月島 青葉。 クロスゲーム最終回の結末ネタバレ!その後の続きが気になる!

あだち充が描いた漫画「クロスゲーム」の見どころを徹底解説!【漫画家】

月島 青葉

しかも、その女があの月島青葉だというのだ。 野球部の部室内は、凄まじい程の興奮の渦に包まれていた。 中等部の頃から星秀学園の月島青葉の噂は他校にまで広まっていた。 男にも劣らない野球の腕もさることながら、 その飾らない美貌は男女を問わず憧れの対象だった。 野球少年であれば、なおのこと青葉に憧れている者は非常に多かった。 そんな月島青葉が強い意志を感じさせる瞳に力を込めて 黒駒実業を訪れたのは、3時間ほど前だった。 ---------------------- 地区予選の3回戦が終了した後、事件は起こった。 試合を終えた大門監督と、試合の応援に訪れていた月島青葉が偶然出くわしたのだ。 何が原因だったかは明確ではないが、近くにいた者の証言によると 青葉の手に握られていた死んだ姉の写真を見て、大門が何か侮辱めいたことを言ったようだ。 大門の言葉を耳にした瞬間 月島青葉は我を忘れたように大門に掴みかかり、 左頬に思い切りストレートをお見舞いした。 それは見事なストレートだったそうだ。 その後、星秀学園はエース樹多村光の奮戦もあって無事に勝ち上がり 竜旺学院との決勝戦を明後日に控えていた。 そんな時、あの事件が被害者である大門によって明るみに出されようとしていた。 どんな理由があったとしても手を出してしまっては言い逃れはできない。 暴力事件は高校球児には致命的だった。 「どうか許して下さい」 いつも強気のイメージだった月島青葉が頭を下げていた。 練習の帰りに寄ったのだろうか、ユニホームは所々汚れていた。 「どうか大事にはしないでください」 青葉の必死の様子を見て、監督の唇が醜く歪んだ。 「いいだろう。 ただし、条件がある。 」 「うちのクリーンナップに投げてみろ、全員を三振にできたら、無かったことにしてやろう」 「本当ですか!! やります!投げさせてください!」 「たいした自信だな。 一人でも打たれたら、裸になって、こいつらを喜ばせてやれ。 」 「ま、まじっすか!!!」 部員の一人が思わずといった様子で喜声をあげた。 他の奴らも興奮を隠せない様子で、月島青葉の一挙手一投足に注視していた。 しかし、月島は口を引き結んで黙ったままだった。 「どうした?自信がないのか?だったら、この話は無しだ。 」 黙ったままの月島の様子に え?無しなの?失望感でその場が一気に冷え込んだ。 しかし、どれだけの間があいたのか、随分長く感じられたが、 「分かりました。 」 いつもどおりの、はっきりした声が響いた。 この瞬間、黒駒実業野球部史上、もっとも大きな盛り上がりをみせた。 3番柳井のバットが2回空を切ると、大門は大声で怒鳴った。 「女の球に何をやってるか!!」 それでも柳井のバットは3球目をとらえることはできなかった。 「思った以上に速いぞ」 4番の田宮に向かって柳井は囁いた。 「馬鹿だなぁ、お前。 条件聞かなかったのか?」 田宮のセリフが聞こえたのか大門が静かにほくそ笑んだ 4番田宮がバッターボックスに入った。 1球目速いストレート 田宮はバットを倒してバントの構え あ! 皆、小さく声を漏らした。 月島青葉は、田宮が転がしたボールを難なくキャッチ、そしてファーストに向けて投げようと構える !!! しかし、ファーストには誰も居なかった。 そう、これは三振にできるかどうかのゲームだったのだ。 「残念だったな。 」 項垂れる青葉に監督はさらに追い討ちを掛けた。 「可哀想なことだ。 甲子園を目前に全て台無しか。 お前のせいで。 」 「もう一度やらせてください!!今度は絶対に当てさせません!!」 「そうか。 こちらは何度やっても構わん」 「本当ですか!!」 「だが、まずは、約束を果たしてもらおうか」 その言葉に 青葉の爽やかな顔がほんの僅かだけ歪んだ。 気丈だった。 信じられないほど気丈だった。 子供の頃から、野球ばかりやってきた少女だ。 誰にも肌を晒したことなどなかったはずだ。 それでも、青葉は震える指先に力を込めて、 自らユニフォームを脱ぎ 捲るようにしてアンダーシャツを脱ぎ去った。 スポーツ少女の肌は予想外に白かった。 この地区で野球をやっている奴なら、誰もが一度は夢に描いたはずだ。 星秀の月島青葉がユニフォームを脱ぎ、裸になる。 それが現実のものとなったのだから、仕方のないことではあるが、痛々しい光景であった。 青葉と同学年である2年生は、特に容赦がなかった。 部室の汚いテーブルの上で、月島青葉は歯を食いしばって、彼らの言われるままに 身体を披露してみせた。 その身体能力の高さのため、よけいに無残だった。 「月島!次はヒンズースクワット100回だ!がんばれw」 柳井だった。 先ほど三振させられた柳井が青葉のスポーツブラを振り回しながら叫んだ。 青葉は四つん這いの体勢から、よろよろと立ち上がると両手を頭の後ろに回した。 「1回、2回、・・」 「おら、オッパイ、もっと揺らせ!」 「61、62、・・」 「もっと腰落とせや」 「できないなら、もう帰れ」 夏の狭い部室の中、汗だくになりながら素っ裸でしごかれ、 青葉はくたくただった。 大門の冷たそうな薄い唇が自然と歪む。 自分を追い出した星秀野球部員達の顔を思い浮かべると楽しくて仕方がなかった。 月島青葉が彼らにとってどんな存在か、大門はよく知っていた。 悔しさと無念さで織り成す星秀野球部員達の怨嗟の声を聞くのが楽しみで、しょうがなかった。 彼らの耳に入るように露骨に情報を流してやろう。 自分達にとって憧れと尊敬の対象だった美しく気高い女エースがどんなめに遭ったか。 青葉は試合後シャワーを浴びる時間も与えられずに、 黒駒実業野球部全員の前で、汚れたユニフォームを脱がされ 全裸に剥かれた。 あの勝気な少女に、野球で汗を流したままの身体を同年代の男達の前で開かせて 見世物のように全てを晒させたのだ。 散々しごかれ、くたくたになって倒れ込んだ青葉を 仰向けにしたまま、男達が押さえつけた。 3年生の一人が青葉の唇に自分の唇を寄せていった。 青葉の瞳から汗だか涙だか分からない水滴がすーっと流れ落ちた。 大門はバタンと音を立てて部室を出て行ったが、誰も気づく者は居なかった。 出典:需要があれば リンク:つづく.

次の

「月島青葉」のファッションについて考えてみる『クロスゲーム』

月島 青葉

あだち充の大人気漫画「クロスゲーム」 タッチの二番煎じでしょ?と思うことなかれ 出典: 南を甲子園に連れてってでおなじみ「タッチ」の作者、あだち充が送る高校野球を舞台にした、スポ根漫画?いいえラブコメ漫画の 『クロスゲーム』   絵が同じなのでどうにもタッチと混同されるところですが、クロスゲームは タッチであってタッチでない。 けどタッチが無かったらクロスゲームもないという似て非なるものに仕上がっています。 漫画は基本的に連載チェックして完結してから一気買いする筆者も、この作品だけは新刊の棚から買っていました。 そん な クロスゲームの見どころを徹底解説していきたいと思います! 作品概要 【ストーリー】 商店街のスポーツ用品店、キタムラスポーツの一人息子「 樹多村 光(コウ)」。 近所でバッティングセンター(兼喫茶店)を営む月島家とは家族ぐるみの付き合いがあった。 特に次女の「 月島 若葉」とは両想いで仲が良かった。 反面三女の野球少女、「 月島 青葉」とはお互いいがみ合う犬猿の仲だったが、コウは陰ながら青葉のピッチングフォームに憧れ、若葉の勧めもあり一人でトレーニングを続けていた。 そんなある夏、若葉が河川事故で亡くなってしまう・・・。 野球部にこそ入部していないが、中学でも若葉との約束を胸にトレーニングだけは続けていたコウ。 高校生になり幼馴染の赤石修や中西大気と野球部に入部するも、星秀学園は野球留学生を大量に受け入れる強豪校で、一般入部や落ちこぼれの部員は「プレハブ組」として二軍扱いされる学校だった。 【概要】 あだち充お決まりの、 登場人物がいきなり死んでしまうという設定。 覚悟はしていましたが、今回は両想いの小学生ということもあってさすがに心に響くものがありましたね・・・。 ストーリーは二軍扱いされたコウたちが、一軍選手をやっつけるスポ根漫画、と思いきや、ストーリーが全巻通して ラブストーリーで構成されていて、 それを150色の色鉛筆で彩っていくのが高校野球というテーマ。 野球の専門知識なんかが無くても思いっきり味わえる、むしろ野球を知らない女性におすすめしたい漫画に仕上がっています。 キャラクター 出典: 絵こそ同じものの、キャラクターがしっかり立っている本作。 中心となるキャラクターをご紹介していこうと思います。 樹多村 光 出典: 主人公、 樹多村 光。 初恋の女の子を事故で亡くしてしまう悲劇の主人公。 その影響なのか、カーッと笑うシーンが少なかった。 なにかと突っかかってくる月島青葉とは犬猿の仲だが、コウ自身は青葉に恨みがあるわけでもなく結構ちょっかいかけにいく。 月島若葉 出典: ヒロインの月島若葉。 活発で優しい女の子。 小5の夏、コウと夏祭りへ行く約束へしたまま、プール合宿へ行った先でおぼれた子供を助けるために川へ飛び込み、 そのまま亡くなってしまう。 野球には詳しくないものの、コウの才能を見抜いてトレーニングメニューを提案し、コウはそのトレーニングをずっと続けて野球部に入部する。 月島青葉 出典: 勝気な野球少女、 月島青葉。 男にも負けない右投げの本格投手で、コウがお手本にしているのも青葉のピッチング。 姉の若葉が大好きで、コウが常に一緒にいるのに嫉妬してコウをにくたらしく思っている。 タイプの男は 「160キロのストレートを投げられる男」で、部屋にはプロ野球選手の五十嵐亮太と思わしき野球選手のポスターが貼ってある。 (ちなみに五十嵐投手の最速記録は158km) クロスゲームの魅力 出典: クロスゲームはタッチと並び称されることが多いですが、いわばタッチやH2など、 あだち充作品のいいところどりをしたのがこのクロスゲームだと思います。 主人公と両想いのキャラが死んでしまうというタッチに似た点、キャラクターの恋心が複雑に交差するH2の要素が、クロスゲームではまた違うテイストで楽しめます。 タッチよりも野球のファクターが弱く、スポ根3割恋愛7割な印象。 17巻完結と、 比較的短編なのも読みやすくいいですね。 でも30巻になってもいいほど濃い内容になっています。 またギャグもキレッキレで、筆者は今でも 「逆なんてことはないんだよ、地球は丸いんだから」をプライベートでもよく使います。 アニメ化もされているこの作品ですが、あだち先生が体力が続かず休載したほどの絵の迫力を、個人的にはぜひ漫画で楽しんでいただきたいと思います。 Twitterの反応 出典: 最後に 日本野球漫画ダービーがあればクロスゲームに単勝一万円ぶっこんでもいい!!!というほど自信があるこの作品。 野球要素が弱いというところでタッチにお株を奪われていますが、人間描写や恋愛描写は絶対にクロスゲームのほうが上だと自負しています。 アニメの「2009年最高のラブストーリー」というキャッチコピーにも負けない終始甘酸っぱい恋が楽しめる作品だと思います。 先述したとおり17巻と短編ということもあり手を出しやすい作品だと思いますので、ぜひ皆さんも一度読んでみてください。 それでは!.

次の

萌えた体験談 <月島青葉(クロスゲーム)>

月島 青葉

今回は、最終回のその後が気になる漫画『クロスゲーム』最終回の結末ネタバレ・あらすじを感想などを交えてお伝えしていきます。 野球漫画でおなじみのあだち充さんの作品『クロスゲーム』は2005年~2010年まで週刊少年サンデーで連載され、アニメ化もされていました。 名作「タッチ」からあだち充さんのファンという方も多いと思います。 野球だけでなく、主人公の周りの人物や恋愛模様も描いている本作は、読む人の心を熱くさせてくれますよね。 なにより私は、あだち充さんが描く優しい感じの画が大好きです! それでは早速、最終回のその後が気になる漫画『クロスゲーム』最終回の結末ネタバレ・あらすじを感想などを交えてお届けしていきます。 スポンサーリンク Contents• 近所にはバッティングセンターを営む月島家があります。 月島家には長女の一葉、次女の若葉、三女の青葉、四女の紅葉の4姉妹がいます。 主人公のコウとは幼なじみです。 樹多村家と月島家は家族ぐるみで付き合いがあり、特にコウと次女の若葉は両想いでした。 ですが、なぜかコウと三女の青葉は仲が悪いです。 ある時、事故がきっかけで若葉が亡くなるという事が起きてしまいます。 幼き日の若葉への想いを引きずりつつも前に進むコウと月島一家。 そして、同時に野球に打ち込む青葉に影響を受け、ピッチャーとしての素質を開花させ始めるコウの物語りです。 序盤は幼い主人公たちの日々が描かれていますが、歳月を経て中学高校に進学し甲子園を目指すというストーリーです。 見どころ 野球漫画の定番「甲子園を目指して頑張る」ですが、本ストーリーで重要なのは人物たちの野球への執念や、想いを馳せる人への恋心です。 青春漫画好きにはもちろんオススメですし、特に恋愛面は青春満開で、友人に対して遠慮したり、恋心をひっこめたりするシーンが多いです。 コウのピッチングや、青葉の想いに隠れがちですが、そういった遠慮してしまう人やガンガン攻めてくる人の想いに触れる事が好きな人には相性抜群だと思います。 ちなみに合計「160話」で終わるというのは、作者あだち氏の粋な計らいだと思います。 本作は、青葉が幼き日に語った「160キロを投げられる投手」が出現するかどうかというのも見どころの1つとなっているからです。 漫画『クロスゲーム』最終回までのあらすじは? 伊豆の人間ドッグをきっかけに毎月楽しみにしていたクロスゲームが最終回を迎えました。 1点を追う竜旺学院は、ツーアウトでバッターは4番三島です。 ファーボールを選択しても構わない状況ですが、光は三島に真っ向勝負で挑むことに。 そんな光の様子を見て、青葉は試合前に光と交わした約束のことを淳平に話します。 三島と光の勝負は…空振り三振で光るの勝ち!ですが、青葉は光のことを「嘘つきだ」と言い、光の活躍を喜びませんでした。 試合は、1点差のまま最終回へ…。 竜旺学院の攻撃で、ランナーを2塁に出すもそのままツーアウト、バッターは3番仲代です。 仲代は内野ゴロでしたが、竜旺学院に1点入り同点に追いつかれてしまい、試合は延長戦に突入。 光と及川の好投が続き、1点を勝ち取る展開が続き12回表・星秀学園の攻撃へ。 敬遠された東を塁に出し、バスターを仕掛けた赤石でしたが、ゲッツーを取られてしまいツーアウトになってしまいました。 星秀学園に嫌な空気が流れる中、バッターは光へとまわってきます。 前打者がゲッツーを取られてしまい空気の悪い中、光の活躍で星秀学園が1点を勝ち越します。 甲子園出場が目の前にある星秀ナインですが、連投をしてきた光に疲れが見え始めてきました。 なんとかツーアウトまで追い詰めるも、バッターは三島。 光は残された最後の力を振り絞り、158キロの速球を連発し、三島もホームラン同様のファールを出しいています。 そしてフルカウント。 光は勝負に出るも結果はボール。 フォアボールで三島は1塁に向かいます。 世界で一番 「なんだかんだ言って結局歩かせたな」「三島がツースリーからきわどい球を見逃したことがあるか?」と監督の言葉に静まり返るベンチ。 閉会式のあと「もう死んでもいいかあ、東~。 」と光が言うと、「月島青葉を抱きしめるのがまだ残ってるぞ」と東が言い、光はみんながいる中で青葉を抱きしめました。 青葉は光をひっぱたき「あんたのことなんか大っ嫌いって言ったでしょ!」と。 それに対し光は「知ってるよ。 多分世界で一番。 」その言葉に青葉は光にもたれかかり大泣き。 「ずっとずっと大っ嫌いだったんだから!!」 「知ってるよ。 」 初めての写真 数日後、青葉は甲子園に行く支度をして光が待っている喫茶店へ向かいます。 少し話した後、光は青葉を引き寄せ喫茶店のマスターに写真を撮ってもらいます。 マスターが光のファンだからと。 そして喫茶店を出る時、忘れものをしたと青葉は喫茶店の中に入り、写真を焼き増ししてほしいとマスターにお願いします。 そのあと「初めての2人の写真だから焼き増ししてもらおう」と光。 青葉は電車に遅れるからと光の手を引っ張り駅に向かいます。 手をつないだまま (なんでいつも同じことを…)と心の中で思う青葉。 「いつまで手をつなぐんだ?」と光が言うと「イヤなら話せばいいでしょ。 そっちから」と青葉。 「了解」と光は言うも手を放さずに電車を待っていました。 最終回を読んだ感想 青春漫画ですよね~。 この漫画の裏テーマは「逆タッチ」だから1巻であーいう事になってるし、最終回はあーいうセリフで終わるんだと納得。 原作も好きだがアニメも良い円盤擦り切れそう — JUDY JUDY53534689 朝刊にMIXアニメ化の広告が出てたんだけども地上波全国ネットとか書いてあったんだけどもクロスゲームみたいに朝にやったりするんだろか。 クロスゲームは結構見てたなー。 1冊あたりのレンタル料金の最安値は97円~• 取り扱いコミック数は21,000作品で38万冊ある• 年会費は無料で利用する時だけ支払い• パソコンで予約し自宅に配達される• 返却も電話一本で集荷に来てくれる• 実際に本が届くので紙の本好きにオススメ 何にせよ、現在 30日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。 このキャンペーンもいつまで実施しているのか分からないため、是非お早めに利用してみて下さいね! 利用する価値あり?利用者の口コミは? ツタヤディスカス、評判が結構割れるみたいだけど自分のように古い作品ばかり掘り起こして見る人間からすれば都合のいいサービスなのかもだな。 早よ届けー。 — bedridden matwiyutter クロスゲーム 最終回 その後 まとめ 最近、クロスゲームを見てた。 あだち充さんの作品は一回見だすと最終回までノンストップでみてしまう・・今回はアニメ50話だった。 — とある緋弾の牧野ふー(イチゴ味) VvbsK0AwANrnSdT 今回は、最終回のその後が気になる漫画『クロスゲーム』最終回の結末ネタバレ・あらすじを感想などを交えてお届けしてきましたがいかがでしたか? 青葉の気持ちを素直に伝えらず、強がったり裏返しの言葉を言ったりする姿。 青葉のことをちゃんと理解していて、気持ちを汲み取る光。 これから甲子園でどんな活躍をして、2人はどうなるのかが気になるところですが、本作はこれで完結となってしまいました。

次の