新聞配達のバイトを始めるとそもそも「生活習慣の乱れ」などというものは起こすことも難しくなってしまいます。 新聞配達のバイトは「時間厳守」が基本。 1回でもすっぽかそうものなら即解雇になっても文句はいえません。 そのため、生活は 早寝早起きが基本となり、しかも新聞配達によって適度な運動まで確保されます。 これで生活習慣がどうして乱れましょうか! 就活に有利に働く 早朝のバイトでありますが、自分の担当地区を1人で回ったりするため上にも記載したように遅刻・欠勤は許されません。 そのため新聞配達のアルバイト経験者は勤勉であり、規則正しい生活を送るイメージを持たれ、就職にも有利に働くといわれています。 運動不足の解消 新聞配達のバイトは自転車か原付で行われます。 効率よく配達するためには、歩く距離も増えるでしょう。 エリアの地形などによっては1軒1軒乗り降りするのではなく、適当なところに止めて、走って配らなければならないエリアもあります。 慣れるまでは足がパンパンになることも…。 毎日筋肉痛と戦う羽目になるかもしれません。 しかし慣れてしまえば、早起き後の運動のようにも感じられるでしょう。 目覚ましの運動でお金が稼げるのですから、これほど楽なことはありません。 一人での作業なのでマイペース 他のアルバイターや社員とは販売店で少し顔を合わせる程度で配達中は誰とも会話することはありません。 誰からも何かを言われることはないのでマイペースに作業することができます。 マンション・アパート街を担当することになったらいっぺんに配れるので楽そうです。 自分の住む町に詳しくなれる 新聞配達の仕事は、毎日同じ担当地区を回っていく作業です。 そのため、 「この家のおじいさんは早起きで、朝早くから家の前で体操をしてる」だとか、 「ここの桜は毎年これくらいの時期に咲き始めて、見頃はこれくらいの日かな~」 なんて、自分の住む町、またはその近辺に詳しくなることができます。 居酒屋やファミレスなど、限定された店舗の中しか動きまわらず、そこと家を行ったり来たり…。 という少し虚しいバイト生活より彩りのある暮らしを送ることが出来るでしょう。 未経験でも大丈夫! 基本的に誰でもできる仕事なので、あまり経験は問われません。 良いイメージをお客さんにアピールしたいお店の場合だと、業界にどっぷりとつかった経験者よりも未経験者を好む傾向にあります。 バイトの場合はあまり経験のあるなしは問われない場合が多いので、経験があっても無くても気にせずに、まずは応募してみるといいと思います! 順路を覚えるのは大変、と思うかもしれませんが最初は先輩配達員と一緒に回りますし意外と道を覚えるのはすぐで慣れてからはスピードや効率も上がります。 生活習慣よくなる? 3. 新聞奨学生について 新聞奨学生制度とは? 新聞奨学生制度というのは、奨学生用の寮に住まわせ、新聞の販売所で朝刊・夕刊の配達などの仕事をしながら、返済不要の奨学金によって大学・短大などへの通学をサポートするシステムです。 朝日新聞や 読売新聞など大手新聞社がこの制度を取り入れています。 奨学生を採用するASA(販売所)が近くにあり、かつ、ASAでの業務に支障のないカリキュラムを組むことができる学校・学部が対象となります。 例えば、授業の関係で夕刊業務ができない場合や、実習などのため、長期間仕事を休まなければいけない場合などは制度を利用できません。 (朝日奨学会HPより) 返済不要の奨学金 新聞奨学生の奨学金は全額返済不要です! 加えて、朝日新聞の奨学生制度は教材費も支給されます。 進学の際、学費というのはいつも頭を悩ませるもの…。 新聞奨学生制度ではそれを全額新聞社の奨学会が出してくれるというのですから、サークルなどの活動はできなくなりますが、学費にまつわるさまざまな悩みから解放されることでしょう。 給料もアリ!? 「学費だけは払わなくていいかもしれないけど、自分で使えるお金は無いのかな…」 そんなお悩みを抱えているかもしれません。 しかし、新聞奨学生制度ではちゃんとお給料も出るんです! 後にも述べますが、自分の個室も家賃無料! しかもあるところでは光熱費もナシ。 10万円以上の給料がそのまま手元に入ってくるのです。 完全個室の部屋を無料提供!? 新聞奨学生は、販売店の二階やアパートなどに住んで、朝夕の新聞配達業務に就くことになります。 「もしかしたら何人もが一緒にシェアして暮らすのかな…ちょっとイヤだなー」 と思う方もいるでしょう。 それがそんなこともないんです。 奨学生が住む部屋は 完全個室。 しかも 無料提供となります! 朝日新聞の奨学会の場合、光熱費は自己負担となりますが冷暖房も完備。 読売新聞の奨学会では自己負担はその使用料のみ。 休日は4週6休! 「新聞奨学生なんだし、学費を出してもらってるんだから休みなしで働かなくちゃいけないんだろうなぁ…」 これまたそんなこともありません! 4週を通じて6日の休日をもらうことが出来るんです。 つまり 1年で72日の休日。 給与は貯まる一方ということもあり、学校の友人と遊びに行くなどレクリエーションも楽しめます。 …以上、新聞奨学生制度について紹介しました。 興味のある方は、ぜひ自分に合った奨学会を調べ、見つけてみてください 4. 新聞配達バイトのデメリット 天候不順が大きく影響する! 毎日毎日、新聞を配達しなければいけない新聞配達のバイト。 もちろん雨の日も風の日も、雪にも夏の暑さにも負けず新聞を届けなければなりません。 ただ、雨の日はカッパなどは支給されるので安心してください。 仮に積雪で自転車やバイクに乗ることも困難な時でも、どんなに時間がかかっても最後の1部まで配らなければならないのです。 ただ、大雪の時は例外として、悪天候でも何度か経験すれば、結構慣れるものだと思います。 友達付き合いに参加しづらい… そのため、夜遅くまで続くと思われるような友達との夕食や飲み会などは、断らざるを得なくなってしまうでしょう…。 もし「友達付き合いも大事にしたい」という方は、多少給料が減る可能性があっても夕刊の配達だけの仕事を選ぶのがいいかもしれませんね。 お酒が弱い人でも大丈夫? お酒が弱くても、問題なくバイトすることができます。 配達所にもよりますが、勤務先の人と飲む際にも、みんな翌日の配送があるため、節度を守った飲み会になることが多いようです。 ただし、新聞配達バイトにおいて寝坊は厳禁です。 二日酔いでバイトに間に合わなかったということの無いように気を付けましょう! 6. 研修体制はどうなっている? 新聞配達のバイトを始めると、 約1週間程度の研修期間、先輩スタッフと一緒に配達をします。 新聞の配達は、順路表と言われる道順を示す地図に沿って行われていますが、最初はなかなかわからないものです。 先輩と一緒に配達することで、道順を覚えるだけではなく、配達のペースをつかんだり、集合住宅のポストの位置を確認したりなど、直接いろいろなことを学びます。 先輩から、一人で大丈夫だと判断されると、一人で配達するようになります。 面接のポイント 続いて、面接の際のポイントを紹介していきます。 7-1. 志望動機 志望動機は、 お金が必要だった、 体力を活かしたいと思ったなど、正直に伝えましょう。 ポイントはその際に、「この子ならバイトを続けてくれそうだな」と思わせることです。 いくつか例文を見てみましょう。 学費を稼ぐために配達のアルバイトをさせてただきたいと思い応募しました。 早朝に働くことができるので、学業と両立できるよう全力を尽くします。 日ごろから、朝型の生活を送っているため、早起きは苦になりません。 よろしくお願いします。 高校時代は、野球部に所属し、早朝練習から放課後の練習まで、野球漬けの日々を送っていました。 野球部時代に培った体力と根性を新聞配達で活かしていきたいと思います。 7-2. 身だしなみ 新聞配達バイトの面接の際は、フォーマルな服装でなくても大丈夫です。 ただし、破れたジーンズや露出の多い服装など、極端にラフな格好は避けてください。 髪型やアクセサリーに関しても、勤務中の厳しい規則はありません。 ただ、面接の際は派手なピアスなどは外していくのが無難でしょう。 7-3. 原付バイクの免許を持っているとベター 学生の方でも、近頃は運転免許を持っている方が少なくなっていますが、原付を運転できることは大きな利点となります。 慣れれば自転車でも早いとはいえ、原付と自転車では配達時間に30分~1時間前後の差がでてしまうのだそうです。 効率を求めるお店としては、やはりバイクで配れる人をできるだけ求める傾向にあり、実際に求人募集欄にも必要な資格として原付免許を記載しているところがあるようです。 配達に用いる原付バイクや自転車は販売店が貸してくれることがほとんどなので個人所持に関しては気にしなくて大丈夫です。 7-4. 自分の都合の悪い時間はちゃんと申告しておく どのバイトでも同じですが、 「シフトはどれだけ入れるか」 は大事な判断項目になります。 特に新聞配達のバイトは、日々の配達に穴をあけることができないため、なるべく多くシフトに入れる人を優先的に採用するようです。 しかし、自分の都合の悪い時間はちゃんと申告しておくことも大切です。 新聞配達のバイトでは申告なしに、または突然休むといっても受け入れてもらえません。 担当地区を回るのはその担当する人しかいないのですから。 大切なことなので何度も言いますが、もしもバックレようものなら即解雇ということもありえるでしょう。 そのような事態を引き起こさないためにも、面接の際にあらかじめ自分の都合の悪い時間・時期は報告しておくべきです。 そうすれば、業務形態もシフトも、その時間に出来るだけ合ったものになるでしょうし、自分にとっても店にとってもいいことずくめです。 まとめ ここまで新聞配達のアルバイトについて紹介してきましたがいかがでしょうか? 新聞配達は慣れない間は眠くて大変だと思いますが、早寝早起きの習慣が身につく、就職に有利になる、時間の有効活用ができる、短時間のわりに時給がいい……などなど、魅力たっぷりのアルバイトです。 また、配達は単独で行うため、初めてのバイトで接客などは緊張する、コツコツと一人で黙々と取り組みたい……という方にもオススメ。 このまとめでは新聞奨学生のことも大きく取り上げましたが、ぜひバイト初心者で「どんなバイトを選べばいいの? 自分だけでは見つけられないようなものも載っている。 メールを閲覧すると、自分に合っていそうな案件が数多く掲載されていた。 会員登録は5分程度でできるので、ぜひやってみてください!.

次の

新聞配達のバイトの方の体験を教えてください。

新聞配達 アルバイト

新聞奨学生は就職に有利という情報も 新聞配達のアルバイトは、朝刊の場合は朝の3時から6時ぐらい、夕刊の場合は16時から18時ぐらいと、働く時間が固定されている場合が多いため、この時間に確実に時間を作れる人にとっては、安定して働くことができるアルバイトです。 また、「新聞奨学生」として働きながら学校に通っている学生は、所属している新聞社や販売会社から学費の援助や寮付きの店舗など金銭的にもメリットがあります。 新聞奨学生は時間を守るというイメージがあり、就職の際に有利とも言われています。 天候や気温に左右されず毎日決まって配達することで体力がつき、精神力も養われます。 仕事自体も長期的に働ける人を重宝しますので、安定収入を得るには最適のアルバイトといえるでしょう。 学生時代、早起きが苦にならなかったので、新聞配達の仕事をはじめました。 最初は先輩について道を覚えるところからスタート。 なかなか配達ルートを覚えられなかったのですが、何度か自分の足でコースを歩いてみたところ、1週間位でおおよそ覚えることができました。 その後は一人で配るようになったのですが、自分では完璧に配ったつもりでも時々配り忘れがあり苦情の電話がありました。 落ち込んだりもしましたが、先輩たちが「自分たちでも時々あることだから気にすることは無い」と言ってフォローしてくれたのは嬉しかったです。 月日が経つにつれほとんど配り忘れはなくなりました。 繰り返し努力する大切さ、小さなことでも自分なりに工夫していくことが重要だということに気づかされました。 面接のコツ 清潔感のある服装とやる気をアピール 新聞配達の仕事は、朝早くから始まります。 時間厳守のため、特に朝が強い人に向いているといえるでしょう。 また、身だしなみも注意が必要です。 配達中は動きやすい服装ですが、面接の際は清潔感を意識し、髪型も派手な色は直しておきましょう。 面接中は質問されたことにしっかりとハキハキ答え、真面目にきちんと働く意志があることをアピールすると相手に好印象です。 責任感をもって仕事に取り組めるかが重要 新聞配達の仕事は、担当している場所を決められた時間に毎日配達します。 そのため、時間をしっかりと守れるか、お客様との約束は守れるかなど、責任感をもって仕事に取り組めるかが重要となってきます。 また、配達業務は体力勝負です。 真夏の暑さや、悪天候などに耐えられるか、やる気も求められます。 学生時代のスポーツ経験や、これまで続けてきたものがあるならアピールするとよいでしょう。 新聞配達は、情報を運ぶ大切な仕事です。 そのことをしっかりと理解し、面接に臨みましょう。 仕事・職場になじむコツ まずはルートを確実に覚えよう! 新聞配達の仕事には、配達と集金がありますが、どちらにしてもルートを確実に覚えなければなりません。 基本的には担当エリアが固定されているので、配り忘れなどを防ぐためにも、どの家に配るのか、どんなルートで回るのが効率的なのかをできるだけ早く覚えましょう。 慣れてきたら、新聞を早く配るための工夫も必要です。 新聞の入れ方や原付や自転車を止める場所など、自分なりに工夫してみてください。 また、雨の日や雪の日など、天候が悪い日でも遅れずに配れるようにすることが大切です。 先輩たちにきちんと挨拶をすること 新人のうちは、先輩が一緒に配達ルートを回ってくれます。 その期間に、新聞配達のコツをできるだけ質問しておきましょう。 配達先の確実な覚え方や配り方の工夫、雨の日や雪の日の配慮の仕方など、教えてもらえることはたくさんあります。 新聞配達は長く続ける人も多い仕事です。 配達前などに配達所で先輩たちに顔を合わせることが多いため、必ず自分から挨拶をしたり、話しかけたりして人間関係を築いていきましょう。 さまざまな年代の人がいるため、豊富な話題を持っていることが周りとのかかわり方のコツになります。 どんなやりがいがある? 最近はインターネットやスマホで簡単にニュース報道を読めますが、新聞は多くの人にとって、今でも重要な情報源です。 また、チラシを楽しみにしている人も大勢いますので、「毎日継続して配達すること」そのものが、とても重要なお仕事です。 時には配達先の人からねぎらいの言葉を掛けてもらうこともあり、毎日コツコツ続けていくことの重要性を実感できる瞬間です。 また、報道機関の一部として世論を形成しているという要素もあり、社会的な意義の大きなアルバイトです。 どんな大変さがある? 朝刊配達の仕事は、朝3時頃から仕事が始まりますので、早寝早起きの生活リズムを身につける必要があります。 また、誤配や不配にならないよう、担当エリアの道や家、事務所、ポストの位置を覚える必要があります。 先輩や同僚から仕事のコツを教わったり、自分でも試行錯誤を繰り返すことで、自然に上達していきます。 さまざまな人が一緒に働いているというのも刺激になり、自分の成長にもつながります。 どんなスキルが身に付く? 決まった時間に配達を終える必要がありますので、時間を守る意識や、早寝早起きの習慣が身につきます。 朝刊の場合はできるだけ音を立てずに配達する必要があり、他者への気配りや、丁寧に仕事をこなす意識も身につきます。 天候や気温に関係なく新聞は毎日配りますので、自然とスタミナがついて、風邪などを引きにくい強靭な身体になった、という人も多いようです。 集金ではお客様と話すことが多いのでコミュニケーション力も身につくでしょう。

次の